« あなたに100万本のチューリップを | トップページ | CLその他と鼻カゼの中のアイツ »

2010/03/11

CL:フィオレンティーナ対バイエルン

ゆうべのCLもまだ見ていないのですが、情報遮断しながら書いちゃいますよ~。
(ザザッと書くはずが、ボメゴールに興奮して劇場型が復活したり、あれこれいちゃもんつけたりして、やたら長くなりました・・・)

さて、ファンボメルファンには忘れられない激情の一戦となった、CL8強勝ち抜けを決めた試合です。

100309_holger

3月9日 UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦 2nd leg
フィオレンティーナ 3-2 バイエルン・ミュンヘン

(2試合合計得点数4-4、アウェーゴール数1-2バイエルンの準々決勝進出決定

思わず「ぎゃふん」と言ってしまったBildの採点もどぞ
100309florentzfcbfj

交代:クローゼ(5)(30ゴメス)、プラニッチ(90+1リベリ)
サブ:レンジング、ゲルリッツ、ティモシュク、アルティントップ、オリッチ

得点:ヴァルガス(28)、ヨベティッチ(54)、ファンボメル(60)、ヨベティッチ(64)、ロッベン(65)
カード: クロルルップフェリペシュヴァインシュタイガーファンボメル

100309_humba

どうも試合後にHUMBA的なものを行ったみたいです(^∀^)。久々ですね。嬉しいですね。
ちょこんと正座しているミロにモエ。
ユーヴェ戦で奇跡の勝利を決めた時もそれっぽいことはしていたようですが、一度死にかけたものが復活して勝ち抜けた、という点では、それ以来の喜びだったのかも知れません。
何故にロッベンが後ろ向きの写真をチョイスしたかというと、他のものだと「ファンブイテンの肩に手を乗せてるリベリheart」が写ってないからなのです。
・・・・・・・・。イイじゃ~ん!どうせファンブイテン鬼採点だしぃ~、この試合いいところがまーーーったくなかったんだから、ちょっとぐらいいい目見せてあげてもぉ~~っ

100309_daniel_2
地獄のように気をつけていたはずなのにひとり地獄を見た男・・・・・・

いやっ!確かにヒドかったです。最悪でした。3失点すべてのシーンにかかわってしまいましたし、何を言われてもどんな評価をされても甘んじて受け入れるしかないと思います。
ファンブイテンファンでもあるワタシとしては失点シーンはあまりにツラすぎるので、ハイライト等で映像が流れても、そこだけ目をつぶってしまいたいぐらいです。
(てか3失点目はファンボメルがすっぽ抜かれたことによるカウンターからだったので、ワタシにはダブルでツラい・・・。しかもアイツのファインゴールを台無しにする失点だっただけに…号泣)

で―――――もぉ―――――

ポジション上一番目立っちゃうのはしょーがないじゃーん!
どいつもこいつもみんなして前向いて、GK以外守備意識皆無なんだから、フレッシュでヤングなヨベティッチを面白いほどサクサク進入させ放題にしておいて、ダニエルひとりで何とかしろと!いざとなったらブットさんファインセーブヨロシク♪じゃないんだバカ―――――(泣)

・・・・・・スミマセン、八つ当たりです。
ファンブイテンが酷かったのは本当です。ですが、しかし、やっぱり、個人的なミスよりもチーム全体としての、守備面での壊滅的な酷さは目を覆うばかりでした。プロのレベルじゃないですよ。
3失点したのも今思えば道理ですわねトホホ…(しかしブットよ、何故そっちの方向に飛ばしちゃったんだい~←1失点目。そこはガッチリキャッチだよ~泣)
毎度毎度相手チームの守備の素晴らしさに舌を巻いてばかりいないで、自分たちはどーなんだよっ、いつからこんなにヘタクソになったんだお前らは~っ、と、イライラしながら、3-2になったのを守りきらなければいけなくなった時間帯はもう、口から心臓が飛び出そうになるのをなんとか押しとどめつつ、思わず指を噛んでむがむがと見守っておりました。
それぐらい信用できなかったということ。

嗚呼~もう、ツラいので守備の話はこれまで。
CLデビューとなったアラバだけはわりと良かったのが明るい材料でした。
そしてそのアラバが、試合が終わった瞬間、真っ先にファンブイテンに抱きついたシーンに心洗われました。ダニエルも嬉しそうでした。アラバはその後も背中に飛びついたりしてましたので、きっとファンブイテンにかわいがってもらってるんですね(^^)
リベリとも仲が良さそうですし、アラバはこのカップルの子供代わり・・・(ヤメ)
と、腐ネタで締めたりするsmile

100309_alaba モエよ若人!

