« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010/06/30

ドイツ対イングランド

昨日の今日で日本中がそれどころじゃないかも知れない中、そして今さら感たっぷりなので、こそこそ行きますよー。
モタモタしている間にその後いろんな試合があったので、もはや細かいところが思い出せなくなってきております・・・

100627_oezil

続きを読む "ドイツ対イングランド"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パラグアイ対日本

(全然ドイツの話ができないまま試合が次々と・・・)

6月29日 2010W杯 決勝トーナメント1回戦 パラグアイ 0-0(PK5-3)日本

100629_kengo

PK:バレート(PAR)○、遠藤(JPN)○、バリオス(PAR)○、長谷部(JPN)○、リベロス(PAR)○、駒野(JPN)×、バルデス(PAR)○、本田(JPN)○、カルドーソ(PAR)○

MoM:本田(JPN)

注※さっき終わったばかりなので、いくらか感傷的になっております。

100629_kawashima

100629_komano
泣くな駒野~~~、これがサッカーだ。

ガッチリ守り合った激戦の末、互いに譲らずスコアレスのまま迎えた今大会初のPK戦はパラグアイが制し、ベスト8進出!日本、無念の敗退!!

惜しかった!もうすぐそこまで手が届いていた!

100629_honda

だけど。
なんら恥ずかしいことはないぞ!ステキな夢をありがとう!ワタシも含め誰も信じていなかった中、君たちはとても偉大なことをやってのけたのだ!日本中が両手を広げて待っているから、堂々と胸を張って帰って来い!

お疲れさま!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/29

オランダ対スロヴァキア

オランダ、ベスト8進出!!♪

Dsc07037

6月28日 2010W杯 決勝トーナメント1回戦 オランダ 2-1 スロヴァキア

100628nedsvkfj
交代:エリア(71ロッベン)、フンテラール(80ファンペルシー)、アフェライ(90+2スナイデル)
サブ:ボスフケル、フォルム、ブラーフハイト、ブーラルーズ、オーイェル、ファンデルファールト、スハールス、デセーウ、バベル

得点:ロッベン(18スナイデル)、スナイデル(84カイト)、ヴィテック(90+4PK)
カード: ロッベンステケレンブルフクチュカコプネクシュクルテル

MoM:ロッベン(NED)

(※以下、あちこち書き直しました)
ファンデルファールトはフィジカル面で問題があったらしい(本音か建前かを追究するには語学力が足りなさすぎる)
・ 国歌斉唱のさいに感無量でじ~んとしてるロッベンにキュン
・ オランイェのモサどもが国歌をモソモソ歌うのがウケる
ファンペルシーはそろそろファンボメルからのステキクロスを決めてくれい(;_;)
ステケレンブルフもスーパーセーブやる時はやる
・ スロヴァキアのムハもむっはー =зなスーパーセーブ連発
ロッベンはあまりボールを持てなかったけれど、持った時は何かをやる
・ 最終ラインがダメダメだ。もっとシャンとせい。ファンボメルやデヨンクや、前線の選手まで、チームの守備意識が高いので&スロヴァキアがシュートを外してくれて助かったが、ファンボメルの体はひとつしかないんだからあんまりアテにし過ぎないでくれい
・ でもヤツはアテにされるのはおおいに本望かも知らん
・ 攻撃も相変わらず最後が形にならない。押し上げが遅い。スロヴァキアもよく守ったが…
・ 副審のフラッグが壊れたので、交換するというアクシデント
・ 主審はイエローカードを切りまくり、クローゼを退場させた、ドイツ対セルヴィア戦の笛を吹いたアノ人。今日はまあ普通。あの試合はなんだったんだ。
・ 交代退場する時に監督に苦情を言ってる風なファンペルシー。まあしこりは残らないだろうけど、みんなが見てるんだから、カメラの前で誤解を招くような行動は控えるがよろしかろう
・ なんだかんだ言ってオランダが勝った。これが試合巧者ということなのか・・・
・ 最後の最後にやっちまってムダにPKを与えちゃったのはやっぱりマタイセン
・ そしてそのPKが決まった瞬間に試合終了。どー・・・
・ どっちのファンでもないサッカーファンにとっては退屈極まりない試合で、90分見るのは苦行だったかも知れません。お疲れさまでした m(__)m

要するに、まるで盛り上がらない試合だったということです。
冗談なのか疲れてるのかまだパワーセーブしてるのか。
それでも勝ち抜けたのだし、監督も、当面の目標であった「ベスト8」はひとまず達成したのでわりと嬉しそうでした。

でも。
これが本気で100%だと言うならば、この後、ブラジルにしろチリにしろ、そしてたぶんブラジルだろうけど、とてもじゃないけど勝てませんよ…。
もう満足なのかい?
仮にも「優勝候補」が、そう呼ばれるだけの圧倒的な強さを見せつけることなく、南アフリカを去るつもりなのかい?

ボメラー的みどころ
Dsc07036
ボメウィンクに瞬殺!heart04この余裕!heart

ファンボメル自体のパフォーマンスは悪くなかったと思います。ヤツが幸せならそれでいい、というスタンスですので、まあ、だから、試合内容がツマランとか文句言う筋合いもないんだけどね~でも~~ぶつぶつ(エンドレス)

Dsc07035
「ちゅっちゅっheartheart」ってアナタ!!!!!!!!
ばたーん(昇天)

・・・・・・・。いえ、起こさないでください( ̄▽ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/28

間もなくスロヴァキア戦

オランダ代表の話です。

本日の晩酌
Budvar

スロヴァキアはビールも美味しいらしいのですが、さすがに近所の酒屋には置いてませんので、チェコので代用。まあ、元はひとつの国だったということで…ダメ?

と、こんな感じでどうにもフワフワしております。
なかなか毎日はボメニュースや代表ニュースは追えませんで、隔日とか2日おきとかで、ドイツ⇔オランダ、カーン⇔ファンボメル、を行ったり来たりしております。で、どっちつかずになって、結局情報不足なのであります。

なので本日のオランダ代表がどんなあんばいか、怪我人は出ていないのか、ロッベンをどうするのか、そうするとファンデルファールトやエリアはどうなるのか、とかいうこともちーともわからんのですがどうなんでしょう。(誰に聞いてるんだ)
スナイデルが土曜日のトレーニングを休んだらしい、というところで止まっておりますが、はて…。

アイツは元気そうです
100627_bommel_2

スロヴァキア相手に、なんとな~く勝てるような気がしてましたけど、その油断こそが一番危ないのです。
ここにきて急に緊張して来ちゃいました(汗)
思えばスロヴァキアは、グループリーグであのイタリアに、相手のお株を奪う集中した守備と速攻で堂々勝利をつかんで、上がってきたのでした。
日本の守備にあんなに手こずったオランダが、スロヴァキアを崩せるか・・・。ファンペルシーやスナイデルやロッベンが、本来の力を発揮すればこじ開けられるものなのか・・・。
そして相手は引いて守って来るだろうと思ってるところにいきなり攻撃的サッカーを仕掛けてきたら、不安定な最終ラインはどうなる…(汗)

わあ~(汗)
が、がむばれ、ファンボメル!全くなんの足しにもならないけれど、ワタシがついてるワ!アンタの最後のW杯を、しかと見届ける所存ですが、まだここでは終わるつもりはないのだよ!ドイツと対戦するためには、まだまだ先があるのだから!

100624_bommel
ちなみに、今日で代表キャップ60試合目になるらしいです。

【追記】スタメンでました。ロッベンスタメン、ファンデルファールトはベンチです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:ドイツ対イングランド

ドイツ 4-1 イングランド

100627_bastian

クローゼ、ポルディ、ミュラー、ミュラー、でした。

優勝候補イングランド相手に、大快勝!!!!!

いや~はははは、まさかまさか、ここまでとは(^∀^)

ありがとう!ありがとう!みんなステキ!みんな最高!

100627_miro

やったぜクローゼ!流れを決めたのはやっぱりアナタのゴール!

エズィルはMoM級の働きで攻撃を引っ張った!ポルディも勢いに乗せる2点目ゲット!シュヴァインシュタイガーは怪我の影響を感じさせない大活躍!ケディラとのコンビネーションもイイ感じ!アルネのディフェンスには惚れた!

100627_neuer_2 

ノイアー神!アナタの数々のファインセーブがなかったらどうなっていたことか!

Dsc07031

MoMはドペルパックのミュラー!大舞台をものともせずに堂々とした決定力!熱いゴールに心が躍った!シュヴァインシュタイガーとエズィルのアシストも素晴らしかったなぁ・・・

ん~~~しかし、もう全員、てゆーか、「チーム・ドイツ代表」がMoM!!!素晴らしい試合でした!

(たいして書くこと変わらないと思いますが) 続く!

・・・ランパードの幻のゴールについてはスルーで・・・
入ってないんです。(^∀^;)」by良平さん

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010/06/27

間もなくイングランド戦

文章を書く余裕がないほどに、切羽詰まっております。わあ~~どうしよう(゚□゚;;)オロオロジタバタ

100626_zdf
「ビデオチャット」コーナーにて、視聴者の質問に答えるごきげんカーンであります。

100626_lahm
ぐちゃぐちゃ(^_^;)。ゴール前では整然と守ってね!(汗)

6月26日 2010W杯 決勝トーナメント1回戦 ウルグアイ 2-1 韓国

100626_kim ざばー

得点:スアレス(URU)(8)、イ・チョンヨン(KOR)(68)、スアレス(URU)(80)
MoM:スアレス(URU)

100626_suarez うま!

[時間が少しできたので追記]写真を探してる余裕もなかったのでとりあえず貼りましたが。この1点目も良かったですけど、2点目のスーパービューティーゴールには腰が抜けました。

100626_forlan お約束

同じく、アメリカ 1-2(延長) ガーナ

得点:ボアテンク(GHA)(5)、ドノヴァン(USA)(62PK)、ギャン(GHA)(93)
MoM:アイェウ(GHA)

100626_kevinboateng
キレキレ☆でもやっぱりケヴィンが活躍してるのを見ると正直、ドイツファンとして複雑ナリ…

Dsc07027
クイズ:どっちのゴール前でしょう

Dsc07029
ドルトムントサポの横断幕・・・

どちらも、決勝トーナメントにふさわしい熱戦でしたね!(^∀^)
アメリカ×ガーナ戦で、最後の方バテバテになりながら必死にボールを追いかけた両チームからは鬼気迫る執念を感じました。

----------

本日の晩酌(予定)

Bass_3
あいにくの雨なので、海外の食材を扱ってる店に行くことができませんでした。オサレなイギリス料理を作るにはちょとアイデアも足りず・・・。苦肉の策として、本日の晩飯を何故か照り焼きチキンにしました。
テリーをヤキもきさせて、ゴール前でニワトリのようにジタバタさせちゃうもんね、という念を込めてガッツリ食ってやりました。いや、テリー個人にはまったく恨みはないんですがゴメン…(^_^;)
むしろウチのDFの方がニワトリになる予感もヒシヒシ…ぶるぶる、余計なこと考えちゃダメっ!そんな不安を↑上のイギリスビールと共に飲み干してやるのですそうなのです。

ガクガクブルブル、何をどうしても不安が消えません。

勝つのは俺らだ!わああ~~、た、頼むぅ!ドイツドイツ!バスティアンバスティアン!クローゼクローゼ!エズィルエズィル!クロースクロース!ラムたんラムたん!ポルディポルディ!ノイアーノイアー!メルテザッカーーー!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/26

決勝トーナメントが始まりますよ

でも、ふと思う。
チャリティーマッチにしてもイベントにしても、絶対にプレーをしないカーンの意図はわからないけれど、しかしそのおかげで、ワタシの中の「GKオリバー・カーン」の輝かしいイメージが損なわれずに済んでいるのかも知れない、と。

それはさておき

6月24日 2010W杯 グループリーグE カメルーン 1-2 オランダ

この際関係ないかな、と思いつつせっかくのですのでkickerの採点もどぞ
100624cmrnedfj

交代:フンテラール(3)(59ファンペルシー)、エリア(66カイト)、ロッベン(73ファンデルファールト)
サブ:ボスフケル、フォルム、ファンデルヴィール、オーイェル、アフェライ、スハールス、デセーウ、バベル

得点:ファンペルシー(36ファンデルファールト)、エトオ(65PK)、フンテラール(84ロッベン)
カード: ンクルームビアカイトファンデルファールトファンブロンクホルスト

MoM:(FIFA)ファンペルシー(NED)、(kicker)ファンペルシー(NED)

セクスィー(?)ロッベン
Dsc07014_2

試合を見て気づいたのですが、両チームとも、ユニフォームの胸にライオンのマークがあるのですね。
これぞライオンダービー!(?)どっちが百獣の王にふさわしいのかはっきりさせようぞ!

100624_bong 「ひょえ~」「あぶあぶ、あぶないっsweat01

しかし、やはり敗退が決まったチーム&勝ち抜け決定したチームということでお互いモチベーションがむずかしかったのでしょうか。ライオンじゃなくてニャンコダービー(??)の様相でございました。
怪我しないように、リスクはおかなさいように、カードはもらわないように。おとなしくてクリーンで、って親善試合かーい!εー( ̄△ ̄)
ユル~く流してしまって、後半はピンチも多く、監督もさすがに試合内容には不満だったようです。グループリーグ3試合で最悪だった、とかなんとか。
しかしそれでも勝ってしまったことで、ニホンのマスコミでは「余裕」「貫録」などと言われるので、オトクというかなんというか、「優勝候補」というブランド力はたいしたもんだわい、と思ったりして。
次の相手がスロヴァキアってのも、本気ギアが入りにくいだろうしー。向こうはめちゃめち必死でモチベーションを沸騰させて挑んでくると思うのに、その温度差のせいでヘタこいたりしたら目も当てられないよう。

でも、ファンペルシーの今大会初ゴールは「らしい」感じで、なかなか良かったのです。
これでいよいよ、ガンガンゴールを量産してチームの原動力になってくれればうれしいです。と言ってもこれまでゴールがなかったのは、本人のせいじゃなくて、効果的な攻撃が形になってなかったからなのですよねぇ。

1失点はFKの際にファンデルファールトがハンドをしてしまった、というのでPKを決められたものでした。

その時のファンボメルのおもしろフェイス
Dsc07016
ワシの描くイラストそっくりの顔でした(手前味噌御容赦)

あと、待ってましたロッベンの復帰はめでたい!
100624_robben

100624_robinrobben_2
ロベンとロビン。
出番を迎えるロッベンの支度を手伝ってあげるファンペルシー。ホント、「僕たちのアリエンたん」はみんなにかわいがられてるなーと思った次第。

しかし、だけど、やっぱり。
まあ、ワタシにとっては、ファンボメルが最後のW杯を楽しくプレーできてるかどうか、というのが一番大事だったりするのですが、

100624
その点に関しては問題なさそうです。毎度毎度、チーム全体がいまいちへなちょこしてる中でも、ファンボメルは安定したパフォーマンスで、チームをビシッと締めてます。
守備が弱点、と言われ続けているオランダがなんだかんだ言って今大会これまでたった1失点(しかもPK)で済んでるのは、運と、ファンボメルの貢献も大きいと思うのです。
1試合1試合を丁寧に集中してプレーしているな、というのがわかります。今を精一杯楽しんで、充実したいいゲームにするんだもんね、という気持ちが伝わってきますよ~。キュン
1試合でも長く、ファンボメルのW杯が続きますように、そのためには勝利し続けるしかないのです。

100624_bommeljan
フンテラールのゴールは8割方ロッベンのもので、彼はこぼれ球を押し込むだけでしたが、それでもうれしそうでした。
決まった瞬間、チームメイトのほとんどが、まずロッベンの元へ行った中、真っ先にファンボメルがこのフンテラールの元へ駆け寄っておりました。
こういう心遣いに、ファンボメルが影のキャプテンだとか実質的なリーダーだとか言われる所以なんだろうなとか、勝手に思うのでありますよheart04

はっΣ(゚∀゚;)

すっかり時間がなくなってしまったので、その他の試合はもう結果だけ(え~)

---------
6月25日 グループリーグG ブラジル 0-0 ポルトガル

100625_lucioronaldo

MoM:ロナウド(POR)3試合連続!
本日の退場者:なし

華やかなカードであったが、地味~なスコアでした。ルシオが、後半に盛り上がってきたCロナウド相手に大奮闘!
もう一方の北朝鮮×コートジヴォワール、3-0でコートジヴォワールが勝ったものの及ばず、1位ブラジル、2位ポルトガルで決勝トーナメント進出決定。

----------
6月25日 グループリーグH スイス 0-0 ホンジュラス

100625_benaglio

MoM:ヴァジャダレス(HON)
本日の退場者:なし

・・・・・・(泣)
スイスは攻め慣れていなかったのでしょうか、どうしてもどうしてもゴールを奪えずに散りました(泣)
ベナーリオはもっと勝ち進んでいけば、2002年のオリバー・カーンを彷彿とさせる活躍ができたかもしれないのに・・・
(唯一の失点につながったチリ戦のプレーはどうだったのかなとも思いますが、傷心の今はそれは言えない…)

時間ができましたので追記のおまけ劇場
Dsc07023
競り合いの際に顔面を強打してひっくり返った味方を気づかうベナーリオ

Dsc07018
ゆっくりと、まず腋の下を

Dsc07019
それから頭部を

Dsc07020
続いて鎖骨のあたり?を

GKグローブ装着した状態でどの程度わかるのか、ともかく、あたかもドクターが診断するかのようにcheckしているところに「ほぅ」と感心したのでありました。

もう一方のチリ対スペインスペインが勝ちましたが、チリに退場者が出たり、内容的にもちょっといまいちだったようですね。

---------
というわけで、もう始まっちゃってますが(汗)、決勝トーナメントの組み合わせはこうなりました。FIFA.comさんより無断キャプチャ(こらっ)

100626_fifa

ドイツとオランダ・・・。決勝で対戦する前に、倒さねばならない相手がお互い…ガクガクブルブル(((゚Д゚;;)))

| | コメント (3) | トラックバック (0)

かわいくってどうしよう

デンマーク対日本の試合の解説をしていたカーンが、GK川島をホメたらしいのです。

100624_kawashima

吠え顔がちょっとカーン系かな、と思っていたところではあります(^^)

イングランドがドイツとの対戦が決まって、さっそくPK練習をしましたぜ、キッカーも決まってますぜ、というBildの記事。
それに対してカーンが、「何時間もキックの練習ばっかりしててもどないなるもんでもない。PKはGKとキッカーとの心理戦なのであるからして」とかなんとかいうコメントをしたそうな。
まあ、その駆け引き込みでのPK練習かも知れませんが、それはさておき。
これを含めて、こことかあちこちで、カーンがやけにPKについて語ってる記事がアプされてるようなので、なんだろなと思いましたら

100625_kahn
「えへっ」と、ちょっぴり照れくさそうな笑顔がキュートheart

ちゃんと情報を集めてないので詳しいことはさぱーりなのですが、何やら「アディダス・ペナルティ・デー」とかいう謎のイベントに出席したもよう。

100625_cech_2
おぉチェフだ!このために遠路はるばる南アフリカまで??

