« ラーム結婚秘話トーク(のご案内) | トップページ | 28節:バイエルン対シュツットガルト »

2010/03/27

ポカール:シャルケ対バイエルン

ボヤボヤしている間にもう本日はブンデス・シュツットガルト戦なので、超ざっくりモードで。
【追記・いつもそんなこと言ってますが、いつものように、ざっくりできませんでした(汗)】

3月24日 DFBポカール 準決勝 シャルケ04 0-1 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
100324schalkefcbf1j
交代:リベリー(4)(63オリッチ)、ティモシュク(116ロッベン)、アルティントップ(120+2シュヴァインシュタイガー)
サブ:レンジング、ゲルリッツ、アラバ、プラニッチ

得点:ロッベン(112)
カード: シュヴァインシュタイガーロッベン

100324_rererobbenbastianj

写真が見当たらないので描いてみた。殊勲の二人。
足がつって動けなくなるまでハードワークしたシュヴァインシュタイガーをねぎらう、本日の勝利の神ロッベン。

というわけで、

100324_humba

バイエルンサポの皆さ~ん、フンバフンバしてますか?\(^∀^)/

やりましたよ!勝ちましたよ!決勝ですよ!!

いやぁ、もっと重苦しい地味な試合だったのかなと思ってましたが、なかなかどうして、準決勝にふさわしい、熱い試合でした。
てゆーか、シャルケがそうゆうサッカーを仕掛けるのでしょうか、フィジカル上等の肉弾戦だったような。。。

100324_olic

100324_basti

100324_bommel2 ねぇえ。

こうなるとファンボメルはがぜんイキイキ、じゃないわ、こうゆうモサ男たちのどつきサッカーにまともに立ち向かえるのはヤツしかいないんじゃないかとか思ったり。どっかんどっかん体を投げ出して、きっちりブーイングいただいて、本領発揮?主審がカード出さない人でよかったね。お互いに。

基本シャルケが守備ガッチリ、攻めるバイエルン、という構図だったようですが、シャルケ側にも鋭い攻撃で押し込んでくる時間も多多あったわけで。
てかクラーニィがなんだかヤバいことになってるんですけど!(@_@;;)
何度冷汗かいたことか!好調らしいという話は聞いておりましたが、これほどとは。

100324_loew
ぽつねん。こうなったらいよいよ破門を解くべきか解かざるべきか、悩みどころでんな~
(ナイだろうけど)

バイエルンが無失点(久々だ~(T∀T))に抑えることができたのは最終ラインの守備がちゃんとしていたおかげですが、ブットが立ち直ってホントによかった~~(ノ∀-。)
だけどファンブイテンが復調したのも大きいですね。バトシュトゥバーもまずまず落ち着いてたし。
左SBに入ったコンテントは、アラバよりちょっと良、という程度で、安定感ではどっこいどっこいな印象でしたが、今回はほったかされることなく、周りがちゃんとフォローしてくれたおかげで大事なく済みました。ほっ・・・

公式等で選手たちがぶーぶー苦情言ってましたが、なるほどピッチは確かにヒドかったですね。ぼっこぼこ。
それに関するファンボメル主将のコメント「あり得ん。」

100324_robben3_2 「呼んだ?」

・・・・・・・・・・・・。スミマセン、スルーしてください(苦笑)。

延長戦に入ってからは肉弾モードではなく、緊張感あふるる白熱サッカーモードでした。結果がわかっててもちっとも安心できずに、改めて「ひぃい」と声を上げながら見てしまいましたよ。

試合を決めたのはご存知、ロッベンの魔法でした。
ブットのスローボールをそのままドリブルで切れ込んで持ち込んでDFかわして奇跡のコースを突いてズバムと・・・。
いや、あれは魔法です。
それまで似たようなプレーでさんざん仕掛けても、ことごとくシャルケ守備網に引っかかってどむならん状態だったものが、何故あの一瞬だけあんなに見事に決まったのか、ワタシには説明できません。

Dsc06732
ノイアーの吠え顔。ステキ。
「ウチの幹部が興味アリ」とバイエルン公式が認めちゃってましたが、ノイアーには、いくら金を積まれてもバイエルンなんかには行かないったら行かない!という姿勢を断固として貫いて欲しいです。

100324_manubene
うっ…。心が痛みましたが、しょうがない。こればっかりは譲れない。何が何でも絶対に負けるわけにはいかない、応援するわけにはいかないのである。
それにしてもマガト監督は、にくらしいけれどやっぱり凄腕であるな、と感心したのですが、シャルケに対して総括的な感想を言うのは早いのだった。

まだ戦いは残ってるんだから!!

あ~ヤダな、なんかウチが全力出し切っちゃった感があって。マガトが「フッフッフ、これで手の内はわかっちゃったもんね…」とほくそ笑んで、次のブンデスの試合で華麗なる復讐戦を完成されてぎゃふんと言わされちゃうんじゃないかとか。

100324_robbendaniel heart04

まあまあ、それはともかく。
そんな厳しい試合を、熱い試合を戦い抜いて勝利したバイエルンを誇りにしようではないか。
ロッベンのおかげではありますが、しかし、今回は全員が、本当によくがんばったと思います。久しぶりに、チームとして戦っている姿を見た気がしました。

みんなおめでとう!あとひとつ!次はもう、優勝するしかないんだぜ!

おまけ
100324_tejakubome
ドリンクを手酌で紙コップに移すファンボメルにロックオン

Dsc06733
「話聞いてた?」「ん?なんだったっけ」

---------

しかーし!
言ったそばからアレですが、いつまでもフンバフンバしてるわけにはいかないのです!
もはや今晩はシュツットガルト戦!
監督が変わってからモリモリ上昇気流に乗っているのでかなり恐い存在だと警戒して吉。
ハードな激戦をしてからたったの中二日ですので疲労が心配ですが、それはあらかじめわかっていたこと。少なくとも精神的にはいい感じのはず。

先ほど、ブットやファンブイテンが復調した、と言いましたが、本当に復調したと言っていいのかどうか。まだまだ油断できません。
いい勝利をしたかと思えばへっぽこドローとかしたりして、いつまでたっても確信させてくれないアンタらなんだから。
前節のように、目の前に敵がいるのをよそに、アタシたち心はマンU戦なんだからそれどころじゃないのよねん、とか言ってアホな試合してくれるんじゃないよ!負けるなんてあり得ない!引き分けもダメ!勝ち点3だけ!

そしてー!
この試合の後、さらに今晩はレヴァークーゼン対シャルケという大一番があるのです!
どっちが勝ってもうれしくないので、ここはドイツ代表GK対決・華麗なるファインセーブ祭りでスコアレスドローヨロシクの念を・・・・・・・・。
ウチの試合を放送してくれるのはとってもありがたいけど、この試合も見たいよねぇ。

|

« ラーム結婚秘話トーク(のご案内) | トップページ | 28節:バイエルン対シュツットガルト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/33945826

この記事へのトラックバック一覧です: ポカール:シャルケ対バイエルン:

« ラーム結婚秘話トーク(のご案内) | トップページ | 28節:バイエルン対シュツットガルト »