« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010/04/30

決勝の相手は

あう~~~~~(T△T)
HSVが逆転負けでEL決勝進出ならず!残念~~!!
ドイツチームが2大会でファイナリストになるはずがぁ~~heart03

さて、CL準決勝のもう1試合です

4月28日 UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 2nd leg
バルセロナ 1-0 インテル・ミラノ

(2試合合計ゴール数2-3インテルが決勝進出)

試合後の会見でモウリーニョ監督が「バイエルンは強豪だ」とかなんとか言ってるのを見て一瞬、なんでバイエルンの話なんかしてるんだろ?と思ってしまいました(^^ゞどんだけ実感ないんだ自分…

いやはや、強かったですねぇインテル。2-0なら勝ち抜けられるバルサでしたので、そんなスコア軽い軽い、かと思いきや。
前日にバイエルンの組織的なサッカーに感激した自分でありましたが、あんなのヤワじゃんと思えるほど、もっとすげーのを見てしまいました。

堅い!堅すぎる!迫力満点の組織的で徹底した守備で、あのメッシとバルサの攻撃をほぼ無力化しておりました。
守備が迫力満点なんて表現としてちょっと変かも知れませんが、それぐらい圧倒的で凄かったということです。モウリーニョ恐るべし。参った参った。ぐうの音も出ません。

おかげさまですっかり渋い試合になってしまい(ホメてます)、リアルタイム観戦でもなく寝不足でもなかったのに、ウトウトしてしまいましたゴメン(^^ゞ
それでもバルサのピケが上手いゴールを決めた時は目が覚めましたが、ちょっと時間が遅かったですね。その後もボージャンが決めた!と思ったら直前にファウルがあったとして取り消し…。

いいところなしのバルサなのでせめてズラタンのセクスィショット
Dsc06829

派手に破けちゃいましたね("▽")

Dsc06830
元チームメイトのモッタの退場処分でのトラブルに、真っ先に駆けつけるメッシにちょいモエ

Dsc06832
何ささやいてるんだよ

というわけで、我がバイエルンの決勝の相手はインテルに決まりました。
うーーわーー(汗)
インテルでもバルサでも、サッカー面及び感情的な面で、やりたい理由とやりたくない理由がそれぞれあったのですが、インテルとは、サッカー的側面から当たりたくないと思ってました。

ヤバい。勝てる気がしない。あんなものすごい守備網敷かれたら、メッシでさえダメだったのにウチのロッベンやリベリが突破できる図がどうしても想像できません。ルシオだし。
個人的には師弟対決というくくりにはあまり興味がありませんが、もはや世界が認める巨匠となったモウリーニョの策略にウチのファンハールおじさんが勝てるのかどうか・・・

ここ、こうなったら、ウチもガッチガチに守って、120分間耐え抜いてつまらない試合をして、PK戦に持ち込もう!ブットを信じて~~!←なんと消極的な…(苦笑)

いや、バルサが相手なら、もう最後なんだからあれこれ考えずに思い切ってぶち当たって、華々しく散って来い!と、楽しみに思えなくもなかったのですが、こうなってくると、是が非にでも勝ちたくなりました。
勝ちたい、負けたくない、という気持ちが強くなってしまうとストレスになってしまって楽しめなくなっちゃうんだけど・・・。

約3週間後ですね。それまでに向こうはなんかいろいろ仕掛けて来るかも知れませんが、挑発等には乗らずに冷静に対処して吉でしょう。そこはいちおう元師匠相手だから、ちょっとは礼儀良くしてくれるかな~

が、がんばろー…ドキドキ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CL:リヨン対バイエルン+リベリとティモシュク

【ティモシュクの件で訂正あり】

100427_fcbtv
「チュッheart01」「うひょ(゚∀゚;)」

4月27日 UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 2nd leg
オリンピック・リヨン 0-3 バイエルン・ミュンヘン

(2試合合計ゴール数0-4バイエルンの決勝進出決定)

ウヒョヒョなkickerの採点も合わせてどぞ
100427lyonfcbfj
交代:デミチェリス(3)(46ファンブイテン)、クローゼ(76ロッベン)、アラバ(78シュヴァインシュタイガー)
サブ:レンジング、ゲルリッツ、ゴメス

得点:オリッチ(26ミュラー)、オリッチ(67アルティントップ)、オリッチ(78ラーム)
カード: クリス(59)  ゴナロンアルティントップ

(今回ひとつひとつゴールレビューが出来ませんでしたので、アシストした選手名も書きました)
MoMはオリッチ

わ~ぉ!!オリッチは当然としても、シュヴァインシュタイガーも神採点ーー!!♪

100427_bastian やったね!!\(^▽^)/

いやいや、スミマセン。ワタシとしたことが珍しく忙しくしておりまして、プレビューもレビューも殆ど出来ぬまま今日に至っております。本日もちょっとわからないので、申し訳ありませんが超ざっくりレビューいってみよー。

100427_bayern2

試合前情報では、リベリプラニッチの出停に加え、怪我をしているファンブイテンデミチェリスと、フィジカルに問題が生じたコンテントという、DF3人の出場が危ぶまれ、さらにティモシュクが欠場決定、クローゼも風邪引いた、とかなんとかで、お先真っ暗でもうダメかと思っておりました。

しかし始まってみればコンテントはなんとか大丈夫だったようで結局フル出場。
ファンブイテンとデミチェリスはぎりぎりの状態だったのかも知れませんが、この一大事に頑張って、二人で前後半半分ずつ出場することで乗り切りました。
クローゼも健康体のゴメスを差し置いて途中出場し、終わってみれば、ほぼいつものメンバーで戦うことが出来たのでした。それぞれ、怪我の影響は感じられない動きをしておりました。
もしかしたらこの危機感と、体調不良をおしてプレーしたファンブイテンたちの気合が、チームの士気を高めて結束を強くしたのかも知れませんね。

いっぽうのリヨンはかなり調子が悪かったようです。
1週間たっぷり調整時間はあったはずですが、やはり守備面で何やら問題があったみたいですね。誰と誰が出場危ない、とかなんとか…。それに、スカパの実況陣が言っていましたが、チーム内の人間関係もあまり良くないらしい、と…。
まあ、推測に過ぎませんが、そういうことが原因でパフォーマンスに影響が出るのは悲しいです。

100427_cris
クリスの退場で全てが終わってしまった…

しかし、同情するわけにはいかんのだ、ピッチ上では非情であらねばならぬ…
対するバイエルンは恐らく今季初(もう終盤も終盤ですが(苦笑))ではないでしょうか、これまでにない集中力と統率の取れた動き、攻めても守っても、個の力に頼ることなく強固な組織力で横綱サッカーを展開、リヨンに立ち直らせるきっかけすら与えることなく、CLの準決勝という大一番で、みごと完勝です。

直近のブンデスで、快勝してしかるべきMGにアホなドローをしてみせたのと同じチームとは思えませんが、やっぱりチームの芯となるファンボメルの復帰が大きかったんでしょうか~(^∀^)heart04

……。ええと。

100427_olic4 反転シュ―――ト!

オリッチによるゴールはどれも良いゴールでしたが、アシストした選手たちのプレーも素晴らしかったですよ!見てね!(←雑)
「すぽると」によれば、CL準決勝でのハットトリックは11年ぶりの快挙なのだそうです。
おめでとう!!オリッチ!おそらくバイエルンサポ全員同じ気持ちでしょうが、アナタがバイエルンに来てくれて本当に本当に嬉しい!!
(そういえば「すぽると」では、「バイエルンのエース、オリッチ」という紹介をしてましたね)

何度も言っておりますが、本当に全員がそれぞれの任務を遂行するべくそれぞれがハイパフォーマンスを披露してみせたのですが、特筆すべきはやっぱりハミトでしょう。
リベリとプラニッチが出停なので、ワタシは、代表では左を担当することが多いロッベンがそこに入り、ハミトが右を担当するのかと思ってましたが、ファンハールはハミトを左に入れましたね。
大丈夫かなと思いましたが、本人にとってはかなり燃えるシチュエーションだったようで、リベリ不在の穴を埋める、どころか、ひょっとしてリベリよりもいい??プレーで勝利に大貢献!
うわ~~~あああ、どうすんのバイエルンちょっとどうするのさぁ~~、こんなステキな選手ほんとに出しちゃうの~~??(ToT) 引き留めないの~~??

100427_hamit

文句つけようのないほぼパーフェクトな勝利でしたが、ただ。
カウンターやらセットプレーやらで、ゴール前までぶち抜かれた時の守備が、相変わらずボールウォッチャー気味でフリーの選手をひとりふたり作ってしまうのが気になります。
残り4試合でもはや難しいのかも知れませんが、準3冠にならないためにも、可能なら今すぐ修正して欲しいです。切実!

まあ、でも、とにかく。

決勝です!グループリーグ敗退寸前まで追い込まれたバイエルンが、まさかまさかの決勝進出です!
ひつこいようですが、ジロンダンボルドーさん、GL第5戦でユーヴェに勝ってくれてありがとうなのです。あれだけは、本当に運がついてたと思う。
そして、マッカビ・ハイファ戦とマンU戦で、大事な大事なゴールを決めてくれたオリッチ。それと、フィオレンティーナ戦とマンU戦で決定的なゴールを決めたロッベン。

いや、でも、もちろん。
みんなの勝利だから!誰一人欠けてもなし遂げられなかったんだぜ。
控え選手はもちろん、シーズン途中で移籍してしまったトーニ、ブラーフハイト、ソサ、オットル、ブレーノ、バウムヨハンも!(…改めて書いてみて、やっぱり放出しすぎだと思った…汗)
みんなありがとう!

・・・・・・・?なんかもう満足しちゃって終わったみたいなこと言ってますが(^∀^;)
いやいや、もちろん。

次がありますよ!勝つ気まんまんですよ!いや、厳しいのは百も承知ですが、勝ちたいです!準決勝のもう1試合を見て、がぜん勝ちたくなりました。

いざ、頂上へ。みんなで行こう。みんなで登ろう。

100427_bayern3

続きを読む "CL:リヨン対バイエルン+リベリとティモシュク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/28

速報:リヨン対バイエルン

リヨン 0-3 バイエルン

100427_bayern

決勝だ!!!!!

ついに!!

とうとう、とうとう、ここまで来た!!!

100427_olic

オリッチ、ハットリックおめでとう!そしてありがとう!

ハミトありがとう!左でも問題なし!熱いプレーで大活躍!

ラームありがとう!いつものように素晴らしいパフォーマンス!守備も良かった!

ファンブイテンデミチェリスありがとう!コンディションが良くない中頑張って出てくれて!

ファンボメルシュヴァインシュタイガーありがとう!集中してリヨンの攻撃の芽をしっかり摘んでくれて!

ロッベンありがとう!抑えられながらも今日もしっかり魅せてくれてチャンスを大量演出!

ブットありがとう!ゴヴーのシュートをしっかりセーブしてくれて!

うわ~~んきりがない、みんなみんな本当にありがとう!出なかった選手もミュンヘンで留守番してる選手もコーチもスタッフもみんなありがとう!サポの皆さんもありがとう!みんなの思いが背中を押した!

素晴らしいゲームでした。素晴らしいバイエルンでした。
先制して楽になっても最後の最後までけっして気を抜かず、とことん集中して強固な組織力でリヨンに気を取り直させるスキを与えてませんでした!こんな強いバイエルン、今季初めてじゃないの?

