« 間もなくガーナ戦 | トップページ | その時歴史が »

2010/06/24

ガーナ対ドイツ

言い忘れておりましたが、バイエルンのレルがヘルタに移籍することになったようです。とりあえず1年。ヘルタが1部に戻ったらさらにもう2年(?)のオプション付き。
お金を出して買ってくれるところがあってよかった(ノ∀-。)。頑張りや~

さて

6月23日 2010W杯 グループリーグD ガーナ 0-1 ドイツ

100623ghagerfj
交代:トゥロコフスキ(67ミュラー)、ヤンゼン(73J・ボアテンク)、クロース(81シュヴァインシュタイガー)
サブ:ブット、ヴィーゼ、アオゴ、タスキ、バトシュトゥバー、マリン、キースリンク、ゴメス

得点:エズィル(60ミュラー)
カード: アイェウミュラー
MoM:エズィル
本日の退場者:なし

100623_merte 100623_poldi_3

勝った―――――!!!\(^∀^)/寝てて良かったトホホ…

我らのドイツ代表グループリーグ1位通過!
 

決勝トーナメント進出決定です!

いや~~~ははは、ねぇ。どうなることかと思ったさ。冷汗かきまくりでしたことよ。
せっせせっせとボールをつないでせっせせっせとゴールを狙うのですが、ガーナの堅守もあって、どうにもパンチある攻撃を繰り出せず。
アイデアとかはそう悪くないと思うんですけど。エズィルが調子悪そうで、絶好のチャンスに決め切れず。カカウもせっかくの先発1トップで張り切って奮闘しておりましたが、なかなか有効なボールを彼に渡すことができませんでした。

そして守っては、ザルとまでは言わんが、不安定でフワフワしてて、何度も何度も危ないピンチを作られ危ないシュートを打たれ、そのたびに死にかけたのですが、相手が外してくれたりポストにつめていたラームがクリアしたり、ノイアーがファインセーブ☆したり。(セットプレーでのハイボールに手が届かなかったりとか、ちょっとへっぽこ気味のプレーもあったけどね~(^_^;))ぎりぎりのところで命拾いしました。

100623_neuer3

100623_neuer2 がんばった!

話はそれますが、「セットプレーの際ゴールポストに詰めている選手のナイスクリア率」とかいう数字があったとしたら、ラームが断トツではないかと思う今日この頃。代表ではよくわからないけど、バイエルンではけっこう助けられてること多いと思う・・・

100623_lahm
「このユニちょーだい!今すぐ!」「待て待て、試合終わったらあげるからっ」(うそ)

閑話休題。
そんなこんなでイヤ~な感じでしたが、くさらずキレずあきらめずにコツコツ頑張った甲斐あって、ついにエズィルが決めた―――――!!!

100623_oezil2
おぉカッコいい!!DFの間をブチ抜くズーパーミドル炸裂!

それまで何度もチャンスをつぶしていただけに忸怩(じくじ)たる思いがあったに違いありません。決めた瞬間に、解放されたかのような表情がちょっときゅんと来ました。

そしてその直後、浮足立っている状態で、カウンターで一発食らいそうになったのは、ほんとにもう、若いから、だけでは済まされないんでございます。気を付けてくれよ。

その後、最低でも引き分けに持ち込みたいガーナが攻勢に出てきたりしましたが、なんとか耐えて、ドイツ、逃げ切り成功!グループ1位での勝ち抜けが決定しました!(^∀^)

そして、同じグループの別の試合でオーストラリアセルビアに勝ったので、勝ち点は並んだものの得失点差でガーナの2位通過も決定!
ドイツ、ガーナ、お互いにとってよい結果となりました。ガーナにとっては、初戦でドイツがオーストラリアに大勝してくれたおかげもあるのだから、ちょっとは感謝してよねん♪なんて…

無事に勝ち抜けはましたが、試合内容はマズかったと思います。
あんな不安定なゲームをしていたのでは、とうてい、次の対戦相手であるイングランドには通用しないと思います。(きっぱり)
向こうは昨日の試合でついに目覚めちゃいましたからね。あわわ・・・(汗)

まあ、恐れているばかりではいけません。マズかった点を修正して、自信と確信を持って臨んで欲しいです。特にバイエルンの選手は、CLでマンUに勝った記憶なんかムダに引っ張り出したりしないように。

100623_bastian
途中退場したシュヴァインシュタイガーの具合がとても心配です。太ももの裏側を痛そうにしていました。ハムか?ハムストリングなのか?ロッベンと同じところ?(゚□゚;;)
彼はもはや「ドイツのへそ」なのだ…。頼む…

トゥロコフスキーは良かったと思います。途中出場でもいつでも仕事できる状態に仕上げているのは好ましい。
クロースはついにW杯デビューです!おめでとう!出来はちょっとよくわかんなかったけど(^_^;)

100623
黒いアウェーユニ、予想以上のカッコ良さでしたね(^^)強そうに見えます。実際のところはともかく…(←そゆこと言わない!)

100623_boateng2
W杯史上初らしい兄弟対決は、特筆すべき出来事はありませんでした。
ケヴィンが(サッカー的に)キレキレで、ちょっと恐かったです(汗)。

余談:アナウンサーよりも勝ち星の計算が早かったり選手の見間違いを指摘したりする、頭脳明晰なナナミさん@すかぱにウケた(^^)

|

« 間もなくガーナ戦 | トップページ | その時歴史が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/35470373

この記事へのトラックバック一覧です: ガーナ対ドイツ:

« 間もなくガーナ戦 | トップページ | その時歴史が »