まあ、そんなわけでとにかく守備がヒドかった我がバイエルンであります。攻撃はロッベンがキレキレだったのをはじめ、良くはないながらもいくらかマシだったのですが、フィオレンティーナの巧みな守備に苦労していました(いつものフレーズ)。
前半は強い向かい風でしたし、ボールさばきにもかなり苦労していたようです。
必死にパスはつないで、前半だけのポゼッションはたしか60%超だったと思いますが、これは単に持たされていただけで、まったく自分たちの形にできず、むしろフィオレンティーナの術中にまんまとはまっていたと思います。

1-0になって、フィオレンティーナはこのままでも勝ち抜けられるのでガッチリ守備固めするのかな、と思いましたが、貪欲にさらなる追加点を取りに来ましたね。
とゆうか、自分たちはうまく守ってるし、一方バイエルンの守備はボロボロだったので手ごたえアリ、と見たのかも知れない。
だけどバイエルンはアウェーゴール1本でいい!それを決めさえすれば状勢は逆転、こっちが有利になるのだ。だから後半は大いにネジを締め、前半ガンガン飛ばしていたので、さぞ守り疲れたであろうフィオレンティーナの足が止まるのを待ってだな・・・

疲れてな~い!攻めなきゃいけないのに攻め込まれてるぅ~!(>_<)

なんなんだこりゃ一体。2-0になった時は、これ以上状況の改善は見込めないし、むしろ追加失点の気配さえヒシヒシなのに、もう見るのをやめて結果checkだけしようかと思いました。

しかし!しかし!しかぁああ~~~~~~し!!!

100309_bommel2

決めた!アイツが決めた!それまでシュートはアタッカーやロベリーたちに任せ、自分はあくまでひとつ下がった位置で汗かき屋に徹していたアイツが、抑えの利いた素晴らしいミドルを、針の穴に糸を通す細いコースを突いて!ヴィオラの鉄壁守備をついに破った一撃を!

マルクー!

ファンボメ―――――――ッル!!!

100309_bommel

最高!最高!最高!\(T∀T)/
「まだあきらめんじゃねー!試合はこれからだ!」
という熱い声がワタシには聞こえたぜ!キャプテンファンボメルのキャプテンシーあふれるゴールだった、とエコヒイキ込みで思うものであります。

うう、ありがとうリベリ、フリーのアイツのサインをちゃんと見てくれてパスを出してくれてありがとう、パスのコース上にいたミュラーも一瞬反応しかけたのを、ファンボメルが飛び込んで来ていることに気付いて足を引っ込めてくれてありがとう。

バイエルン、念願のアウェーゴールをやっとやっと決めて2-1、延長戦に希望をつなぎました。よしこのまま勢いに乗せて追加点だー!

がっ

数分と経たないうちに痛恨の3失点目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○| ̄|_

泣けたよ。せっかくのアイツの感動ゴールが台無しじゃねぇーか。
なんなんだ。なんなんだアンタたち・・・・・
先にも申しましたように、ファンボメルがすっぽ抜かれた後のカウンターでしたので、自分で自分のゴールを帳消しにしよって…。と自暴自棄になりかけました。

らっ

失点にショックを受ける間もない数十秒後、唐突にぃーー!!!

100309_robben2

ロッベンの、超爆裂威力速度3割増スーパー弾丸追い風ミドルキタ―――!!

喜ばせといてサイドネットじゃないだろね、と目をぱちくりしてしまうほど、あまりにも鮮やかすぎるゴールでした。

そして、2試合の合計点で両チームが並んだものの、このまま試合が終了してもアウェーゴール2点をゲットしたバイエルンの勝ち抜けが決まるという、俄然有利になった瞬間でした。

ありがとう!ロッベン!ありがとう!!

ヨベティッチの2点目が決まってからロッベンのゴールまでの10分少々、絶望と歓喜を激しく行ったり来たりしたので、すっかり寿命が縮みました。
「も、もういい、こんなハラハラはもういらん。とりあえずみんな落ち着いてくれ」とリアルでつぶやいてしまいました。
(そのくせまったりとボールを回すロッベンに「スピードを止めるな!追加点取れ!」とヤジ飛ばしたり…。どっちやねん)
すぐにでも試合を終わらせて欲しかったのですがそうも行かず、その後約30分は生きた心地がしませんでしたが、あっぷあっぷしながらもどうにかこうにか、ぎりぎりこのスコアを守り切り、バイエルン、(試合には負けたけどアウェーゴールルールにより)、準々決勝進出を決めました!!\(^∀^)/

100309_humba3
(結局こっち向いてる写真も貼る)

・・・・・・・・。
負けたのに勝ち抜け、という、アウェーゴールルールを含む、ホーム&アウェー方式の妙を堪能した試合になりました。
ワタシは、だからロッベンの2点目にはとても感謝してる、興奮した、と、ポジティブな意味で言うのですが、世間では恐らく逆の意味で捉えてるんでしょうね。
それについて思うところはありますが、自分の胸にしまっといた方がよさそうです。
ただ、「疑惑のゴールで勝ち上がったバイエルン」という「す○○と」の言い方は不愉快でしたよ、ということと、今さら1st legにさかのぼって何かを弾劾したいのなら、バイエルンやクローゼじゃなくて、審判に言うべきではないのか、そしてもし、あのゴールが認められなかったら、それはそれで、この試合は別のものになっていたかも知れないじゃないの、と思います。

もう一方で試合があったアーセナルのように大勝していたら、そんな言われ方はしないでしょうに、悔しいです。そしてそうして欲しい、と試合前にワタシ自身も願っていたのですが、現実はご存知、惨憺たる有様で。
でも自分たちが行った試合の結果だから仕方ない、ですかねぇ。

100309_klose

先のブンデス・ケルン戦よりも更にマズい内容だったのに勝ち上がったので、どうにも次に希望が持てない試合ではありました。
チームはこれで安心してもらっちゃ困る、3失点もして負けた、という事実を厳しく受け止めて、反省・修正して欲しいと切に願います。
勝者にふさわしかったのはフィオレンティーナの方です。

でも。
1年かけて勝ち点3を積み上げていくリーグ戦ではなく、こういうトーナメント戦は、結果がすべて。勝ち上がったというその結果こそがもっとも重要である、と思います。
来季以降の成長を見据えて、いっそ敗退して反省した方がいいのだ、という見方ももちろんあるでしょうが、ワタシにはちょっとできません。今を楽しみたい。すべてのタイトルに可能性が残された今は、このシーズンに集中したい。

そして、これまで何回かちょこちょこと耳に入ってきたのですが、この試合は、UEFAでのリーグランキングを左右する重要な試合でもあったらしいのです。今後のCLでの出場枠が増えるかも知れない、とか、なんとか…。
そこらへんの細かい計算方法は全然わからないので、この試合の結果が即リーガとセリエのランキングを逆転するものだったのかどうか、シュツットガルトやELの結果も必要なんだろうとは思いますが、いずれにしても、国の威信を背負った、ドイツ対イタリア、という試合でもあったわけです。
だからこそ言う。
「疑惑のゴール」による1点は運だった。君たちは運を生かしたのだ。ロッベンのあのスーパーゴールはバイエルンだけでなく、ドイツを救ったものだった。あっぷあっぷながらもひどい内容でも、結果を出したことそれ自体を称賛する。
みんなお疲れさま、よくぞ勝ち抜けた、おめでとう、と。

まあ、でも、いつまでもこうは言ってられないので!こんなザルザルで心臓に悪い試合は今回限りにしてちょーだいよっ!このままじゃ次はないんだからねっ!いーかげんベスト8止まりで終わるのもなんとかしてくれい!

ところでバッドニュース

100309_gomez 痛恨…。

何故か日本語版にさっぱり出ないのですが、この試合で負傷退場していたゴメスですが、2~3週間の離脱、だそうです。

うぐぁ~~~(T□T)マリオよオマエもか!