ハァ~、なにしろワタシには初めてのことなので、なんだかまだ実感がないのですが…。でも、幸せです。(T∀T)

Dsc06826
今日も家族へのメッセージとベロ出しウィンクやってましたよ~(^^)

・・・・・・・・・・・。
でもスカパーさん。みごとファイナリストになったチームに敬意を払って、ここはもっとピッチの選手たちを見せようや。フェラーラさんのトークコーナーは「ハイライト」でやればイイじゃんよぅ。
アタシゃ記念のTシャツ着て、きっとやったに違いないHUMBA踊って喜んでいるバイエルンのみんなと共に祝いたかったんだぜ・・・・・・

続く!

(但し本日は用事があるので、続報はかなり遅くなりそうです)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

間もなくリヨン戦

脳天気なアグレッシブトークにかかりっきりで、リヨン戦についてのプレビュー活動を殆ど行っておりません。あれこれ言う時間もなくなっちゃった(^^ゞ

100426_2
こんな顔で「リヨンに来てくれないにょ~?」なんて言われた日には、アタシがエッフェンベルクなら何を差し置いても駆けつけるのだが

100426_basti
飛べない豚はただの豚だ!紅の豚になれ!「ブタって言うなー!」

怪我人病欠出場停止の嵐で、お先真っ暗なバイエルン事情についてはもうご存知ですね。
ただここに来て、ファンブイテンが大丈夫かも知れないとかなんとか…。無理して出場してダメダメパフォーマンスを披露して「やっぱ痛い~sweat02」なんつって結局途中退場、なんてことになったら目も当てられませんが、でも無理してでも出て欲しい気持ちもあり。
DFが最懸念事項なのはもちろんですが、リベリプラニッチがいない左サイドはどーするのかね。ロッベンを持ってきてハミトをスタメンで右に置くのはどうだろう。

まあ、ここまで望みがないと、さすがのワタシも腹をくくりました。
3冠どころか、無冠さえ覚悟しております。←うそくさい。いざとなったらガタガタ言う。
いや、断じてあきらめたり捨て鉢になったりしたわけじゃありませんよ!決勝行きたい。死ぬほど行きたいです。ワシが行くわけじゃないが(苦笑)

もう戦術もゲームプランも何もあったもんじゃありませんので、メンタルで戦うしかなくなってしまったわけであります。
メンタルならどこにも負けない自信はある。
とはいえ、メンタリティとか不屈の魂とかいうのは、伝家の宝刀でもなければ必殺技でもないこともわかっています。

負けてもいい。(良くないけど)

だけど負け犬にはなるな!

アンタたちがあきらめない限りワタシも決してあきらめないんだぜ!
だから、たとえ6点差、7点差をつけられても、ピッチにはいつくばって芝を噛みながら、最後のホイッスルが吹かれるその瞬間まで、前を向いて欲しい。

アンタたちのファンでよかったと誇れるように。勝っても負けても、熱い涙を流させてくれ!

【追記】
モタモタしてたらスタメン出た。ファンブイテンコンテントは出場です。デミチェリスベンチにもいないもよう。←うそ。ベンチには入ったみたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ファンボメルとエッフェンベルク、3冠の夢を語る

マカーイが引退するとか(泣)、ELの準決勝目前にしてHSVが監督を解任したとか、しょんぼりするようなニュースばかりで、バイエルンの方もお先真っ暗な話しか聞こえて来ませんが…。ま、その話はのちほど・・・

100425_bild

3冠の話なんかしているので、今晩の試合結果いかんではその単語自体がちゃんちゃらおかPことになるやも知れず、さっさとアプしないとと思いつつ、すっかり時間食ってしまいましたトホホ。こんなぎりぎりじゃ読む気になりませんわねぇトホホ。

てなわけで、例の、Bild日曜版に出ていたエッフェンベルク×ファンボメルの仁義なきトークバトル、じゃないわ、アグレッシブなキャプテン野郎の俺俺対談です。

語学の宿題じゃないんだから大ざっぱな意味だけ汲み取ってればよかろう、と例によってでたらめ作文です(^^ゞどうしても分からない2~3箇所を思い切ってすっ飛ばすという暴挙を敢行。それでもやっぱり日本語としてヘンだわ。
あまりにひどい、意味真逆だし!という箇所がありましたらご指摘ヨロシクです~

では、いってみよー

続きを読む "ファンボメルとエッフェンベルク、3冠の夢を語る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/26

夢の対談実現!

Bild日曜版に、エッフェンベルク×ファンボメルの新旧キャプテン対談が~!(゚∀゚)

かんたん動画が高画質でうれしーのだ
100425_bild1
heart04heart01

100425bild2
「今やファンボメルは俺様が認めたバイエルンのキャプテンなんだぜ」と言ってるに違いない(知らんけど)エッフェンベルクの後ろで撮影をしているらしいファンボメルにロックオン

100425_bild4
「こんなん撮れましたけど」「どれどれ」

100425_bild3
「お疲れちゃん~」

肝心の記事の方はボリュームたっぷりで、バイエルンの今昔話とか昔リザラズがなんやらあったので、ボディーガードをつけて歩かなくちゃいけなかったんだぜとか、何故かドイツ代表について等など、あれこれ語っているようですが、くだけた雰囲気なので却って読むのがむずかしそうです。でも楽しみだ~!わくわく♪

バイエルン公式の「本日のお言葉」コーナーにもこの記事からの引用が。
【以下、見直したら当初考えていたのとちょっとニュアンスが違っていたようなので若干訂正】
3冠を達成したらキャリアを終えるのか?と聞かれて
ファンボメル「その時は首の後ろを「エッフェ・ティガー」型に剃るよ。約束する。でも、止めはしないよ」

これはむかし、エッフェさんが後頭部を虎の模様に染めたことに由来するのかな~と勝手想像

参考フォト
940924_effe
ちょっと見づらいこんなのしか。後頭部に虎の顔。大阪のオバチャンみたいなことに…

え~~??(^∀^;)ファンボメルがこれを?ちょっと見たいかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/25

32節:ボルシアMG対バイエルン

電器屋に行ってPCを物色してきました。早くしないとシーズン終了に間に合わんじゃないかということに今さら愕然としてしまったのですが、安くない買物だし、慌てて買うのはどうかと思うしなぁ…
そんなこんなで、HDDがガリガリボリボリブイブイと、耳をつんざく騒音を立てている向こう側からこんにちわ。まるっきり集中できなくて入力ミスばっかりしてます。うるさくて頭痛がする・・・

ロクな試合じゃなかったのでどうせ書くことないのですが、そんなわけで長時間の作業がキツいので、ごくごく簡単に失礼します。

って、そんなんヤダー!
もっと書きたいのにぃ~!とアタシが地団駄踏むようなゲームにして欲しかったんだぜべらぼーめ。

4月24日 ブンデスリーガ 第32節
ボルシア・メンヒェングラッドバッハ 1-1 バイエルン・ミュンヘン

こんなもんか、と納得のBildの採点も合わせてどぞ
100424mgfcbfj
交代:コンテント(4)(46デミチェリス)、ティモシュク(4)(63ファンブイテン)、クローゼ(3)(66ミュラー)
サブ:クラフト、ゲルリッツ、アラバ、ゴメス

得点:ロイス(60)、クローゼ(73)
カード: ボバディージャレヴェルスファンブイテンバトシュトゥバークローゼ

100424_contento

あ~も~、どうするのさあー。
マガトに2シーズン連続でマイスター持ってかれるなんてすっげーイヤなんだぜ!

100424_daniel

確かに、CB二人がそろって怪我退場してしまったのは「ドラマ(byファンハール監督)」ってか大誤算だったとは思います。
しかし、二人が怪我をする前からバイエルンはダメダメでした。
特に前半は見るからに気を抜いたプレーでグダグダしており、失点して少し慌て始め、クローゼが炎の同点ゴールを決めてからようやく気合を入れ直すのですが時すでに遅し、という印象でした。
ダメダメでもよく負けなかった、それが横綱バイエルン、なんて誰が言うと思うんじゃアホ。

とにかくみんながてんてんバラバラで、ミスばっかりするし、全くチームとしてかみ合っておらず、ひとりひとりが好き勝手に判断して動いている印象でした。
戦術が浸透してなかった、ということなのかな。ようわからんけど。
そんな中でも比較的チームのために動いていたと思えるのはラームクローゼだったような気がしますが…。そこもあんまりよくわからないです。

100424_klose

そんな二人の、ラームの美しいクロスからクローゼがお手本のようなキレイなヘディングでゴールを決めたのは胸がふるえました。
久しぶりの出場で、求められている結果をきちんと出し、バイエルンをみじめな敗戦から救い、流れを取り戻す大事なゴールを決めたクローゼ。そして「さあこれから行くぞ!」と、チームを鼓舞する姿は、申し訳ないやらありがたいやらで泣けます。
チームとしても報いたかったのはやまやまだったでしょうが、やることなすことまるでかみ合わない今回のパフォーマンスでは、気持ちだけではどうにもなりませんでした。

100424_robben 「あ~~~れ~~~」

たらればですが、ファンボメルがいたら、と思って見てしまいました。
ファンボメルがいてもダメな時はダメなので、ヤツがいたら勝てた、とまでは言いません。
だけど、もうほんのちょっとだけ、統率のとれた動きが出来たんではないかと。
効果的なボールさばきで試合を展開し、ロッベンリベリを上手く使い、二人が今回のように無茶な個人技で無理くり突破ばかり繰り返すような事態にはならなかったのではないか、と思います。

そう思うと、「俺たちがグラッドバッハに勝てば、99%マイスターだ」と、慎重派のヤツにしては少々うかつな発言と合わせて、改めてファンボメルの不在が恨めしかったです。
まあ、仕方ない話なのですが。

だけどCLリヨン戦は、同じくファンボメルが欠場していても上手くいったわけで、おそらくそこが、相手チームに対する捉え方の違い、自分たちを過信し相手を甘く見た驕りと、CLに想いが行くあまり目先の試合に集中し切れなかったことが、今回の痛恨ドローにつながったのだと、個人的に思うものでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:MG対バイエルン

100424_gomez 出番ナシ

ボルシアMG 1-1 バイエルン

100424_olic

だから

言ったのにっっっ!!!!!!(怒)

傲慢の代償。

99%がどうしたって?

嗚呼、でもミロはありがとう。アナタがいなければ、やっぱりアナタが必要なんだ…(泣)

シャルケは試合終了ギリギリまでヘルタとドローだったのですが、最後の最後にゴールが決まって勝利しましたので、バイエルンと並びました。得失点差でかろうじてウチが首位ではありますが。

反省するアタマがあるならせいぜい反省するがいい。

100424_ribery_2 がんばってたけどね~

デミチェリスとファンブイテンが二人とも下がってはどむならんとは思う。急遽CBに入ったティモシュクは健気にがむばってはいた。 二人の怪我が大したことありませんように…。どうか、どうか!!(祈)

しかし。 ダラダラしてないで早いうちにザクザク点を取っておけば、守備ラインが危うくなっても、なんとかかできたはずだ。 シュバ、アンタはあんなに前に行っちゃダメだ。今日、それはアンタの仕事じゃない。指示なのかどうなのかわからないけど。

それと。やっぱり。言っても仕方ないけれど。

ファンボメルがいれば!!!