100625_kahn3
右の方はSergio Goycocheaという方らしいのですが…。伝説のGKさんなのでしょうか?
チェフやセルジオさんはPKのパフォーマンスみたいなのをしたのがうかがえる写真ですが、カーンはトークだけだったんですかねぇ…。徹底してゴールマウスに立たんな彼は(しょぼん)

さて
今さらですが、ガーナ戦のドイツ代表のkickerの採点です
ノイアー(2) - ラーム(2.5)[C]、メルテザッカー(5.5)、フリードリッヒ(3.5)、ボアテンク(4) - ケディラ(4)、シュヴァインシュタイガー(2) - ミュラー(4.5)、ポドルスキ(4.5) -エズィル(2) -カカウ(3.5)
MoMにシュヴァインシュタイガーです(゚∀゚)

しかし、そのシュヴァインシュタイガーの怪我の具合とかイングランド戦の出場の可否がいまいちはっきりしないのは、情報戦なのでしょうか。なんかダメぽい空気がむんむんですが・・・(T△T)

そんな心配をよそに、その頃ドイツ代表は

100625_lahm
ライオン・パークへ遠足です。ライオンちゃんとのモエモエフォトが公式サイトにばんばんアプされておりますよ・・・

100625_poldi
気持ちよさそうなライオンちゃんにモエ~

100625_teamdfb1
「わーいわーい」と車の中から見物する彼らのおしりにモエ~

100625_teamdfb2
カメラ小僧ノイアーにモエ~

100625_mannschaft
集合写真にモ…、別に普通か(^_^;)

----------
バラックのニュースは、日本のメディアも含めちゃんとした記事が沢山出てますし、どうやら本当だったみたいですね。
キャリアの最後に、世話になった自分の古巣に戻る…来年のファンボメルの姿を見ているようで、どうも人ごとと思えない。
しかし、レヴァークーゼン戦での、バラックとファンボメルの対決がものすごく楽しみです!
本物バラックと「なんちゃってバラックになりそこねた」ファンボメルの対決。まあ、ワタシの中ではもちろん、ファンボメル>バラックですけどね~(^ー^)♪

バイエルンニュース。
W杯で惨敗し、批判渦巻く本国へしょんぼりエコノミー席で帰ったフランス代表とは別に、リベリは手術のため、バイエルンがチャーターした特別機shineにてミュンヘンへ直行。
いやはや。そら~5年でも10年でも契約延長したくなるちゅうねん。
と、皮肉はともかく。
信頼できるミュンヘンのドクターのもとで、今度こそしっかりと治療、リハビリに励んで欲しいです。ドクター・ミュルはドイツ代表に帯同してるので、別の人が執刀するのでしょうか?ヨロシクお願いしますよ~ m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/25

バラック、レヴァークーゼンへ

10_06_25_welt

どうやら。

ネタ元はこちら

SIDさんが言ってます、とWELTさんが言ってます。

2012年までの2年契約。現在家族と夏休み中のバラックですが、近々サインするであろう、か、もうサインしちゃったよ、なのか。

まだアプされたばかりなのでよう裏を取りませんが、ほんとなら続報がばんばん出るでしょう。あとはドイツ語マスターのファンの皆さんにまかせましたよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめでとう!

おはようございます。直前まで相当迷ったのですが、結局寝ました・・・
一夜明けてニュースを見て

!!!(゚∀゚)

6月24日 2010W杯 グループリーグE デンマーク 1-3 日本

100624_honda ぷりっheart

得点:本田(JPN)(17)、遠藤(JPN)(30)、トマソン(DEN)(81)、岡崎(JPN)(87)
MoM:本田(JPN)
本日の退場者:なし

日本、

決勝トーナメント進出!!!
   
批判の嵐に合いながらも、何がベスト4だアホちゃうかと嗤われても、じっと耐えてあきらめずに信じて応援し続け来た日本代表サポの皆さん、

おめでとうございます!

この勝利はあなたたちのものです!!

だからアタシは寝た方が良いと…。睡眠応援の勝率上げまくりです。本音を言えば、リアルタイムで分かち合いたかったですヨ…(T∀T)

100624_endo3
魔球炸裂!

NHK-BSの再放送をながら見していますが、アグレッシブでいい試合してますね。
いやぁ、大会が始まってからバリバリ強くなって行く日本、自国民のエコヒイキを抜きにしても、素晴らしい気持ちいいチームじゃないですか(^ー^)

オランダも勝ったので、日本は2位でグループリーグ通過です。次の相手はパラグアイ
いーじゃないですか。ここまで来たら、どこと当たっても勝ちが見込める相手などありません。
失うものはないのだから、思い切ってぶち当たって行こう!
オランダとのしがらみもなくなったし、このワタシもこそこそ応援させてもらっちゃいますよ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その時歴史が

間もなく日本とオランダの試合がありますので、この試合のことについて語る機会はなさそうなので今のうちに書いておこうと思いますが、さすがにネムネムで意識もーろーになってまいりました・・・

6月24日 2010W杯 グループリーグF スロヴァキア 3-2 イタリア

得点:ヴィテック(SVK)(25)、ヴィテック(SVK)(73)、ディ・ナターレ(ITA)(81)、コプネク(SVK)(89)、クァリアレッラ(ITA)(90+2)
MoM:ヴィテック(SVK)
本日の退場者:なし

歴史が生まれる瞬間を目撃してしまった。

100624_derossi

壮絶!

どんだけ壮絶なことになったのかを詳しく説明している時間がないのですが、スコアが入った時間を見て推し量っていただければ。

実に2度も2点差に突き離され、しかし2度も1点差に詰め寄り、希望の光に必死にすがろうとしたイタリア代表でありました。
ディ・ナターレによるゴールで2-1になって以降は、イタリアの意地と執念とスロヴァキアの情熱が激しくぶつかり合い、ピッチが壮絶な修羅場と化しておりました。

100624_net
狭いところで喧嘩中

こんなになりふりかまわず泥臭く勝利にすがりつこうとするイタリアも珍しいんではないか、と思いましたが、前半のうちにちゃんとやっておけばねぇ、ってそれは言わない約束かな。
というわけで

前回覇者イタリア、魔さかのグループリーグ敗退。

100624_slovakia

そしてスロヴァキア、初出場で決勝トーナメント進出決定!
(2位。1位はパラグアイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/24

ガーナ対ドイツ

言い忘れておりましたが、バイエルンのレルがヘルタに移籍することになったようです。とりあえず1年。ヘルタが1部に戻ったらさらにもう2年(?)のオプション付き。
お金を出して買ってくれるところがあってよかった(ノ∀-。)。頑張りや~

さて

6月23日 2010W杯 グループリーグD ガーナ 0-1 ドイツ

100623ghagerfj
交代:トゥロコフスキ(67ミュラー)、ヤンゼン(73J・ボアテンク)、クロース(81シュヴァインシュタイガー)
サブ:ブット、ヴィーゼ、アオゴ、タスキ、バトシュトゥバー、マリン、キースリンク、ゴメス

得点:エズィル(60ミュラー)
カード: アイェウミュラー
MoM:エズィル
本日の退場者:なし

100623_merte 100623_poldi_3

勝った―――――!!!\(^∀^)/寝てて良かったトホホ…

我らのドイツ代表グループリーグ1位通過!
 

決勝トーナメント進出決定です!

いや~~~ははは、ねぇ。どうなることかと思ったさ。冷汗かきまくりでしたことよ。
せっせせっせとボールをつないでせっせせっせとゴールを狙うのですが、ガーナの堅守もあって、どうにもパンチある攻撃を繰り出せず。
アイデアとかはそう悪くないと思うんですけど。エズィルが調子悪そうで、絶好のチャンスに決め切れず。カカウもせっかくの先発1トップで張り切って奮闘しておりましたが、なかなか有効なボールを彼に渡すことができませんでした。

そして守っては、ザルとまでは言わんが、不安定でフワフワしてて、何度も何度も危ないピンチを作られ危ないシュートを打たれ、そのたびに死にかけたのですが、相手が外してくれたりポストにつめていたラームがクリアしたり、ノイアーがファインセーブ☆したり。(セットプレーでのハイボールに手が届かなかったりとか、ちょっとへっぽこ気味のプレーもあったけどね~(^_^;))ぎりぎりのところで命拾いしました。

100623_neuer3

100623_neuer2 がんばった!

話はそれますが、「セットプレーの際ゴールポストに詰めている選手のナイスクリア率」とかいう数字があったとしたら、ラームが断トツではないかと思う今日この頃。代表ではよくわからないけど、バイエルンではけっこう助けられてること多いと思う・・・

100623_lahm
「このユニちょーだい!今すぐ!」「待て待て、試合終わったらあげるからっ」(うそ)

閑話休題。
そんなこんなでイヤ~な感じでしたが、くさらずキレずあきらめずにコツコツ頑張った甲斐あって、ついにエズィルが決めた―――――!!!

100623_oezil2
おぉカッコいい!!DFの間をブチ抜くズーパーミドル炸裂!

それまで何度もチャンスをつぶしていただけに忸怩(じくじ)たる思いがあったに違いありません。決めた瞬間に、解放されたかのような表情がちょっときゅんと来ました。

そしてその直後、浮足立っている状態で、カウンターで一発食らいそうになったのは、ほんとにもう、若いから、だけでは済まされないんでございます。気を付けてくれよ。

その後、最低でも引き分けに持ち込みたいガーナが攻勢に出てきたりしましたが、なんとか耐えて、ドイツ、逃げ切り成功!グループ1位での勝ち抜けが決定しました!(^∀^)

そして、同じグループの別の試合でオーストラリアセルビアに勝ったので、勝ち点は並んだものの得失点差でガーナの2位通過も決定!
ドイツ、ガーナ、お互いにとってよい結果となりました。ガーナにとっては、初戦でドイツがオーストラリアに大勝してくれたおかげもあるのだから、ちょっとは感謝してよねん♪なんて…

無事に勝ち抜けはましたが、試合内容はマズかったと思います。
あんな不安定なゲームをしていたのでは、とうてい、次の対戦相手であるイングランドには通用しないと思います。(きっぱり)
向こうは昨日の試合でついに目覚めちゃいましたからね。あわわ・・・(汗)

まあ、恐れているばかりではいけません。マズかった点を修正して、自信と確信を持って臨んで欲しいです。特にバイエルンの選手は、CLでマンUに勝った記憶なんかムダに引っ張り出したりしないように。

100623_bastian
途中退場したシュヴァインシュタイガーの具合がとても心配です。太ももの裏側を痛そうにしていました。ハムか?ハムストリングなのか?ロッベンと同じところ?(゚□゚;;)
彼はもはや「ドイツのへそ」なのだ…。頼む…

トゥロコフスキーは良かったと思います。途中出場でもいつでも仕事できる状態に仕上げているのは好ましい。
クロースはついにW杯デビューです!おめでとう!出来はちょっとよくわかんなかったけど(^_^;)

100623
黒いアウェーユニ、予想以上のカッコ良さでしたね(^^)強そうに見えます。実際のところはともかく…(←そゆこと言わない!)

100623_boateng2
W杯史上初らしい兄弟対決は、特筆すべき出来事はありませんでした。
ケヴィンが(サッカー的に)キレキレで、ちょっと恐かったです(汗)。

余談:アナウンサーよりも勝ち星の計算が早かったり選手の見間違いを指摘したりする、頭脳明晰なナナミさん@すかぱにウケた(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間もなくガーナ戦

バイエルンサポの皆さ~ん、ガーナチョコ食べましたか?ワタシは食べましたよ!
ビーフカレーにしたのですが、カレーの隠し味に使用しました。隠して溶かして食っちゃったもんね…カンペキだ。

100621_arne
公式ついったーにアプされた写真はこうゆうとこに貼ってもよいのだろうか?(ダメかも(^_^;))

100621_cacauarne
「(オシャレなメガネだな…)」(うそ)

もともとイケメン、というか、雰囲気ある男前だと思っていたアルネですが、どうもここのところ、特にこれといったきっかけも心当たりもないのに、妙にどこかのツボがキュンとなってしまうのですが、これはなんでしょうか。ひょっとして恋?←くだらん

さて

---------
6月22日 2010W杯 グループリーグB ナイジェリア 2-2 韓国

得点:ウチェ(NGA)、イ・ジョンス(KOR)、パク・チュヨン(KOR)、ヤクブ(NGA69PK)
MoM :パク・チソン(KOR)
本日の退場者:なし

見る気まんまんだったのですが、諸事情ありまして、結局、録画したものを超ながら見に。
アグレッシブで白熱した楽しい試合だったように見えました。

勝たなければダメなのかと勘違いしておりましたが、同点でも韓国は勝ちあがれることを試合後に知った次第。

おめでとう!韓国!アジアの星!(^∀^)

もちろん日本にも続いて欲しいと願ってますよ~。
スーパーFKを決めたパク・チュヨンは中村俊輔に似てると思いました。

----------
同じく、ギリシャ 0-2 アルゼンチン

得点:デミチェリス(ARG)(77)、パレルモ(ARG)(89)
MoM:メッシ(ARG)
本日の退場者:なし

何はなくとも。
100622_micho

ミーチョ、ゴールおめでとう!!!!!(^∀^)

どーせアルゼンチンが勝つんでしょ、と思ってたので録画もなんにもしないでいたのですが、こんなことならこっちを見ればよかったとすこし後悔。
でもハイライトで何回も見たよ!セットプレーからのこぼれ球を熱くブチ込んだ、カッコイイゴールでした!うれし~☆(^ー^)

というわけで、グループBはアルゼンチンが3戦全勝で堂々1位通過、2位は韓国、ということになりました。韓国は4年前より強くなってる気がします。

----------
6月23日 グループリーグC スロヴェニア 0-1 イングランド

得点:デフォー(ENG)(23)
MoM:デフォー(ENG)
本日の退場者:なし

同じく、アメリカ 1-0 アルジェリア

得点:ドノヴァン(USA)(90+1)
MoM:ドノヴァン(USA)
本日の退場者:ヤヒア(ALG)←1枚目は見てないから知らんが、2枚目は審判に文句を言ったというもので、妥当なものだと思います。試合終了目前で、試合に影響なし。

100623_donovan

ドノヴァ~~~~~ん!!

いやぁ劇的!!

100623_usa 上へ下へのどんちゃん騒ぎ☆

すべてのチームに(アルジェリアは半歩下がって)可能性があるという際どいグループの中、双方なかなか点が入らず、1点をめぐってしのぎを削り合うという、実にシビれる展開でした。
イングランド×スロヴェニア戦メインでしたが、けーたい等で何度も勝敗表をcheckして、このままいけばどうなるのか?こっちが勝ったらどーなる?とかいうことを計算しながら見ておりました。こうゆうグループがあってもいいよね(呑気)。

長い間、イングランド×スロヴェニア1-0、もう一方のアメリカ×アルジェリアがスコアレスドロー、という状態が続いておりまして、このままイングランドとスロヴェニアのグループ1位2位が決まるのかな、と思っておりましたが、ロスタイムにドノヴァンが奇跡を起こしました!

歓喜のアメリカ!絶望のスロヴェニア!

この頃はアメリカの喜びっぷりを見ていましたので、スロヴェニアがどれだけガックリ来たかわからないのですが、相当な落胆ぶりだったと想像されます。

というわけで、第2戦終了時点ではトップだったスロヴェニアが3位に沈み、グループリーグ敗退決定、今回の試合に勝利したアメリカがなんと1位で、イングランドが2位で決勝T進出、ということになりました。

我がドイツが決勝Tに進出したらこのグループC勝ち抜けチームと対戦することになるのですが・・・。

今はまだ、そんな皮算用はやめておきます。うかつなことを言うのが恐いのです。
EUROの事例を持ち出すまでもなく、いざという時の彼らの力を信じてますが、やっぱり恐い。

ととりあえず現在発表になっているスタメンです

ノイアー - ラーム、メルテザッカー、フリードリッヒ、ボアテンク - ケディラ、シュヴァインシュタイガー - ミュラー、エズィル、ポドルスキ - カカウ

カカウはある程度予想通りですが、ボアテンクですか!まだバトシュトゥバー使う気だったら倒れるところでしたが、さすがになかったか。ほっ。でもボアテンク左??右じゃなくて?
ケヴィンとの因縁対決になるのでしょうか…。関係ない、と言いつつも世界はそうは見てくれないだろう。が、がむばれ!がむばれジェローム!とにかくがむばれ!ギャンなんかキャンと言わせてやってくれい!

