« 短信:バイエルン対グロイター・フュルト | トップページ | 間もなくドルトムント戦、ですが »

2010/02/13

ポカール:バイエルン対フュルト

Dsc06621
近い~~~heart04

只今FCバイエルン内で胃腸風邪ウィルスが流行してるらしいので、心配です。
少し前にブットが→ファンブイテン→そしてこの試合に出場する予定だったオリッチプラニッチも直前になって欠場が決定、と。次は誰だ!?(汗)という事態になってしまってるようです。さいわい、ファンブイテンは回復に向かっているようですが…

2月10日 DFBポカール 準々決勝
バイエルン・ミュンヘン 6-2 SpVggグロイター・フュルト

勝ったというのにめっちゃ厳しい、でも妥当かも知んないと思ふkickerの採点もどぞ
100210fcbfuerthfj
交代:コンテント(3)(59レル)、アラバ(2.5)(59ティモシュク)、アルティントップ(73リベリ)
サブ:クラフト、ゲルリッツ、プラニッチ、エキチ

得点:トーマス・ミュラー(5)、ヌーテ(10)、アラグイ(40)、ロッベン(58PK)、リベリー(60)、ラーム(64)、トーマス・ミュラー(82)、アラグイ(89オウンゴール)
カード: ロッベンファンルケンベルクペコヴィッチ

マンオブザマッチにトーマス・ミュラー

100210_mueller2 アホづら(ミュラー)。

妥当かも知んない、と言いつつ、バトシュトゥバーはちょっと辛すぎないか?!「4」とか「3.5」ぐらいでもいいと思うぞ。そしてティモシュクとミーチョが「5.5」とか「6」とかじゃなくてホントに良かった…(汗)どこかのメディアではミーチョに「6」付いてたけど…うぁ~(汗)

ちなみに、フュルトの方が全体的にバイエルンよりも良い採点だった印象です。…まあ、でも、そうかもねぇ。
得点とプレー内容がこれほど一致しない試合も珍しいかも知れません。

天気がとても悪かったようです。寒いのももちろんですが、水分を含んだベチャッとした雪が降っていたようで、ピッチもずぶ濡れ、ボールコントロールがかなりかなり難しそうでした。
こういう時に、パスサッカーを目指しているバイエルンは厳しいのかも知れません。グラウンダーで転がすな!クロスを上げい!と思ったけど、なかなかそう簡単には…。

100210_lahm

前半はメチャクチャでした。
早い時間にミュラーが決めたので、よっしゃっ、この調子で、と思ったのに、まぁなんでしょうどうでしょう、あのですね、こういう一発勝負の試合は、失うもののない挑戦者、今回の場合はフュルトですが、の方が、思い切ったひたむきなプレーで思わぬパワーを発揮し、傲慢な強者を脅かすものなのです。
劣悪なコンディションに苦しんでいるのは向こうも同じはずなのに、バイエルンがモタモタしている間に厳しいプレスでパスコースをふさぎ、パスカットから鋭いカウンター、実力で劣るなら情熱で勝負だ!と、速い熱いヤバいサッカーでバイエルンを劣勢に押し込みます。

「傲慢なんかじゃない、俺たちは傲慢じゃなかったんだぁ~」とファンボメル主将が必死に(?)コメントしていたようですが、なるほどバイエルンは、そんなグロイター・フュルトに対して、確かに「へっ、こんなヤツら俺らが本気出せばいつだって」とか、そんな傲慢さは感じられなかったですね。だって

あっぷあっぷでしたもの。(爆)

どいつもこいつもミス多発、守備はメロメロ、ティモシュクが本当に哀しくなってしまうほど周りとかみ合わず、何よりも、あまりにヒドかったので気の毒で書きにくいのですが、特にデミケリスがボロボロで、そんな感じで、なんてこった前半は魔さかの1点ビハインドで折り返しぃ~~(汗)

後半に入ってもしばらくは苦しんでいましたが、徐々にフュルトの方も疲れてきたところでロッベンがうまくPKゲット、自ら決めて同点になったところでバイエルンの雰囲気も上向いてきます。

これから、という時にティモシュクが下げられてしまったのは、彼にももう少しだけチャンスを与えて欲しかった気持ちもあるので残念でしたが、いたし方ないのかも…。

なんとなんと、ここでファンハール監督、先日アマチュアからプロに昇格したばかりのアラバコンテントを一気に投入という賭けにでます。
ティモシュクに代わってDHに入ったアラバは17歳7ヶ月での公式戦プロデビュー、ということで、バイエルン最年少記録だそうです。

100210_fcbtv3

こうして見ると少年だわ~と思いますが、プレーもフレッシュで、だけどなかなかに、視野も広く確実で、もう攻めてよし守ってよし、なんと、リベリによる3点目までアシストしてしまうという活躍ぶりでした。

100210_contento

同じくプロデビュー戦となったコンテントも、左SBに入りましたがこちらもイキのいいプレーで積極的でスピーディーな攻撃参加が光りました。

ようやく流れを取り戻し、自分たちが何者なのかを思い出したバイエルン、ラームによるスーパーゴールと、やっぱりトップ下は得意なのかな、今回ノリノリだったミュラーのゴールでダメを押し、さらに試合終了間際にオウンゴールによるオマケまでゲットして、終わってみれば6ゴールでの大勝!無事に準決勝へと駒を進めたのでありました。
ほんと、「無事に」というのが率直なところでした~。ふー。(安堵のため息)

(すみません、時間が足りなくなってしまったので、後半だいぶはしょってます)

100210_fcbfuerthj

抽選の結果、準決勝の相手はシャルケに決まりました!

フフフ・・・来ましたね。いやぁ正直、アウグスブルクと当たったブレーメンがちょとうらやま(略)
いやいや、相手にとって不足はないぜ!熱いガチ勝負と行こうじゃないの!勝たせていただきますよ!ガクガク(←言ったそばからブルってる)

おまけ(特に意味はありませんが)
Dsc06623
26、25、27。

|

« 短信:バイエルン対グロイター・フュルト | トップページ | 間もなくドルトムント戦、ですが »

コメント

こんにちは。
ボメのアンダーシャツ姿、「ひゃ、寒くないのか~」と思いました。強いなぁ。
勝っても辛い採点なのは、kickerさんらしいですね。ボメがむばれ~!
いろんなところで写真見ていると、ボメはいつも、チームメイトの肩を抱いたり、頭に手をかけたり(←主に若い選手)していますね。一生懸命チームをまとめているんだと思います。今回のポカルの試合は、メンバーの入れ替わりや天候など大変だったと思いますが、勝って本当によかったです。
>ウィルス・・・さっき日本語の公式見たら、今のところ今日のBLに出られないのはケガ?のミロだけのようですね。これから大変な日程ですから、選手の皆さん、気をつけてほしいですね。では又。

投稿: 梢 | 2010/02/13 13:21

> 梢さん
ボメラー瞬殺モノのアンダーシャツ姿にメロメロですheart01さすがに寒かったみたいで、ダウンを羽織ってましたね~。アンダーシャツの上に直接ダウンというのもこれまた…heart04
kickerの採点はカラいですね。4.5…予想以上に悪かったheart03ミスが多かったですし、仕方がなかったのか…。とほほ。まあ、契約延長に支障が出るほど酷かったわけじゃないやい、と思っているんですが…やっぱ甘口が過ぎますかねショボン。
ボメは積極的に若手をかわいがってますよね☆サッカー上でももちろんいろんなアドバイスとかしているみたいですし、いっしょに遊んだり(?)もして、彼らから見たら頼れるいい兄貴分なのでしょうね。ステキだわ~heart
採点が物語っているようにとってもマズいゲームでしたが、無事に勝利することができました。どんな内容でもきっちり勝ちをつかめるようになったのは良いことですが、ちゃんとやればちゃんとできるんだから、CLではこうはいかないでしょうし、もっとビシッとしてくれなくちゃ今後自分たちが困ることになるんだぜ…
ダニエルもクロアチアンコンビもなんとか胃腸炎から回復したようですね。ひと安心ですが、まだ油断できませんよね。大事な英国週間、CLも控えてますし、これ以上の感染者が出ませんよーに…。ミロは早く治りますよーに!

投稿: コリアンダー | 2010/02/13 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/33341217

この記事へのトラックバック一覧です: ポカール:バイエルン対フュルト:

« 短信:バイエルン対グロイター・フュルト | トップページ | 間もなくドルトムント戦、ですが »