« 新ユニフォームは縦ジマだ! | トップページ | 真央チャンおつかれさま »

2010/02/26

イェンス劇場&FIFAの番組

オリンピックや何かと併用してると結局どっちつかずで時間が足りませんな(苦笑)。

すっかり遅くなってしまったので、かんたん感想と結果だけ

2月23日 UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦 1st leg
シュツットガルト 1-1 バルセロナ

100223_jensj

いや、レーマンはさほど活躍してなかったのですが(^_^;)
活躍したのは、足がつるほど戦い続けたケディラ(泣かせるぜ…)はじめ、ひたすらハードワークで、魅力的で素晴らしい試合を展開したシュツットガルトのみんなでありましょう。
攻めても守ってもみんなそれぞれとっても良かったので、特に誰が、というのは挙げにくいのですが…。もちろんレーマンもその中に入れても全然かまわないのですが、ネタで済んでよかったね、というドッキリプレーもあったのでね…。

それにしてもシュツットガルトは本当に素晴らしかったのですが、それだけに勝ちきれなかったのはつくづく惜しかったです。失点をゼロに抑えることも、もう1~2点取ることもじゅうぶん可能だったと思います。

カンプノウで同じような試合をするのはとても難しいでしょうが、失うものは何もない挑戦者なのだから、捨て身になって伸び伸びやって欲しいです。そしたら奇跡が起きるかも・・・
でも、バイエルン戦でおんなじようにされたら困るわ(汗)、とちょっと焦ったり(^_^;)

<戯言余談>
フレブがキレッキレ☆でしたけど、やはり古巣相手に思うところがあって張り切ったんでしょうか。試合後も元チームメイトとなつかしそうに語り合ったりしていて、いいところを見せられてよかったね(^^)とほほ笑ましく思う一方で。
世話になったバルサに今の自分を見て欲しい、という思いは変わらないはずなのに、まったくいいところなく、意気込みが空回りしてしまった去年のファンボメルの無念を今さら思い出してしまって、胸がチクチク痛んだんだぜ…。

----------

2月24日 同じく、インテル 2-1 チェルシー

100224_lucio

いやあ、がっつりやってましたねぇ( ̄∀ ̄)Zzz

起きてましたけど、目開けたまま寝てしまいますた。スミマセン。
戦術とかじぇんじぇんわからない、特にヒイキの選手がいるでもなし、チーム知識も情報もほぼナッシング、ビッグクラブ同士の対決だからという理由で見ているようなミーハー素人で「まあ、どっちもがんばれ~」のワタシとしては、このようなハイレベル、まったく互角、相手のいいところを消し合うようながっつりサッカーは、あんまり感想がないのにゃ~zzz…

ルシオが大活躍してました。青黒ユニも違和感がまったくなく、すっぽりインテルに収まってるようで安心しましたよ。あまりに本人がばっちりなので、ところで家族は無事にミラノになじんでいるだろうか、と枝葉の方に思いを寄せる余裕まで。
そして、バイエルンが今、ルシオの不在を嘆かずに済んでるのは、ファンブイテンががむばってるおかげなんだもんね!と、意味なく得意げになってみたり。
元チームメイトのバラックとのやりとりはどうなのかな、と思いましたが、二人が対峙するシーンはほとんど見られなかったような。

チェフが試合中に怪我をしてしまい途中退場してしまいました。筋肉系に見えましたが、大丈夫かな…(汗)
J・コールがアップしてるところを何回かカメラに抜かれたものの結局出番ナシ。ざんねん。もうスタメンに戻ることはないのかしらん…?(汗)

CSKA対セビージャはまだ見れません(汗)本田君ががむばったみたいだけど…

----------

ひっそりとこんな番組がスカパで始まりました。

「2010FIFAワールドカップ プレビューマガジン」(放送スケジュールはこちら

FIFAが作った番組のようです。スカパの番組を契約している皆様は無料で見れるらしい。
毎回、W杯出場32ヶ国を紹介していきますよ~、というものらしいのですが・・・

昨日放送された第1回では、いきなりオランダアルゼンチン特集でありました。
Dsc06670

ファンマルヴァイク監督は鼻がとっても曲がってるのである・・・

Dsc06671
私信恐縮・筍母さん必見ですぜ!カメラ目線でのロビントーク&監督がめっちゃホメホメです!

他、アフェライとカイト(一瞬)も登場!ファンボメルは特にフィーチャーされていなかったのですが
Dsc06669
こうゆうところでの露出が多かったので満足(^^)

関係者のトークをまじえつつ、その国の歴史や過去の戦績、予選レビューや注目選手、いいところだけでなく問題点も取り上げてます。オランダはここ一番で栄光を逃してしまうメンタル面について指摘されてました。そこは監督も自覚してるようです。しかし
「我々は経験をしに行くのではありません。勝ちに行くのです」という言葉が頼もしい。

アルゼンチンについては、切り口がカラめで、マラドーナ監督についてやんわりチクチクな雰囲気が面白かったです。ニホンの地上波TVのように、メッシ崇拝一辺倒になってないのがよい。ミーチョは全然映りませんでしたトホ。

30分番組の半分ずつを使ってるのでたいした情報はなく浅い内容ですが、なにせオランダ代表が(今回のように、日本と対戦するということがない限り)TVで取り上げられること自体が貴重なので、ワタシ的には、なかなか見どころ多かったです。
我がドイツがどんな風に紹介されるのかとっても楽しみです。
ちなみに、来週は韓国&北朝鮮特集らしいです。韓国と言えば、なつかしアン・ジョンファンが代表復帰とか、なんとか…。

|

« 新ユニフォームは縦ジマだ! | トップページ | 真央チャンおつかれさま »

コメント

美中年番組があると聞いてやってまいりました。
いいですねー監督、勝ちに行って欲しい!!ボメも監督の気持ち、国民の気持ち…きっと分かってるはずですよね。
ボメはまたしてもシークレットでアンタッチャブルな存在として扱われたのですね。フフフ、全ては計画通りですね<…寂

今、シュツットガルト×バルサを見ているんですが、何でシュツットガルトはこの内容で勝てなかったんだ~(涙
サッカーの神様、今季もバルササポでしょうか?

投稿: クゥシィ | 2010/02/27 06:58

> クゥシィさん
美中年の星、ファンマルヴァイク監督はあんまり正面向かない方がいいと思ったりしましたトホホ。監督の口からボメホメトークも聞きたかったのですが、隠し玉作戦は進行中なのだった…。ただの親族びいきに映ってもアレですしねぇ。
明日の試合は観戦にいらっさって、ボメ家でお孫さんたちと団欒なさるらしいですね~?トーマス君があのトロフィーを自慢するに違いないよ。ほわほわわ~~ん(*´∀`*)ボメ家にお泊まりするのかな?でも結局、じいじとパパはリビングとかで、来るべき代表戦に向けて真剣なサッカー談義してそうですよね。
シュツットガルトは惜しかったです。あんなに素晴らしい試合でゲームをほぼ支配していながら…。一瞬のエアポケットを得点につなげられてしまいました。「善戦したけど惜しかった」では済ませて欲しくないですが、サッカーの神様…、う~~むむむ。

投稿: コリアンダー | 2010/02/27 14:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/33536462

この記事へのトラックバック一覧です: イェンス劇場&FIFAの番組:

» 安貞桓 Wikipedia [忙しくても読める!旬。瞬。なニュース]
サッカー韓国代表 安貞桓(アン・ジョンファン)? サッカー韓国代表 安貞桓(アン・ジョンファン)?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091226-00000014-ism-socc安貞桓ってまだトップレベルでやれるんですか?(続きを読む) 安貞桓(アンジョンファン)は釜山アイパークを退団したのですか? また、現在どうし... 安貞桓(アンジョンファン)は釜山アイパークを退団したのですか? また、現在どうしてるかご存知の方教えてください!! なぜ釜山アイパーク退団... [続きを読む]

受信: 2010/02/27 09:40

« 新ユニフォームは縦ジマだ! | トップページ | 真央チャンおつかれさま »