で。
今日も悪夢にうなされながら寝ます。

え゛~~~、とかブーイングしちゃイヤン(2回目)。だってオーストラリア戦はそれで勝ったし…。なんだかんだ言って睡眠応援の方が勝率いいの…。

こんなところで終わる彼らじゃないって信じてる!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/06/23

オランダ対日本

とりいそぎ。韓国おめでとう!ミーチョゴールおめでとう!\(^∀^)/

さて
そんなにもったいつけるほどの感想もないのに、すっかり遅くなりました(^^ゞ
ボーとしている間に、いよいよ今夜はドイツが運命の一戦を迎えてしまうというのに!

6月19日 2010W杯 グループリーグE オランダ 1-0 日本

100619nedjpnfj
交代:エリア(72ファンデルファールト)、アフェライ(83スナイデル)、フンテラール(87ファンペルシー)
サブ:ボスフケル、フォルム、ブラーフハイト、ブーラルーズ、オーイェル、スハールス、デセーウ、ロッベン、バベル

得点:スナイデル(53ファンペルシー)
カード: ファンデルヴィール
MoM:スナイデル

徹底的にオランダ(と言うよりほぼファンボメルピンポイント)目線&需要薄のボメフォト満載ですのでたたみます。日本が負けて悔しい!と思ってらっさる方はスルー願います。

続きを読む "オランダ対日本"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グループA第3戦

今日からダブルヘッダー×2、怒涛の1日4試合コースであります。なんで一気にこんなせわしないことになっちゃうんだい(汗)

ということでどっちを見ようかな、と迷いつつ、メキシコ×ウルグアイをメインに見ていたのですがフランスのことも気になるし、で、結局どっちつかずに。
それに、よくよく細かく計算してみたら、始まる前から、ウルグアイメキシコがグループリーグを通過するであろう、ということは大体決まってたのですね。もちろん番狂わせもあり得たのですが、そのためにはフランス南アフリカが大量得点で勝たなければならないと。つまり本日のポイントは、ウルグアイとメキシコの首位争いだったわけです。

というわけで、こうなりました

6月22日 2010W杯 グループリーグA メキシコ 0-1 ウルグアイ

100622_forlan

得点:スアレス(URU)(43)
MoM:スアレス(URU)
本日の退場者:なし

レベルが拮抗しているチーム同士(と見えた)、見ごたえある攻防を展開しておりましたが、そんなにウルグアイが圧倒してる風にも見えず、とはいえメキシコも最後のツメに迫力が足りず、という。でもどちらかと言うとウルグアイの方がきっちりがっちりやっていたのかなぁ、という感じ。スコア通りの内容で、あまり強烈な印象の残らない試合ではありました。
気を散らしていたのであまりに雑な感想なご容赦(^^ゞ

赤丸上昇中のモエ~なドス・サントス君は今日もがむばってましたよー(^^)。メキシコにもう一人、オランダのアフェライっぽい、悪童系モエ~選手がいたのですが、顔がしっかり見えなかったので本当にモエ~なのかどうか確認できませんでした(←どうでもいい)。

100622_perez 流血ダラダラ

審判は冷静なジャッジでしたね。カードは3枚です。
この2国がこの順位で勝ち抜けるのはとっても妥当だと思います。おめでとう。

----------
同じく、フランス 1-2 南アフリカ

得点:クマロ(RSA)(20)、ムペーラ(RSA)(37)、マルーダ(FRA)(70)
MoM:ムペーラ(RSA)
本日の退場者:グルキュフ(FRA)

100622_henry_2

・・・・・・。

100622_gourcuff
まあ、今日もそうゆうこと。
セットプレーでの競り合いの際に相手選手の首に肘が入っておりました。厳しいのか妥当なのか、ちょっと議論が割れるところかも知れません。

な―――――んだかねぇ( ̄△ ̄)

なんのために無理して出場したんだい。毎回出ているアンタたちと違って、出たくて出たくてたまらないのに滅多にW杯に出られない国だってあるんだぞ!失礼な!
敗退してこんなに同情されない強豪国も珍しかろう。
アホドメネクだけのせいではなく、組織全体が腐ってたんだろうな~という気はします。2年前からやり直す機会はいくらでもあったのに、どうゆう事情があるのかは知らないが、くされ状態を維持して破滅の道を歩むことを選んだおフランスサッカー協会。

選手と、何より、いっしょけんめい応援していたファンがかわいそうだ。

100622_cisse
シセも出たのね。4年前の大会で、直前になって大怪我をして出場できなくなってしまった際に、チームメイトがシセの名前の入ったリストバンドを着用して試合に臨んだのを覚えているよ。

100622_ribery
リベリはまあまあ頑張ってたみたいですけど。今大会唯一の得点である、マルーダのゴールを華麗に演出しておりました。焼け石に水とはいえ…

100622_southafrica
南アフリカの挑戦は終わりました。開催国が決勝Tに進めないのは何大会ぶり、らしいですけど、じゅうぶんな活躍だったと思います。
敗退は残念でしょうが、せめて最後に勝って締めれたのは良かったのではないでしょうか。シャバララは名前を上げましたね。

この結果、グループAは、ウルグアイが勝ち点で1位通過、メキシコが勝ち点で2位。
南アフリカも勝ち点ですが、得失点差で3位、グループリーグ敗退です。
フランスはご存じ、3試合で0勝2敗1分け、得点1、という惨憺たる成績でもちろん最下位に終わりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/06/22

グループG&H第2戦

続き。

6月20日 2010W杯 グループリーグG ブラジル 3-1 コートジヴォワール

得点:ルイス・ファビアーノ(BRA)(25)、ルイス・ファビアーノ(BRA)(50)、エラーノ(BRA)(62)、ドログバ(CIV)(79)
MoM:ルイス・ファビアーノ(BRA)
本日の退場者:カカ(BRA)

100620_lfabiano

続きを読む "グループG&H第2戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グループD~F 第2戦

書くと時間がかかりそうなアノ試合を差し置いて、順序が前後しますが、すっかりたまってしまったその他の試合結果を。
ちょっとアタマに来てるので、イヤミで「本日の退場者」も書き出すことにしました。

なにしろ、HDDの整理をサボっている間にどんどんたまってしまってまして、誇張ではなく容量がほとんど残ってないので、このW杯、ドイツ戦とオランダ戦以外は録画せず、夜中の試合で録画したものも見たらすぐ消しております。
よって記憶が超オボロですので選手やプレーとかもあまりちゃんと覚えられず、感想もかなりえーかげんになります。
4年前は、見てる試合こそ今より少なかった気もしますが、まめにイラストも描いたりしててblog書くにも気持ちに余裕があったのにこの差はなんだろう。
つらつら考えたら、前回はダンナがW杯期間中バックパック旅行に出かけて留守をしていたので、時間がたっぷりあったのでした。

と毎度の言い訳をしたところで。
サッカーレポとしてマトモなことはなにひとつ書いてありませんで、ほとんどワタシのくだらない雑感ばかりですのでたたみます。
 
100621_buttmanu 
青春の語らい「ブット先輩には、希望の星が見えますか」「信じていればいつでもあのへんにあるんだぜ」(うそ)

続きを読む "グループD~F 第2戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/21

始動!

バイエルン・ミュンヘンのシーズンが始まりましたー。

100621_danielhamit
わ~~いheart01

100621_daniel3_2
誰?新しいコーチ?

100621_ottl
オットルとソサが戻って来てるよー!(^^)「とりあえず」じゃないといいな…汗(←そゆこと言わない!)

100621_tymo
ティモシュクの姿はありましたが、クロアチアンが写ってる写真をまだ見つけてないのです。

そして、アマチュアの選手っぽいボンバヘッド君がいました(最後列の彼)。誰なんだろう~。天パー&ボンバヘッド好きの血が騒ぐ。
100621_bomberhead2
 
100621_vangaaltiger
「息抜きにはゴルフ♪」(うそ)
アキレス腱を断裂してしまったらしいゲルラントさん(奥)。アマチュアの監督に戻るので、Aチームの仕事はしなくなるのかと思ってたら、アシスタントコーチは引き続き兼任してくれるらしいですね。うれすぃわ~♪
FCB.tvでの優勝報告セレモニーのビデオで、ファンボメルがゲルラントにインタビューしてる時に「Tiger」って呼びかけてましたね。ほんとにみんなに「虎さん」と呼ばれてるのですね(^^)

しかし、W杯もまだまだ宴たけなわだというのに、忙しくなってきちゃいましたよ~(^o^;)
というわけで今日から「バイエルン・ミュンヘン10/11シーズン」カテなのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完全アウェーの地から

どもども、そんなわけで、恥ずかしながら生きて戻ってまいりました(^^ゞ

今さらですが、kickerによるセルビア戦のドイツ代表の採点。見たくない方はスルーで。

ノイアー(4) - ラーム[C](3)、メルテザッカー(4.5)、フリードリッヒ(3.5)、バトシュトゥバー(5.5) -  ケディラ(3)、シュヴァインシュタイガー(3) - ミュラー(4.5)、エズィル(3.5)、ポドルスキ(4.5) - クローゼ(5)

MoMはストイコヴィッチ(セルビア)

----------
さらに余談。関係ない話ではありますが・・・

フランス代表のアネルカ、ドメネク監督に対する暴言で強制送還
アネルカ追放で激震、エブラ「フランス代表のW杯が汚されてしまった」
アネルカ追放を受け主将エヴラ 「この中に裏切り者がいる」

ぼろぼろ。

特にフランスファンというわけではありませんが、なんともやるせない話であります。
クペはここにいなくて良かったのかも知れないね…。

【追記】
今朝の新聞によると、このアネルカ追放に対して選手たちが抗議の練習ボイコットをしたそうな。。。わ~もぅ、ムチャクチャだあ。

----------

さて、そういうわけで、19日のオランダ対日本、日本にとってはこのW杯で最大のイベントカードであるこの試合を、オランダファンであるワタシが日本応援のパブリックビューイングに見に行っちゃったのです。しかも遠路はるばるさいたままで(爆)
なんでわざわざアウェーを選ぶのか?探せばオランダ応援のパブリックビューイングとかもあるだろうに、コリアンダーはMか?と思われるかも知れませんが、PCを買い換えた際に、キャンペーンに応募したらチケットが当たっちゃった。、という次第なんです~(応募したらみんな当たったんじゃないかという気もしたり。。。)
ということでボメラー友であり、以前blogで「3Dのパブリックビューイングが見たい」とおっしゃっていたクゥシィさんを誘って行ってまいりました。完全アウェーの険しい(?)旅にお付き合いくださいましてありがとうございました~m(__)m(私信御容赦)

【※以下、特に注意もされなかったので写真バシバシ撮ってバシバシアプしちゃってますが、マズかったかしら(汗)。怒られたらはがす←こら】

Dsc06997
スカパー+協賛企業4社(SONY、コカ・コーラ、VISA、アディダス)による大パブリック・ビューイング。目玉は、もちろん試合の放映ですが、それと、その前に行われたSONYが誇る最新技術を駆使した3D映像によるライブコンサートとW杯ハイライト。(試合そのものは3Dではなくて普通の大画面映像であった…)

会場周辺からすでに、フェイスペインティング無料サービス(大行列)、コカコーラ無料サービス(要引換券)、大声コンテスト(大行列)、物販、アナタのレプリカユニフォームにイベントロゴのプリントサービス(大行列)、SONY3Dブラビア体験サービス、などなど、祭り気分が盛り上がっておりました。が、熱気でむんむんしてる中を並ぶのはしんどいので行列モノはスルーで。

Dsc06998
試合開始3時間前からイベントが始まりました。司会はジョン・カビラとどっかの女子アナみたいなお姉さん(←知らない)。

3Dライブとか言うから、フィルムコンサートかと思って、どうせなら本人連れてきたらいーのに、ケチ、とか思ってたら

Dsc07000
本人いるじゃん。これはAI。ステージで歌ってるところを後ろのスクリーンに3Dで映しておりました。なるほど。でも本人がいるんなら、それこそ3Dなのに、後ろの映像の臨場感って一体?なんかヘンな感じですが、そんなにむつかしく考える必要はない。
ということなので後ろの大スクリーンに映ってる映像は3D用に処理してあるので、二重にブレて見えてます。メガネをかけたら立体的に飛び出すのだ!

3Dはすごかったですが、今まで万博とかテーマパークとかで見て来たのとそんなに大差ないような。
ただ、これをLIVEでもって瞬時に変換するところが新しくて凄い!と思った次第であります。スクリーンの映像ばかり見て、ステージ上にミュージシャンがいることを忘れそうになってはいけない。

Dsc07001
ノッてるか~い。アリーナ席の一部がぽっこり開いてますが、サッカーだけが目的の人たちの分かも知れません。試合が始まる頃にはいつの間にか埋まってましたよ。

Dsc07004
3Dのシャキーラ。これは本人が来ているわけではなくて、プロモVを流しただけでした。すごい立体感でしたよ。

Dsc07005_3
Dragon Ash

しかし最大の盛り上がりを見せたのは彼らだった
Dsc07008
トリはファンモン。ロゴの入った服を着ていたファンを沢山見かけたので、彼らが目的で来た人たちも多かったみたい。ファンが盛り上がるのはもちろんですが、彼ら自身も盛り上げ上手なので、多くの人が立ち上がって歌ったり踊ったりすごかったです。ファンモンてこんなに人気あるのか!(ワシには知らん曲ばっかりなのに!)と驚いた次第です。モノ知らなすぎですかね(苦笑)。
ワタシも立ち上がろうかと思ったけど、トシ食ったせいかめんどくさかったので、座ったままタオルを振り回しておきました。
しかしこんなノリのコンサートは20年ぶりぐらいのことではなかろうか・・・。大音量に耳がヘンになりそうだったけど、なかなか楽しかったです(^^)←完全にオバサンの感想やがな

その後は過去のW杯とか、クラブワールドカップとかコンフェデとか、ビーチサッカーとかFIFA主催の大会の名場面を3Dで。ゴールネットの向こう側にGKがいてさらにその向こうからシュートがこっちに向かって飛んでくる、というような映像はまさに3Dの腕の見せどころ。思わず「すごっ!(゚∀゚)」と声を上げちゃいますねぇ。あんまりすごい映像には会場から自然に拍手が沸いていたのが印象的でした。
そして試合が近づくにつれて、このW杯のこれまでのハイライトも3Dで。「飛び出すポルディ!」「飛び出すボメ!」とか、いちいちうっさいワタシ。

Dsc07009
解説者の水沼さん(右のスミッコで青い服を着ている人)もステージに登場して、いよいよ試合が始まります。緊張・・・!
ここから先は見るのに必死で、写真撮ってないのです。
とにかくファンボメルのアップが映るたびに「キャ~!heart」「カッコい~!heart」と、立場を忘れてつい声を上げてしまい、ノベルティのかんたんブブゼラを意味なくブーと吹いて喜びを表現したりしたアホゥはワタシです・・・。

そういうわけですので、とても試合をちゃんと見たとは言い切れませんが、ざっくり振り返ろうと思います。が・・・、眠くてモーローとしてきたので、それはまた、後ほど。(明日も用事があるので、遅くなるかも知れませんが・・・。こうやってどんどんずれこむのだな苦笑)

----------
でもせっかくなのでkickerの採点でも貼っておきます。
ステケレンブルフ(3) - ファンデルヴィール(5)、ハイティンハ(3)、マタイセン(3)、ファンブロンクホルスト[C](3.5) - ファンボメル(2.5)、デヨンク(4) - カイト(4.5)、スナイデル(3.5)、ファンデルファールト(4.5) - ファンペルシー(4.5)

川島(5) - 駒野(4)、中澤(3.5)、闘莉王(3)、長友(3.5) - 阿部(3.5)、長谷部[C](3.5)、遠藤(4) - 松井(4)、大久保(4) - 本田(5)

ワタシ的MoMの川島が「5」ってぎゃふんトホホ、ドイツ人きびしー、ではありますが、しかしアナタ!
MoMにファンボメル~~!2試合連続!heart04
 
100619_bommel かわいい(モエ)heart

100619_bommel2 かっこいい(惚)heart

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/06/19

完全アウェーの地へ

いまだドイツ敗戦のしょっくから立ち直ってないのですが...。

それはさておき

kickerがよその国の試合も採点を出していることを初めて知りました。

というわけで今さらですが、デンマーク戦のオランダ代表の採点をメモしてゲン担ぎ

ステケレンブルフ(3) - ファンデルヴィール(3)、ハイティンハ(3)、マタイセン(3)、ファンブロンクホルスト(4) - ファンボメル(2)、デヨンク(2) - カイト(3)、スナイデル(3)、ファンデルファールト(4) - ファンペルシー(4)

MoMファンボメル~~~~~~~~~~!!!!!!!(゚∀゚)

Profibommel

眉間のシワもワタシにはチャームポイントheart(戯言)

ということで

Dsc06992

我が家の壁は現在こんな感じです(汗)

ドイツファンorオランダファンの風上にも置けん!とか言っちゃイヤンです(汗)でででも、見ようによっては、ボメがシュバを励ましてる風にも見えなくないですか?ダメ?(^∀^;)

Dsc06994

ドイツ代表ユニのここのこだわりがスキです。星の中に、「54」「74」「90」と、W杯で優勝した年が書いてあるのです。4つ目の星をゲットするんだもんね...。(弱気)

実はオランダ代表ユニにも、見えないところにちょっとしたこだわりがあるのですが、これは現物を手にした者だけのヒミツにしとうございます。フフフ...。

Dsc06993

下にはお守り代わりに?2002年の代表チームが出演しているビールの広告。ドラゴンズが下に敷いてあるのは、額が尖ってるので、床に傷が付くのを防ぐためでございます。モミアゲカーンに胸キュンなのです。離脱前に撮影されたらしく、ショルが写ってるのが少々切ない...。そして何故かブットがいない...(汗)

さて、そんなわけで、凹み気味ではありますが、いよいよオランダ対日本の決戦です!某所のパブリックビューイングに乗り込んで参ります。ほんとは昨日ドイツが勝って、よっしゃオランダもこの調子で!と意気揚揚と向かうはずだったのに...。とほほ(泣)
オランダが日本を甘く見て、油断しまくってるようなので、本気で心配です(汗)(汗)

そういうわけですので、ちょっと今日明日は留守します。でも、完全アウェーの地で(生きて帰りたいのでひっそりと)オランダを応援して、夜はガーナチョコ食べて念を送ります。

Dsc06995

では、行ってきます。
(※というわけでコメントのお返事が遅れておりますがご了承くださいm(_ _)m)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ドイツ対セルビア

6月18日 2010W杯 グループリーグD ドイツ 0-1 セルビア

100618gersrbfj
交代:カカウ(70エズィル)、マリン(70ミュラー)、ゴメス(77バトシュトゥバー)
サブ:ブット、ヴィーゼ、ボアテンク、ヤンゼン、アオゴ、タスキ、クロース、トゥロコフスキ、キースリンク

得点:ヨバノヴィッチ(38ジギッチ)
カード: ケディララームシュヴァインシュタイガーイヴァノヴィッチコラロフズボティッチヴィディッチ  クローゼ(37)
MoM:ストイコヴィッチ(SRB)

100618_holger
だからアンタのことが心配だと~!!(汗)

ドイツは布陣こそ4バックだが、実質3バックだよねー、というコメントをところどころで見かけますが、それはラームが上がりまくるせいなのか、それとも、バトシュトゥバーが役に立ってないせいなのか・・・・・・・・・・・・・

100618_rotkarte2
出ます出します出させます、一度出したらもう止まらない、基準なんてありません、出したい時がその時よ。なんなんだこの審判!デタラメなカードを出しまくりやがって!
上手な審判なら1~2枚程度で済んだゲームだったと思うぞ。(ドシロート目線)
オーストラリア戦もダメ審判でしたが、今日はそれ以上でした。
ガーナ戦ぐらいはマトモな審判に裁いて欲しいんですけどぉ~~

クローゼの退場は明らかに厳しすぎましたし、確かにドイツには大きな痛手でした。
しかし!
「待て待て、こんなことで動揺しちゃダメよみんなっsweat01」と思う間もなく、その後1分もしないうちに、まんまと動揺しまくってあっさーり失点しちゃったのはどうゆうわけ!!!

100618_jovanovic
グローブからシューズまで全身真っ黄色のバナナノイアー・・・

カコいい写真も貼る
100618_neuer
緑よりは違和感ないと思うのはワタシだけか

閑話休題。
若さゆえ、なんでしょうねえ。だけどバトシュトゥバーはともかくアルネアンタはナニゲにおっさんベテランナニゲにキャプテンだったこともあるんだから、こゆ時こそ落ち着かなくちゃー

しかしそれでも、一人少ない中でも果敢に攻め続け、最後までセルビア守備陣に冷汗かかせ続け、足が止まってバテバテになりながらも戦った彼らは、そう悪いばかりじゃないと思います。(この部分、試合観戦直後とは感想が変わった)

ただ、焦るあまりに、みんながてんでな判断をしてしまって意思疎通が図れてない風なのが、大変残念でした。惜しいシーンは沢山あったのです、クロスバーや何かのせいでゴールにはなりませんでしたけど。

100618_stojkovic

ポドルスキのPKがセルビアのGKストイコヴィッチに阻まれたことで、今日のドイツの運命はすでに決まっていたのかも知れません。
セルビアはなんだ?ロシア正教かなんかですかね?知らないけど。シュートをストップした際に、敬虔に神に感謝するストイコヴィッチを見て、今日は彼に神様がついてるな~、これは勝てないかも知らん、とヘンな予感がした次第です。
「だ、だけどウチにはエンケがついてるもん!sweat01」とワケのわからんことを思ったワタシはバカです。だけどいーじゃないかい、こんなアホゥがいてもさ~。

100618_poldi

ポドルスキは絶好のチャンスを外しまくってましたので、NHKの解説の早野さんも「今日はポドルスキの日じゃないのかも知れませんねー」と言っていました。もしかしたら「がっかりプレーヤーオブザマッチ」とか、鬼採点とか付くかも知れません。
でもね。
外しまくるぐらいチャンスを作った選手が他にいるか?みんなが(交代で入って体力的にはフレッシュな選手でさえ)ヘトヘトになってろくすっぽ動けない中、最後まで(ヘタクソでも)ゴールに向かって行くという心のこもったプレーをした選手がいたかっちゅうんだ、とか思ったりするのです。むしろ、この熱い魂をゴメス見習え!とか・・・
まあ、結果が出なくちゃ意味ないので、批判する意見もやむなし、ではありますが。

カカウが入ったのは良いと思いましたがしかしエズィルをあきらめてしまった采配はとても残念で、なんだよー(-△-)、とその時は思いましたが、そもそも(クローゼが退場した後の)1トップなんて向いてないし、カードが1枚たまってるし、今日の審判危ないし、次節に出停になるよりはまだ、という判断だったのかも、と今は思います。
セルビア守備陣にだいぶ警戒されて、打開できる気配もあまりなかったしね。

でもマリンちゃんとゴメスは…う~~~ん(汗)
なんでキースリンクを使わないのかワタシにはさぱーりですが、トレーニングしている状態でそんなに出来が悪いのでしょうか?
あと左SBも…ヤンゼンはダメかい…

まあ、あれこれ言ったところで、負けは負けです。
セルビアにこんなに完璧に抑えられてしまって、もし決勝トーナメントに進んだとしても先が思いやられますが、ま、それは無事に先に進んでから考えよう。このままではそれすら危ないんだから。。。(冷汗)

勝敗表を見て、明日のガーナ対オーストラリアはどうゆう結果になれば我がドイツにとって最適なのか、ということをいっしょけんめい皮算用したりしています。
やっぱりオーストラリアがシブく勝って、全チームが勝ち点3で並んで、次節ドイツがガーナとの直接対決に勝つ!ということでしょうか…。ヒーイー(((゚д゚;)))ガクガクブルブル
ここで第1戦の大量得点がモノを言うのかな、と思ったりします。

100618_skm

この後に行われた試合で、アメリカが2点ものビハインドから怒涛のメリケン魂(?)でもって同点に追いついたのをチラ見して、心底うらやましかったです。
我がドイツも確かにそんな不屈のメンタリティを持っていて、それが特徴だと言われた時期もあった・・・。
むかしの話ですかね。フッ…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/06/18

アルゼンチン、フランス、ギリシャ、とか

いや~昨日はちょっと、サッカーモードにスイッチが入りにくい日でした。まあ、いろいろありましてね・・・。今日の午前中ぐらいまでそのロウモードをちょっと引きずり加減で、録画したおフランスの試合はなんとなく義務で見てしまいました。まあ、そんな時もありますわ。

でも!もう大丈夫!ワタシもみんなと同じサッカーファンの一員です!(←某ニキビ用スキンケア)
だってもうすぐドイツ戦なんだも~ん。いよいよセルビア!テンション落ちてるヒマなんかないんだぜ。

100617_gomezmerte
がんばれ!がんばれ!しっかり守ってね!きっちり決めてね!(汗)

なにかセルビア関係の食材を食うとか飲むとかしたかったのですが、これと言って思いつかないので、セルビアと言えばパンテリッチ、ということで

Richcut ・・・。「リッチカット」(^∀^;)

パリッとカットしちゃうもんね。
パンテリッチが出なかったり、他のヤツがゴール決めるかも知らんやんけ、ということもありますが、まあ、そこはそれ、「ッチ」という名前の選手は多いことだし、もともとそんなに「食ってやる~!」と気張ってるわけではないんで、この程度でヨイのです。

さてさて、時間もなくなってまいりましたので、見てない試合のことまで書かなくてもいいような気もしますが、いつものように結果だけざっくりと。

----------
6月16日 グループリーグA 南アフリカ 0-3 ウルグアイ

得点:フォルラン(URU)(24)、フォルラン(URU)(80PK)、アルバロ・ペレイラ(URU)(90+5)
MoM:フォルラン

ハイライトしか見てませんが、シュート動作に入っていた選手を倒したと言うので(?)一発退場になった南アフリカのGKクネが泣いてしまって、かわいそうでした(;_;)

---------
6月17日 グループリーグB アルゼンチン 4-1 韓国

得点:パク・チュヨン(ARG)(17オウンゴール)、イグアイン(ARG)(33)、イ・チョンヨン(KOR)(45+1)、イグアイン(ARG)(76)、イグアイン(ARG)(80)
MoM:イグアイン

ごっつあん込みで(^皿^)、イグアインがハットトリック!得点王に前進!
が、がむばれクローゼ!(byクローゼに5ゴール以上決めてもらってW杯通算15ゴールを達成させ隊←そんな組織はありません)
いやいや、よかった。みんなが待ち望んでいたであろうアルゼンチンの強さがやっと見れましたね。メッシも大活躍だったし!まあ、盤石がっちり、というか、まだちょっと不安定なところもありましたけど。特に守備が・・・
1失点はデミチェリスの気を抜いた軽いボールさばきが見事にかっさらわれたものでした。。。。。。(T-T)チームは楽しく快勝したからいいとはいえ、ミーチョの今後が心配だ~~(冷汗)
韓国は後半気持ちが切れてしまいましたね。残念ですが、まだ可能性はある!

----------
6月17日 グループリーグB ギリシャ 2-1 ナイジェリア

得点:ウチェ(NGA)(16)、サルピンギディス(GRE)(44)、トロシディス(GRE)(71)
MoM:エニェアマ(NGA)

退場者が出てしまってからナイジェリアは防戦一方になってしまったのでしょうか。おぉーなんと!ギリシャが攻めてる!(゚∀゚)←無礼者
しかしそんな中でもファインセーブを連発して大量失点を防いだナイジェリアのGKエニェアマが2試合連続MoMです!

---------
6月17日 グループリーグA フランス 0-2 メキシコ

得点:エルナンデス(MEX)(64)、ブランコ(MEX)(79PK)
MoM:ブランコ(MEX)

あ~~~~~~~~~もう。ねえ。
わかっていたことだけど。あのアホマユゲが監督でいる限りはおフランスに未来はないんだってこと。
メキシコのサッカーの方が魅力的だしステキだけれど、フランスが自滅して行く様を見るのはしのびなかったです(T_T)
今大会モエ~選手No1の呼び声高い(?)メキシコのドス・サントス君は今回も活躍してましたね☆

---------
セルビアのスタメン出ました。パンテリッチはサブメンですね(^_^;)
ドイツは初戦と同じ。がむばれ!バトシュトゥバー!!ワタシがいちばん心配なのは実はキミだ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/17

失った物は取り戻すんだぜ

試合を見るので精いっぱいで、サイト巡回がどうしても後回しになってしまって、ネタがどんどん古くなるのは御容赦なのです(^^ゞ

ついったーでぶつぶつつぶやいていたのですが、ちょっと140文字では追いつかなくなってきたので、ほぼ自分用メモですが、ファンボメルネタです。

100614_bommel2

14日に行われたデンマーク戦にて、TV解説をしていたらしいファンバステンが、ファンボメルのパフォーマンスを称賛したらしいです。

くだんのTV局のビデオコーナーにもそのコメント動画が上がっているようなのですが、待てど暮らせど再生が始まらないので、めんどくさくて見てません。もしかしたらようつべとかに上がってるのかも知れませんが、どーせ何言ってるのかわかんないし、探す気ナッシング(←こらっ)。

「今日はマルクが非常に強かったと思う。人々はいつも、私が彼を嫌っていると言うが、それはナンセンスだ。今日は単純に、サッカー的側面からマルクのプレーを見て、そして彼がベストプレーヤーの一人であると思っている。彼は非常にいいポジショニングをして、コントロール的な役割もとてもよかった」(意訳作文。参照リンクはこちらこちら。デヨンクについてもコメントしてますが略)

とまあ、こんな感じで。

そしてファンボメルがさっそく反応したようです。

「彼(ファンバステン)はある時はネガティブに、そしてある時はポジティブになるんだ。どうすりゃいいんだ?彼はもう俺の監督じゃないしね」

06年W杯以降、ファンバステン監督(当時)との確執から代表招集を拒否したファンボメルですが、「キャリアの中でもっとも難しい決断だった」そうです。
そしてそれは、感情的なものだったと打ち明けたようです
「あれはあってはいけないことだった。国のことをあきらめる。そんな単純なことじゃない。俺は多くのものを逃してしまった。でも今ではすべての選手たちが、俺は正しかったってわかってるよ。それが俺にとってもっとも重要なことだ」

というわけで08年EUROに出場できなかったファンボメルですが、忘れ物を取り戻す意味でも、次の2012年大会への出場を目指すようです。
「俺は今ここにこうしていることを嬉しく、誇らしく思っているんだ」
でも2014年W杯に関してはやっぱり、「その時俺は37歳だよ。ちょっとあり得ないね。でも具体的に計画してるわけじゃないよ」

参照リンクはこちらこちらこちらから意訳作文です。誤訳等ありましたらご指摘ヨロシクです~

う~~むでも、実はこんなちょっとシブい記事よりもファンボメルファン(ややこし)略してボメラーの皆さんにオススメなのはこっちです。

「俺たちには使命があるんだ!」

お金なんかより勝利の方が重要だ!美しいサッカーもいいけど勝たなければ意味がない!俺たちは未だに優勝したことがない。ここらでデカいことをやってのけたいんだぜ!
と、やる気まんまんアグレッシブポジポジ記事です。力が入っちゃって惚れ直すこと必須!読んでね!オランダ語だけど!ε=┌(;^∀^)┘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペイン対スイス

風邪だかインフルだかでトレーニングを休んでいるらしいシュヴァインシュタイガーはセルビア戦だいじょうぶなのかね。フリックコーチが「だいじょぶだと思ってまふ」とかなんとか言ってるらしいのをチラ見しましたけど・・・。DHは替えが利かないのだ。頼むよ~(汗)

それはさておき!

6月16日 2010W杯 グループリーグH スペイン 0-1 スイス

100616_fernandes

得点:フェルナンデス(SUI)(52)
MoM:フェルナンデス(SUI)

バイエルンサポの皆さ~ん、ヒッツヒッツしてますかー?(^∀^)

100616_ottmar

どーーーーーーですかちょっとアナタ!
オーットマーッル、ヒッツフェル♪ちゃちゃちゃ☆(←07/08シーズンの優勝報告セレモニーで歌われたデタラメチャント)

見た?

見た?

見た?

我らのオットマールおじさんのスイスが!!!無敵艦隊スペインに!
ドイツ代表ファンにとっては、08年EURO決勝での悔しさを忘れられないあのスペインに!
大いに溜飲を下げる大金星!!!
うわっはははは、どうじゃどうじゃ!
強い者が勝つんじゃない、勝った者が強いのだーー!!(^□^)

いやいやいやいや、素晴しかったです、スイス!
いや、サッカーの内容自体はスペインの方が一周りも二周りも上を行っていたと思います。
だけど、自分たちはチャレンジャーであることを知っている彼らは、どこまでもひたむきに、ヘタはヘタなりに、あのスペインの破壊的な攻撃を、みんなで守る!必死に守る!みんなで勝つ!

100616_benaglio

MoMはベナーリオこそふさわしいと思うんだけど~~~
いやっもう、凄すぎて、MoMbyバドワイザー、なんていう小さな枠には収まりきらなかったに違いない。彼はもはや英雄なのだ!!
あと、あわや、というシュートがクロスバーに阻まれたりなど、運も強かったですね。
もう本当に、ピンチに次ぐピンチで、リアルでヒーヒーギャーギャー大騒ぎをしてしまい、だけど試合後に「W杯って面白いなー」とダンナをうならせた、ドラマティックで劇的な勝利がそこにありました。

スイスのチャンスは少なかったのですが、フェルナンデスのゴールはこぼれ球を熱く泥臭く押し込んだ、今大会でもっとも情熱的なゴールのひとつに数えられるであろう素晴らしいものでした。絶対見るべし!
(スペインのピケも決死の覚悟で飛び込みましたけど。スローで見てもいつ顔面を切ったのかよくわかりませんでしたが、大事なくて本当によかったです)

100616_pique

いや~ははは、いまだ興奮収まりませんので、ワケのわからん文章ご容赦なのです(^_^;)
ただ、スイスが、これで自分たちはやり切った!と大満足して、この後失速するんじゃねーか、という一抹の不安が(汗)せっかく優勝大本命のスペインに勝ったんだから、それはもったいないよー。このチャンス生かさなくちゃー。

----------
同じく、グループリーグH ホンジュラス 0-1 チリ

得点:ボーセジュール(CHI)(34)
MoM:ボーセジュール

点けてたけど見てないゴメン・・・ m(__)m
チリと言えばレヴァークーゼンのヴィダルしか(汗)
【追記】でもチリにとっては48年ぶりのW杯勝利だったみたい(^∀^)おめでとう~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/16

コートジヴォワール対ポルトガル、他

その前に余談あれこれ

「ポルトガル監督、ドログバのギプス着用を批判」

言いがかりぽいですね(^_^;)
ですが、

ただし、W杯本大会において、ギプスを着用した選手はドログバだけではない。1986年のメキシコ大会では、イングランド代表FWギャリー・リネカーがギプスを着用して得点王に輝いた歴史もある。

もっと最近のヒトを忘れてるよー!とドイツ代表ファンは思うのであった。

060608_lahm もわわ~ん。。。(思い出プレイバック)

「オランダ代表に衝撃?美女軍団が強制退去、泣きだす女性も」

100614_bavaria_girls

かねてから問題視されていた「ババリア・ベイビー」たちがついに強制退去と相成ったもよう。あんりまー
はたして、オランダ代表のモサどもは衝撃を受けたかどうか、「“ヤル気”低下につなが」るのか、まあ見てみようじゃないか。
そんなに興味はないけれどいちおう、「ババリア・ビール」の公式サイトはこちら

さて

ハイライトを流し見ただけなので結果だけ
6月14日 グループリーグF イタリア 1-1 パラグアイ

得点:アルカラス(PAR)(39)、デロッシ(ITA)(63)
MoM:アルカラス(PAR)

100614_roque

パラグアイと言えば、今大会出場選手の中でイケメンNo1のサンタクルスですが(反論無用)、スタメンじゃないとわかった時点でモチベーションが急降下して寝てしまった邪道サッカーファンです。
68分にヴァルデスと交代で出場したもよう。
あと、前半だけで腰を痛めて?交代したらしいブッフォンのことも心配です。

続きましては

6月15日 グループリーグF ニュージーランド 1-1 スロヴァキア

得点:ヴィテック(SVK)(50)、リード(NZL)(90+3)
MoM:ヴィテック(SVK)

何しろ第1試合の時間は大体家事タイムですので、よほどの好カードでもないと、腰を据えて見れないのです(^^ゞ
点けるだけ点けておいて自分は洗い物なんぞをしておったのですが、ながら見していたダンナが突如「うおー!入った!」と声を上げたのが聞こえてきたので何事か、と思ったら

100615_winston

ご存じ、終始劣勢だった(らしい)ニュージーランドが試合終了超目前、ロスタイム3分のうちのその93分に劇的ゴーーール!!そりゃカード覚悟で脱ぎたくもなりますね(^▽^)
こうゆうドラマがあるからW杯は面白いのです。初出場のスロヴァキアは残念無念だったことでしょうが、実力はあるみたいだし、次頑張ろう!(お気楽)

同じく、グループリーグG コートジヴォワール 0-0 ポルトガル

100615_cronaldo_2

MoM:ロナウド(POR)

え~~~、なんでCロナウドがMoM?彼が何をしたんだい。見せ場と言ったら、前半のもの凄いスーパーFKぐらいだったような気がしましたが。

いやいや、ハイレベルで素晴らしい試合でしたね。
コートジヴォワールは、組織的で洗練された、なんというかオシャレなサッカーを展開していました。ガーナもそうだったと思いますが、最近のアフリカのサッカーはこうゆうスタイルになってきているのでしょうか?(カメルーンは・・・?(-_-))

Cロナウド対策も万全でしたね!集中してしっかりがっちり囲い込み、殆ど仕事をさせてませんでした。
そんなCロナウドが、削られるたびに、いつもの「転びながら泣き顔で審判ガン見アッピール」技を繰り出すのを見てゲラゲラと爆笑していた無礼者がここに(^_^;)ゴメン

中盤でのせめぎ合い奪い合いがシビれましたが、双方最後の決め手を欠いて、結局ノーゴールに終わってしまいました。でも、薫り高い高水準なサッカーを堪能できましたよ~。
ドログバ復帰はうれしいですね。ホッとした日本代表ファンも多かったのでは?とはいえ、まだフィットしてないのか、いまいち精彩を欠いておりましたが。

なんにせよ、次節のブラジル戦が楽しみです!もちろん、コートジヴォワールの。

結果だけ

同じく、グループリーグG ブラジル 2-1 北朝鮮

得点:マイコン(BRA)(55)、エラーノ(BRA)(72)、イ・ユンナム(PRK)(89)
MoM:マイコン(BRA)

まあ、こんなもんじゃ?ブラジルはいつもスロースターターだし。ただ、北朝鮮にとっては、あのブラジルからゴールを奪った!と、歴史に残るゴールになったことでしょう。

さてさて、スペイン対スイスが始まりますよ~。
がむばれスイス!ヒッツフェルト!ベナーリオ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トーニ、バイエルンを退団

ホンジュラス対チリ戦なう。
とはいうものの、blogの更新しながらだと試合はなかなか目に入らないの・・・

とか言いながら、昨日の試合のおさらいとかしようと思っていたのですが。

W杯中はバイエルンの公式サイトにも足が遠のきがちですが、その間にも、何やら新しい公式球のお披露目がありましたとか、夏休み中の監督からのメッセージとか、カーンがFCB.tvに登場だ、とか、なんとびっくり、今度の月曜日からもうトレーニングが始まるよとか、いろいろニュースがたまっておりました。

で。

ついに本決まり
100616_fcb

違約金がどーとかいう話は何も書いてませんで、「次のクラブでの幸運を祈る」という、毎度おなじみ形ばかりのコメントが掲載されているのみです。ジェノアかな?とか書いてありますけど。

あ~~う~~~(T△T)
わかっていたこととはいえ、こうしてきちんと決定してしまうと、改めて悲しくなっちゃうんだぜ。。。

トーニはマカーイみたいに、ファンのみんなへの公開状なんか出さないだろうなぁ。
しょぼん。

【だいぶたってから追記】
「契約解除」なので、移籍金とか違約金とかは発生しないみたいです。毎度太っ腹なバイエルンであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kaufmannさんの新作

W杯とは関係ない話題恐縮です(^^ゞ

「マガジン」や各種媒体などで、よくバイエルンの仕事をしているフォトグラファーのChristian Kaufmannさんですが、最近の仕事を紹介する記事がヒットしました。

Muenchner_couragedaniel
おぉ!heart04

なんでこんな恐い顔してるのを使うかな~(^_^;)
バイエルンが協賛しているキャンペーン「Münchner Courage」の新しい広告が出来たみたいです。
これまではウリ、ファンボメル、リベリがイメージキャラクターでしたが、このたび、ルンメニゲ、シュヴァインシュタイガー、ファンブイテンが起用されたみたいです。

Christian_kaufmannbastian

ついでにこんなのも
Christian_kaufmannvan_gaal
わわっsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/15

誕生日おめでとう

ドイツオランダ日本、と、3戦連続で勝利の興奮に盛り上がってしまい、ちょっと腑抜けてしまいました(^^ゞ
おかげさまで昨晩のパラグアイ対イタリアは完全スルーで、スコアだけ。後でハイライトでも見ときます(←雑!)そしてこの後のニュージーランド対スロヴァキアも、それなりに興味がないわけではないのですが、ここらでちょっと息抜きしよかと・・・ゴメン

というわけで(?)

オリバー・カーン、41歳の誕生日おめでとう!!\(^∀^)/

100613zdf2
耳栓着用でブブゼラ対策?!若者を見つめるこの温かいまなざしがステキです。

100613zdf1
手形を取っているかのようにどっしりとテーブルに置かれた左手に毎度ウケる。
カーンに見つめられている中央の若者はミュラーではありません。デニス・ヴィーゼ君という、一般視聴者レポーターのようです。

ZDFのビデオコーナーに、ドイツ対オーストラリア戦の解説動画がアプされてないようなのですが、どうも、どうやら、レポーターのカトリンさんが何か失言をしてしまったみたいです。(自動翻訳の日本語でザッと見ただけなので何とも言えませんが、デンジャラスな用語を使った感じ…。参照リンクはこちら

あれあれ、カーンの誕生日を祝うはずが、すっかり脱線してしまいました。
今年はちょっとイラストとか描いてる時間ナイわ…ゴメン。気づくのが遅れたのです(汗)

まあ、ね、カワイイカノジョもいるし、仕事も充実してるようだし、人生謳歌してるみたいなので、今さらワシごときがあれこれ言わなくてもよかろうよ。

なんてね。ちょっとスネてみました。なんかさびしーんだもん。
でも、GAORAで絶賛放送中の「ブンデスリーガ・クラシックス」とかで昔のヤングカーンの姿を見ると、やっぱカッコいーなーheartと、心の奥がじーんとなるのです。
40過ぎた今はさすがにおっさんぽくなってきましたが、まあハラとか頭頂部とかまずまず維持してるみたいなので、喜ばしいことです。きっと加齢臭なんかないにちがいないよ!これからも是非精進して、若いネェちゃんが似合う(ネチネチ)ステキなおじさまになってね~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グループE第1戦

オランダ日本の勝利にちょと興奮して(ひとりで)祝杯上げたりしてしまいまして、遅くなりました。

100614_oranje

6月14日 2010W杯 グループリーグE オランダ 2-0 デンマーク

100614neddenfj
交代:エリア(67ファンデルファールト)、アフェライ(77ファンペルシー)、デセーウ(88デヨンク)
サブ:ボスフケル、フォルム、ブラーフハイト、ブーラルーズ、オーイェル、ロッベン、スハールス、バベル、フンテラール

得点:シモン・ポウルセン(46オウンゴール)、カイト(85エリア)
カード: デヨンクファンペルシーKjaer

MoMはスナイデル(NED)

Dsc06990
このにくったらしい顔(^∀^) ウキウキ☆

とゆうわけで、いささかしょっぱい系ではありますが、終わってみれば、なんとな~く省エネモードでもそつなく勝ちました☆という一戦でした。まあまあ、いいでしょうo(^-^)o
試合内容的には、う~~~ん?いまひとつ?ホントはもっとできるよねアンタたち、と思いましたが、大事な初戦に勝ったという、その事実が大事なので!

特に前半は苦しそうでしたね。デンマークの堅守に、オランダ自慢の攻撃陣もなかなか形にできず。ボールポゼッションばかりがムダに多い気もしたり。
だけどムダと思われるプレーの中からでも勝機を見つけるべく、ひたすら回してガマン、だったと思います。
肝心の(?)ファンボメルもあまりパリッとせず、いくら「いるといないとでは大違い」などとサッカー解説者等には絶賛されても、ただいるだけじゃーダメなんじゃい、などと意地悪く思ったりもしました。←あいしているからこそ厳しくね

しかし!
後半からは、やはり監督からの指示が出たのでしょうか?ピシッと修正して、締めるところは引き締め直して臨んだ感じです。攻撃陣にも迫力が戻ってました。

後半に入ってすぐに、オウンゴールとはいえ、先制点を奪ったのは良かったです。

100614_poulsenagger
ファンペルシーのクロスにシモン・ポウルセンがクリアしたものが前にいたアッガーの背中に当たって入っちゃいました。ピンボールか!とつっこみたくなるような軌道でしたよ。

だけどそんなゴールでも大喜びのオランイェエルフタルが(敵から見たら)憎らしいと言うか、(ファンから見たら)カワイイと言うか…。
まあそれだけ、苦労した末にやっと決まった!という安堵感が深かったのかも知れません。

ファンボメルは後半に入ってからはいつもの、クレバークール&アグレッシブホット(反論無用!)なイカす奴に戻ってましたね(^∀^)
どちらかと言えばアグレッシブ成分がやや濃い目のような?→どうでもイイか…?
ちょっとしたファウルに飛ぶわ跳ねるわ、ボール奪取すべく食らいつくわ、サイドネット直撃のもんのすごい惜しいシュートを打つわ(リアルで身を乗り出してヒーヒー言ってしまいましたよ)で、勝利への渇望を感じさせるプレーでチームを鼓舞してるようで、ワタシ的にはなかなか楽しめました(^^)

だけどオウンゴールでの1点だけというのも、勝てばいいとはいえ、ちょっとつまらん、とじりじりしていたところ、カイトが決めました!
 
エリアの鋭いシュートがあわやポストに弾かれたのを詰めて押し込んで!これを書くために調べ直したら、思ってたよりも遅い時間だったことに気が付いてちょっと驚きました。70分くらいかと思いこんでました。

100614_kuijtpersie
「わ~~~い♪♪」

こんな無邪気な姿を見ると、確執だの内紛だの、どうしても信じられないのですが。
あまり立場が安泰ではないかも知れない、けれど働き者のカイトが報われたのは嬉しいです。仲良しファンボメルも、とても嬉しそうでしたよ。

100614_11 heart04

余談ですが、今日の審判はあまりカードを出さない人でしたね。あのドイツ戦の後だと、新鮮というか、すごく有能な人に見えたり(^_^;)
3枚も出てるじゃん!って、でも、昨日の審判ならもっと出していて、歯止めが効かなくなってたかも(苦笑)

オランダは相変わらず、守備、とりわけ、ファンブロンクホルストのいる左サイドが弱点のようですトホホ。
く~~っ、がむばれジオ!(汗)
この大会を最後に選手生活から退くことを表明。最後の舞台を最高の形で締めくく…っていやいや、優勝するのはドイツなのです。

まーいいや、とにもかくにも、勝ったから!ファンボメルおめでとう!\(^∀^)/←ピンポイント

---------

同じく、日本 1-0 カメルーン

得点:本田(JPN)(39)
MoM:本田(JPN)

100614_choupomoting

やったね!!!(^▽^)

まさかニホンが勝つとは思いませんでしたよ!嬉しいじゃないの素晴らしいじゃないの、いーーんです、勝ったんだから!勝った者が強いのだ!

前半は家事をしていたので殆ど見れず、後半途中までは風呂に入ったりしていたので、そんなにキチッと見ていたわけではないのですが、カメルーンはだいぶ調子悪そうだったみたいですね。日本がそんなに良かったわけではないと・・・。

しかし!本田のゴールは落ち着いて、GKとDFの間をキレイに抜くコースで良かったと思います。欧州標準だわ~とか勝手なことを思いました。

この1点を守り切らなければならなくなった終盤戦は、サッカーとかW杯とか日本代表とかに全然興味ない我がダンナと共に、前のめりになってわーぎゃー騒いでしまいました(^_^;)
よくぞ逃げ切った!よく頑張った!

よし!

これで、第2戦に負けたとしても、まだ第3戦に望みがつながるので、次オランダがやっつけちゃってもだいじょーぶ!…だよね?(^_^;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/06/14

ドイツ対オーストラリア

おはようございます。いろいろ心配しながら寝たせいかとても眠りが浅く、結局寝不足気味になってしまって、あんまり意味がありませんでした(^_^;)
しかもアレです、せっかく情報遮断していたのに、何の気なしにけーたいを見てみたらトップにデカデカと、「Duitsland 4-0 Australië」の文字が。(^∀^;)ハハハ…まあ、勝ったからいいんですけど。
オランダ代表アプリの配信機能によるものらしいのですが、今までそんなんなかったのにグループDだけは教えてくれるらしい。なんでだ?オランダ人監督のピムさん率いるオーストラリアか、あるいは最近オランダでも人気があるらしいドイツの応援をしてくれてるのか、それともライバルだから動向が気になるのか・・・。設定変更ができないぽいので、今後情報遮断したい時には要注意なのである。
おかげさまで危機感なく、「4-0で勝つのよねにゃはは~ん♪」とすっかりリラックスしてのんびり見てしまいました。

それはそれとして、さっそくまいりましょう。
今夜早い時間にオランダ戦があるために、あまりコッテリ語る時間がないのが残念です。
(注※文章量が少ないからと言って愛情まで少ないわけではありませぬ!管理人コリアンダーはドイツ代表サポなんだぁー!←必死)

6月13日 2010W杯 グループリーグD ドイツ 4-0 オーストラリア

100613gerausfj
交代:カカウ(68クローゼ)、ゴメス(74エズィル)、マリン(81ポドルスキ)
サブ:ヴィーゼ、ブット、アオゴ、タスキ、ボアテンク、ヤンゼン、トゥロコフスキ、クロース、キースリンク

得点:ポドルスキ(8ミュラー)、クローゼ(27ラーム)、ミュラー(68ポドルスキ)、カカウ(70エズィル)
カード: エズィルカカウムーアニールヴァレリー  ケーヒル(56)

MoM:ポドルスキ(GER)

100613_deutschland

よっしゃっっっ!(^▽^) 出だしはOK!

まあ、つっこみどころは多いと思います。オーストラリアの調子が悪すぎただけジャン、とか、バトシュトゥバー殆ど見せ場なかったジャン、とか、CBコンビはいいんだか悪いんだかいまいち不安だ、とか。
ワタシが一番気になったのは、エズィルが下がった後のドイツに、攻撃のリズムがなくなってしまって流れが停滞してしまったことであります。まあ、すでに4得点した後だし向こうは一人少ないし、あとは楽勝モードでまったりパワーセーブして締めましょう、というプランなのでしょうから、心配するほどではないでしょうけど。
しかしエズィルはこの試合で早々とイエローゲット(しかもシミュレーションで…もったいない)&リーチなので、彼が出場停止になって、アタマからいない試合がこの後必ずあると思われます。その時にどうするか…。

まあまあ、でも、ね。

大事な初戦に景気良く快勝したのはいいことです!こうゆう大会では気持ちの問題はけっこう大きいと思うし、これで自信を付けたりいいイメージを持つことは大切なことかと。

超序盤のオーストラリアのチャンスは危なかったです。CKから至近距離でシュートを打たれましたが、ノイアーラームがしっかり反応!ラームが足に当ててクリアしたおかげで難を逃れました。アレが決まっちゃってたら、この試合、ひいては、この大会の今後がどうなっていたか(汗)

100613_poldi
「うひょ」

MoMはポドルスキ!華やかなゴール祭りの狼煙を上げるにふさわしい、スーパーゴールでした!エズィルミュラーがキレイに崩したところから超爆裂バズーカ弾!
GKシュウォーツアーの手を弾き飛ばしてなおかつ決まった!迫力満点!代表のポルディはやっぱり凄いぜ!