うああーーー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/24

あと3試合

間もなくボルシアMG戦でござる。

100423_fcbtv かわい~heart(*´∀`*)

よろしく頼んだぞ。
「この試合に勝ったら99%優勝したも同然」という計算と自信はどこから来るのかようわかりませんが。シャルケだって本日のお相手はヘルタなのだし、取りこぼすとは思えんぞ。
まヨソの話はとりあえずいいや。ともかく、相手をナメてかかって足元すくわれるようなマネだけはしてくれるなよ~と。

スミマセン、書きたいことはまだまだあるのですが、PCがものすごく不調でして、いつ壊れるのかワカラン状況になってますので、かんたんですが今回はこれにて失礼させていただきます。

しばらくこんな感じで、モリモリ書いたりサッパリ書かなかったり、更新の具合が不安定になるかも知れません。オユルシを。m(__)m
(もともと最近サボりがちでしたが)イラストとか負荷のかかる作業もちょい無理ぽい…(汗)ボメ絵でメモリが力尽きたか・・・

まあ、そんなワタシの事情なんかどうでもいいのだ。
前節みたいな祭りでなくても構わないので、ここはガッツリ勝ってくれい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/23

CL:バイエルン対リヨン

(大幅加筆訂正&後日談少々追記しました)

4月21日 UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 1st leg
バイエルン・ミュンヘン 1-0 オリンピック・リヨン

kickerの採点も合わせてどぞ
100421fcblyonfj
交代:ティモシュク(3)(46オリッチ)、ゴメス(63プラニッチ)、アルティントップ(85ロッベン)
サブ:レンジング、ゲルリッツ、アラバ、クローゼ

得点:ロッベン(69)
カード: リベリー(37)  トゥララン(54)  プラニッチバストス

100421_fcb
いっや~スタジアム圧巻!最高!実に素晴らしかったですね!
思えば今シーズン、ホームでCLの試合をするのはこれが最後だったのでした。みんながひとつになってバックアップするんだもんね!というバイエルンサポの熱い熱い思いが世界に轟いたぞ~

100421_allezfranck
リベリにも励ましメッセージを

さてさて

100421_robbenmicho

いやいや~、勝ちましたね(^^)ひとまずホッとしました。
・・・・・・。ちょっとスコアがびみょ~なのと、ゴチャゴチャしててあまりいい試合ではなかったので、テンションがいまいち上がり切りませんけど。

でも、とにかく守備がきちんとしてて、久々に安心して見ていられたし(まぁ危ないシーンもひとつふたつありましたが)、何しろ、相手にアウェーゴールを与えなかったことはとっても良かったです!ダニエル、よく頑張ったぞ!\(^▽^)/

続きを読む "CL:バイエルン対リヨン"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/04/22

誕生日おめでとう

ドイツ時間ではまだ21日なのでフライング気味ではありますが、この後の試合結果いかんではそんな気分にならないかも知れないので(そうならないことを祈ってやみませんが)、先に投稿しておきます。
  

100422_vanbommelj
(また家族ネタ押し・・・。トロフィーの大きさがとか、奥たんが似てないとか背が高いぞとかつっこみどころは満載ですがそこは見ないフリで(^^ゞ)

マルク、誕生日おめでとう!

なんでこんな日に出停かね(^_^;)バースデーゴールをバチッと決めて勝利を飾ってくれたら最高だったろうに。
まあ、スタンドには観に来るんじゃないのかな~と思いますが…

ファンボメルの32歳は、かなり良い年だったのではないのかなと思います。
33歳もさらに良い思い出が沢山作れますように…。

091208_bommeldiego2_2

まだ走れる。まだ戦える。夢はまだ終わらない。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

戦うダニエル

4月20日 UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 1st leg
インテル・ミラノ 3-1 バルセロナ

100420_messi

うひょほー!さすがインテルはがっちりですね!メッシ対策はほぼ万全、まったくと言っていいほど見せ場を作らせませんでした!

バルセロナはがむばってはいましたが、やっぱりバスでの14時間の移動の影響はあったのかな~と思いました。とはいえ、これまでのCLの試合でも、アウェーでは大体こんな感じだったような気もします。

本当に恐いのはカンプ・ノウでのバルサなんではないかと思います。なのでインテルとしてはこの1st legのうちにバリバリ点を取って少しでも次を楽にしておきたかったでしょうから、この結果はまずまずだったのではないですか?アウェーゴール1点あげちゃったのはもったいなかったです。基本的に守備はずっとしっかりしていたと思いますが、あの瞬間だけ何故かダメになっちゃいましたね。DFの判断ミス?

インテルというチームには特別思うところはないのですが、ワタクシ最近ちょっとスナイデルが気になっているので、1ゴール1アシストはちょっとうれしかったです。さすが。
こうゆうアグレッシブなチビ助が実は好みなんだよなぁ(^ー^) オリッチとかさぁ~、と思ってたら、ハーフタイムプログラムでそのスナイデルの紹介をしてて、「170cm67kg」と出ておりました。オリッチのプロフィールと比べてみたら、オリッチの方が全然デカかった(182cm85kg)(^^ゞ どちらかと言うと体格はラーム(170cm65kg)に近いらしいということが判明しました。
いや~でも、そんなモエ~要素のないスナイデルが、ラムたんと同じぐらいには見えなかったのでちょっとびつくりです。
…どうでもいいか(^∀^;)

まあ、でも、インテル的には、まずまずですが、さして安心できないスコアですよね。向こうは2-0でOKなのだし、なんたって準々決勝ではメッシが4ゴール上げてるし(爆)
まだまだどちらにも可能性があります。面白くなってきやがった!(by次元大介)

----------

よそのチームだからこうして面白がっていられますが、我らのバイエルンとなるとそうは行かない今夜はいよいよリヨン戦ですが、その前にカーンネタでリラックス

Fifakahn

来るべきW杯に向けて、FIFA.comにインタビューです。ドイツ語版はこちら。英語版はこちら。もしかしたら英語版はドイツ語版に比べて内容がちょっと少ないのかも知れませんが、とてもありがたいです。

ワタシ的にもっともヒットした箇所はこちら

イェンス・レーマンのお別れ試合でプレーしますか?

もちろん、そのつもりだよ。いつも私たちはどういうわけだか、ひどい敵同士であるとうわさされていた。だけどそうじゃないんだ。私たちはスポーツ上でのライバルだった、それだけだよ。

・・・・・・。いやいや、ここがインタビューの最大のポイントじゃありませんよ~(^∀^;)
ドイツ代表の課題とか世界一のGKはブッフォンだと思うとか、02年W杯でのMVPは特別な誇りだとか、ちゃんとしたサッカー談義を語ってますのでよろぴこです!ε=┌(^∀^)┘(←いつもの逃)
ん~とちなみに、レーマンの引退記念試合の予定とかはまだ決まってなかったはず…

----------

さて、いよいよ

100420_govou
ゴヴーばっかり撮るなー!(汗)

100420_ribery
リベリばっかり撮るなー!(汗)

100420_lloris
リザラズ、サニョルのみならずファンブイテンまで、全世界から大絶賛中…あわわ…(汗)

「リベリ問題」といえばつい先日までは移籍話についてだったのに、今はすっかり意味が変わってしまいました。

あの話はおフランスのTV局のフライングでしたー、ガセですゴメンナサイ、という追加情報が出たりしないのかと様子見ていたのですが、ゴメンナサイどころか、裏付け記事が続々登場するばかりで、事実はともかく、ニュース自体はホンモノだと思ってよさそうですね。ガックリ
ワタシはそゆことに対してケッペキなところがあるので、いつもの自分の悪いクセなのですが、未成年じゃなかったらイイのか!とか、リベリやフランス代表だけじゃないんじゃないのか!とか、ひとり悶々と妄想を広げすぎてしまって、その話を考えるとちょいブルーになります。

とはいえ、今夜は予定通り試合があるわけですし、リベリも出場するみたいですから、この問題で立ち止まってると話がまったく先に進みませんので、ステキなアノ人を見て気を取り直し、強引に先に進むのである

100420_daniel heart04heart01

続きを読む "戦うダニエル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/20

どでもいい訂正

先日、オランダ代表の公式サイトについてちょこっと書きましたが、トップページを間違えてキャプチャしておりました。

ワタシがブクマしていたURLが古すぎたようで、正しくはこちらみたいです

10_04__onsoranje

どっちにしても地味だけどね!(^_^;)

ところでこの「oranje」をワタシは「オランイェ」と読んでおりますが、どこかのニュースサイトで「オラニエ」と書いてあるのを見かけました。どっちなんだろか?
まあ、それを言ったらロッベンだって「アリエン」じゃなくて「アルイェン」かも知んないし、そもそもファンボメルも本国では「ファンボモー」言われてるし。。。ちなみにバベルは「バボー」だった(^m^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんだこりゃ

リザラズがロリスをすぐに買えと言ったとか、リヨン御一行様はバスでミュンヘン入りお疲れさまです、とか、そんな呑気な話題をする気分ではなくなった。

10_04_19_lequipe_2

長いですが引用します

未成年買春疑惑、リベリが渦中に(欧州通信)

フランスの民放M6局が17日、組織売春の捜査でフランス代表の2選手が証人として警察から事情聴取を受けたと報じたが、AP通信によると、その2選手はフランク・リベリ(バイエルン・ミュンヘン)とシドネー・ゴヴ(リヨン)だったことが明らかになった。

 リベリの弁護士は18日までに、証人として事情聴取を受けた事実は認めたものの、「リベリや他の代表選手たちと付き合いのある人物が、売春組織のリーダー格と近い関係にあっただけ」として、リベリ本人と事件との直接の関係は否定した。

 ただしル・ポワン誌のウェブサイトによると、摘発されたおよそ20人の売春婦の中に、リベリに“身体を売った”ことを告白したモロッコ系の女性がおり、彼女は当時(2009年)未成年(フランスでは18歳未満)だった。同誌の報道では、弁護士の説明と異なり、リベリは事情聴取で、未成年だったことを知らずに関係をもったことを認めたという。また同じソースによると、ゴヴも同じ女性と関係をもったが、そのとき彼女は成人になっていた。

(略)

 いまのところフランスサッカー連盟はコメントを拒否している。

衝撃スクープ!フランス代表に未成年買春疑惑(欧州通信)

フランス代表の選手2人が未成年買春捜査で、パリ司法警察の事情聴取を受けた。民放M6が17日にスクープし、翌日のレキップ紙が事実を確認した。

 同紙によると、警察は売春の摘発でパリのナイトクラブを捜査していたところ、同店の顧客に有名サッカー選手たちがいることを突き止めた。捜査線上に浮かんだ中には、少なくとも3人のフランス代表メンバーがおり、2人は国外でプレー、1人は南仏のクラブに所属しているという。

 そのうち1人には、当時(2009年)18歳未満だった女性と関係をもった疑いがある。問題の選手は「攻撃的MF」で、事情聴取ではその女性と顔見知りであることを認めたが、未成年だったことは知らなかったと主張した。

 未成年買春となれば、最大で3年の実刑を受ける可能性があるが、レキップ紙は、選手が起訴される可能性は薄いと見ている。警察の捜査の主眼は、売春斡旋組織の摘発にあり、選手2人に対する聴取はあくまで“証人”として行なわれたためだ。

(略)

「レキップ(L'Equipe)」のサイトによる記事はこちら
「ル・ポワン(Le Point)」のサイトによる記事はこちらこちら
(よう読まんので、その情報が載ってるのかどうかあまり自信はない・・・)

Bildに載っていた、ファンハール監督のコメント「くだらん。オランダにはこんな言葉がある。調べている間は我々は常にその口を閉じているべきである。彼は苦しんでいるだろうか?わからないが、私には感想はない。私は、彼がオリンピック・リヨン(戦)のことで忙しくしていると信じている」

バイエルン公式より
「筋肉に緊張があるので心配されたリベリですが、水曜日の出場はだいじょぶそうで~す。ファンハール監督も『私は彼がフィットしていると思う』と言ってま~す」

tzに出ていたファンブイテンのコメント
「僕は、フランクはいま一度、スポーツ面での目標に焦点を合わせるつもりだろうと思っています」

さて・・・。どうなんでしょうね、これ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/19

31節:バイエルン対ハノーファー

ということで本題

4月17日 ブンデスリーガ 第31節 バイエルン・ミュンヘン 7-0 ハノーファー96

kickerの採点も合わせてどぞ
100417kfcbhannoverfj
交代:プラニッチ(69リベリー)、ゴメス(69オリッチ)、ティモシュク(83シュヴァインシュタイガー)
サブ:レンジング、バトシュトゥバー、エキチ、アルティントップ

得点:オリッチ(22)、ロッベン(33)、ミュラー(44)、オリッチ(49)、ロッベン(50)、ミュラー(62)、ロッベン(90+1)
カード: ファンボメルシュルツジャクパ

なんと!実に本日のストライカー3名がそろって神採点!☆きたぁーー!!
MoMはもちろんロッベン
そして今節のベストイレブンには!ラーム(3回目)、デミケリス(2回目)、ロッベン(9回目!)、オリッチ(2回目)、ミュラー(3回目)と、実に5人も!(゚∀゚)
さらにさらに!今節のMVPもロッベン(2回目!)~~!!!

というわけで

100417_robben2_2
医療スタッフもうれしそう。

バイエルンサポの皆さ~ん、ロベロベしてますか~?(^∀^)

もちろん、試合中ずっとキレッキレでエンジンブルブル絶好調、驚くほどに強いんだ、みごとなハットトリックを決めたロッベン祭りではありますが、しかし、誰がMoMになってもおかしくない?ほど全員がイキイキとフレッシュに活躍した、楽しい楽しいゲームでした。

続きを読む "31節:バイエルン対ハノーファー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無題・あるいはマルク祭り

そんなにいろいろ書く予定ではないのですが、31節の話をするのがちょっと遅くなりそうです。オワビに、なんの脈絡もなく誰も求めていないであろう、ワタシだけが楽しいファンボメル祭りをどぞ

100417_bommelbasti あう~カワエエ…heart04(シュバもheart01

Dsc06803 カワエエ…heart04

Dsc06808
イエローカードが出た「マジぃ~?」「マジよ」

Dsc06809
「・・・・・・」
監督が「2試合も続けて出停とはけしからん!」と怒っちゃったみたいですけど。こんなに大量得点祭りになるとわかってたら無理してファウルしなくてもよかったかもね。でもそんな全力アグレッシブ野郎だからスキheart(戯言)

ちょっとアナタ、これ見てくださいな!tzの採点が!(矢印はワタシの加工です)

100417_tz

なななーんと!(゚∀゚)神採点「」が~~~!!!☆☆
影響力はあまりないと思われるローカル紙とはいえ、こんなのもう二度とないかも知れないので思わず記念にスクリーンショット☆

フジさんの解説の清水さんも「いるといないとでは全然違う」と、ファンボメルホメホメでうれしこそばゆかったのですが、バイエルンの来季の補強ポイントはどこですか?と聞かれ

ファンボメルの後釜ですね。年齢的なものもありますし」と・・・
そしてそれを受けてアナウンサーも「来週の4月22日に33歳になります」と・・・

ひぃいい(汗)○| ̄|_ 数字を出してそんなリアルな話をされると、ずずーん、とのしかかるものがありますよぅ(汗)いよいよ後釜を育てる段階に来たのかなぁ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/18

試合途中ですが(追記あり)

♪ぞー、ヴぃーいすだしゅーん♪と観客が歌ってます。

バイエルン 6-0 ハノーファー

100417_olic

いくらなんでも大丈夫だろうと思いますので、もう寝ますね。あとはもう、つまらない失点だけはしてくれるなよ、と。

オリッチ×2、ロッベン×2、ミュラー×2です。

試合前に「トゥルペン・アウス・アムステルダム」をちゃんと練習しておけばよかったな~と思ったり。

ファンボメルはイエローもらっちゃったので、累積で次節出停ですトホホ。CLの1st legも出れないし、たっぷり休めるぞートホホ。

では。

【追記】
結局最後まで見てしもうた。その後ロッベンがもう1点追加してハットトリックです!結果

バイエルン 7-0 ハノーファー

でした。ぎゃふん。す、すまん、ハノーファー!時期と相手が悪かったと思ってくれい!(汗)

う~ん。この試合は楽しかったですが、逆にこれで緊張感がなくなって、リヨン戦で気抜きそうで恐いです・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

間もなくハノーファー戦、とか

「イキにやろうぜ、イキによ」
と言ったのはルパン三世で、とても好きなセリフです。
ワタシも粋でスタイリッシュなblogを運営したいんだぜ、いつまでもランダム(とゆうよりもはやカオス状態)じゃいられないんだよなぁ、と思いつつもなかなかにむずかしいと実感している管理人コリアンダーです、こんばんわ。
まあ、「小粋」ぐらいなら目指せないこともない、と模索の日々ですが、気がつくと結局いつも通りのデタラメランダムカオスblogになってしまうのであるよ。

粋なドイツの話。
昨日(金曜日)行われたケルン対ボーフム戦。このたびのアイスランドからの火山灰被害による空港閉鎖で足止めをくらってしまった人々を、無料で試合に招待したのだそうです。
粋なはからいですね~(^^)(試合は2-0でケルンの勝ち)

無粋なオランダ人の話。
ベルギー代表を電撃辞任し、ロシア代表への就任が噂されているアドフォカートの言うことにゃ
ロシアの方がベルギーよりレベルが高いから。EURO2012にも出られそうだし」だそうです。
あっそーーですか( ̄△ ̄)スイマセンねぇ、レベル低くて。
と、特にベルギー代表ファンというわけではないのですが、ベルギー代表の副キャプテンのファンとして(ややこし)面白くないやんか。なんで「俺様がお前らのレベルを上げて強くして、EUROに連れてってやる!」ぐらいのこと言わんかねぇ。何を期待してたのかなぁアタシゃ、がっかりです。
それはなんですか、オランダ人のいつもの遠慮のない物言いってヤツですか。どうせぶっちゃけるんなら正直に「オ・カ・ネ♪ロシアンマネーモエ~!」って言ったらどーだい。ぷりぷり

続きを読む "間もなくハノーファー戦、とか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/17

僕にはわかっている、リベリがどうしたいのか

Sportbild_1015 ユカイな表情だ・・・。

現在発売中のコチラのSportBildに、ファンボメルのインタビューが掲載されているらしく、あちこちで追従記事が出ております。
「ミアザンミアは得るものではない、自分の中にあるものだ」とか、「リヨン戦はマンU戦よりもさらに厳しいものになるだろう」とか、「リベリの契約延長はイイ流れにあるよ」とか(リベリのくだりはGoal.com日本語版にもちょこっと出てましたね)、なかなかに興味をそそられ、「まちがいだらけの俺俺トーク」をさせたい衝動にかられますが、まあ、それはちょっと脇に置いといて。

第一報を何故かバイエルンの公式サイトで知ってしまってびっくらこいたのですが、ベルギー代表のアドフォカート監督が電撃辞任です(スポナビ)。
ちなみに主将(フェルメーレン)もクラブで怪我をして3週間の離脱だそうで、ベルギー的には冴えない話が続きます。

う~~~ん。細かい内部事情はわからないのですが。
ファンブイテンから背番号5を取り上げ(←人聞きが悪い)、キャプテンにしてくれなかったアドフォカートではありますが、彼が就任してから勝てるようになってきたし、これからイイ感じになるのかな~とちょっと期待していたので、少し残念です。
混迷する赤い悪魔。どうなるんだろうなぁ…。
新しい監督が誰になるのかわかりませんが、できればファンブイテンに5番を返してやってくれい…(すまん、フェルメーレン。キミには3番をあげる←勝手に決めるな)。

で、この辞任劇に関してファンブイテンが何かコメントとかしてないのかな~と思い、ユル~ッとネットをつないでみたら、全然関係ない記事が目に飛び込んできてしまいました。

Danielfranck

やっほぅ!!待ってました!ラブラブフォト!heart04…っていつのだこれ。
いやそれにしても、本当に、リベリとラブラブしている時のファンブイテンは最高に素晴らしい笑顔を見せますよね…

じゃなくて(^∀^;)

Eurosportの記事です。「僕にはわかっている」んだそうです。バイエルン・ミュンヘンのスーパースター、フランク・リベリが、残留か否かをもう決めている、ということを。「だけど僕が言うことではありません」

「話すのは難しいです」「もっと時間が経てば、チャンスも大きくなるでしょう。僕は、もう少し時間が必要だと思います。何故なら、彼が残留するチャンスは最後の方で高まるからです。現時点で僕たちは3つのタイトルのためにプレーしています、だから彼は、(去就を)決定するプレッシャーを今は持ちたくないのかも知れません。僕たちは待たなくてはいけません。これから大事な試合が控えてますからね」

「クラブが設けている目標があります:人がもし今後も成功を続けたいならば、トップ選手がそこに留まるよう心がけること、そして自身も常に改善してかなくてはならない」
「フランクは、クラブが彼に何を提供してきたのかわかっています」
「今僕たちは、もうあと1週間、ことによると2~3週は待たなくてはいけないでしょう」

ちなみにこの記事には、ロッベンのコメントも出てまして、「契約の話はシーズンが終わってからの方がいんじゃね?」と言ってるようです。ついでにサニョルまで「ミュンヘンに残った方がいいよ」と。

そういえばカーンも、リベリのお値段は5000万~6000万ユーロ、と言ってましたし、もはやバイエルン関係者、いやもしかすると世界中のすべてのサッカー関係者がリベリの移籍に関して思うところがありそうな感じです(^_^;)
ワタシ的には、まあ、なんだかんだ言って、たとえバイエルンがCLのタイトルを獲ったとしても、リベリ問題はシーズン終わるまで、なんだったらW杯終わるまでもつれこむと思いますけどね。それで結局、残留!というオチなのですが、残留を表明したそばからまた同じ話題が1年間繰り返されるんじゃないのかい、という予想です。

全然関係ない話ですが、サニョルと言えば、リヨンのGKロリスなんかど~お?とコメントしたようですが(Goal.com)。
そりゃ~欲しいさ!でも、ねぇ。
個人的には、バイエルンのGKはドイツ人であって欲しいと、なんとなく思うものでありますが、ノイアーを無理くり引っぱってきて魂を引き裂く真似をするぐらいなら、若い外国人の方がまだいいんじゃないの?と思ったり。ロリスorアキンフェエフなら望むところだわ~♪
いやいやー、何を言う!ブットで全然OKなんですよ?レンジングやクラフトが頼れる存在になってくれたらなお良いのですが・・・・・・・・・・。アキンフェエフもロリスも、もしもの話ですって。いやホントに(^∀^;)

【追記】
どうするのかな~、と思っていたら、やっぱりハノーファーの空港も閉鎖されちゃったようで、ハノーファーの皆さんは陸路でいらっさるようです(バイエルン公式より)。

【さらに追記】 ハノーファーだけじゃなかった。国内全空港閉鎖とな。おろ~…(汗)

そうなのです。なんだかみんなリヨンの話ばかりしているような気がしますが、その前にハノーファー戦があるんですよー!気抜くなよー!相手は先週、シャルケをやっつけたんだぞー!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/04/15

サボりご容赦

本日の晩酌

Redsc06792
ボーン・フランボワーズ。でもグラスはクリーク(サクランボ)(^_^;)
「1年もののランビック(自然発酵ビール)に、厳選された木苺を漬け込み、若いランビックとブレンドして瓶詰めし、2次発酵させたもの。気品溢れるきめ細かなピンク色と優しい甘味をお楽しみください。」(ラベルに書いてあった解説)

夫よ、ベルギービールを買って来るのはいいけれど、グラスも毎回揃えていてはきりがないのだぞ。しまうところがナイよ~(汗)

Stella_pic01_2

ゆうべはその夫が不在だったので、ひとりでこっそり「ステラ・アルトワ」缶を開けたのはヒミツである。ベルギービール界ではもしかしたら邪道かも知れないピルスナータイプらしいのですが、爽やかな中にも独特の風味もあり、ワタシ的にはじゅうぶんアリでした(^^)。

で、ボーンさんですが、うわさどおりランビックは酸っぱかったです。今回のは、フランボワーズの香りとイイ感じにマッチして美味しかったのですが、果物を使用しないストレートタイプはワタシにはむずかしいかもなぁ、と思いました。ダンナはその、ストレートのランビックにすっかりハマったようだが…。酸っぱいチーズをツマミに飲んだらイケるかも(想像)。

と、わかったようなわからないようなてきとうなことを言ってますが、普段は「麦と○ップ」の我が家ですトホホ。

そんなダンナが「今日はこれで晩酌するからね~♪」と言ってくるのを無下に断るわけにもいかず、そんなわけで

100414_fcbtv1
コートがかわええ(戯言)

100414_fcbtv2
防寒ばっちり

彼らがトレーニングに戻って来たよー!とか、

第二の人生を謳歌しまくってる我らのオリバー・カーンFOCUS紙のインタビューで、シューマッハーの現役復帰はどーよ、と言ったとか、引退後のレーマンがアドバイスを求めてきたら答えるよん、と先輩風吹かせた世話焼きトークをしたらしい(「もちろん、私たちは敵じゃない。みんなが期待しているようなナンバーワン争いには終止符が打たれたのだ(意訳)」)(こことかここ)とか

ベッケンバウアー
閣下がBildで言ったらしい
「エディ・ゼコのことは本当に高く評価しているが、もうアタッカーはいらない。攻撃陣にはたくさんの選手がいるし、ルーカ・トニが帰ってくる可能性だってある」(Goal.com日本語版より引用)
という発言の中の「ルーカ・トニが帰ってくる可能性」という点に「何をバカな」と思いつつ、ちょっとキュンしたりとか、

その閣下にいらんと言われたジェコが何故かミュンヘンでお買物とか
100412

あまりネタを集めるヒマがなかったのでございます。
特にカーンネタは、先週からマスコミに出ずっぱりなのですが、ついていけてませんトホホ。
もはや役立たずなので今さらですが、カーンネタの大幅サボりをご容赦ください。偉大なカーンは小さなワタシの能力を超えたところに行ってしまったのだった。
いや別に、ファンボメル&ファンブイテンがいるからもうカーンはいいんだもんね、という訳では断じてなくてむしろその逆なのですが、話せば長くなるので略。

というわけではないのですが、実に全く誰のためでもなく超個人的に、ちょっとやることがあるので、1~2日ネットをサボるかも知れません m(__)m スミマセン。

サボる前にこちらのご案内
Dsc06797

きゅん子さんがblogで、今週の「CLハイライト #17」でファンボメルがフィーチャーされてますよー!と教えてくださいました。

Dsc06798

ひ~~や~~!!日本のTV史上かつてないほどの持ち上げられっぷりです!なんか、すごい名選手みたいに見えてきたぞ~!

Dsc06795

若い~~!heartこの映像見たのか見てないのか覚えてないのですが、あの頃の「CLマガジン」は字幕だった…。吹き替えがかぶさってないから選手の声が聞けて気に入ってたんだけどなぁ。

きゅん子さん、素晴らしい情報をありがとうございました!(←私信ご容赦)
スカパー加入済みでまだご覧になってない全国約数百人のボメラーの皆様、4月22日まで随時放送中ですので要チェケラッチョです!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/13

「ク※ゴール」って言ったのだーれ?

なんとなく、地獄の英国週間のおさらいをしてみる

3月20日 ●27節:フランクフルト 2-1 バイエルン

3月24日 ○DFBポカール準決勝:シャルケ 0-1 バイエルン

3月27日 ●28節:バイエルン 1-2 シュツットガルト

3月30日 ○CL:バイエルン 2-1 マンチェスターU

4月3日 ○29節:シャルケ 1-2 バイエルン

4月7日 ●CL:マンチェスターU 3-2 バイエルン

4月10日 △30節:レヴァークーゼン 1-1 バイエルン

いやぁ、こうして見返してみると改めて、ハードな日々でしたね。
3勝1分3敗ですが、大一番をおさえて全大会で勝ち残ったので、終わってみれば、大満足の結果でした。近年稀に見る充実&疲労した3週間だったのではないでしょうか。
選手もチームもファンも、みんなみんなお疲れちゃん。…って、いやいや、まだ何にも終わってませんよー!大変なのはこれからですよー!
それでも、シーズン終盤に来てまだこんなに大変なのは、それだけすべてのタイトルに可能性が残ってる証でもあるので、名誉なことです。

というわけで、2日間のオフ中のバイエルンですが、ここで監督ジョーク
「ファンハール抜きの2日間は選手にとっていいことだね。-私にとっても」

レヴァークーゼン戦でのドローについて、選手たちからはおおむね「残念だけど勝ち点1は悪くない」というコメントが出ているようですが、ロッベンはちょっと納得行ってないみたいですね。「200%の力で向かって行かなくちゃいけなかったのにっ!俺は不満だよ」と。

疲労しきりのファンボメルのコメントも上がってました
「短い間にこんなにハイレベルで沢山のゲームをするのはそうとう身体を傷めるね。だけどすべての大会に勝ち残ってることを嬉しく思ってるよ。俺たちはいい週を乗り越えた。まだすべてに可能性があるんだ。今ここで少しだけ休んで、再び力を得るのはいいことだ。次の試合もそう簡単じゃないよ」
ここここから合わせて意訳作文)

100410_bommel2

そのファンボメル、コリアンダー的採点は「5」のダメダメパフォーマンスだと思っていたのですが、Bildに続きkickerでも「3.5」という予想外の高採点。なんでだ?あんなにマズマズだったのに…。まあ、ホッとしましたけど。

しかしそんな中、失点に関して口汚く怒り狂っていたのはこの人。
tzの思わせぶりなタイトルにちょっとウケました。

100410_daniel1

「ク※だ!※ソゴールだ!俺たちは勝ち点を捨てたんだよ!」

ええ~~っ!?!(゚□゚;;)

いやぁ、ファンブイテンがそんな、お貴族様みたいに上品な人だと思ってたわけではありませんが、見た目とのギャップちゅうもんがですな…(汗)

100123_fcbtv3 (←古)

100410_daniel2
「くっそぉ~~~、くそっくそっ(怒)」「まあまあ」

次節はファンブイテンがこんな汚い言葉吐かずに済むように、気持ちよく勝てますように…!!

----------
ところで、来シーズンからクロースが、レヴァークーゼンでのレンタル修行を終えてバイエルンに戻ることが正式に決まったようです。(まだだったのか・・・)
リベリとどう共存させるの?と思っていたら、ファンハールは「10番のポジションでも使えるはず」とおっしゃったそうです。う~む。
さて、どうなりますやら…。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/04/12

30節:レヴァークーゼン対バイエルン

4月10日 ブンデスリーガ第30節
バイヤー・レヴァークーゼン 1-1 バイエルン・ミュンヘン

イヤがらせのようにファンボメルに甘いBildの採点もどぞ
100410bayerfcbfj
交代:ミュラー(4)(57オリッチ)、クローゼ(80ゴメス)、プラニッチ(83ファンボメル)
サブ:レンジング、コンテント、ゲルリッツ、ティモシュク

得点:ロッベン(51PK)、ヴィダル(59)
カード: ヴィダルバトシュトゥバーミュラーファンボメルシュヴァインシュタイガー

Dsc06789 (走査線入りまくり。見づらい)

やっちまったなー?(^_^;)

同日のすぐ前に行われた試合で、2位シャルケハノーファーに不覚を取ったので、バイエルンとしてはここで勝って差を広げておきたいところでしたが、残念なドローという結果になってしまいました。

まあ、試合内容を考えれば、妥当な、いや、負けずに済んだことはヨシとすべき結果だったと思います。

前半はまあまあイイ感じで、守備も締まってたし、疲労を漂わせつつも、なんとか緊張感ある好ゲームに持ち込んでいたのですが、後半、ロッベンのゴールが決まって一気にドッときてしまった印象です。

CL出場圏の3位以内死守に向けて、もうひとつも負けられないレヴァークーゼンの方が、気力もモチベーションも勝利への執念も、ウチより充実していました。
もう負けられないのはバイエルンも同様ですが、しかし気持ちでレヴァークーゼンを上回るには、そして、失点してしまった後に流れを取り戻すには、彼らはあまりに疲れすぎていました。

今思えば、やっぱりいったんミュンヘンに戻った方が良かったんじゃねぇーの、とか、オリッチを下げるのは早すぎたのかな、と思わないでもないですが、後から言うことですので、その時点では特に問題ない判断だったかと。

ネタは豊富
100410_bayerfcbj

実際、クロースとのからみでは楽しそうでしたが、ファンボメルのパフォーマンスは相当悪かったです。
何の役にも立ってない、どころか足引っぱりまくりでした(泣)出来が悪いなりにも、今、自分が出来ることを必死にこなそうとしてはいましたけど。体がついていけなくて後ろからファウルを連発するしかなく、しんどそうだったなぁ。
その分シュヴァインシュタイガーがまずまずでしたけど。疲労からの回復度合いが違うのかな…やっぱトシ?(こらっ)

あと、ミュラーバトシュトゥバーが、疲労うんぬん関係なく、ずっと不調気味なのが心配です。特にバトシュトゥバーは、CL入れて3試合連続、じゃない?調べてないからはっきりしませんが、ともかく、この英国週間中にイエローを頻発していたのも気がかりです。ミーチョに注意されて言い返してるし。なんだかね。

ドイツ代表目線では、アドラーが不安定なままなのがもっと心配です。そのいっぽうでクロースがキレッキレで超ヤバいことになってますけど(^^)。レーヴ監督も視察に来ていたようですが、チームの勝利のために、私情抜きで、まっとうな判断をお願いしたいです。

余談あれこれ(見づらいTV画面フォトでスミマセン)

ファンボメルが交代退場して
Dsc06788 
あれ?シュバがキャプテン?ラームじゃなくて?

奇跡的!と思ったのに
Dsc06778
いっそこの時ゴールが決まってたらよかったかもと思ってしまう不届き者です。
(この直後、ファンボメルのファウルによるFKから失点(泣))

Dsc06779
うれしそうにキースリンクを見つめる係員らしき女のコ
「やっぱカッコいいわ~ウフフheart

疲労困憊のバイエルン御一行様は2日間の休みをもらったそうです。次のトレーニングは水曜日。
まれに見るハードな地獄の英国週間、ひとまずお疲れさまでした。みんなオウチのベッドで大イビキかいてそう(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/11

間もなくレヴァークーゼン戦

バイエルンサポの皆さ~ん、レバー食ってますかー?
ワタシは食べましたよー!
ホントはレバーはニガテなのですが。
ドイツで食べたレバー肉団子入りスープはおいしかったなあ・・・( ̄▽ ̄)ウットリ
同じのはちょっとむずかしそうなので、イタリアンにしてみました。
まあまあイケましたが、ニガテなものをもう1回がむばって作るほどではないかな?

と、ゲンかつぎと鉄分補給が済んだところで

100408_ribery にょっ

間もなくレヴァークーゼン戦です。

マンチェスターでの激闘を終え、充実した気分で帰国したバイエルン御一行様は、ミュンヘンには戻らず、そのままデュッセルドルフ入りし、今晩のレヴァークーゼン戦に備えたようです。

と、いうことをツラツラ書きながら、tickerでハノーファー対シャルケを追っておりましたら・・・。

ななななんと!なんと!なんと!!!

ハノーファー 4-2 シャルケ

2-0だったのを追いつかれ(先制点はヴェスターマンのオウンらしい)、しかしバリッチュのゴールで勝ち越し、さらに試合終了間際にダメ押し点を!!!(゚∀゚)

文字だけなので何があったかわかりませんが、でかした!
でかしたぞハノーファー!!!

こ、このチャンスを生かさずしてどうするんだバイエルン!
負けても首位はキープだしぃ~、がぜん気楽になっちゃったもんねホワワン(*´∀`*)、ぶっちゃけ、もう疲れたしぃ~、なんつってアホ試合するんじゃねぇーぞ!
こうゆうチャンスを今シーズン何回も何回もドブに捨ててきたアホアホバイエルンなので、やり兼ねないですが、もうやめてくれい!
こういう時だからこそ気を引き締めて、誰が王者にふさわしいのかを知らしめなくてはイカンでしょーが。

いや、実はマンU戦後、ワタシ自身もちょっと疲れてしまったのと、PCが今にも壊れそうな音をバリボリさせてるのもあって、イラスト描くなんて負荷のかかりそうな作業をするのに躊躇してしまい、ネットもグダグダと流し気味だったので情報も殆どなく、書くことないから今日は更新ナシ!なんて思っていたのですが、がぜん気合入っちゃったもんね。

まあ、これで、厳しい厳しい英国週間がひとまず終了するので、ここはもうひと仕事きちっとこなして、マイスターにぐぐっと近付く結果で、気持ちよく締めてくださいよ。
あ~でもグダグダしそうだなぁ…心配だ…特に守備が…ダニエル…

---------
木曜日に行われたELの結果ちょっこり

ヴォルフスブルク 0-1 フルアム
2試合合計ゴール数1-3フルアムの準決勝進出決定
ホームでどうしちゃったんだよぅ~トホホ…(T△T)
準決勝でドイツ勢の対決!どちらが勝ってもドイツチームがファイナリストになる、という目論見ならず!残念~

しかし!

スタンダール 1-3 HSV
2試合合計ゴール数2-5HSVの準決勝進出決定
ファンブイテン・ダービー(??)はドイツの古巣が勝利!

100408_petric
やったぜ!(^∀^)
超かんたんハイライトを見たら、ペトリッチがカコいいオーバーヘッドを決めてました。
シメにゲレェーロ。向こうに帯同した、ということは飛行機は大丈夫だったのですね?ほっ…

そんなゲレェーロはブンデスの前節試合後に、ヤジを飛ばしたファンに向かってドリンクボトルを投げつけた罪で、罰金と5試合の出停になってしまい、せっかく帰ってきたのに今シーズンが終了してしまいました。いっしょけんめい謝ってたようですが、ボトルがヒットしちゃったのかな?
その分こっちで活躍したらいいよ。こうなったらゼヒ、ホームで優勝して欲しいですね!(決勝はハンブルク)

---------
さて、間もなくです。くたびれてますが、前半だけでも見ましょうかね。
できれば前半だけで大差をつけて、安心して眠らせてくれたらありがたいですが(勝手なことを)、厳しいゲームになる予感・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/04/09

CL:マンU対バイエルン(後半)

100407_daniel
きゃっheart04真ん中のヒトにドキドキ…("▽")ポッ
試合後にファーディナンドにユニ交換を申し出たのですが、先約があったのか、後で届けるのか、その場では断られてしまったファンブイテンであります。しかしどうやらファンデルサールと無事に交換できたみたいです。おかげさまでイイものを(略)ありがとう!サールさん!

さて、続きです。

4月7日 マンU 3-2 バイエルン

さっき書いたばかりでナンですが、前半のバイエルンのバタバタしたプレーについて、ルーニーが魔さかの出場をしたので泡食ったのではないかという心理面について述べました。
しかしもっとシンプルに考え直すと、ただ単にバイエルンは試合への入り方を間違えたのかなーという気もします。
だからあれほど守備的にと言ったのにっ!戦術ミスなのか練習不足なのか両方か……。
ただ、あんなに気をつけていたはずなのに1st legと同じ展開になってしまったことに、動揺と混乱はしたと思います。

さて、後半に入り、バイエルンはミュラーをOUTしてゴメスを入れます。頼んだぞ。

続きを読む "CL:マンU対バイエルン(後半)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CL:マンU対バイエルン(前半)

100407_happybirthday
この日が誕生日だったリベリ。おめでとう~♪

100407_uli3
「フッフッフ、ワシは満足じゃけんのう」

さて
時間が経ってだいぶ落ち着いて噛みしめておりますが、試合内容についてはまだ夢の中の出来事のような感じですので、どの程度書けるか自信ありませんが、ひとまずいってみよー。

4月7日 UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝 2nd leg
マンチェスター・ユナイテッド 3-2 バイエルン・ミュンヘン
(2試合合計ゴール数4-4、アウェーゴール数1-2バイエルンの準決勝進出決定)

kickerの採点も合わせてどぞ
100407manufcbfj
交代:ゴメス(4)(46ミュラー)、アルティントップ(76ロッベン)、プラニッチ(84オリッチ)
サブ:レンジング、コンテント、ティモシュク、クローゼ

得点:ギブソン(3)、ナニ(7)、ナニ(41)、オリッチ(43)、ロッベン(74)
カード: ファンボメルバトシュトゥバー  ラファエル・ダ・シウバ(50)

MoMはナニです。一瞬、なんでバイエルンの選手じゃねぇーの?と思ってしまいましたが、そーだ、試合には負けていたのだった(苦笑)ややこし~
だけど「FCバイエルン史上のなかでも最もすばらしい敗戦」(byベッケンバウアー)だったんだもんね。

続きを読む "CL:マンU対バイエルン(前半)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/08

5時間遅れ:マンU対バイエルン

LIVEで見たい衝動をこらえつつ、心を鬼にして睡眠応援した甲斐がありました。

マンチェスターU 3-2 バイエルン・ミュンヘン
(2試合合計ゴール数4-4、アウェーゴール数1-2

バイエルンの準決勝進出決定!!

100407_humba1

夢みたい!!!

100407_robben
ロッベンのナノレベルでのマジカルシュ―――ト!!!

いや~今はまだ、なんとゆうかもう、うれしー! とかやったー!とか感涙!とかハジける前に、本当に勝ったのか?あのマンUに?という気持ちです。
まだ寝ボケてるのかな?誰かワタシを思いっきり蹴っ飛ばして!
いや、もし夢だったら醒めるのがイヤなので、いっそそっとしといて!?(笑)

イヤ~な存在だった(ホメてます)ラファエルが退場した時に、少しは楽になるかな、と思いはしましたが、しかしそれでも、ウチの方が勝(まさ)っている、と思った時間は一瞬たりともありませんでした。
ひたすらナニヴァレンシアラファエルファンデルサールのファインセーブにやられっぱなし、振り回されっぱなしだった印象です。

なんで勝てたんだろうな?何が上回ったんだろう?

気持ち?

・・・heart

素晴らしい!素晴らしいよキミたち!最高だ!世界に胸を張って誇りたい!
もう、疑惑のゴールで勝ち上がったなんて言わせないんだぜ!

Dsc06770
画面いっぱいのアイツのベロ出しウィンクに、胸キュンするより先にちょっとたじろいでしまったワタシ(ゴメン)heart

100407_humba2
HUMBAの音頭はバイエルンに流れを呼び込む大事なゴールを決めた殊勲のオリッチ
セリフがよくわからないのか、ハミトに教えてもらってるところがほほ笑ましかったです。

おフランス対決はこれから見るので、次の対戦相手はまだわからないの…。と思っていたら、さっさと公式サイトにアプされてました(^_^;)

え、え~と、あーちゃん、お互いガチでがむばりましょう!(←私信ご容赦)ボランチ対決では負けんぞトゥララン!
・・・・・・・ファンボメルは出停だけどな!(爆)

またも1stがホームで、2ndがアウェーのようです。うーむ。まあ、今回のCLはこのパターンでうまく行ってるので、ゲンは悪くないのかな…。だけどまたしんどい展開にはなりそうですね。

そんなわけで、今はまだ実感が沸いておりませんので、これから噛みしめます。

続く!

【追記の注※勝った勝ったと言っておりますが、CLのレギュレーション上勝ったと言う意味で、この試合単体では負けております。「負けたのに勝ったと言うのはおかしいじゃないか」という話をし出すとややこしくなるので、以後、今回のマンUとの対戦に関しては&ついでに、同じように勝ち上がったフィオレンティーナ戦についても、「(2試合通して)バイエルンが勝った」という言い方をします。ご了承ください】

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010/04/07

Es ist alles möglich.

パンテリッチが来日したら行くはずだった日本対セルビア戦。

お互い国内組のメンバーで、本気度が怪しい試合だな~と思っておりました。
しかし意外にもセルビアがやる気を見せた?楽しく3得点。W杯出場メンバー入りを賭けて最後のサバイバル!とマスコミはあおっておりましたが、それは向こうも同じことだったということなんでしょうかねぃ?
それにしても体格差が違いすぎる。こればっかりはいかんともしがたい話ではありますが、最後の方は(=最後の方しか見てない(^^ゞ)守備的なサッカーをして文字通り壁になっていたセルビアに対して、ニホンのチビッコたちはどむならん状態でした。
完敗の気配がドヨドヨしているので、TVの実況陣もよくわからない精神論でもって、なんとか前向きな話をしようと苦労している様が逆に痛々しかったです。
これでまたオカちゃんは非難ごーごーでしょうが、W杯出場決めて以降、ダメダメな試合ばかりして心配かけまくってるのはドイツだって同じやでぇ~(T△T)

さて

風が語りかけます。

100406_sneijder

堅い!堅すぎる!
(UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝 2nd leg CSKAモスクワ 0-1 インテル・ミラノ
2試合合計ゴール数0-2インテルの準決勝進出決定)

100406_messi

うまい!うますぎる!
(同じく、バルセロナ 4-1 アーセナル
2試合合計ゴール数6-3バルセロナの準決勝進出決定)

注※「風が語りかけます」の元ネタは某ローカルCMのこちら


(だいぶ前にも同じネタで貼ったような気がする…(^^ゞ)

冗談はさておき・・・

インテルはまあ、さすがという他はないのですが、それにしてもアーセナル・・・○| ̄|_
メッシに4ゴールも決めさせちゃダメだよぅ(T△T)
主力がごっそり欠けてしまって、厳しい事情はもちろんあったでしょうが…。
異次元のスーパープレーを魅せまくったメッシが凄すぎたとは言え、でも、アーセナルほどのチームが、もう少しやりようがあったのではないのかと思うと、残念でなりません。
個人的によかった点といえば、ロシツキーがスタメンでモリモリ走ってたことぐらい…(途中でガス切れ気味となり交代しておりましたが)

しかしウチも去年向こうのホームで4ゴールで殺られたし、今年はシュツットガルトもアーセナルももののみごとに粉砕されてしまったわけで、もはやバルサには敵がいないんですかねぇ。バルサを倒せるのはバルサだけ、なのか・・・。

そして、このバルサによるアーセナル大粉砕ショーを見ながら、ベスト16であのACミランを4-0で粉砕したマンUを相手にする我がバイエルン、↑上の文章の「バルサ」を「マンU」にそっくり置き換えても通用してしまう結果になるんじゃないか、今のこのアーセナルの姿は明日の我が身?ヒィーガクガク(((゚д゚;)))と、改めて戦々恐々としてしまったのであります。

100406_ribery

オールド・トラッフォードでの勝率はいいんだぜ、とか、誰それが出るとか出ないとか、オフェンシブに行くとか行かないとか、いろんなこと言ってくれてますが、どれもこれも心理戦ぽくて信用できないし、安心できる要素はナッシングです。

いや、確かに、1st legで奇跡的に勝利したことや、ルーニーがダメぽい、と聞いた時点で、もしかしたら?なんてちょっと楽観しかかったことは認めます。
でもそうゆう時のほんのちょっとの気の緩みが何よりも恐い。
ただ、バイエルン側が、「マンUと試合できるなんて楽しみだにゃ~ん♪」とか、ただのファンみたいになってた1st legの時と違って、もちろん勝つつもりだ!俺たちはやれると信じてるんだぜ!と、若干でも闘志を口に出すようになったのは好ましいです。

100406_bastian
髪型からして気合ビシビシ

100406_micho
ガッチリ守ってくれそうな有能SP参上!

100406_mueller
モノを食べながら歩いちゃダメでしょ

100406_bommel
引き締まったいい表情だ。

個人的には、シャルケ戦でやったような、自陣ドン引き守備ガッチガチの超つまらないサッカーで、何がなんでもクリーンシートに抑えて欲しい!スコアレスドロー上等!と思ってるんですが・・・。

試合前にあまりあれこれ言ってまた裏切られるのが恐いので(トラウマ)、あとは震えながら信じて見守るだけです。
ただ、どんな結果になっても、最後まであきらめずに、気持ちを折らないで戦い抜いて欲しいです。

最後に、どこでどんな風に発言したのか定かではないのですが、このたび、バイエルン絶賛応援モードのオリバー・カーンが言ったらしいお言葉を貼っておきます。

「すべてが可能だ。バイエルンはCLで優勝するかも知れないだろ?」
("Es ist alles möglich. Warum sollen die Bayern nicht die Champions League gewinnen.")

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CLを前に何故かカーンが出ずっぱり

CL・CSKA×インテル戦をながら見しております。ロシアなのでキックオフ時間が早いのです。
しかし延長戦とかPK戦とかまでなだれ込んでしまったら、バルセロナ×アーセナルと時間がかぶるので、できれば90分で済ませて欲しいです…(勝手なことを)
がむばれアキンフェエフ!本田!シュバのそっくりさん(ネチド)!…てかむしろシュバのお兄さんの方に似てるか?

100403_bastian

今回kickerの採点が出るのがやけに遅かったのですが、29節のMoMは予想通りシュヴァインシュタイガーでした(^∀^)やったね☆
わかってるねーkickerさん!
いや、いつも攻撃的な選手に甘いkickerさんなので、今回はゴールも決め、いいプレーも見せていたリベリかも?とちょっと思っていたので・・・。
こういう、守備面で貢献した選手が評価されるのは嬉しいのです。
なのにベスト11にバイエルンの選手が一人も入ってないって一体…(汗)

そんな、現在発売中のkickerがこちら
10_04_05_kicker1
「リベリーは今こそ力を見せつけないといかん!」カーンの独占インタビュー!?
イヤ~ん、オンライン版にはアプされてないし~、読めないじゃないか~(汗)
と同時に、レーマンのコメント記事も載っているようだ。何故かあさっての方向見ている表情にウケる。
10_04_05_kicker2_2ノイアー記事もあるよーだ。

10_04_05_kicker3 10_04_05_kicker4
トホホ。。。

さて、バイエルン御一行様はマンチェスター入りしたもようです。
100406_robben
ロッベンも同行~。両手に荷物…。
ファンブイテンも大丈夫そうです(^^)ほっ

しかも!ファンボメルと共に記者会見に登場~♪
100406_bommelrobben2
「うっわ~、すげー数…」

まさにクゥシィさんのための会見であったわけですが、アウェーなので動画は上がらないんだろな・・・・・・。ちっっ

100406_van_bommel heart04
イギリスの「デイリー・メール」紙になんだかマンUに対して失礼な感じのコメントをしてますぜ、という記事が出たようですが、該当メディアのサイトではうまく見つけられず、追従記事も殆どなく、信憑性が疑わしいのでちょっと様子見します。都合の悪い話は見ないフリ・・・

脅威の回復力を見せているらしいルーニーが、すわ、2nd legに出場か?(゚□゚;)、というウワサもありましたが、魔さか、と思っていたら、やっぱりまさかだったようで、どうやら欠場するみたいです。
アタシゃ未だに、だいぶ前にぐねった足がうずいてるんだぜ・・・

そんなマンU戦に臨むバイエルンに対して、またまたカーンが、今度はtzコラムを寄せてくださってます!しかも、「FCバイエルンにはタイトルのチャンスがある!」と…♪
1st legの前は「バイエルンはCLでは勝ち上がれないだろう」という予想をしていたカーンでしたが、今回「私は自分の意見を修正しなくてはならない」と、潔く認めた上で、バイエルンにはチャンスはある、と言ってくれています。頼もしいですね~(^^)

と、思っていたら同じtzに今度はインタビューが~?!クラーニィをW杯になんとやら、とかなんとか…。そしてやっぱりGKはアドラー推し、のようですが…。
tzのインタビューなのかなんなのか、どこかからの転載なのかようわかりませんが、記事内に書いてあったリンク先に行ってみたらトップ画像が

Fanorakelde

なんじゃこりゃ?

カーンやファンボメルがいっぱいで楽しいですが、こんな夜更けに辞書引いて外国語を読む気力がないですし、きりがないので、今日はこれまで…( ̄∀ ̄)Zzz アーセナルがむばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/05

29節:シャルケ対バイエルン

欧州サッカーファンの皆さまは明日からのCLに向けて鋭意気持ち切り替え中でしょうが、今いちどお付き合いください。
そのCLですが、バイエルン戦で気持ちが高揚しすぎて、1st legのほかの試合は結局アーセナル対バルサ戦をながら見しただけという不謹慎なことに(汗)(セスク…(ノ_-。)でもズラタンのゴールは良かった)おフランス対決は前半だけ、しかも酔っ払っていたのでほとんどアタマに残っておらず、ただ、大変盛り上がっていたらしいことと、遠藤さんのフランス愛あふれる解説がほほ笑ましかったのをボンヤリ覚えています。ダメダメだぁ。

さて、気合の頂上決戦です。

4月3日 ブンデスリーガ 第29節 シャルケ04 1-2 バイエルン・ミュンヘン

kickerが間に合いませんので、Bildの採点を合わせてどぞ
100403schalkefcbfj
交代:デミケリス(3)(22ファンブイテン)、プラニッチ(3)(68リベリー)、ゴメス(3)(70オリッチ)
サブ:レンジング、ゲルリッツ、ティモシュク、クローゼ

得点:リベリー(25)、ミュラー(26)、クラーニィ(31)
カード: ラフィーニャクラーニィデミケリスブット  アルティントップ(41)、ボルドン(90+4)

100403_hamit

いやっほーい!勝った勝った勝ちました!!直接対決を制し、首位を取り返しましたよ!!(^▽^)

なんとかぎりぎり勝ったんじゃないよ!勝ったからいいけど?な試合でもないよ!
勝つために、ちゃんとしたゲームをして、気持ちのこもったプレーで、正当な勝利を得たのです!
「われわれは今、然るべきして首位にいる。」というファンボメルの強気コメントも(ちょっと苦笑いしつつも)素直に受け取れますよ。

格下(ゴメン)相手に気を抜いたへっぽこ試合で負けくさって心配かけさせておいて、マンUやシャルケといった強豪との大一番で本気を出すのは、近年のバイエルンの悪いくせなのかも知れませんが、ここ数週間はその悪いくせが極端すぎる気も(苦笑)。ま、過ぎたことは、いいでしょう。
終わり良ければすべてよし、で水に流してやるから、シーズンの最後を素晴らしい結果で締めくくれるように、、今後は最大限の努力をしてくれたまえ。

少しずつ時間をかけてダラダラと書き加えていたら、えらく長くなりました。まあ、ウダウダ語りたいぐらいいい勝利だったということで、ひとつヨロシク(^^ゞ

100403_schalkefcbj

続きを読む "29節:シャルケ対バイエルン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/04

オリバー・カーン大いに語る(の、ご案内)

本文と関係ありませんが

100403_bild 
いくら極端採点のBildとはいえ・・・(汗)(ケルン)
交代選手の採点も全員「」でした。よっぽど酷かったんでしょうね…

またまた、本文と関係ありませんが
100403_hunt
たまたま見つけたハントのイケメンフォトをペタっとな☆

さらに本文と関係ありませんがネタ劇場
100403_hamitribery
「ダニエルはカノジョに夢中で、もう僕のことかまってくれなくなったの~(泣)」「泣くなよ、チュッheart
100403_aniel
「そ、そんな……heart03

----------

素晴らしい勝利の余韻がまだ冷めやらぬ中、早いとこ感想文をアプしたいのですが。その前にちょっこり。

我らのオリバー・カーン「南ドイツ新聞」の超ロングインタビューに登場です!

長い長いとにかく長い。ボリュームたっぷり。
ワタシはいつも、こうゆうインタビュー記事とかをがっつり読もうと思った時は、原文と英語自動翻訳文をコピペしてプリントアウトしたものを、辞書を引き引き読んでいるのですが、今回はなんだか、30ページ近くなってしまいました。

ヒィ~~ムリムリ(汗)、ありがたいけどうれしいけど、きちんと読んでお伝えしようと思ったら何ヶ月もかかると思われますので、いつものようにリンクだけ貼って逃亡 ε=┌(;^∀^)┘

Bildにかんたんハイライトが出てました。
しかしそこはさすがBild、長いインタビューの中から「ついに!カーンがタイガー・ウッズのスキャンダルについて語ってますぜ」という箇所だけを取り上げております(^_^;)
とはいえカーンが「いや~はっはっは、ねえ、そりゃアンタ、男ちゅうのは、奥たんがいてもコドモがいても、いくつになってもヤンチャなんですわ~heartむっひょっひょ」とかいうアホ発言をするはずもなく。
ウッズはいつも3万人もの観衆を前にしてプレーしてるんだ、大変なプレッシャーにさらされているんだぜ、そこんところは不倫スキャンダル前科持ちとして、ではなくて、トモダチとしてアスリートとして共感できないとも言えないこともないかも知れないこともない、でも彼は間違ったことをしちゃったねぇ、とかなんとか言ってるんだと思います。

あと、油断するとすぐ体重が増えちゃうんだぜ(?)とか、「監督として仕事する予定は当分ないんだぜ、自分のビジネスと勉強をがむばるのだ」とか、「GKというものは常に恐怖心と隣り合わせなのである」とエンケについてもちょこっと語ってたり、ドイツ代表の正GKはアドラーでいんじゃね?と言ってるぽいのですが、・・・・・・・

それはそれとして(強引に話題を変える)、すでにご存知でしょうが、レーマンがついにちゃんと、今シーズン限りでの引退を表明したらしいです。
そして、期間限定なのかずっとなのかはっきりしませんが(←調べてないから)、現在ドイツでブンデスリーガ等を放送しているskyさんで、W杯の解説をするみたいです。
すでにZDFで解説の仕事をしているカーンとレーマンのライバル争いがマイク上で実現!?
「オリーはああ言ってるけど俺はそうは思わないね」「ドシロートが、知った風な口をきくもんじゃありませんよ」
な~んて、ちょっと面白そうではありますがsmile
(でもレーマンが「俺が前回のW杯で出場した時はぁ~」と、活躍譚をトクトクと披露しやがったらカーンファンはキレるんだからね…。やりかねん…)

ところでカーンのZDFとの契約はW杯終了まで、と記憶しておりましたが、その後はどうするんでしょうね。特に延長する理由もなさそうだし、このままさよ~ならなんですかねぇ…。
わー、寂しいよー!

(注※スミマセン、そんなわけで、ながら見ナナメ読みすらおぼついてませんので、もし本文内で全然真逆のことを書いてしまってましたら、ご指摘ヨロシクお願いします m(__)m)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

速報:シャルケ対バイエルン

シャルケ 1-2 バイエルン

100403_ribery

せっかく2点リードしたのにお粗末なゴール前の守備から失点しまった時。
ハミトが2枚目のイエローで退場してしまって、一人少なくなってしまった時。
マガトが前半のうちからバウムヨハンを入れたり、(ワタシは)初めて見る中国人選手を入れたり、采配をふるった時。

ずーっと、「やらせはせんぞ!勝つのは俺らだ!」とつぶやいておりました。(本当)

そして。

やった!!!

やったんだぜ!!!

首位奪還!!!

も、もちろんうれしいですが、全員が集中して、ガッツリ守備をして、緊張感あふれるこの試合できちんと勝ったことがうれしいです。
ポカールの時より、「マガトに勝った」感が強いです。
シャルケより上回る勝利への執念を、意地を、心意気を見せてくれたことが、何よりもうれしい。ちょっと泣きそうになりました。
リベリが先制ゴールを決めた時に、チームへの忠誠を示したのも選手の士気を高めた面もあるかも知れないよ、と思ったり…

やったぜFCバイエルン!愛してるんだぜちきしょーめい!(T∀T)
 
100403_bommelolic

ボメル!バスティアン!

アンタたちは素晴らしい!最高だ!!!
評価がどうなるか知らんけど、コリアンダー的MoMを二人にあげたい(←逆に不名誉?(^_^;))

試合終了直前、クローゼゲルリッツなどベンチ組も立ち上がって見守っている姿が印象的でした。みんなで勝ち取ったんだよ。
そういえばロッベンは結局ベンチにも入らなかったようですね…(汗)

ただ。

途中退場してしまったファンブイテンの具合が心配。重傷ではないと思いたいですが、膝なので…(汗)

しーかーもーー!!
やったぜ!!フランクフルト!!!

続く!

おまけ
100403_uli
スタンドでもベンチでも、何処に行ってもウリはウリ(^_^;)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/04/03

間もなくシャルケ戦

なんだか久しぶりです。

バイエルンサポの皆さ~ん、鮭食ったかー!ワタシは食べましたよ!しかも2日連続…。
本日分は昼ゴハンにパスタにしたのですが、どうも不安だ。
クラーニィ、ノイアー、ヘーヴェデス対策として、ヌテラも食っちまおうかと思いましたが、普段食べないものまで無理すると却ってよくないかなぁと思い見送り、夕飯にさんまの蒲焼風をしました。明らかに旬を外した解凍モノですが、魚ってことでひとつ(^^ゞ
これがいつものようにレシピも何も見ない超てけとークッキングだったので、なんだかすっかりアブラっこくなってしまってハラにもたれてしもうた。やりすぎだ。

というわけで、間もなくブンデスリーガ・シャルケ戦です。勝てば首位奪還、負けたら一気に5ゲーム差、の生きるか死ぬか、世紀の大決戦!!なのです。

時間が足りなかったのでかんたんになってしまいました
100403vangaalmagathj

「VS」の雰囲気出てませんな。妖怪仲間が仲良く「こっちにおいで~~」と誘ってるみたいだ。
ギャ~~~~~コワいよぅ~~~~~~(泣)どっちもヤダーーー

とはいえ、バイエルンサポとしては妖怪データ魔の方を応援するしかないわけであります。

試合前記者会見には、オリッチと共にまたまたファンボメルが登場!

100401_fcbtv heart04

「シャルケは後ろに下がってつっ立ってるだけだ。ゲームができないんだよ。俺たちは勝ちに行くんだもんね」

と言ったらしいですが、ポカールの試合で、その自陣ドン引き戦法に延長まで手こずっていたのは、どこのドイツだ~い?あるいは、そんな予想してて、突然モリモリオフェンシブサッカーを仕掛けられたらどうすんのかね(^_^;)

ブンデスではフランクフルト戦、シュツットガルト戦と2連敗中であります。
少し前に「3連敗なんて考えられねーよな」とのたもうておりましたが、2度あることは3度ある…ぶるぶる、じゃないわ、見方を変えれば。
先日対戦したばかりのシャルケ、同じ相手に2連勝することもかなーり難しいと思いますが?しかも相手は自分たちより上に立ってるチームなんですぜ~。大丈夫かいな。

シュヴァインシュタイガーやラームやゴメスなども、勝つ勝つ絶対勝ーつ!と言ってるようですが、試合前にやたら勝つ勝つ言ってる時の方が危ない気がする。。。オロオロ

それにしてもここのところファンボメルが記者会見に出まくってます。
一体どれくらいの頻度なのか、おそらくどこにも需要がないと思われる、管理人の自己満足100%ファンボメル記者会見キャプチャギャラリー

100312_fcbtv3
3月12日、フライブルク戦(B)の前

100319_fcbtv4
3月19日、CLドローの後

100323_fcbtv6
3月23日(22日かも)、シャルケ戦(P)の前

100328_fcbtv6
3月28日、マンU戦(CL)の前

ほとんど同じ服着てるから違いがわからん!てか別にどーでもいい!ですねテヘヘ(^^ゞ
それにしてもいくらキャプテンとは言え出すぎの感もあり。マスコミ的にやりやすいのかな。
しかし、ファンボメルが試合前会見に登場するとナニゲに勝率がいいので、ここはささいなことでもゲンをかつぎたいところです。
でないと勝てる気がしない・・・(゚д゚;)

ゴリッチがスタメン予想で、ちょっと期待したいです。オリッチはマンU戦で疲れちゃったかな?いやっ、そんなこと言わずに電池をしっかり充電してがんばってくれい。
本格復帰のゴメスもいいところを見せて欲しい。
ハミトかロッベンかちょっとわかりませんが、コンディションが万全でないロッベンを無理に出して自爆さすのだけは、もうカンベンこうむりたいです監督。
あとはアレだ、ファンブイテンがガッチリ守備で魅せて、ヘディングゴール決めて、おめでたパフォでもやってくれたらモエ~です。

まあ、とにかく、全員がきちんと集中してしっかりやってくれることです。勝ってください。

【追記】スタメン出た。ロッベンは出てないです。ゴメスもいませんが、ベンチスタートなのかな?ミュラーがんばれ…。てゆーか!ミーチョは??(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝から大騒ぎ

ダニエル・ファンブイテンがリベリのコドモを、じゃなくて、ファンブイテンとカノジョとの間にコドモができたそうです。tzのスクープ。

10_04_02_tz

「本当です。セリーヌ(カノジョの名前)と僕はとってもハッピーだよ」

女の子で、ただいま5ヶ月だそうです。

良かった良かった。おめでとう~!(^∀^)
と思う反面、なんとなく胸がチクッとするのは何故だろう・・・(知らん)

ともあれ、めでたいニュースです。元気なコドモが無事に産まれるといいねo(^-^)o

と、ネボケアタマでボーとしたままボンヤリ眺めていたので、最初は産まれたニュースと勘違いしてしまい、なんだなんだいきなり!聞いてないよ!と大パニックになって、朝っぱらからしし丸様を叩き起こしてしまいますた。大変失礼いたしました(^_^;)←私信ご容赦

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/01

CL:バイエルン対マンU

トシをとるとあちこちガタが。今度は四十肩だ。右腕が上がらん。いてて。
そんなわけでPC作業がちょとキツいのと、ブンデスに向けてさっさと気持ちを切り替えなくちゃいけないので、素早く行きますよ~。
サクッと絵も描くつもりだったのですが、またもモタついてしまい…(^^ゞ写真も拾ってないので字ばっかりになりました。読みにくくてすみません。

【追記】
100331_rooney
わあ(゚□゚;;)
ウチの選手が怪我をさせたわけではないけれど、やっぱり気悪い(汗)数週間のOUTで、週末のチェルシー戦と来週のバイエルン戦はダメぽいらしいです。W杯は大丈夫そうですが…。

さて

3月30日 UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝 1st leg
バイエルン・ミュンヘン 2-1 マンチェスター・ユナイテッド

100330fcbmanufj
交代:ゴメス(73ミュラー)、クローゼ(86アルティントップ)、ティモシュク(89プラニッチ)
サブ:レンジング、コンテント、ゲルリッツ、アラバ

得点:ルーニー(2)、リベリー(76)、オリッチ(90+2)
カード: バトシュトゥバーネビルスコールズルーニー

100331_yes

バイエルンサポの皆さ~ん、

勝利おめでとうございます!イエーーッス!!

自分も含め世界の誰もがまさかバイエルンが勝つなんて思ってなかった中、切ない覚悟を押し殺しながら、スタジアムで、TVで、ネットで、tickerで、あるいは寝ながら(ワシだ)応援していたファンの皆さん、カタチはそれぞれでも思いは同じ!
この勝利は、チームと、そんなワタシタチみんなのものです!おめでとうございます!

Dsc06755

試合前、世間があまりにもバイエルンを格下扱いするのが気に入らなくて、やらせはせんぞとかバイエルンの栄光がとか、ドズル中将みたいなことを、半ば強引に吠えていたわけですが。
今回、はっきりと思い知り、意固地なワタシもさすがに認めるに至りました。
今のバイエルンは、マンUには実力ではとても及ばない格下であるということ。
なんとなれば、とっととアウェーゴールをゲットしたために気を抜いてまったりモードだったマンUに対して我がバイエルンは、優勢に試合を進めて全力で立ち向かっても、なかなかゴールすることができず、やっとこ決めたリベリの同点ゴールも、壁に当たってコースが変わったラッキーなもので、最後の最後にオリッチの劇的ゴールでぎりぎり勝ちを拾ったという・・・。

でも。いや、だからこそ。
よくやったぜアンタたち!大好きだ!
と、叫ぶのであります。
みんな最後まであきらめなかった。無失点で終わるはずだった目論見が試合開始のファーストプレーであっけなく崩れてしまっても、パニックに陥ることなく立て直し、ひとりひとりが気持ちのこもったプレーでゲームを作り、そして、ついには勝利をつかみ取った。
素晴らしいじゃないか!

その上、出だしはちょっとおっかなびっくりだったものが90分間ゲームをしていくうちに自信と勇気を身に付け、チームがどんどん進化成長していく、というドラマティックな過程も見ることができました。
スコアだけを見ればベストゲームではなかったかも知れませんが(2nd legで成功してから初めて、この試合がベストだったと言えるのでしょう)、記憶に残るいい試合だったと思います。

100330_fcbmanuj

劇場シナリオ型でどっぷり語りたいのですが、どうも肩がイカンので、後は、選手別に箇条書きで勝手てきとう感想文を失礼します。

続きを読む "CL:バイエルン対マンU"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »