« リベリ、契約延長 | トップページ | しょんぼり »

2010/05/24

CL:バイエルン対インテル

前日練習の頃からどうにもFCB.tvの調子が悪いのです。
試合後のぱーちーを見逃したので、今度こそ、と、パレード~セレモニーの生中継は時差計算を間違えずにアクセスしたのですが、前日練習の時よりさらに接続が悪く、紙芝居ブラックアウトは当たり前、5分おきぐらいに接続が切れて、そのたびにつなぎ直し、で、つなぎ直したところでロクに見れたモンじゃなく、イライラが募るばかりだったので、ファンボメルの挨拶が無事に終わった時点であきらめて引き揚げました。

100523fcbtv7
それでも根性でキャプってみた

何が一番感動して驚いたってアナタ、リベリがドイツ語でファンに挨拶したシーンでありますが、まあ、動画は上がってるみたいですし後でゆっくり楽しむとして、その話はまた改めて。

そんなわけで、なかなか切り替えが上手くできないのですが、いつまでもぐずぐずしてるわけにもいきませんので、強引に試合について振り返ります。

100522_bommel5

注※話せば長いことながら、今回のワタシの視聴スタイルは、スカパ副音声⇔地デジ放送、を行ったり来たりしておりましたので、解説等をほとんど聞いておりません。
ので、以下の文で、サッカー的にトンチンカンなことを言うかも知れません。ま、いつものことですけど。
選手名等、誤っている箇所がありましたらご指摘くださいませ。
いや~、ハイライトとか見て復習しようかと思ったのですが、やっぱり見ることができませんでした。まだツラいです。

100522_bommel4
無表情で悔しさを押し殺す。こんな写真見ると、いったん引っ込めたものがまたぶり返しますよ~(T△T)

5月22日 UEFAチャンピオンズリーグ 決勝
バイエルン・ミュンヘン 0-2 インテル・ミラノ

訂正してる間にアプされましたので、今シーズン最後のkickerの採点もどぞ
100522fcbinterfj

(オリッチそんなにマズかったのかね…汗)
交代:クローゼ(63オリッチ)、ゴメス(74アルティントップ)
サブ:レンジング、ゲルリッツ、コンテント、ティモシュク、プラニッチ

得点:ミリート(35スナイデル)、ミリート(70エトオ)
カード: デミチェリスファンボメルキヴー

100522_robben2

完敗でした。

大方の予想通りの展開で、大方の予想通りの結末に終わりました。
こうなることはわかっていたのにやっぱりモウリーニョの戦術にまんまとはまり、超・堅守速攻を極めた素晴らしいインテルのサッカーに対し、バイエルンは柔軟性を欠くおなじみのゲームプランでひたすら攻めて攻めて攻めて攻めてヤメテヤメテヤメ、のコメコメウォーサッカー(←意味不明)。
あんなに抑えられてがっつり封じられているのにロッベンへの放り込みをやめようとせず、愚直なまでに同じパターンをくり返し、結局、堅い堅い、そして世界一美しいインテルの守備をどうしても崩すことができませんでした。

100522_daniel3

失点シーンでのCB二人の対処の仕方には批判が集まっているんではないかと想像します。デミチェリスファンブイテンも相当にマズいプレーでしたので、何を言われても甘んじて受け入れるしかありませんが、だからって「CB二人イラネ」「新しいの買え」「ほらね、だから前から言ってるじゃん」とかいう話に持って行くのは個人的には好かんです。まあ、趣味の問題ですけど。

それと

100522_bommelsneijder

実際の評価はどうなのかわかりませんが、ファンボメルが機能不全気味だったのが見てて大変苦しかったです。
攻撃面での展開が、キレイなパスやクロスは上げるし精度も悪くないのですが、狙いが凡庸と言うかわかりやすすぎると言うか、どうにも冴えませんでした。
そして守備面ではあまり役に立ってなかったようにワタシの目には見えました。裏を取られまくりでくるくる回転、しょうがないからつっかけたり削ったり、エグいファウルを連発し、悪い時のファンボメルのプレーでした。終盤はなんだかイライラしてましたし。
だからと言って「ファンボメルイラネ」とか言う話には(以下略)。誰だってパーフェクトじゃいられません。決勝なんだし緊張もするし頭に血が上って判断力が鈍ることだってあるさ。ただ、でも、いつもはもっとクールなのにぃ~(汗)とは思いますけど・・・