2点目はクローゼラームのビューティークロスからダイナミックヘディングで!やったぜ!\(^∀^)/ なにかと批判する人たちを黙らせる、エースの貫録!目指せW杯通算15ゴール!

3点目はミュラー!ドイツを楽にして、試合を決める大事なゴールをビシッと決めました!(ポストに当たってたけどね・・・)決まった瞬間に、腕をまっすぐ高々と揚げた姿が男前でカッコよかったんだぜ。

4点目はカカウエズィルからの「はいどーぞ♪」なキレイパスをそつなく熱く。

100613_cacau

ゴール自体もとても良かったけど、全身でこんなに嬉しそうな姿を見るとこっちまでシアワセな気分になりますよ(^^)ドイツ人になってくれてありがとう!
(余談:良平さん情報によると、帰化するための試験に全問正解したそうで・・・)

どのゴールも血沸き肉躍る、素晴らしいものばかりです。ジャブラニ頼みの魔球ミドルじゃないところも好感です。細かくお伝えできないのが残念ですが、ハイライト等でしっかりcheckですぞ!

だけどワタシ的MoMはエズィル、もしくはラームです
100613_lahm

おめでとう!ラーム!
正直にぶっちゃけますと、「主将ラーム」に、少し懐疑的な気持ちもありました。かわいすぎるんじゃないか、キャプテンシーはどうなのか、精神的支柱としてはどうなのか、ピッチで存在感を示せるのか、とか。
しかしそんな、ケチなワシのケチな疑問に、ワールドクラスの素晴らしいパフォーマンスで答えを示していました。デカい声で吠えるだけがキャプテンシーじゃないんだぜ、これが新時代のキャプテンの形だ、ということを実感させられました。
疑ってすまんかった。これはアンタのチームだ。もしその時が来たら、堂々と栄冠を受け取るがよいぞ。
だけど大会はまだ始まったばかり。あんまり飛ばしすぎて、怪我したり疲れたりしないようにね。

まあ、そんなこんなで、エズィル、ミュラー、ポドルスキ、ラームが中心となって、若い力のポテンシャルが見事に開花して楽しく勝ったゲームだった、という印象でした。
いろいろ心配でしたが、チームはイイ形で出来上がってきているのかな、と思いました。
しかも無失点!これ大事!

以下雑感
100613_cahill

審判はあきまへんでしたね。ケーヒルのレッドとカカウのダイブは厳しすぎ。いったんカード出し始めると基準がブレブレになってしまって、どうにもこうにも。
まあ、エズィルのダイブはしょがないし、メルテザッカーのハンドを取らなかったところはOKですが。

100613_arne
今まで見ていた試合だと、どの国もジャブラニに苦労しているようでしたが、このドイツはまったく問題なく、いつもどおりにキレイにキチッと扱えてましたね。安心して見ていられました。他のチームはわかりませんが、少なくともバイエルンは普段から使ってましたから慣れてるかも知れませんし、聞くところによると試合のあったダーバンは高度0mだそうで、高地による影響もなかったみたい。

シュヴァインシュタイガーケディラのDHでのコビネーションはイイ感じだったみたいです。攻撃面でも良かったケディラの方が何かと目立ってましたけど・・・。
シュバは守備的な仕事をしているらしい、ということで地味にがむばってたようですが、ファンボメルは合格点を出してくれるかな~
・・・・・・・。どっちにしても、この仕事をしている限りは、4年前や08EUROのようなハジケたプレーはもう見れないんだろうな、と思うと、エゴエゴドリブルでゴール前まで切れ込んで魔球ミドルをズバムと決めるシュバに惚れた身としては、ちょっと寂しいものがあります。でも、本人が良ければ、これでいいんだよな…うん。

Dsc06988
「サイダーいかぁっスかー」(うそ)

おまけ
Dsc06984
レーヴ監督とフリックコーチのペアルックになんとなくイラッと・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時は来たれり

ドイツ代表サポの皆さ~ん、オージービーフ食べましたか~?ワタシは食べましたよ!

2010W杯 グループリーグC アルジェリア 0-1 スロヴェニア

100613_slovenia

得点:コレン(SVN)(79)
MoM:コレン(SVN)

さすがに息切れしましたので完全スルーで(^^ゞいちおうTV点けてはいましたけど、全然見てませんゴメン。

続きましては

同じく、グループリーグD セルビア 0-1 ガーナ

100613_pantelic

得点:ギャン(GHA)(85PK)
MoM:ギャン

これも後半途中からしか見れていないのですが、ちゃんと見ておけばよかったと後悔するような、白熱した面白い試合でした。
迫力満点やる気じゅうぶん、ヘタに「強豪」チームではない分、ピークは準々決勝に持って行けばいいんだもんね、とはいかない両チーム、目的はグループリーグ突破!今を生きる!今が全て!という気持ちのこもったプレーで、なかなか盛り上がりましたよ。

ガーナ、強いです。組織的だし、洗練されてるし、技術もしっかりしてるし。
オランダとの強化試合は明らかにパワーセーブしてましたね?同じチームとは思えん。

セルビアはちょっと厳しい判定で退場処分が出たり、PKも与えてたりしまいました。しかしそんな逆境にもめげず、せめて引き分けに持ち込もうと最後まで奮闘する姿は素晴らしい。
かなり惜しいシーンが多々あったのに、ポストになんか仕掛けたんじゃねぇーか、と思うほど、不思議なぐらいボールがゴールに入りませんでした。

ヤバいぞ、ドイツ!!(汗)

さてそんなドイツです。間もなくオーストラリア戦です。

100612_bastian

100612_neuer

わ~~~~あ(汗)、どうしよう!←何が。

いよいよこの時に向けて自分は何をするべきなのか、と今日一日そわそわしていたのですが、結局何もしないまま、その時を迎えようとしています。

いや、もう、自分の気持ちはトップ画像に込めましたので、改めて言うことはありません。

し、信じてる!

とか言ってる間にスタメン出ました。

ノイアー - ラーム、メルテザッカー、フリードリッヒ、バトシュトゥバー - ケディラ、シュヴァインシュタイガー ー ミュラー、エズィル、ポドルスキ - クローゼ

ヒィー、いきなりバトシュトゥバーがスタメンですかガクガクブルブル(((゚Д゚;;)))
ともあれ、賽は投げられた!ということで心配は尽きませんが、寝ます!
え゛ーーー、とかブーイングしちゃイヤン。
せっかくの我がドイツの開幕戦、大事な大事な初戦ですが、体のためにあんまり無茶しない方がいいと判断しました。このために夜10時ごろ寝たり2~3時間の仮眠とか出来ませんし、夜更かしとか徹夜とかしちゃうと、翌日とか翌々日まで使い物にならないので…。明日は早い時間からオランダ戦があるしね!睡眠応援の方が勝率いいし、それに、いきなりそんなに頑張らなくても、まだ先は長いのです!もちろん、ドイツが出場するはずの決勝戦は起きてLIVE観戦するもんね!

では!あとをヨロシクお願いします!誰がゴールを決めてもいい!とにかく、無失点希望!! m(__)m

100608_mertearne
頼んだ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/06/13

イングランド対アメリカ

いよいよだ!いざ!!!

100611_jansen 「乞うご期待♪」

ハァ~みんなどうしてるんでしょうか、警察にものものしく警護されながらキャンプ地を出発しました、というところまではゆうべついったーで見たのですが。スタメンとか出たかしら。

それはそれとして、とりあえず

6月12日 2010ワールドカップ グループリーグC イングランド 1-1 アメリカ

得点:ジェラード(ENG)(4)、デンプシー(USA)(40)
MoM:ハワード(USA)

100612_howard2

ハワードぉ~~!!♪

なかなか見応えのある試合でしたね(^^)
イングランドがわずか4分という、今大会最速の時間にサクッとゴールを決めた時は、ゆうべのアルゼンチンのようにこの1点を守り切るシブい展開になるのか、あるいは派手なゴールラッシュのざっくばらんな試合になっちゃうのかなぁと心配しましたが、なかなかどうして。
お互い、チームとしてよく組織されており、自分たちを信じて、出来ることをこつこつやってる印象でした。
ドローは妥当な結果だと思います。
ただ、イエローカードが多めだったのは好ましくないけど。。。

イングランドの失点はGKグリーンの凡ミスでした(ボールのせいではない)…が

100612_green
「やってもうた~~~~~sweat02

笑えない!(T△T)

GK好きとして、ひたすら心が痛むシーンでした。
他でさんざん言われていることでしょうから、かわいそうなのでここでは以上にします。

しかしその一方で、アメリカのGKハワードがとても素晴らしかったです。MoMも大納得。
むずかしいシュートを、安定したプレーで次々とがっちりセーブ。派手なファインセーブだけじゃなく、堅実なセーブが光りました。扱いにくい高地でのジャブラニをよくぞあれだけしっかりと。思わずリアルで拍手してしまいましたよ(^▽^)

100612_howard
H「でいっ!」W・P「うそーんsweat01

前半の早い時間に、勇気の飛び出しで相手選手と激突して痛めてるシーンは冷汗が出ました。命がけの危険な職業なのだ…。
そういえば、NHKの解説の三浦さんはグリーンのミスの際、「GKとCBは、どうしても失点にからんでしまいますので、強い精神力が必要とされるポジションなんです」と言ってまして、思わずグッときちゃいましたよ。

100522_daniel もわわ~~ん。。。(勝手連想)

はっΣ(゚∀゚)

ええと、ごほん。両チームとも、どっち応援というわけでもないので、特に注目選手というものはなく、漫然と眺めていただけなのでなんとも言えないのですが、ランパードジェラードの住み分けはどないなってるのかな~?と思いました。プレースタイルがかぶってるの?せっかく名選手が二人そろってるのに、うまい具合に相乗効果が見られない、とゆーか。

そんなランパードのおまけ劇場
Dsc06965
コーナーのそばの芝がめくれ上がってます

Dsc06966
「おっと」

Dsc06967
直そうとするのですが、意外に硬くてダメでした

Dsc06969
そのまま何事もなくプレーを続行するランパードでしたが、これはちょっと危ないです。早急に直しておいて欲しいものですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グループB第1戦結果

時間が足りなくて、なかなか自分の応援するチームの情報を集めていないのですが(そしてカーンが無事に南アフリカに到着したかどうかも(汗))、やっぱり試合が見たいしねぇ。

試合見てると書く時間がなくなるし、あんまり書けそうもないなぁと思うとキチッと見る気もなくって気散らしまくりだし、まあ、そんなこんなで、かなり気軽に楽しんでます(^_^;)。サッカー的目線で、あの選手があの戦術があのフォメがどうとかいうのは本当にサッパリです。でも、とっても楽しいです。

とゆうわけで
(スミマセン、らくがきしたり家事をしたりしてましたので、ロクに見てはいないのですが)

6月12日 2010W杯 グループリーグB 韓国 2-0 ギリシャ

100612_park

得点:イ・ジョンス(KOR)(7)、パク・チソン(KOR)(52)
MoM:パク・チソン(KOR)

パクチソ~~~ん!!♪

こんな時だけ韓国のことをなれなれしく「ウチの親戚」みたいな扱いをするつもりはありませんが、ごく自然な気持ちで応援したくなる、楽しく魅力的なサッカーをしてました。
アグレッシブで、情熱的で、ひたむきな。
レベルがだいぶ違いますが、EURO08でのロシアを思い出させる、すがすがしい気持ちになりましたよ(^^)
これぞワールドカップ!という1戦でした。

ファンボメルファン(ややこし)としては、元チームメイトのパク・チソンが活躍して勝ったのもうれしい。自身でもゴールを決めました。ゴールに向かって突破するのをDFが襲いかかるのですが、強靭なフィジカルでもって次々とかわし、GKと1対1の状況に持ち込み、みごとに決めたもの。ダテに欧州最高峰のクラブでプレーしてないんだぜ、という格の違いを見せつけてましたよ。

このグループは2位争いが厳しそうですが、ひょっとして…?という予感がしました。

ギリシャは…サマラス、ヒゲ剃ってくれいってことで(^_^;)

----------

同じく、グループB アルゼンチン 1-0 ナイジェリア

100612_heinse
「やべー、俺が決めちゃってゴメンねゴメンねー♪(U字工事)」

得点:エインセ(ARG)(6)
MoM:エニェアマ(NGA)

100612_micho
ミーチョ~~~heartheart

ふわ~やっぱカッコいい・・・(*´∀`*)まだ顔の右側に麻痺が残ってますか?そのつもりで見ると・・・(汗)キレイに治りますよーに・・・
いや、デミチェリス自身のパフォーマンスはちょっと不安定でしたけど・・・・・・
てゆーか、アルゼンチン自体がかかな~り不安定でしたけど・・・・・・

でも!4年前に魔さかの代表落ち、絶望のどん底まで落ち込んだミーチョが長い時を経てようやくこの場に戻ってきた、ただそれだけで嬉しいのです。

とはいうもののぉ~~~!!!

どうよ、天下のアルヘンがこのスコアは?!

ナイジェリアはメッシ封じを頑張ったとは思いますが、それにしてもやっぱり。。。
エインセのゴールはセットプレーでしたが、素晴らしいダイビングヘッドでしたし、それまでもアルゼンチンはメッシ他攻撃陣がノリノリだったので、いよいよこれから、楽しいゴール祭りかぁ~?と思ったのにねぇ。

先制点の後はどうにも精彩を欠き、格下(ゴメン)ナイジェリアに苦戦、どうにかこうにかこの1点を大事に大事に守り切り、やっと勝った印象です。
とゆうか、喜んでるチームを見て「あっそーだ、負けた気でいたけど勝ったのだった」とか思い出す始末でしたトホホ。
地上波放送ではイグアインを責めていた感があります。確かにちょっと、メッシテベスとの意思疎通がうまく行ってないカンジだったし決定的なチャンスを外しまくったりしてましたけど・・・。
誰が誰がと言うより、やっぱり全体的に、チームとして機能してない感じがしましたよ。やれやれ…。
とはいうものの、勝ちは勝ち。選手それぞれはワールドクラスがそろってるのだし、初戦を制したことで気持ちが落ち着いて、これから徐々に上がって行く可能性もあります。あんまり上がられても困るんだがな…(もしかしたら準々決勝でドイツと当たるかも知んないし←超皮算用)

おまけ
100612_micho2
ユニフォームの色に合わせてゴムの色をコーディネイトするミーチョがオシャレ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/12

ウルグアイ対フランス

スルーするつもりだった韓国対ギリシャがことのほか楽しいのでついよそ見してしまうのですが、ボヤボヤしているうちにミーチョの、じゃないわ、メッシのアルゼンチン戦が始まってしまうので結果だけサックリ失礼します。

6月11日 2010W杯 グループリーグA ウルグアイ 0-0 フランス

100611_ribery

得点:なし(当たり前か)
MoM:フォルラン(URU)

リベリがんばれ!なんて思いながら寝たせいか、ファンブイテンの夢を見てしまいました。
何やら落ち込んでションボリしているので、いっしょけんめい背中をさすって、慰めたり励ましたりするのですが、なかなか気分が上昇しないファンブイテンでありました。
そこで少しそっとしておいたのですが、いつの間にかファンブイテンは立ち直ってピカピカの笑顔を見せており、よかったなあ。と思ったら彼の横にはリベリがいた。という、あまりにもリアルかつくだらない夢でした。

それはさておき

いやぁなんだか、しょっぱい試合でしたねぇトホホ。
リアルタイム観戦ではなかったのですがそれなりに寝不足だったので、すっかり眠くなっちゃいましたよぅ。てか最後の方は寝てました・・・(汗)

前半の途中まではフランスの攻撃もイイ感じで、思ったよりダメダメじゃないじゃん?とか思ってたのですが、それがだんだん「拙攻」という形に収まってからは眠気が( ̄▽ ̄)Zzz

リベリは何度かチャンスを演出し、クリエイティヴなプレーを魅せたりしてそう悪くなかったと思いますが、やっぱり本調子からは程遠かったですね・・・。
あとグルキュフも、前半途中までは良かったのですが、いつしか消え気味だったような…

100611_gourcuffj
見た目だけならイタリア代表っぽいと思うのはワタシだけでしょうか。

かと言ってウルグアイももうちょっとなぁ。フォルランがモリモリ張り切っていたので、どうせならその心意気に応えておけば。
まあ、ようはどっちもどっち?ってことかなーと、実に雑な感想を抱いたところで今回はこれまで。

おまけ劇場
Dsc06963
パンツ脱ぐのか脱がないのかはっきりせい→アンリ

Dsc06964
バイエルンサポ発見!

【書き忘れたので追記】
その1 この試合、日本の審判チームが担当してました。ビシッとしてて良いジャッジだったかと。
その2 今大会初の退場処分(黄赤)はウルグアイのロデイロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年W杯、開幕!

100611_4_2

100611_zakumi

ついに始まりました、2010年ワールドカップ!めくるめくサッカーの祭典の始まりです!

で。

さっそくながら見、アーンド、さっそく酔っ払ってしまって、あんまり試合をちゃんと見ていないという・・・・・・・・・・・(苦笑)

いやいやいや、ね、こうゆう祭りの何が楽しいって、なんてゆうんでしょう、朝も昼も夜も、世界がいつでもサッカーモードだ、とゆうのがイイんですよ。
サッカーとゆう、この素晴らしい競技に世界が沸いているという空気を感じればそれでいいのです!

と言い訳をしたところで、サックリと結果だけ書いときますか。ちゃんとしたレポは、ちゃんとしたサポの方のちゃんとしたblogなりサイトなりで・・・(こら!)

