« 速報:ポカール | トップページ | ラーム結婚秘話トーク(のご案内) »

2010/03/26

いつか帰る人

【昨日いったん上げたものを大幅加筆修正しました】

100324_bommel

知的でクレバーでタフでアグレッシブな欧州レベルの一流プレーヤー、アタシタチのマルク・ファンボメルですが、飛び抜けたスーパースターというわけではないので、オランダを出て以来、賞とかそのような個人としての栄冠には無縁でありました。

がっ!ついにこのたび、母国オランダから"Duidelijketaalprijs 2010"を受賞する運びとなりました!
おめでとう!ファンボメル!\(^▽^)/

・・・・・・で、それはナンなのですか?

自動翻訳に直訳すると「language award」=「言語賞」?なんやそれ?
少なくともサッカーをホメられたわけではないようです(^∀^;)

あちこち見てるのですが、どーもよくわかりません。

なんでも、アムステルダムにあるVrije大学の「言語センター」とかいうところが、オランダ代表選手26名を対象に、インタビュー映像などを元に、話す時のイントネーションやテンポ、明瞭さ、わかりやすさ、論理性等を(たぶん→)言語学的に分析したのである。
ということらしいのですが・・・

その結果みごとファンボメルが1位!
2位にデセーウ(アヤックス)、3位にファンニステルローイ(HSV)。
ファンニステルローイが代表選手なのかどうかというのはさておいて、つまるところなんでしょう、平たく言うと、これって「とっても上手にしゃべるサッカー選手で賞」ということでよろしいのでしょうか??????

ハデハデな授賞式などはなく、2週間以内に賞が届けられるであろう、ということのようです。(合ってるのか?)

う~~~ん、やっぱりよくわかりません。

少なくともドイツ語に関しては、「イントネーションが独特でよう聞き取れん」という声をドイツ語マスターの方からもチラホラ聞きますので、そちらではなくきっとオランダ語での話なのだろう、と想像されます。(そりゃそーか。オランダの大学なんだから…)

バイエルン公式はこちら。
Vrije大学によるこの賞についてのかんたん記事はコチラ。詳しいレポはコチラですが、PDFファイルにつき自動翻訳かけるのにひと手間かかるので、まだ目を通してません…。

100323_fcbtv3
ダテにぺろんちょしてるだけじゃなかったのね~~

ワタシだけ(?)が信じているファンボメルの知的shineな面が評価されてとってもうれしいのですが、そんなステキトークをしているなんて~!?(゚∀゚)
普段からマスコミ記事とかでちょこちょこ拾ってはおりますが、拾えるのは一部分だけで、できれば一言一句もらさず拝聴したいと思っております。だけどせっかく会見のフル動画とか見ても、全然理解できない自分が改めてもどかすぃ~!ほんやくコンニャクぅ~!

----------

そんなファンボメルがきっといつものように明解にはっきりと話したに違いない、インタビューかかんたんトークか、ともあれコメント記事が今週発売のコチラのオランダのサッカー誌に
100325_vi

今回の契約延長とPSV復帰について語ったもよう。蘭語につき勝手妄想作文にて
(わかりやすくビシッと語ったであろう本人のコメントとは180度真逆の、どうにもわかりにくい訳ですんません…)

「(自身の1年間の契約延長と、同じく2011年で契約が切れるファンハール監督の進退との関係は)それはメインの理由じゃないんだ。それとこれとは別の問題だよ。俺はうまく行っているよ。100%フィットして、いいプレーができているし、いまでも前進しているんだ」
「俺はPSVに戻ると言ってきたし、その約束を大事にしたいと思っている。いつなのかは言えないけど。そのことについては話はしなかった。ただ自分では、俺が戻りたいと思った時にそうなるだろう、ということは考えている(?)。だけど4~5試合だけピッチに立つためじゃない。可能性がなくてはいけない。栄冠のためにプレーしたいんだ」

うん。わかってる。もう無理に引き止めないよ。
しあわせなサッカー人生をまっとうできることを、心より願っています。ファンボメルがいつでも、悔いの残らない道を進むことができますように。できればそれが栄光に彩られた輝かしいものであることを。

|

« 速報:ポカール | トップページ | ラーム結婚秘話トーク(のご案内) »

コメント

素晴らしい賞を頂いたんですねボメ!!
いや、ここにもボメの事この選手はすごく頭がいいって思ってる奴がいますよ<ボメ色眼鏡中
また、あの姿からは想像できない知性のギャップがいいんですよね!!ドイツでもあれだけボメのインタビュー記事が多いって事は、きっといつも読者や記者さんの興味を引く事を話せているんじゃないかと思っています。
…でも私も何言ってんだかわかんないのが至極無念…。

PSVに戻る日…やっぱ、ボメはギリギリまでピッチに立っていたいタイプかなぁって思います。私は、そういうスタイルは望むところです。本当に思い残す事無き道を選んで欲しいですね。

投稿: クゥシィ | 2010/03/26 14:23

> クゥシィさん
おぉ!アタシタチのファンボモーインテリジェンス色眼鏡市場へようこそ☆←勢いで言ってみたもののよくわからない
ねっねっ、ボメは頭いいんですよね!そうそう、あんなモジャ毛であんなガハハーッと笑うくせに、実は知性あふるるクールガイなところがまたイイんですわ~heart04当意即妙というか、オシャレなボメジョークや慣用句なども織り交ぜつつ楽しいトークができるのは、頭がいい証拠ですよ。←同志参上に舞い上がってしまって、何を言ってるのかやっぱりよくわからない
堪能したいですよね~。残念無念です~~heart03

そして。自分の中でゴールをきちんと決めて、それに合わせて引き算ができるであろうところもまた、頭がいい証拠なんだろうなと思います。いや、ワタシ自身がそうゆうの全くダメだからというだけの話で、アスリートにとっては普通なのかも知れませんけど…。
そうゆうスタイルはワタシも望むところです(マネッコ)。いや、実は、ボメは今後トシを取ってあまり走れなくなってスタメンで使えない状態になっても、若手を指導するコーチ的な役割とか精神的支柱とか、それだけでもチームに存在する価値はあると思っていたのです。それで「36歳までバイエルン」希望だったのですが、今回、やっぱり本人は現役でいる間はあくまでもプレーすることにこだわってるんだなぁ、ということがわかりました。こちらとしてももちろん、ベンチに座ってるよりはピッチで躍動するボメの方が見たいですから、その思いを全面的にサポートさせてもらう心づもりであります。だけどもし、そのせいで引退が早まるのだとしたら、ちょっと切ない作業ではありますけどね。。。

投稿: コリアンダー | 2010/03/27 01:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/33940261

この記事へのトラックバック一覧です: いつか帰る人:

« 速報:ポカール | トップページ | ラーム結婚秘話トーク(のご案内) »