しかし、試合の流れ的に全然何でもないシーンですが、ファンボメルがスナイデルを遠慮のないファウルでひっくり返した時は、いい意味でぞくぞくしました。
(記録が残ってないので詳細が定かではありませんが)
「おい、マジかよ?」とでも言いたげに、一瞬呆気にとられたような表情でファンボメルを見つめるスナイデル。ファンボメルは一瞬はっとしたような表情を見せたような気もしますが、シレッとしてぽんぽんと2~3回はたいておしまい。
もしかしたらこの時、ファンボメルは、スナイデルがW杯で共に戦う同じ国の代表仲間であることを本気で忘れていたのかも知れません。
ひたすら今の試合、目の前の対戦相手を倒すことに集中している、コイツはファイターなのだ、と感じて、ちょっとドキドキしました。
(もちろんファンボメルは、相手を怪我させるようなそんなヘタクソなファウルはしませんのでご安心を)
・・・・・・・。
とか思うのはファンボメルファンだけです(^∀^;)。普通に見ると、分が悪くなってきた状況で、八つ当たり気味にファウルでつっかけたという、ただのダメプレーです。

普段からバイエルンの攻撃はロベリーに依存しているのではないか、と言われておりましたが、特に今回はそれが顕著だったように思います。
むやみやたらと右サイドに偏重気味で、リヨン戦であんなに大活躍したのに、左のハミトのことももっと信用しなよ。とも思いましたけど。

100522_hamit2 気になる・・・

と。いうわけで。
まあ、アレですわ。負けたもんですから必然的に悪かったところばかりが目についてしまうわけです。
力の差を歴然と感じ、ウチはやっぱりまだまだ強くなったわけじゃない、成長途上にあるチームなのだ、ということを痛感しました。
ただ、完敗ではありましたが、まったく手も足も出なかったというわけでもなかったと思います。ガッチガチのインテル守備網を無理やりでもかいくぐってチャンスを作り、あわてさせたシーンもありました。ジュリオ・セーザのスーパーセーブに阻まれた惜しいシーンもありました。(もちろん、ウチとて、ブット様様のシーンもありました。彼が助けてくれなければあと2点は確実に失点していた)
2失点した時には腹をくくりましたが、少なくともそれまでは、なんとかなるかも知れん、という期待も出来るパフォーマンスでした。(それ以降は「やだー!負けたくないー!ムチャでもいいから勝ちたいー!」という悲痛な叫びになってしまったのであるが)
絶望することはない、やっぱりバイエルンはダメだ、なんて卑屈になる必要は全然ない、と思いました。

オリッチハミトという、不屈の魂を体現する二人を下げてしまったのは大変残念ですが、最後の試合にクローゼゴメスに機会を与えて、この二人が、くすぶっていたものを燃やして奇跡を起こすのを期待したのかも知れません。
ギャンブルではあります。シーズン中ならカンベンしてくれよ、と言うところですが、もうこれが最後なのですから、この華やかな祭りの舞台に、こういう思い切った采配も理解できないではありません。
まあ、好き嫌いはあるでしょうけど。ワタシは……モウリーニョみたいに、つまんなくてもいいからとことん勝ちにこだわってる方が好みです←言っちゃった←でもモウリーニョのファンではありません
・・・。
バイエルンの最後のプレーは、右サイドからドリブルで攻撃突破しようと試みたロッベンがゴールラインを割ってしまったものでした。
最後の最後まで、監督の言う、魅力的で美しい攻撃的なサッカーを貫き通そうとしたバイエルンであります。
おそらく、お客さんのために、自分たちのために、終わってからおいしいビールをミュンヘンのファンと飲むために。