6月11日 2010W杯 グループリーグA 南アフリカ 1-1 メキシコ

得点:チャバララ(RSA)(55)、マルケス(MEX)(79)
MoMにチャバララ

100611_2

大会初ゴールは、南アフリカのチャバララ!!!
思わず「うまっ!(゚∀゚)」と声を上げてしまう、第1弾を飾るにふさわしい、スーパーなゴールでした。

100611_southafrica2 「♪♪~」

実力はメキシコの方が高かったはずですが、あまり持ち味を発揮できなかった印象のような。
ナニゲにホームでの南アフリカは侮れん、とゆうのは昨年のコンフェデ杯で立証済みではありますが、まあそれにしてもあのブブゼラの大音響も少なからず影響あったんでないのかい。
気持ちはわかるが、ブブゼラはやっぱちょっと、どうかと…(汗)。

だけどメキシコのドス・サントスがキレキレで、そして南アフリカのGKのクネもスーパーセーブが素晴らしく、MoMは二人のうちのどっちかでも良かったんでないのかな、と思ったりもしました。

グループAのもう1試合はウルグアイ対フランス、間もなく試合開始です。がむばれリベリ!ロリスもね!ファンブイテンもきっと見ているぞ!

----------

ドイツ代表は満を持して?主将コンビの会見が行われたみたいです。
100611_lahmbasti3
黄色いリストバンドのようなものはなんだろな

それと、もしかしたらワタシが情報収集をサボってる間にアプされてて、今さらかも知れませんが、ワタシは初めて見てびっくらこいたのでペタッとな

Sportbildoezil2
ミュージカル「ライオン・キング」に出演が決定した(うそ)エズィル

Sportbildkhedira
だ、だ、誰だこりゃ!sweat01答えを知りたくばSportBildへGo!

Sportbildpoldi ほっこり。

Sportbildpoldi2
「行っちゃうの?」

Sportbildpoldi3
引っ掻かれちゃったぜ

Sportbildneuer
・・・・・・・・・・・・・・・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/06/11

記事削除のオワビ

100609_bommel_2

ゆうべ書いた、ファンボメルが2年後に現役引退をするのではないか、と書いた記事ですが、ネタ元の記事をよく読んだらワタクシ意味を取り違えておりました。

現役引退、ではなくて、代表を引退するつもりである、ということのようです。
まあ、その時ファンボメルは35歳ですし、現役引退の可能性もあり得ますが、少なくとも現時点では本人はそのようなことは発言していないようです。

たいへん申し訳ありませんでした。参考した記事のリンクと、そんなに大きく間違ってはいないだろうと思われる、ワタシのヘタヘタ意訳作文だけ貼っておきます。

Telegraaf「ファンボメルは2012年に代表から退く」
AD「ファンボメルはEURO2012後に止める」
バイエルン・ミュンヘン公式(日本語版)「ファン・ボンメル、2012年ユーロに出場意欲」

「俺はEURO2012・ポーランド&ウクライナ大会を目指す。W杯には2回出場することになるけれど、EK(EURO)は1度もない。だからEKは俺の希望なんだ。その前に、この2010年南アフリカ大会が最後のW杯になるだろうね。2014年のブラジル大会は先が長すぎるよ。俺は今33歳だ。(2014年大会に参加するには)バイエルンであと4年、今のようなレベルでのプレーを続けなくちゃいけない。それは長すぎる。」

本文と関係ないおまけ
100610_vi_2 
「マルク・ファンボメル、オランイェの司令塔」
これほすぃ・・・・・・heart

| | コメント (2) | トラックバック (0)

俺たちはチームだ

100610teamdfb3
バギー(?)でかっ飛ばすシュヴァインシュタイガーたち

100610teamdfb4
GoGo!サイクロン号!(うそ)

100610teamdfb5
田植え車じゃないんだぜ~

なんだろね、こりは。今日はトレーニングお休みだったのでしょうか?

それはさておき

いや~やれやれ、皆さま、ありがとうございます。やっと描き上がりました~。
そんなこんなしてる間にもう開幕当日になってしまいましたよ!
特集雑誌とかも買ってないし、あんまりトレーニングレポとかも見てないし、心の準備が全然追いついてないんですがー!(汗)

100607rereeinteamj
(サイズ大きいのでご注意ください)

ケディラがイケメンすぎだ・・・orz。それにしても、代表チームの中にブットの姿があるのは、なんともフシギな、感慨深いものがあります。ミュラーやバトシュトゥバーも、まさかW杯に出ることになろうとは…。しみじみ。

記事を見失ってしまったので正確な数字はわかりませんが、W杯参加国中でドイツは、平均年齢が2番目に若いチームなのだそうです。(1番はガーナ)
そして確か、これも見失ってしまったので定かではありませんが、ラームの、26歳のキャプテン、というのもドイツ代表史上で最も若い?とかなんとか…。

描きながらも、絶対的な大黒柱の不在を思わずにはいられませんでしたが、心配ばかりしててもきりがないので、若い彼らのイキのよさに期待したいと思います。きっとやってくれるはず。何かを残してくれるはず。

Ein Team ! 俺たちはチームだ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/06/10

ごぶさた御容赦

はっきりしないロッベンパパネタをほりこんだまま、コリアンダーはどこに消えたのかといぶかしんでいる皆さま、申し訳ありません。

雑文です。(愚痴とも言う)

W杯仕様のトップ画像らくがきをアプするまでは落ち着いてW杯モードに入れない!キャンプ情報とかも追えない!とか思ってたのに、まぁ時間のかかることかかること。
気が付いたらもう開幕前日やないかい~~~(^□^;)
4年前は3~4時間程度でサクサク描いたような気がしますが、ここ数年で集中力と記憶力が著しく欠如してしまったワタクシ、モタモタズルズル、あちこち気を散らしながらぐだぐだしているうちに3日かけてしまい、まだ先が見えません・・・○| ̄|_
時間ばっかりかけてるわりには、ようは描く人数が多い、というだけの話で作品としては大したことないのが心苦しい・・・
サラ金のCMで「自分に合った計画を!無理しすぎちゃダメですよ!」と内田ユキチャンが言ってるのを見て思わず「は~い。。。」と力なくつぶやくのでした。(ちなみに、「確かな計画性」という花言葉の花は本当にあるらしい)

そんなわけであんまり情報を詳しく追えてないのですが、ちおう、作業の合間の息抜きに、無事に南アフリカに着いたドイツ代表の様子をちょこちょこと写真やなんかで見てはいます。
初日練習はファン3000人を入れての公開トレーニングであったとか、なんかキャンペーンのロゴが入ったシャツを着てたよとか、

100608_merteoezil モエ・・・

メルテザッカーとアルネがプレカンに出たよとか、ベッケン閣下も来てまっせとか、まあ、なんとな~くうすらボンヤリとは小耳にはさんではおりますが、

拾った写真はコレかい
100607_glasan

100607_wiese
誰だよ (ヒント:オールバック)

こうなるとおざなりになるのがオランダ代表でして。まあ、みんな元気にトレーニングして新たな怪我人も出てないようなので何より何より。(←雑!)
(追記:ブラーフハイトやブーラルーズが足首を痛めてひっくり返ってる動画を見ましたけど…大丈夫かな)
ロッベンは第1戦は欠場するみたいですね。日本戦には出て欲しいなぁ。まあ、あんまりムリして、また壊れてもイヤですが(汗)

100609_bommelrafa

ファンボメルのネタについても書く予定だったのですが、時間がなくなってしもうたので、また明日。明日こそは仕上げるぞ・・・

あっ

そーーーいえば。バラックがなんてこったチェルシーをクビに!ヒドい…(泣)
まあ、クビというか、契約交渉が決裂した、ということらしいのですが。
聞くところによると、今月末で契約が切れる33歳のバラック、新たに2年の契約延長を要求したものの、クラブからのオファーは1年であったと・・・・・・・・・。なんかこのパターン、いつかどこかで聞いたような(汗)。

他人事とは思えん!!!

今後どうするんでしょーか。イングランドで挑戦を続けるのか、ドイツに帰るのか・・・。モウリーニョ・レアル?なんて言ってるとこもありますが。いいクラブに行けるといいけど・・・。

100523_ballack
「お客さん、どちらまで?」

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/06/07

ロッベンパパ登場

オランダ代表カテを作った方がいいだろーか…(今さら?)

ロッベンニュースについては日本語でもいっぱい出てますね。なんと一時はヤホーのトップにも見出しが出てましたよー。

それはそれとして、オランダ紙でロッベンのお父さんが出て来て、息子の怪我についてあれこれ語っているようですが(ここここ)、ロッベンが負傷退場する際の写真についているキャプションを見てびつくり

100605_vaterrobben_3
「父Hansに付き添われるアリエン・ロッベン」

?!?

お父さんが何故ここに??父親参観日?それとも、ジャージ着込んじゃってるし、オランダ代表チームのスタッフかなんかだったの? …いや、ファンにとってはとっくに常識なのかも知れませんけど、ワタシは初めて知ったので・・・。びっくりしたー

余談
日本のニュースサイトにこんな記事が。
オランダにも“チェルシーの呪い”!?(スポーツ報知)
バラック、エッシェン、ミケル、ドログバに続いて、元チェルシーのロッベンまで怪我をしてしまった、というのですが、

今大会直前に故障したチェルシー勢は“元”所属のロッベンで5人目。クラブにとっても大きな痛手となった。

いやぁ~。チェルシーにとっては、ロッベンの怪我は別に、痛くもかゆくもないんでは…?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

短信:ロッベンは(追記あり)

もうPCの電源を切ってしまったので、メンドイからけーたいから投稿です。

待ちに待ったオランダ代表からの公式発表@ついったー

「ロッベンのハムストリングの具合についてはたぶん月曜日にはっきりさせまーす♪」

……。

しかも外国人ファン向けに英語でもつぶやくという念の入れよう。
ありがたいですけどね。それよりも早うはっきりさせてーな。

そんなオランダ代表は、無事に南アに到着です。今日(6日)はトレーニング等はお休みだそうです。

ドイツ代表も予定どおりなら先ほど出発したはず。空港で記念写真かなんか撮ってるところがアプされてましたけど。
公式サイトに、エアバス何番機であれこれ、という情報が詳しくアプされてましたよ~。

100606_teamdfbde
機長さん(?)ヨロシク☆

みんなみんな無事で本大会に臨めますよーに!

----------
【追記】

寝ている間に続報出ましたが、あまりよくわかりません。

「(英語版)アフリカよー!ロッベンが行くぞー!」と威勢のいいつぶやきが躍ったかと思えば「W杯に出られるよう出来る限りがむばります」という微妙なロッベンのコメントが出たり。オランダ代表公式サイトにも記事出てますが、あんまり手放しで喜んでる風でもないし…。

まとめると、どうやら、ロッベンの怪我は心配していたほどは重傷ではなかったもよう。
しかし、具体的にいつから代表に合流できるのか、ということはまだわかりません。近いうちに決まるでしょう。と。

ファンマルヴァイク監督「大会に参加できるチャンスがある間は、ロッベンの代わりは呼ばないことに決めた。」とかなんとか。

まあ、もうちょっとすれば、日本語ニュースでも出るでしょう。
とりあえず、最悪の事態は免れた、よかったよかった、でいいのかな?

(注※管理人コリアンダーはドイツ代表サポ…ってもういーか。言えば言うほどドツボに(トホホ))

【罪滅ぼし?にさらにドイツ代表ネタを追記(何やってるんだか)】
 
100606_elf
「行ってきま~す」

100606_cacau2
やり手ビジネスマン(ネクタイが短い)

100606_jogi2
夏を快適に!洗濯機で洗えるウォッシャブルスーツ¥19,800!by洋服の○山(うそ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/06

オランダ対ハンガリー

オランダにはkicker的な、データ満載のサッカー誌はないもんかのぅ…。サブメンとカードがわからん(独り言)

6月5日 2010W杯 強化試合 オランダ 6-1 ハンガリー

ステケレンブルフ - ファンデルヴィール、ハイティンハ、マタイセン、ファンブロンクホルスト[C] - デヨンク、ファンボメル - カイト、スナイデル、ファンデルファールト - ファンペルシー

交代:ロッベン(46カイト)、オーイェル(60ハイティンハ)、フンテラール(66ファンペルシー)、エリア(73スナイデル)、デセーウ(78ファンボメル)、アフェライ(78ファンデルファールト)

得点:Dzsudzsak(5)、ファンペルシー(21)、スナイデル(55)、ロッベン(64)、ファンボメル(71)、エリア(73)、ロッベン(77)

100605_bommel
みんなにヨシヨシされてうれし恥ずかしげな感じがカワイイのぅ(^^)

さてさて、本大会前最後の強化試合は、オランダらしい超攻撃的サッカーで楽しく締めくくり、愛しのファンボメルもビューティーゴールを決めたしheart01、おおいにテンションを上げて、行ってきまーす、となるはずだったのですが、今やすっかり「ロッベンが怪我をした試合」になってしまいました・・・・・・・

100605_robben

後半から出場して、バイエルンでのスーパーなパフォーマンスそのままに鮮やかに魅せ、素晴らしいゴールを2点も決め、一気にピッチの主役となったロッベンでしたが。
試合終了数分前、不必要なオサレヒールパスをしたためにハムストリングを痛めてしまい、そのまま退場となってしまいました。
ピッチ上の選手もベンチの選手たちもものすごく心配そうだし、スタジアムは異様な沈黙に包まれるし、カメラは試合そっちのけでスタッフに肩を貸されてヨロヨロと歩くロッベンばかりを追うし、事態の深刻さを伺わせました。
と同時に、ロッベンがいかにオランダにとって大切な選手で、こんなすごい人が我がバイエルンのエースなのだということを思い知り、誇らしいのと失うことの恐さとで、戦慄が走った次第であります。

検査のために残ることになったロッベンを除くオランダ代表はこの試合が終わった後、その足ですぐに南アフリカに向けて旅立ったようですが、その前のファンマルヴァイク監督のコメントざっくり

「これは現実じゃない、と思った」「とても素晴らしいゲームだった。しかしむしろ、ロッベンが元気な状態で負けた方がよかったよ」「我々は彼(ロッベン)のことはとても気をつけていた。しかし、彼は不自然な動きをした。これは大きな失望だ」
「この状態で(ロッベンが)飛行機に乗るのはバッドアイデアだ。我々は(日曜日に行われる)スキャンの結果を待つ。ラファエル・ファンデルファールトは似たような状況でカムバックに2ヶ月を要するという判断だったが、その後数週間でフィットしたのだ(←?自信ナシ)。なので私はまだチャンスがある方に賭けたい。ロッベンがW杯の舞台に立つためのあらゆるチャンスを、私はしっかりとつかむ」
重傷者が出た場合に限り、試合開始24時間前までに追加選手の登録が認められている
「そのことは知っているし、それについても考える必要がある。しかし今はちゃんとした仕事ができない。我々は(この後)すぐに11時間のフライトだ、それに、考える時間はじゅうぶんある」

これはヘタヘタインチキ作文です。キレイな日本語でのニュースはこちら
こちらにはファンペルシーのコメントも出てますし、おそらくいろんな選手がいろんな感想を述べていると思いますが、エリアが自分のついったーで「ファンのみんなの応援を希望する。それが僕らやロッベンを元気づけることになるんだ」とかなんとかつぶやいてるのを見てじ~んとしました。(余談ですが、ついったーは文章が短いから自動翻訳でも意味が汲み取りやすくて、ありがたいです)

というわけで、ロッベンの状態がひたすら心配されますので、試合内容はどーでもいい感じになってしまいましたね(汗)
まあ、前半は頑張っていましたが後半に入ってからは疲労と戦意喪失ですっかり動きが重たくなってしまった相手に楽勝してしまったという、緊迫感に欠けた試合ですので、あまり参考にはならないかも知れないし・・・

ただ、ゴールはどれも素晴らしく、一見の価値あるものばかりでした。ファンボメルやロッベンのミドルはちょっと魔球がかってましたので、ジャブラニ効果かな?と思ったり(苦笑)

100605_kuyt

この本大会前の3試合を見て、カイトっていいんだよなぁ~、としみじみ思いました。
いわゆる「ビッグ4」のような、華やかな創造性やテクニックはないかも知れませんが、こうゆう熱くアグレッシブでガツガツしたプレーする選手の方が個人的には好みです。
CFとしてはちょっと能力を発揮できない感じで、やっぱりサイドの方が生きるみたい。
確執がうわさされたファンペルシーとのコンビネーションも全然イイ感じだし。
今日は前半だけでロッベンと交替、カメラももの言いたげにベンチのカイトを映したりしていました。
しかし、ポジション上のライバルかも知れないそのロッベンが負傷退場した際、誰よりも早く彼に付き添って行った姿を見て、なんだー、人柄もイイんじゃーん?キュン、と、妙なところで感激したりしてました。←こういう、人情を感じさせるシーンにすぐコロッとなる

100605_saar

試合前に、代表を引退したファンデルサールへのお別れセレモニーが催されました。勲章みたいなのもらってましたけど。
スーツ姿がどうにもアスリートには見えず、学校の先生ぽいのですが、実際に教員免許かなんか持ってるんでしたっけ?(←未確認)

選手に交じって国歌を歌ったりチームフォトにいっしょに収まったりして、粋なはからいに感動しましたよ。ピッチの中に立って国歌を歌うのはこれが最後だったでしょうね…(;_;)
お疲れさま、ファンデルサール。偉大なGKでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/06/05

「ファンボメルは絶対的なリーダーだ」

と、言ってます。

シュヴァインシュタイガーが。

100603_bastian2

10_06_05_nusport_2 でも表紙はロビンちゃん(←ちゃん付けるな)