あと、シュヴァインシュタイガーがイエロー累積で、次の準々決勝1st legは欠場だそうです。ちなみにファンボメルもリーチ・・・(汗)

|

« あなたに100万本のチューリップを | トップページ | CLその他と鼻カゼの中のアイツ »

コメント

ども〜。
UEFAのポイント…についてはあっち(みixぃ)にメッセ送っておきました。
かなり濃い内容だけれど、解りやすく説明してあると思います。

まぁあれこれ言うよりはもう終わった事なので、この試合を糧として次からに活かせばいい…と前向きに考えていますよ。

投稿: ボブ | 2010/03/11 20:14

目覚ましTVで
「ボメルの針の穴に糸を通す細いコースシュート」
を見ました。素晴らしすぎます。
「ロッベンの、超爆裂威力速度3割増スーパー弾丸追い風ミドル」
も見ました。これまた、素晴らしいですね。

実際にA社の最高級ボールは他社の物と比較したら、飛距離・速度が
1~3割程度アップします。
1度だけ試合で使用したことがありますが、キーパ泣かせのボールです…。

投稿: しいたけ | 2010/03/11 21:30

> ボブさん
UEFAポイント解説、ありがとうございました!とってもわかりやすかったです!!(^▽^)
ダニエルがあまりにトホホだったのと、どんどん試合内容が悪くなって行ってる気がして不安になり、弱気になってしまいましたけど(^^ゞそーですね、反省しないようでは明日はありません!せっかく次へのチャンスが与えられたのだから、前向きに建設的に改善して行ってもらいましょー!

> しいたけさん
わ~わ~、ホメてくれてありがとうございます!
シュートを打つ時のファンボメルは超クールで、すごく落ち着いていたと思います。そうゆう狭いコースを一瞬で見極めてダイレクトであんな素晴らしいのを決めるのだから、天才じゃないのアンタ?と、こっそり思ったのはヒミツです(←すぐ調子に乗る)。
アディ○スのボールはシュートがよく伸びる、と聞きますね。3割増!そんなにですか!(゜o゜)そんなにメーカーによって差があってもいいもんですかね?レーザーレーサーみたいなことになりそうな…。そんなボールで蹴られたシュートをがっちりキャッチしているGKの皆さんはみんなすごいんですね!
う~んそうすると、ロッベンの追い風参考記録3割増シュートは、3割+3割でナ○キの6割増し?(数学ニガテ)それじゃ誰にも止められませんわね~、ウフフ♪

投稿: コリアンダー | 2010/03/11 21:55

こんばんは。
昨日の朝は、携帯サイトの文字ライブで後半20分間位見ていました。試合終了の文字を確認してから、「いやぁこれはテレビで観戦の方達はグッタリじゃなかったかな~」と思いました。気象条件も厳しかったし、本当にタフな試合でしたね。「す○○と」(の録画)を見ましたが(最近ようつべは結構すぐ削除されてしまうので)、ビオラのサポーターの熱さがビシバシ感じられました。話が逸れますが、ビオラの監督の談話は、とても素晴らしかったと思います。「バイヤンとやる時はこうするんだぜ」という試合運びだったのではないでしょうか。
それにしても私も「す○○と」の言い方はちょっと・・・と感じました。でも女性キャスターが、「アーセナルのベントナー選手はデンマーク、バイエルンのロッベン選手はオランダ、ワールドカップで日本と同じグループですよね~」みたいに言ってましたね。フフ・・・隠し球作戦進行中・・・。
ボメのゴールは、強い、低くて地を這う様なワザありシュートだったと思います。ゴールだけでなく、カピテン・ボメのファイターとしての気持ちが伝わって来ました。ゴ○コムの独語版の方は結構高い評価ですね。(日本語の方は出てませんが)。・・・さて、これから又前進ですね。コリアンダーさんの書かれる通り、この試合を糧にしっかり修正してほしいです。ちょっと取り止めがなくてスミマセン。では又。

投稿: 梢 | 2010/03/11 22:31

> 梢さん
文字観戦、お疲れさまでした!
LIVEで観戦でなかったワタシが言うのもナンですが、最後の方は、この超不安定なバイエルンに点差を守り切れるのか!と、緊張し通しでグッタリでした。終わった瞬間は大きなため息が出ました。
選手たちを誇りに思う、というブランデッリ監督はオトナですね。試合も見事なものでした。でも結局「疑惑のゴール」を悔やんでるようですけど(^_^;)ウチの監督も「アレのおかげで」と認めちゃってるので、もうしょうがないんですかねぇ。
でも「疑惑のゴールで勝ち上がった」って、実際にそれ自体が勝ち抜けを決めたゴールになったわけでないのに…、と釈然としない思いです。
「隠し玉」フフフ、進行中ですね。でもスカパの実況のアナウンサーはボメのことをよく見ててくれてホメホメで、今までてきとうな目かくしシュートだと思っていたものでも、ちゃんとメッセージがあるシュートなのだということを伝えてくれて、ありがたかったです。「疑惑のゴールを決めたクローゼ」という言い方にはガクッとなりましたけど(^△^;)
ゴルコムの独語版ではMoMでしたよね!ドキドキしました。調子に乗ってあちこち見たのですが、どこもMoMはヨベティッチでした…そりゃそーだ。負けたんだから(汗)
でもボメはなかなか良かったと思いますよ!ゴールシーンだけでなく、ハードワークでチームを引っ張っていましたheart04
余韻が冷めやらぬうちに早くも今日からブンデスリーガですね。バイエルンも頭を切り替えてるようですし、格下フライブルク相手にビシッと横綱サッカーを見せていただきたいものです。

投稿: コリアンダー | 2010/03/12 08:56

遅ればせながら、おめでとうございます(^∀^)
しかし、、例のゴール(というより誤審)がやっぱり命運を分けてしまったのですね…。
個人的に、フィオとは何度も対戦してとてもいいチームだと思っているので、こんな形で大会を去っていくのは本当に気の毒だと思いました。
でもそれは決してバイエルンのせいではないし、もちろんクローゼのせいでもない。胸を張っていいはずです。
「すぽ○と」は見ていないのですが、そうゆうコメントが出てくるのはやっぱり民放だなぁ、と思いますわ(^_^;)

しかしお互い本当によくやりましたよね♪
オレ達がんばったぜ!おまいらも最高!って(笑)

投稿: あーちゃん | 2010/03/12 23:36

> あーちゃん
ぴゃ~~~~~~っ(≧∀≦)やりましたね!
こちらこそ、モタモタしてなかなか感想を書けずにいてスミマセン(実はちゃんと見てなかったり(爆))
ですが、おめでとうございま~~~~~す!!!
前日の「す○○と」の携帯アンケート・レアルは準々決勝に進出できるか?に思わず「NO」に投票してしまった35%のうちの一人として(^^ゞうれしいです
うぅ…お気遣いありがとうございます(T∀T)感涙
ヴィオラは素晴らしいチームでした。アグレッシブで、組織的で、頭脳的で、バイエルンは何もかも負けていました。
でも、いい試合をした方が必ずしも勝ち上がるわけではないという不条理もまたサッカーの一部として受け入れて…は、くれないですよね、やっぱり。反対の立場だったらワタシとて「あのゴールがなければぁ~っ」と言っていたでしょうし。
まあ、せっかく拾った運なので、最大限に生かして、フィオレンティーナに恥ずかしくないよう、次こそいい試合をしたいものです。いやワタシがやるんじゃないんですが。
おまいらも最高!ウチらも最高!お互いマグレで勝ち上がっちゃって、決勝で当たっちゃったら全世界のモチベーションが上がらなくて痛快ですね~☆ひっひひひ(^皿^)いっしょにぎゃふんと言わせましょう!

投稿: コリアンダー | 2010/03/13 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/33718636

この記事へのトラックバック一覧です: CL:フィオレンティーナ対バイエルン:

» UEFAチャンピオンズリーグ 結果 [ 今日の笑っちゃう超オモシロニュース]
<サッカー>朴智星、今季2得点目…マンUが欧州CL8強入り 18 スターの戦争と呼ばれる欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグ。朴智星(パク・チソン、29、マンU)は大きな舞台に強かった。 朴智星は11日(日本時間)、英マンチェスターのオールドトラフォードで行われたマンU-ACミラン(イタリア)の第2戦に ... (続きを読む) ベッカム 7年ぶりに古巣ユナイテッドに里帰り 6 ਹ... [続きを読む]

受信: 2010/03/12 06:57

« あなたに100万本のチューリップを | トップページ | CLその他と鼻カゼの中のアイツ »