100522_mueller2

結果としてうまくいきませんでしたけど、想いのこもったプレーで、最後まであきらめずにボールを追ってわたしたちを楽しませてくれた彼らを負け犬だなんて言えようか。あのバルサでも勝てなかったのに、バイエルンごときが超攻撃的サッカーなんてちゃんちゃらおかしいわい、ヘタクソのくせに、なんて嗤うことができようか。

華々しく散った、と言うほど劇的ではありませんでしたし、大きなドラマもなく、決勝戦にしては地味な試合だったかも知れません。
戦術好きなコアなサッカーファンとか、守備的サッカーが好きな人、両チームのサポ以外にとっては、すぐに忘れ去られてしまうものかも知れません。

だけどワタシたちは、いや、ワタシだけかも知れませんけど、覚えていたいです。
このCLこそが、今シーズンのバイエルンのミラクルでドラマチックなシーズンを象徴していたと思うから。
信じられないほど数々の奇跡を見ました。偶然でもただの運でも実力が伴ってなくてもいい、ただ単純に、楽しかったから。

100522_bayern

素晴らしいシーズンをありがとう!お疲れさま!

Dsc06925
身じろぎせずに、こみ上げるものを必死にこらえている男の表情です。

100522_bommelolic
(代わってくれオリッ…なんでもありません)

いやいや、もちろん(^_^;) 何を言ってるんですか。
もうちょっとだったんです。悔しいです。ビッグイヤーの前をむなしく通過するバイエルンの選手たちの姿が切なく哀しかったです。インテルのためにトロフィーが準備されていくのを見て、「ちがーうっ!アレはファンボメルが掲げるはずだったんだ~!」とか思ったら涙が出ました。
欠点は欠点として反省して学習して、良かった点はちゃんと伸ばして、今度こそ、ちゃんと強くなって、サッカーの神様の力を借りなくても自分たちで勝ちあがって、もういちど掴もう!夢は破れてなんかいないんだぜ。まだ、その先があるのだ。信じる。

以下雑ネタ
100522_lucio
なんだかちょっと切ない・・・・・

しかし
100522_muellerlucio
あぶあぶ、あぶないから(汗)目つぶしはダメです!

100522_mourinho
「♪えんや~とっと♪」

100522_chivu
キヴーの背中サービス

100522_bommelbastimicho
試合後のぱーちーでもこの表情

100522_salah
「あらあらかわいそ~に、がんばったのにね~kissmark」「ぼ、ぼぼ僕はそそそのちちちが、あわわわsweat01」「(ホルガー覚えてろ…spa)」

ミュンヘンに帰ってきた御一行様
100523_bommel
「お帰りさないませ~♪」
え゛~~なんだこりゃ、なんの罰ゲームですか一体(泣)傷心の身にこれはナイよ~~いくら「ミアザンミア」とか書いてあっても~、逆にアホくさい!

100523_ulibommel2
「耐えられねえ…」「まあまあ、これがミュンヘン流なのだ、こらえてけろ」

ゲラゲラ笑ってるそこのアナタ!ファンボメルだけじゃないんですよ、全員ですよ!全員、このアホアホハートを首から下げて飛行機から降りて来たんですよぅ~!(泣)

【追記】
衝撃の全員フォト見つけました
100523_herz

|

« リベリ、契約延長 | トップページ | しょんぼり »

コメント

全員がこのハートをクビからぶら下げてタラップを降りて来ている写真、阿呆な現代風デザインのお雛様みたいで笑撃的でしたよね。普段お世話になっているとはいえ、ルフトハンザも空気読め!と…。

サラちゃんはともかく、ロッベン夫妻もやたらチューチューしていて、印象変わりました(笑)。ひたすら暗い顔で彼女に話をしているダニエル哀れ__でもやっぱり、個人能力がどんなに優れたCBでも、この決勝の場にやってきたチームのCB、2冠をとったCBはミーチョとダニですから、誇りに思って良いのではないでしょうか。勿論ボメ主将も。>ルシオ放出に関しては聞こえない振り

投稿: しし丸 | 2010/05/25 00:05

やっぱりあのチームとやる時は、先に点取られると厳しいですね。あのバリセロナですら崩すことが出来なかったのですから。
サイドチェンジをくり返しながらポゼッションと言えば聞こえは良いけど、インテルの守備ブロック内にタテパスが入ってかないところや、サイドに起点を作ってそこから1対1勝負→クロスがズレてため息、なんてところは名古屋グランパスを見ているようでした。もちろんレベルはバイエルンのほうが数段高いですよ。がっかりするようなミスも少ないし。プレーの判断もスムーズだし。
後半開始直後のミュラーのは惜しかったですね。ミリートだったらGKのタイミングをずらして決めていたっぽい。
あそこまで行ったらやっぱり最後は勝ちたかったですね。でもサッカーが続く限り夢も続いていきますよね。1年間お疲れ様でした。W杯、来シーズンも楽しみましょう!

投稿: yamamo8 | 2010/05/25 00:39

> しし丸さん
コメントを見て、おぉ全員フォトがあったのね、と探して見つけました…
ひっヒドい~(泣笑)やっぱり罰ゲームとしか思えまへん(泣)これが勝ってたらモエモエするところなんでしょうけどねぇ。
トロフィーを得意げに掲げて意気揚々と飛行機から降りてきたインテルの映像を見て、あまりの差に脱力しましたよ・・・
ダニエルはやっぱり落ち込んでたんですかね…。カノジョは優しくグチを聞いてあげたかな。ダニエルまでチューチューしてたらちょっとしょっくでした。
励ましありがとうございます(;∀;)最後の最後に自分たちの能力を発揮できず負けてしまって、本人たちも悔しいでしょうしワタシも悔しいです。特にCB二人には、あの時なんであーなっちゃったんだ、と悔いが残るでしょうね・・・
でも、そうですね、欧州最高峰の大会のファイナリストになったチームの選手たちですから、ダメダメなはずはないのです。大舞台を経験したことでみんなきっと心臓も鍛えられたでしょう。来シーズンはちょっとやそっとじゃ緊張したりしない、安定したプレーをして、文句を言わせない不動のCBとしてバイエルンの壁になるんだもんね~

> yamamo8さん
試合をごらんになってくださって、バイエルンを応援してくださって(←決めつけsmile)ありがとうございます。
試合前から、インテルに先制されたらバイエルンは厳しいだろう、と言われてましたが、まんまとその通りになりました。勝った者が強いのだ、じゃなくて、強い者が勝ったのだ、という、ごくごく当たり前の結果になってしまって、なんともつまりませんです。
バイエルンのポゼッション率は約7割でしたっけ。でもゲームを支配していた数字ではなくて、単に持たされていただけですからねぇ。ぐずぐず回している間にロッベンが突然ポコッとゴールを決めてくれる、というのが今シーズンの一種のパターンでしたので、期待はしていたのですがさすがに厳しかったですね。来シーズンはそうゆう突発的な魔法に頼らなくてもいいように、チームづくりを完成させて欲しいです。
レベルはバイエルンの方が数段高い←ままマジっすか~!?わー、うれしいです!ホワワン(*´▽`*)…でも結局負けてしまったわけで、来シーズンはその高いレベルを、確実に勝利につなげられるようにしなくちゃいけませんね!
ミュラーのアレは、最大のポイントとして取り上げられているようです。若さゆえ、でしょうかねぇ(^_^;)
そうです、とてもくやしいですが、悔しさがあるから次にがんばれるんですよね。まだ夢は終わっちゃいないのです。サッカーがある限り、応援するチームや選手がいる限り、また新しい夢が生まれていくんですねぇ・・・。
ありがとうございました。そんなわけでだいぶ乗り遅れてしまいましたが(^^ゞいよいよW杯モードですね!くよくよしてるヒマなんかないぞー、応援がんばりましょう!

投稿: コリアンダー | 2010/05/25 14:19

こんにちは。夕べ伺っていたのですが、コメントする時間がなかったので、ちょっと出遅れました。(・・・って一番最後の写真は何なんじゃ~sweat01とずっこけたところです。)
試合レポありがとうございます。ボメを始め、バイヤンの持ち味が出せなかったワケですが、今回はインテルの方が上だったという事でしょう。あらためて「おめでとう、インテル」、「バイヤン、ここまでよくやった、ありがとう」という気持ちです。
ボメについて少し語らせて下さい。
’06~’07シーズンのCL準々決勝で、ホームでミランに負けて敗退が決まり、ピッチ上で悔し涙を流していたボメが、3年後にバイヤンのカピテンとしてCL決勝まで来ると誰が想像したでしょう。(実はあの時のコリアンダーさんのイラスト・・チリチリvs・・がすごく好きなんですヨ!)今回の表彰式のボメの写真見ていたら、そんな事を思い出しました。今シーズンのボメは、自身の負傷離脱という辛い時間もありましたが、よくここまでチームをまとめて来たと思います。数字では評価出来ないけれども、本当に頑張った、すごいよ!って言いたいです。
又すぐに、大きな仕事ですね。短期間で結果を求められるという独特の厳しさがありますが、コンディションに気をつけてやっていってほしいです。
長くなりましたが、これからも一緒に応援させて下さい。又長いコメントしちゃうと思いますが、よろしくお願いします。では又。

投稿: 梢 | 2010/05/25 16:45

もちろんバイエルン応援してましたよー。

それと、わかってらっしゃるとは思いますが
いちおう補足。
 
レベル云々のくだりは

バイエルン>>>名古屋グランパス

ってことですからね。

投稿: yamamo8 | 2010/05/26 00:46

> 梢さん
もぅなんですかねこのアホアホハートは…(泣)イケメンスーツ×仏頂面にあまりにミスマッチなのが悲しい。
インテルは異次元の強さを見せつけていましたね。優勝にふさわしいチームだと思います。くー
でもバイエルンにはホントにいい夢を見させてもらいましたので、ありがとう、でいいと思いますよね。
ボメについて熱く語っていただいてありがとうございます。
「チリチリ対くそ坊主」ですね。ワタシも大好きですsmileそんな昔からごらんいただいてるとは…感激です。あの日のボメの悔し涙が今日のワタシのボメキュンへのきっかけになったのでした。あの日もバイエルンはいいところがまったくなかったのですが、ボメだけがひとり最後まであきらめずにひたすら点を取ろうと頑張って、でも奮闘報われず、熱い涙を流したのですね。
ワタシは知らなかったのですが、チラ聞きしたところによると、ボメはバラックの後釜として、そして未来のキャプテン候補として呼ばれた面もあったらしいです。まあ、あの時点で、どれくらい具体性のある予想だったのかはわかりませんが。
本当によく頑張りましたよね。怪我を乗り越えて、復帰以降はどんどん存在感を増して、もうボメがキャプテンであることに異論をはさむ声も聞こえなくなくなりましたし。
シーズン長かったし、フィジカル的にも、クラブでの最後の試合が負け試合だったことでのメンタルがやや心配ですが、代表に入ったら切り替えてくれると思います。影のキャプテン・オランダのへそとして、いい仕事をして欲しいです。期待しちゃうぞ。
こちらこそ、いつもありがとうございます。W杯でオランダ代表はどこまで追従できるかわかりませんが(^^ゞ今後もヨロシクお願いします。熱いアグレッシブなコメントお待ちしております☆

投稿: コリアンダー | 2010/05/26 00:48

> yamamo8さん
わ~い、バイエルン応援宣言ありがとうございますhappy01
あらら、バイエルン>>インテル>>グランパスじゃありませんでしたか、ざんねん。
なんちゃって、書き終わった後で勘違いに気付いたのですが、まあそれはそれでいっか?と、そのままゴマかそうと思いましたが、やっぱバレましたかsmile←こらっ

投稿: コリアンダー | 2010/05/26 00:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/34850134

この記事へのトラックバック一覧です: CL:バイエルン対インテル:

« リベリ、契約延長 | トップページ | しょんぼり »