本日発売らしいこちらのオランダサッカー誌のW杯特集号に、ファンボメルをフィーチャーしたコーナーがあるみたいです。

で、何故かシュヴァインシュタイガーのコメントが
「マルク・ファンボメルは絶対的なリーダーだよ。彼にはリーダーシップが備わっている」だけど代表では「え~?ファンブロンクホルストがキャプテンなの?彼はいったいどこにいるの?フェイエノールト?ふーーん。彼の方がいいかもねぇ~(Hmm, misschien is hij dan beter.)」(最後の「彼」が、ファンブロンクホルストかファンボメルかどっちを指すのかは不明)
と、ナニゲにジオさんに対して失礼なことを言ってる気がするのであります(^_^;)

100604_bommelrobben シンクロダンスの練習(うそ)

ファンボメル自身は「あーそうね、俺はキャプテンじゃない。でも俺は2年間オランイェでプレーしてなかったし(←意味自信ナシ。代表キャップ数が少ないから、と言いたいらしい)。でも俺の役割は、バイエルンでもオランイェでもそう違わないよ」とシンプルに語るのであった。

この記事読みたいな~。読めないけど。
参照リンクはこちらこちらですが、ついでに、カイトの代理人も、ファンボメル&ファンマルヴァイクと同じ人だということが判明いたしました。なるほど、仲がいいわけだ・・・

そんなオランダ代表は本日、W杯前の最後の強化試合、相手はハンガリーです。スカパで放送あります(日本と同じグループで良かったわ~ムフフ)。ロッベンは出られるかな~

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ドイツ代表2試合結果

またまたトゥーリオ劇場…(汗)2試合連続オウンゴールはともかく、ドログバが大変なことになってしまったようで…(泣)退場する時に本人もダメなのに気づいて泣いてるみたいに見えたから心配していたのですが、骨折したらしいですね。でも腕だから、ギプスを巻いてなんとか…ダメ?(T△T)

さて
いよいよW杯まであと1週間です。

Dfb_wallpaper_team_1280x800px
壁紙サービス(ドイツ代表公式サイトより)

この忙しい時期にPC持たずに出かけるのはちょっと無謀だったと反省した次第であります。あいふぉんはPCの代わりにはならんのだった。
ということで、昨日今日と、留守中にためこんでいたオリボメニュースのcheckと、バイエルンが忙しかったのですっかり延び延びになっていた、ZDFのメディアコーナーのカーン関連動画を拾ったりしてました。


100515_olli
ポカール決勝は、普通にスヴェンにゃ連れだったらしい。もう堂々と連れ歩くことにしたんですかね。こうしてみるとカワイイけどな…

それはそれとして、ドイツ代表の親善試合の結果checkです

5月29日 2010W杯強化試合 ハンガリー 0-3 ドイツ

kickerの採点も合わせてどぞ
100529germanyhungaryf
交代:アオゴ(4)(46ケディラ)、カカウ(2)(46エズィル)、ゴメス(61クローゼ)、ヤンゼン(61トゥロコフスキ)、マリン(61クロース)、バトシュトゥバー(71フリードリッヒ)
サブ:ヴィーゼ、ベック、タスキ、キースリンク

得点:ポドルスキ(5PK)、ゴメス(69マリン)、カカウ(72メルテザッカー)
カード: Bodnarトゥロコフスキーフリードリッヒ

MoMはケディラ

ハイライトをちょこっとのぞいただけですので、あまり言うこともないのですが・・・。
シュヴァインシュタイガーがお休みということで、まさかの「ボランチ・クロース」にたまげましたけど、どうだったんでしょうか。まずまず、だったのかな。
バラックロルフェストレッシュというDH陣無念の離脱により、後釜としておそらく最注目を浴びているに違いないのがケディラですが、ハイライトで見る限りでは、かなり良さそうな感じでした。ただ、ハイライトだと攻撃シーンばかりなので、肝心の守備面ではどうだったのかわかりません。でもMoMだし採点「2」ということは、ちょっと期待できそう?(^^)
ゴールシーンは、ポドルスキの力のこもったPKと、ゴメスの落ち着いたGK股抜きシュート、カカウの突破、どれもイイ形だったと思います。

さてさて、こちらはゆうべ行われた試合です

6月3日 2010W杯強化試合 ドイツ 3-1 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

kickerの採点も合わせてどぞ
100603deutschlandbhfj_2
交代:ミュラー(2.5)(46トゥロコフスキ)、カカウ(2)(46クローゼ)、マリン(70ポドルスキ)、ゴメス(80エズィル)、タスキ(86フリードリッヒ)、クロース(87シュヴァインシュタイガー)
サブ:ブット、ヴィーゼ、ヤンゼン、アオゴ、ボアテンク、キースリンク

得点:ジェコ(15)、ラーム(50カカウ)、シュヴァインシュタイガー(73PK)、シュヴァインシュタイガー(77PK)
カード: Spahic

MoMはエズィル

100603_lahm_und_co

ラーム主将の初陣であります!頑張っちゃうもんね!
・・・・・・で、オウンゴールて(^∀^;)
記録上はジェコのゴールということになっているようですが。。。うまく寄せきれずに無理やりクリアしようと伸ばしたラームの足に当たって入ったオウンゴールに見えたわよ…

100603_neuer2 「あう~・・・sweat02

しかしそこは新主将!
右サイドをラムラムドリブル(?)からビューティーなラムラムシュート(?)でラムラムゴール!うまっ!(゚∀゚) まさに本領発揮!カッコ悪い汚名を自ら挽回!

100603_muellerlahm
「よくできました♪」「・・・」

そして残りの2ゴールは両方ともPKで、何故か2回ともシュヴァインシュタイガーが。
あまりPKキッカーのイメージはないのですが、これはアレですか、まあ、想像100%ですが、副主将として、そして、ピッチ上でのリーダーとしての役割を本人に自覚させるためにあえて任せることにしていたのかしらん、なんて・・・

100603_bastian
「わ~い、バスティ兄さ~んheart」「よしよし、みんな俺がまとめて面倒見るぞ!」

まあ、こちらもハイライトをサックリ見ただけなので、あまりアレコレ言いにくいのですが、2試合通して、感触は良さそうな感じですね?
ただ、ここのところのテストマッチの対戦相手がすべて、W杯に出場しない国なのがちょっと気がかりではあります…。
それとあと、なんで2試合ともキースリンクを出さない??(汗)どっかフィジカルに問題があったんだっけ…?
そして、曲がりなりにも1ゴールを決めたゴメスに対して、クローゼがぱっとしないのも心配です。カカウがノリノリっぽいのは朗報ですが、おかげで「クローゼがスタメンから外れるのでは」という予想をしているメディアもあるようで・・・。もちろんチャンスは与えて欲しいですが、そこは冷徹に、勝利を優先した采配をふるって欲しいと願います。おそらくそのために、クローゼをキャプテンにしなかったのでしょうから。

100603_mertesacker_2
カッコいいから貼ってみた

ハイライトではDFの守備プレーが取り上げられることは滅多にないので、採点やレポ等で判断するしかないのですが、メルテザッカーの評価が2試合で割れてるのも気になります。
本人の自覚あるなしにかかわらず、不動のレギュラー、最終ラインの要なのだから、しっかりねー。

まあ、すべてのポジションが心配なのできりがありませんが、ともあれ、これでW杯前の調整試合は終了です。
勝ち負けは二の次とは言え、やはり勝って現地に乗りこむのは精神的にイイものですよね(^^)

(しつこく注※管理人コリアンダーはドイツ代表ファンです。オランダ代表ネタに比べて記事が淡泊な感じもしますが、それは試合を見てないからなのです。とほほ。ハイライトを見て、やっぱりオランダとは違うテンションが上がったんだぜ~)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/06/03

オランダ対ガーナ

100602_heso
おへそサービスにアッピアーもドッキリheart(うそ)

6月1日 2010W杯 強化試合 オランダ 4-1 ガーナ

100601netherlandghanaf
交代:ボスフケル(46フォルム)、ファンデルファールト(63アフェライ)、バベル(73カイト)、エリア(83スナイデル)

得点:カイ(30)、ファンデルファールト(72)、ギャン(78)、スナイデル(80)、ファンペルシー(87PK)

100601_oranje

なんと!この勝利により、オランダ代表は18試合連続負けなし(13勝5分)、ファンマルヴァイク監督、オランダ代表の連続無敗記録を更新です!
おめでとうございます!!お義父様!(←お義父様言うな)
ちなみにそれまでの記録である17試合連続無敗記録は我らのおやっさん(←おやっさん言うな)ファンハールが持っておりました。
ファンマルヴァイク監督が最後に負けたのは就任2試合目の08年9月…。W杯本大会で我がドイツと当たるピム監督のオーストラリア戦(親善試合)だそうで…(汗)
たまたま見つけたこちらに、そのへんのことをいろいろ書いてありますので(オランダ語)、興味のある方はどぞ。

そんなこんなで、準備万端いつでもどうぞ状態のオランダ代表であります。快調快調♪(^^)
腰が痛いとかなんとかフィジカルの具合がよろしくないらしい我らのロッベンは大事を取ってお休みでしたが、それでもこんなに楽しく勝ってしまいました。

前半こそガーナが集中してみっちり守ったおかげで攻めあぐんでおりましたが、あわてずさわがずボールロストに気をつけつつじわじわと機会をうかがい、まずはキレイにカイトのゴールで先制。ファンペルシーのシュートをGKがはじいたものをすかさず詰めたもの。二人ともガツガツしててカッコよかったです。

70分過ぎぐらいまではちょっとユル~ッとやってましたけど、相手が疲れたりめんどくさくなったりして(?)組織がバラけてスペースが空いてきたところでダダダッと決めちゃいましたね。

失点は、マタイセンファンブロンクホルストの連携ミスによるものでした。快勝したから「よかよか」で済ませられますが、ああゆうのは本大会では絶対やっちゃいけないので、気をつけましょう。

だけどその失点のすぐ後に、すかさず取り直すところが、さすがというか、やっぱりすごいです。
オランダの強みであり魅力は、今さら言うまでもありませんが多彩な攻撃であると改めて実感。ファンペルシーは絶対的エースとしてみごとな帰還を果たしましたし、カイト、スナイデル、ファンデルファールトも言うに及ばず、アフェライ、ファンボメルも巻き込んで、連携もキレイだし、選手単体も、誰でもどこでもどんな形からでもゴールを狙える決められるんだから見てて楽しいったらありゃしない。対戦してる方はやりづらいったらありゃしない。これでロッベンがフルコンディションで戻ってきたらどうなるんだ。日本、ヤバいですよ。

華やかな攻撃陣と比べると守備面が弱いと言われておりますが、この試合に関しては、何しろ「攻撃こそ最大の防御なり」を地で行ってるから、あまりわかりませんでした。GKも仕事殆どなかったし。
まあ、確かに最終ラインは相変わらずフワフワした感じは否めません。だけどアナタ、そこはファンボメルがキレキレでぇ~heart04でへへへ(^□^)

Dsc06956
ごそごそ

Dsc06957
ぽいっ (シューズの裏に芝のかたまりがくっついていたらしい)

鋭い先読み力で、守備が決壊しないように、最終ラインの前で貢献してました。ある時はクリーンに体を寄せたりコースをふさいだり、ある時はちょっとダーティーにファウルで。その織り交ぜ具合と確かなプレーに、胸キュンキュンしまくり~~heart01
攻めてもよし。代表だと相方デヨンクが守備面を引き受けてくれるのか、攻撃参加する回数が多くてうれしいです。しかも効いてるし☆
2点目は、ファンデルファールトとのワンツーからキレイなクロスを上げて、アシストになったものでした。
今日もピッチの心臓、影のキャプテン、オランダのヘソ、僕らのリーダーは大活躍!
スカパの実況解説コンビも、こっちがこそばゆくなるぐらいホメホメで、うれし恥ずかしかったですよ~

100602_robinrafa

ワタシ的MoMはファンデルファールト。ノリノリキレキレでピッチをかき回し、1ゴール1アシスト、PKもゲットする活躍ぶり。すっかり、欧州最強のスーパージョーカーっぽい雰囲気ですが、本人はそれでいいのかな…。

ドイツのためにガーナの方も見ておかなくちゃ!と思いましたが、結局オランダ(てゆーかファンボメルピンポイント)ばかり見てしまって(^^ゞ。ガーナ的にはあまりいいところが見せられずに終わっちゃってましたし…。
ただ序盤に見せたような堅い守備、オランダはこじ開けましたが、へなちょこドイツは苦労するかも知れません。ポドルスキあたりがイキのいいのを一発決めてくれるかな。
あと、なんだか複雑なので名前忘れちゃいました、20番の選手が、Cロナウドのマネッコみたいなシザーズを披露しててオモシロかったです。CBを務めることになるであろうタスキ君、あわあわと振り切られないように気をつけてくれい。

そんなこんなで、ほとんど文句のつけどころがない完璧な勝利ではありましたが、これがピークだったら困る、というのがリアルに心配です(^_^;)
あと、人間関係ですが、こればっかりは、見ててもわからんもん。ベンチの雰囲気は悪くなさそうでしたけど…。ブラーフハイトがニコニコしてるのがちょこっと映ってうれしかったです。

そういえば、オランダの華やかな攻撃力を担うファンペルシー、スナイデル、ロッベン、ファンデルファールトの4人を”Grote 4(ビッグ4)”と呼ぶらしく、カイトの立場はどないやねん、とかいう話にもなってるようなのですが、キャプテンジオが言う「てゆうか、俺たちは”Big Eleven”だよ」という言葉にぐっと来ちゃいました。そうそう、4人は確かに最高で超ステキですが、でも、みんながビッグなんだよね。
そもそも、始まる前から「魔法の4人組」とか「今大会は誰それの大会になるであろう」とか言うのは、たいがい外れるから、ドイツ&オランダ関係であんまり流行らないで欲しいのです。

おまけ
Dsc06960
ダイナミックなカメラワーク。手前の足はエリアです。

Dsc06953
後頭部だけそっくりさん

Dsc06952
姿勢を低くしてやる気まんまん(ハイティンハ)

戯言
Dsc06959
前はそうでもないのですが、後ろ側の生地が薄いのです。白いユニにぴったりひっついて透けて見える汗びっしょりの背中に、なんともはや、妙な気分に・・・heart

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みじかすぎるトピック

100601_bommel

やれやれやっと、我が家に帰ってきました。先ほど録画していたオランダ×ガーナを見て、軽く結果だけアプしようと思ったのですがその前にちょこっと取り急ぎ

ハミト・アルティントップ、バイエルンと契約延長!!\(^∀^)/

わ~~い、うれしいな。ただし2011年までということで、1年だけですが…。
正直、来シーズンも厳しいとは思います。リベリ、ロッベン、クロースとポジションを競うのは。
でもいざという時にハミトがバイエルンにとってとても必要だということは証明されたので、残ってくれたことに素直に感謝し、喜んでおります。来年もヨロシクね!

----------

10_06_02_mueller13

先ほどドイツ代表の背番号についてなんともトボけたことを申しましたが。まあ、無知なもので、生温く笑ってお許しくだされ(^^ゞ
13番って、あのゲルト・ミュラーさんの番号だったんですね。

まあ、だから、今トーマス・ミュラーが付けるのはとっても道理に叶った話ではあります。ちょっとした遊び心ってヤツですね。クロースじゃダメなのだった。

---------

オランダ代表のNigel デヨンクは、先ほどオランダ人が発音しているのを聞いたら、やっぱり「ナイジェル」と読むらしいので今後そのように表記します。

100602onsoranje
「今さらかよ~」(うそ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/02

ドイツ代表背番号決定

けーたいから投稿です。
まだネットがままならない状態の中、ゆうべは寝るぎりぎりまで、代表から外れる最後の一人は誰か、ということを知りたくてドイツ代表公式を何度も更新しまくっていたのですが、結局寝てる間に決まったようです。

最後の一人はベックでした。とほほ。守備の選手が...

そして背番号も決まりましたのでメモメモ

1:ノイアー
2:ヤンゼン
3:フリードリッヒ
4:アオゴ
5:タスキ
6:ケディラ
7:シュヴァインシュタイガー
8:エズィル
9:キースリンク
10:ポドルスキ
11:クローゼ
12:ヴィーゼ
13:ミュラー
14:バトシュトゥバー
15:トゥロコフスキー
16:ラーム
17:メルテザッカー
18:クロース
19:カカウ
20:ボアテンク
21:マリン
22:ブット
23:ゴメス

キースリンクがエエ番号もらっちゃったけどだいじょぶかな(EUROのマリゴメの記憶が...)とか、そのゴメスやマリンがあまり期待されてない感じの番号に(トホ)とか、ラームやメルテザッカーが変わりなくてよかった(^^)とか、まあ、いろいろありますが、最大の話題はやはり、バラックの13番をミュラーが継いだ!ということでしょうか。
ワタシ個人は、現在のドイツ代表で、バラック以外の選手が付けている13番にそんなに意味を感じないのですが、世間の注目を集めるのは当然と思われます。ドイツの将来を担う人材と目されている新星ミュラーをあてがったところに、なるほどそうきたか、と、DFB(ビアホフ?)の上手さを感じましたよ。まあ、それだったらクロースでもよかったのになー、なんて。

心配はつきませんが、決まるもんが決まったら、彼らを信じて応援するだけです!

おまけ:
オランダ代表はガーナに楽しく勝ったようで...
怪我人等は出なかったでしょうね...
ロッベンが出場しなかったらしいのが気になる...
今リスクを負うことはない、ということらしいですが、なんかリスキーな状態なのかい(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »