« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010/02/28

ミア・ザン・ミア16ヶ条

本日(2月27日)はFCバイエルン創立記念日だそうです。
今年は110周年ということで、公式に「誕生日おめでとう」全員集合写真が

100227_team_2010

「team2010」というファイル名が付いてました。デミケリスとファンブイテンが後ろの方でひっそりしてるのが気になりますが、みんなの笑顔がとてもいいですね。(コンテント態度デカ!(^_^;))
選手たちの中心にいるファンボメルキャプテンが誇らしげです。
こうして見ると、改めて、この節目の年に、彼がこの伝統ある偉大なクラブの主将であることを、いちファンとして、本人同様、誇りに思います。
キャプテンだから好きなわけではないけれど、キャプテンじゃなきゃよかったのに、と思うこともあるけれど、でも、やっぱり。どうか、これからも。

05_meister
バイエルンの過去の優勝フォトもアップされていました。カーンがはしゃいでいるこの年の写真がスキです。
ファンボメルが真ん中でシャーレを掲げている写真をこれらに加えたい!加えてみせるぞ!

それとこれと関係があるのかどうかわかりませんが、カーンのインタビューがtzに。
「FCバイエルンと私」的なテーマで、バイエルンの思い出やら、FCバイエルンとはこうである、といった内容をたっぷり語ってくれてうれしいのですが…。
なっがぁ~~!(汗)
リンク貼ったので読んでね~(逃)ε=┌(;^∀^)┘

さて

これも110周年記念の一環なのでしょうか。このたび、外部には秘密にされていた、FCバイエルンの社是、じゃないわ、関係者心得、じゃない、クラブ精神、なのかしら、なんですか、説明がむずかしいのですが、ともかく、「Mia san mia 16ヶ条」とでも言うべきものが、初めて公表されました。

バイエルンが今季の前半にへなちょこしていたので、ウリ・ヘーネスが「今のバイエルンにはミアザンミア精神が足りん!」と言ったり、「いやそんなことはない、ミアザンミアはあるんだぜ」とか、いい試合をした後に「これがミアザンミアだ!」と書かれたりとか、とにかく今シーズンのFCバイエルン的流行語大賞になりそうな、「てかミアザンミアってどーゆー意味?」とババリアン語が不自由なワタシを困惑させ、とりあえず「俺たちは俺たちだ」という意味でいったんは落ち着いた、あの「Mia san mia」です。

100224mia_san_mia
バイエルンのクラブハウス内に、このように掲示されているらしい。

100225_mia_san_mia
その前に立つ主将トリオ。

このプレートに、ミアザンミアについて16ヶ条が書かれています。
Bildtzなどですでに紹介されてましたが、公式サイトにも出ました。日本語版には出ないような気がしますので、自分用メモも兼ねて。たたみます。

----------
余談ですが、上の主将トリオの写真がステキだな、と思っていたら、バイエルンの選手名鑑やマガジンでの仕事をしている、フォトグラファーのChristian Kaufmannによるものらしいです。
ということで、久しぶりに本人のサイトを見てみたら、「最近の仕事」として、多分「エッフェンベルクは時代遅れ」と発言したと思われる、PLAYBOYのインタビューでのラームフォトがばばーん!

Playboylahm

わーぉ!(驚)
なななんですかその「P」マークのネックレスは!その指輪は!(汗)
う~んさすがプロ、媒体に合わせたイメージで、あのラムたんもこんな色男に~っ

続きを読む "ミア・ザン・ミア16ヶ条"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/27

アルゼンチン戦に向けてのドイツ代表招集メンバー

ヴィーゼが怪我でもしたのかと思って、昨日のELのラインナップを調べたら、ブレーメンの4得点中、うち3点はなんとピサロのハットトリックだったらしいですね。あわわ・・・(汗)

ということで、3月3日の親善試合・アルゼンチン戦に向けてのドイツ代表招集メンバーです。
ミュンヘンでやるよー!ZDFで放送だよー!てことは?カーンの解説inアリアンツ?ピッチに出てきてしゃべるのかな?それでそれがスクリーンに映ったりするのかな?
いいな~…。ワタシの分までしっかり見てきてね←勝手私信御容赦

----------
GK
レネ・アドラー (レヴァークーゼン)
マヌエル・ノイアー (シャルケ)

DF
ジェローム・ボアテング (HSV)
アルネ・フリードリッヒ (ヘルタ・ベルリン)
フィリップ・ラーム (バイエルン)
ペア・メルテザッカー (ブレーメン)
マルセル・シェーファー (ヴォルフスブルク)
ゼルダー・タスキ (シュツットガルト)

MF
ミヒャエル・バラック (チェルシー)
クリスチャン・ゲントナー (ヴォルフスブルク)
トーマス・ヒツルスペルガー (ラツィオ)
アーロン・ハント (ブレーメン)
マルセル・ヤンゼン (HSV)
サミ・ケディラ (シュツットガルト)
トニー・クロース (レヴァークーゼン)
マルコ・マリン (ブレーメン)
トーマス・ミュラー (バイエルン)
メスート・エズィル (ブレーメン)
バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン)
クリスチャン・トレッシュ(シュツットガルト)
ピオトル・トゥロコフスキー (HSV)

FW
カカウ (シュツットガルト)
マリオ・ゴメス (バイエルン)
シュテファン・キースリンク (レヴァークーゼン)
ミロスラフ・クローゼ (バイエルン)
ルーカス・ポドルスキ (ケルン)

----------

ミュラークロースがキタ―――(゚∀゚)!!というのが今回の目玉のようです。
それにしてもMFの充実ぶりと、DFの層の薄さのギャップをどうしたものか。ベックがいないけど、怪我かな?そろそろフンメルスを呼んでもいい頃だと思うがな・・・。ヌテラの広告に出てるのが気になるけど(=ヌテラの広告に出ると、その後のキャリアがあんまりいいことがない、という勝手ジンクス有り)。

----------

オランダ代表も発表あり。先日紹介した仮メンバーから、バッカル(PSV)とブラマ(トゥエンテ)が招集外となったようです。

----------

W杯関係ないもの同士(トホホ―)ですが、ベルギー対クロアチアがブリュッセルで行われるらしい。
ファンブイテンは順当に選出されています。……背番号は5番がいいな~~(ひつこい)
クロアチア側の選手はわからん。まあ、オリッチとプラニッチを呼ばない理由はなさそうだけど…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/26

結果だけ:いつの間にやらELが

だー
かー
らー!!

「バイエルンがトゥラランに熱視線」(Goal.com日本語版)

気にしてないと言いつつも、そろそろか、という繊細な時期なんだからこうゆうのはやめてけれ…。なんでファンボメルが今季末で退団するのを前提に記事を書くのさっ。イライラ~

 
それはそれとして!
先週試合があったから今週はないものと思ってましたよ~!

またまたいつの間にかELが~(汗)油断した…。
いや、別に試合が見れるわけでないので、事前に知ってたから何をどうするわけでもないのですが、なんとゆうか、心構えがね(何それ)。

結果だけ。メモにもなりゃしない。

ベンフィカ 4-0 ヘルタ
(2試合合計ゴール数5-1でベンフィカのベスト16勝ち抜け決定)

PSV 3-2 HSV
(2試合合計ゴール数3-3、アウェーゴール数によりHSVのベスト16勝ち抜け決定)

ヴォルフスブルク 4-1 ビジャレアル
(2試合合計ゴール数6-3でヴォルフスブルクのベスト16勝ち抜け決定)

ブレーメン 4-1 トゥエンテ
(2試合合計ゴール数4-2でブレーメンのベスト16勝ち抜け決定)

ひや~。HSV、ぎりぎりでしたね。ヴォルフスブルクとブレーメンはホームで爆発したみたいで何より(^^)そーこなくちゃ

ちなみに、バイエルンとは縁が深いザルツブルクはスコアレスドロー、2試合合計ゴール数2-3にてスタンダールがベスト16進出するので、敗退決定となりましたようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

真央チャンおつかれさま

雑感。

100225_akko3

この呼び方がアリかナシかわからないけれど

おめでとう!アッコちゃん!8位入賞!!(^∀^)heart04

採点やらレギュレーションやらを超えて、もぅごく単純に、一番ステキでした!ドラマティックな情感いっぱいの演技に、文字通り心を打たれて、演技の途中から何故か泣きそうになりました。いや良かった。感動した。
この後の上位陣の戦いに緊張しすぎてなんだか気分がピリピリしてしまったのですが、アッコさんの爽やかな感動を思い出すと心がほっこりします~~

100225_akko2
おっきな目をくるくるさせて、かわいいな~(^^)

まあ、それで、あれだ。

100225_mao

・・・・・・・・・。

いや~普通に、銀メダルおめでとう!shineで、(ロシェットの銅メダル含め)まったく順当な結果だと思うので不満ゼロなんですけど。

二人はライバル、なのでしょうけど、現時点ではヨナちゃんの方がずっと上を行ってるように思われたので、真央チャンが実力を出し切っても金メダルはむずかしいんじゃないのかな~とシロート心に思っておりました。
がっ、マスコミが昨日の昼間っからSPの復習をしたり、やれ逆転だとかやれ金メダルだとかさんざんあおりまくったおかげで、最終グループが始まる頃から見てるこっちが無用に緊張してしまって、呑気にキャッキャと盛り上がった男子と違って、あんまり楽しくなかったですよう(T△T)

でもとてもハイレベルな演技が続々で、それはそれで堪能した…つもり。
キムヨナは本当に凄かった。フィギュアの神が憑いてましたね。圧倒されました。
それでも細こい体で果敢に立ち向かった真央チャンでありましたが、神の吹く風はあまりに強かったので、多少よろめくこともありますわ。
勇気とチャレンジに拍手~~!ぱちぱちぱち☆
…と言いたいところだけど、アスリート・浅田選手としての誇りが流す悔し涙が、そんな脳天気なコメントを拒むのであった。あう~(汗)

ところで

100225_miki

カヤの外に追いやらないで、彼女の成長もホメてやってくれ~い。
それにしても衣装がセクスィ~すぎやしませんでしたか。写真で見るとさらにドッキリしてしまうので刺激の少ないアングルで…。
てかモロゾフコーチの胸毛&チェーンチラ見せはイラッときた~!そんなとこでムダにフェロモン出さんでよろし!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

イェンス劇場&FIFAの番組

オリンピックや何かと併用してると結局どっちつかずで時間が足りませんな(苦笑)。

すっかり遅くなってしまったので、かんたん感想と結果だけ

2月23日 UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦 1st leg
シュツットガルト 1-1 バルセロナ

100223_jensj

いや、レーマンはさほど活躍してなかったのですが(^_^;)
活躍したのは、足がつるほど戦い続けたケディラ(泣かせるぜ…)はじめ、ひたすらハードワークで、魅力的で素晴らしい試合を展開したシュツットガルトのみんなでありましょう。
攻めても守ってもみんなそれぞれとっても良かったので、特に誰が、というのは挙げにくいのですが…。もちろんレーマンもその中に入れても全然かまわないのですが、ネタで済んでよかったね、というドッキリプレーもあったのでね…。

それにしてもシュツットガルトは本当に素晴らしかったのですが、それだけに勝ちきれなかったのはつくづく惜しかったです。失点をゼロに抑えることも、もう1~2点取ることもじゅうぶん可能だったと思います。

カンプノウで同じような試合をするのはとても難しいでしょうが、失うものは何もない挑戦者なのだから、捨て身になって伸び伸びやって欲しいです。そしたら奇跡が起きるかも・・・
でも、バイエルン戦でおんなじようにされたら困るわ(汗)、とちょっと焦ったり(^_^;)

<戯言余談>
フレブがキレッキレ☆でしたけど、やはり古巣相手に思うところがあって張り切ったんでしょうか。試合後も元チームメイトとなつかしそうに語り合ったりしていて、いいところを見せられてよかったね(^^)とほほ笑ましく思う一方で。
世話になったバルサに今の自分を見て欲しい、という思いは変わらないはずなのに、まったくいいところなく、意気込みが空回りしてしまった去年のファンボメルの無念を今さら思い出してしまって、胸がチクチク痛んだんだぜ…。

----------

2月24日 同じく、インテル 2-1 チェルシー

100224_lucio

いやあ、がっつりやってましたねぇ( ̄∀ ̄)Zzz

起きてましたけど、目開けたまま寝てしまいますた。スミマセン。
戦術とかじぇんじぇんわからない、特にヒイキの選手がいるでもなし、チーム知識も情報もほぼナッシング、ビッグクラブ同士の対決だからという理由で見ているようなミーハー素人で「まあ、どっちもがんばれ~」のワタシとしては、このようなハイレベル、まったく互角、相手のいいところを消し合うようながっつりサッカーは、あんまり感想がないのにゃ~zzz…

ルシオが大活躍してました。青黒ユニも違和感がまったくなく、すっぽりインテルに収まってるようで安心しましたよ。あまりに本人がばっちりなので、ところで家族は無事にミラノになじんでいるだろうか、と枝葉の方に思いを寄せる余裕まで。
そして、バイエルンが今、ルシオの不在を嘆かずに済んでるのは、ファンブイテンががむばってるおかげなんだもんね!と、意味なく得意げになってみたり。
元チームメイトのバラックとのやりとりはどうなのかな、と思いましたが、二人が対峙するシーンはほとんど見られなかったような。

チェフが試合中に怪我をしてしまい途中退場してしまいました。筋肉系に見えましたが、大丈夫かな…(汗)
J・コールがアップしてるところを何回かカメラに抜かれたものの結局出番ナシ。ざんねん。もうスタメンに戻ることはないのかしらん…?(汗)

CSKA対セビージャはまだ見れません(汗)本田君ががむばったみたいだけど…

----------

ひっそりとこんな番組がスカパで始まりました。

「2010FIFAワールドカップ プレビューマガジン」(放送スケジュールはこちら

FIFAが作った番組のようです。スカパの番組を契約している皆様は無料で見れるらしい。
毎回、W杯出場32ヶ国を紹介していきますよ~、というものらしいのですが・・・

昨日放送された第1回では、いきなりオランダアルゼンチン特集でありました。
Dsc06670

ファンマルヴァイク監督は鼻がとっても曲がってるのである・・・

Dsc06671
私信恐縮・筍母さん必見ですぜ!カメラ目線でのロビントーク&監督がめっちゃホメホメです!

他、アフェライとカイト(一瞬)も登場!ファンボメルは特にフィーチャーされていなかったのですが
Dsc06669
こうゆうところでの露出が多かったので満足(^^)

関係者のトークをまじえつつ、その国の歴史や過去の戦績、予選レビューや注目選手、いいところだけでなく問題点も取り上げてます。オランダはここ一番で栄光を逃してしまうメンタル面について指摘されてました。そこは監督も自覚してるようです。しかし
「我々は経験をしに行くのではありません。勝ちに行くのです」という言葉が頼もしい。

アルゼンチンについては、切り口がカラめで、マラドーナ監督についてやんわりチクチクな雰囲気が面白かったです。ニホンの地上波TVのように、メッシ崇拝一辺倒になってないのがよい。ミーチョは全然映りませんでしたトホ。

30分番組の半分ずつを使ってるのでたいした情報はなく浅い内容ですが、なにせオランダ代表が(今回のように、日本と対戦するということがない限り)TVで取り上げられること自体が貴重なので、ワタシ的には、なかなか見どころ多かったです。
我がドイツがどんな風に紹介されるのかとっても楽しみです。
ちなみに、来週は韓国&北朝鮮特集らしいです。韓国と言えば、なつかしアン・ジョンファンが代表復帰とか、なんとか…。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010/02/24

新ユニフォームは縦ジマだ!

昨日、GAORAにてニュルンベルク戦を見たのですが、拷問、とは言わないまでも、ちょっとした苦行でありました(-_-;)リアルタイムでは「惜しいっ!」「あ~もうっ!」と声を上げて腰を浮かしたりしましたが、結果を知った後だと、あのシュートもこのクロスも合わないor入らないのがわかってるだけに…( ̄∀ ̄)Zzz

コンテントが思ってたほどはよくなかったなぁ、とか、見直してもやっぱり後半開始~失点までの時間はいただけないよ、とか、終盤のバイエルンの猛攻とニュルンベルクの必死の守備は、まあ、お互い気合が入っててそう悪くはなかったので、そこが試合直後の「ベストゲーム」発言なわけね、と思ったのですが、まあ、それはさておき。

引き分けでもベストゲームだったってゆうのは昨日のCLでのシュツットガルトのことを言うんじゃないのか~い?と思いながら、とりあえずレーマンがとっても面白かったのでネタの準備をしつつ、バイエルン公式にファンボメルの契約延長のニュースはまだ出てないのかい、とアクセスしてみたらアナタ!!
何をおいても真っ先に伝えたくなるニュースが目に飛び込んできましたよ~~!

ばばーーーん!!!

100224_fcb2

FCバイエルン創立110周年記念・10/11シーズンホームユニ!!!

ちょっとアトレティコ・マドリーみたいですが、いやいや、なんのなんの。

OK!!!

ちなみに、左端で顔が隠れてしまっているトホホさんは誰かと思ったらロッベンであった。

100224_trikot2
(ロッベンパンツ=モモヒキ履けばいいのに…)
ソックスは黒なんですか。それはどー?

今年のアホアホウルトラユニはさすがに評判が悪くて1年でボツになった、というわけではないのでしょうかね?それだったら、前の横縞のをもう一年続けて、横縞の次は縦ですよ~ん♪という展開もアリだったのではないかと思いますが、まあ、別にどーでもいいか…。

素晴らしい!最高!というほどではないですが、まあまあカッコいいでないの?☆これは久しぶりに、買ってもいいと思うホームユニでございます(^ー^)
誰の名前にしよ~かな~。5番かな~17番かな~(←どうせどっちかだろ)
でもこういう、ナニゲにちょっと変則的な縞は描きにくい…(独り言)

襟のデザインも凝ってます
100224_trikot
„Legenden und Loyalität“(伝説と忠誠?)
真ん中に描かれているのはゲルト・ミュラーのようです。

100224_fcb
笑顔もOKheart(←戯言)
何故かファンボメルは妙に似合ってるな~、と思ったら、古巣PSVのユニフォームも赤白縦縞なのであった。あわわ。ぶるぶる、まだだ、アタイらのカピテンはまだ返さないよ~~(予定)ゴメン~

Vanbommel5_400x230 激似やん(汗)

バイエルン公式によると、5月3日から発売らしい?
そして、創立記念日である2月27日に合わせて、28日のHSV戦にてさっそくお披露目をするみたいです。(語学力に自信がないので確かではないのですが、多分…。)
新しいユニフォームを着て、フレッシュな気分でゼヒ、気持ちよく勝利といきたいものです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/22

23節・kickerの採点、とか

Dsc06661

いやはや

Dsc06659

ウワサのドイツ代表シェップ選手は、予想以上にカーンにそっくりでした(T∀T)
ストーンを投げた後、デカい声で指示を叫ぶ姿はまさにそのもの…

体もデカかったですが、プレーも豪快でしたね。悪く言えばおおざっぱ・・・(こらっ)
日本も、ロシアとの試合で大逆転劇をした後だったので疲労があったのかどうか、あまり冴えがなくミスショット連発で、なんだか大味な印象の試合で負けてしまいました。ざんねん。

それにしても、ファンブイテンもファンボメルも、ピッチでけっこうデカい声を張っていると思うのですが、TVからはあまり聞こえませんよね。カーンがいかに大きな声と存在感であったかを今さら思ってみたりする。

というわけで(←ムリヤリつなげる)23節のkickerの採点が出ました

ブット(4) - ラーム(3)、デミケリス(3.5)、バトシュトゥバー(2.5)、コンテント(4) - ファンボメル(3)、シュヴァインシュタイガー(3.5) - ロッベン(2.5)、ミュラー(2.5) - ゴメス(3)、オリッチ(4) アルティントップ(3.5)

ちなみに、MoMにはなんと、ニュルンベルクからブレーノが選ばれました。
しかもベストイレブンまで(初)!あいやいやいや…何をか言わんや(汗)
ひっじょ~に複雑ですが、活躍できる場が見つかってよかったです。

バイエルンへの採点はBildに比べて甘めな感じ。まあ、つまりやっぱり内容は悪くなかったってことなのかな~?
しかしその一方でニュルンベルクのFWのカリステアスに5.5の鬼採点が…。あちゃ~。確かに存在感ナッシングではありましたが・・・(汗)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

まだまだ運はついてるらしい

スキークロス終わってた…トホ(独り言)
おはようございます。さっそく結果をcheckしてみたら

ブレーメン 2-2 レヴァークーゼン

ヴォルフスブルク 2-1 シャルケ

!?!(゚∀゚)

途中までレヴァークーゼンとシャルケがリードしていたので、「まぁね」と思って寝たのですよ。

100221_bremen

後半ロスタイムにメルテザッカーが!

とゆうことは?!

100221_kicker

なんと!

ツいてる・・・・・・・・・。

とりあえず、メルテザッカーさんありがとうheartと、こそっと礼を言ってみる。
なんだか、↓前のlogにて「今後のためにもバイエルンは1回追い抜かれた方がいいのだ!ブレーメンの応援なんかしない!」と、威勢のいいことを言ってるヒトがいるようですが気のせいです。
だから、なんだかんだ言って、愛するチームが勝ち上がるのなら、プライドなんか簡単に捨てるのよ~ホホホ~~ε=┌(;^∀^)┘

バイエルンとしては命拾いしたわけですが、本当にたまたま運が良かっただけなので、調子に乗らないように。でもせっかく拾ったこの運をむざむざムダにせずに、しっかり生かして欲しいと切に願うものであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

23節:ニュルンベルク対バイエルン

どもども、その節は口汚い言葉で激怒してしまいました。恐がらせてしまってスミマセン(^^ゞ

本文も厳しい感じになると思いますので、まずはらくがきでリラックスしてね。試合前に描こうと思っていたものですが・・・

100220_sutetekoj
「まあまあ、おとなりさんにも都合があるんだから」
いつものお隣さんが今日は来れなかったので、ちょっと寂しい晩酌になってしまったステテコ家であります。

そんなお隣さん=リベリとファンブイテンが欠場した試合です。一夜明けて冷静にはなりましたが、機嫌は直らないわよ~

2月20日 ブンデスリーガ 第23節
ニュルンベルク 1-1 バイエルン・ミュンヘン

kickerが間に合いませんので、Bildの採点を合わせてどぞ
100220nuernbergfcbfj
交代:アルティントップ(5)(46ロッベン)、クローゼ(4)(70オリッチ)
サブ:レンジング、ゲルリッツ、アラバ、プラニッチ、ティモシュク

得点:ミュラー(38)、Gündogan(54)
カード: ブニャクアイクラーアルティントップ

100220_basti
久しぶりにシュバの写真を貼ったと思ったらこんなんヤダー

長くなったのでたたみます。らくがきはGAORA放送を見てから描きます(予定)…が、CLがあるからどうかなぁ?

続きを読む "23節:ニュルンベルク対バイエルン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/21

カーンVSクリスタルジャパン?!

アホネタでリラックス。

ドイツの女子カーリングチームの選手がオリバー・カーンにそっくりですぜ、という、しょうもないネタがBildに。

10_02_21_bild

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。(^_^;)

え~えと、ごほん。スキップのアンドレア・シェップさん。44歳。コーチも同じ名前なのですが、お兄さんか何かかな?それともたまたま同姓なのか…。

日本代表は今夜未明から明日にかけて(カナダ時間だと21日)、ロシアとこのドイツとのダブルヘッダーだそうです。ドイツとの試合は日本時間の明日昼12時から。

もちろん、ここはやっぱり日本応援ですが、シェップさんがカーンとどれくらい似ているのか、まあ見てみようじゃないか。
てゆーか、女性に対して「カーンに顔が似てるよね」って、どう・・・・・・。

(ちなみに、このページのカーリング紹介フォトギャラリーの中に、マリリン本橋の写真がありましたよ~。Bildも認めるかわい子ちゃん、ということかな?)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

速報:バイエルンダービー

danger猛毒注意!danger

ニュルンベルク 1-1 バイエルン

100220_mario

怪我退場したらしいロッベンの具合がとってもとっても心配ですが。詳細を待ちます。

ひとまず。言いたいことは。

オマエらちゃんと反省しろ!!

毎度毎度口ばっかりの反省とか言い訳とかしていらん!CLの辛勝から何を学んだんだ。

ロッベンがいないと何も出来ないんですかそーですか。

なんなんだ、あの、後半に入ってからのダラダラグダグダしたプレーっぷりは!
傲慢以外の何物でもない。この結果は自業自得。

失点してからあわててエンジンかけても遅いんだよ!

明日はブレーメンもヴォルフスブルクも応援してやらんぞ。レヴァークーゼンとシャルケに差を付けられて、尻に火をつけて熱い思いをした方がいいと思う。

俺は今、猛烈に怒り狂っている!失望した!

(そんなわけでとにかく怒ってますので、お見苦しい点ご容赦ください m(__)m)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/20

間もなくニュルンベルク戦

ウォウウォウウォウ!ヤップヤップヤップ!イエーーーーーーーッス!!
(↑すぐつられる)

なつかしのジェニファー・アニストンがオリンピックに出場してる?と思ったら、カーリング女子のイギリス代表であった。

いやいや~、本日のカーリングは盛り上がりましたね~!(^▽^)
今まで見れてなかったのですが、今日は第4エンドあたりから、それでもところどころながら見にはなりましたが、まあまあガッツリ見れましたよー!

見ているうちにだんだんルールも思い出して、熱戦を堪能しましたが、小林さん(だっけ)のカーリング愛あふれる熱い解説が相変わらずだったのがうれしいです。
それにしても、「クリスタルジャパン」て全然浸透してないような…(^_^;)「チーム青森」だとマズい何か大人の事情でもあるのでしょうか?

それはさておき

Spam

30日経つまではココログさんは何もしてくれないことがわかったので、小1時間ほどかけて手動で、たまりにたまった約4,800件のスパムコメントを削除しました。ワンクリックで削除できるのは最大50件までなので、100回近く同じ作業をくり返したわけだ。お疲れさん自分。
だけど打つ手はナッシングなわけで、こうしている間にも次々とスパムは送られてきているのであります。向こうに感情は入ってないとはいえ、削除しても削除してもわらわら涌いてくる感じは虫みたいで実に気持ちが悪いものです。
あんまりためると面倒なので、ログインするたびに削除していますが、blogを更新する際につまらない作業をすることになってしまって憂鬱です。

つべこべ言わず、スパムは投稿自体を拒否れるようにさっさと設定し直せちゅうんだ!→ココログ

と、そんなことを毒づきつつ作業しながら、22節のハイライトをながら見…というか、ほとんどPC画面をにらみつけていたのであんまりアタマに入ってないのですが…

Dsc06652
「にすてる・・・・・・・(怨)」
ドッペルを決めたファンニステルローイに向かって、直立不動で呪いを送るシュツットガルトの着ぐるみ。恐い。(うそ。多分。)

そして我がバイエルンの楽しい勝利を復習して・・・・・・・・と!?

Dsc06653

ひやああああああああ(壊)heart04heart01

にゃにゃ、にゃげきっちゅしとる~~~!!!しっしかもしかも「チュッチュッheart」て2回も~~~~~!!!むっひょぉおう~~~!!heart04

Dsc06654

これはアレかな、家族が見に来ていたのかな?
前日に長男トーマス君のチームがトーナメント戦で優勝したというゲンのよさもあったようですが、この日のファンボメルのMoMの活躍は、家族がいたから、だったのかも知れませんね?
そういえば昨シーズンの初ゴールの時も投げきっすしてましたし、やっぱり家族が来てたのかも?

できればファンボメルの家族には全試合見に来ていただきたいところですが、そーもいかない今日はアウェーで、間もなくニュルンベルクとのバイエルン・ダービーであります。

リベリとファンブイテンがラブラブ欠場ということで、オリッチとコンテントが先発になるのかな?コンテントはブンデスデビューになるのか…。
まさか負ける!なんてことはあり得ないですが、CLでのまずいゲーム内容(「疑惑のゴール」を差し引いても)に対してちょっと厳しい目も向けられているかも知れませんし、気を抜かずに手を抜かずにしっかり走って集中して(←注文多し)、ガッツリ勝って欲しいものです。
それと、今日はアウェーで、向こうのチームカラーは赤なので、ロッベンは今日も白ユニ白モモヒキのステテコオヤジとなるのか、はたまた紺色モモヒキの初お披露目となるのか、それとも黒ならアリなのか?注目…いや、そこはしなくていいか(^_^;)
ともかく、なにはなくとも守備が心配でございます。ミーチョはそろそろビシッとしてくれい。コンテントは言わずもがな、シュバもボメルもしっかり守るんだぞー。くるくる回るなよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イケメンたちの話題

唐突にスミマセンが。

織田ク~~~ン(´▽`;)

100218_oda

キミって子はホントにどーしてこう、ネタ体質とゆうか、なんてゆうか、いろんな意味でやっぱりタダモノじゃないのね…。
でもでも、靴紐が切れてしまうまではほぼ完璧だったし、アクシデントの際も観客からの温かい拍手には感激したし、その後も気持ちを切らさずに最後まで立派に滑り切った姿には、本当に感動したぞ!それに、中断による減点にも関わらず、7位入賞は悪くない成績だと思うので、胸を張って帰って来いよ~~!!ぱちぱちぱち(拍手)

と言ってみたところで、それじゃ減点がなかったら何位だったんだろうとか思っちゃうわけで、本人は悔しくてたまらんだろな、やっぱり泣いてるのかな…と思っていたのですが、後でインタビュー映像を見たら、案の定、

大号泣してた(^_^;)

あ~う~もう~モエ~、これだから応援せずにはいられないんだわよ…トホホ。

まあ、それはそれとして。
やったね!高橋クン!銅メダルおめでとー!(^∀^)素晴らしかった!感動した!

さらにー!
おめでとう!ライサチェック!heart04なんだか「え~プルシェンコじゃないの~?4回転を跳んでないのに~?」という声も聞こえてきそうな雰囲気ですが、超ドシロートのワタシには細かいポイントは全然わからないものの、SPもフリーも通じて、見てて一番引き付けられたのは高橋クンとこのライサチェックであったので、いいなー、と思った選手が順当に評価されるのは嬉しいのだ。

100218_lysacek アンテナ立ててがんばっちゃったもんねheart

あと。
「パイレーツ・オブ・カリビヤン」をテーマに楽しいプログラムで魅せた、スペインのフェルナンデスとかいう選手が、ファンボメルとおんなじ黒髪モジャ毛だったので、ちょっとウフフ♪とか思ったり。

100218_fernandez ほら。若い頃のファンボメルと似てませんか?

…いや、顔は全然似てないんですけどね。

100218_fernandez2 ほら。

そんなほらほら言われても困りますわね。
他にも個性あふれるイケメンたちが続々と氷上で舞い踊って、満足と感動のイケメン博覧会2010(男子フィギュア)だったのでありました(^^)

しまつた(゜∀゜;)

ろくでもない内容のくせに、前置きのつもりで書いたものがすっかり長くなってしもうた。

引き続きろくでもない内容ですが、うだうだとサッカーネタを。本題をたたむのかー!

せっかくなのでオットルのイケメンショットをペタッとな
100218_fcbtv1

----------

続きを読む "イケメンたちの話題"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/02/19

オランダ代表招集仮メンバー

3月3日に行われるアメリカとの親善試合に向けてのオランダ代表招集メンバー(仮)

正式メンバーの発表は2月26日

GK
マールテン・ステケレンブルフ(アヤックス)
ピート・フェルトハウゼン(フィテッセ)
ミヘル・フォルム(ユトレヒト)

DF
エドソン・ブラーフハイト(セルティック)
ジオバンニ・ファンブロンクホルスト(フェイエノールト)
ヨーン・ハイティンハ(エヴァートン)
ヨリス・マタイセン(HSV)
アンドレ・オーイェル(PSV)
ロン・フラール(フェイエノールト)
グレゴリー・ファンデルヴィール(アヤックス)

MF
イブラヒム・アフェライ(PSV)
オトマン・バッカル(PSV)
マルク・ファンボメル(バイエルン)
ヴォウト・ブラマ(トゥエンテ)
オルラント・エンヘラール(PSV)
ニヘル・デヨンク(マンチェスターC)
スタイン・スハールス(AZ)
ウェズレイ・スナイデル(インテル)
ラファエル・ファンデルファールト(レアル・マドリー)
デミー・デセーウ(アヤックス)

FW
ライアン・バベル(リヴァプール)
エリエロ・エリア(HSV)
クラース・ヤン・フンテラール(ミラン)
ディルク・カイト(リヴァプール)
アリエン・ロッベン(バイエルン)

----------

かなり久しぶりらしいフラールについてスポナビに記事が出てました。
HSVに移籍したファンニステルローイについて監督のコメントはこちら。なんだか冷たいのぅ…。
あと、ファンデルサールはやっぱり代表復帰の意思はないらしいです。ちょっとしょぼん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CL:バイエルン対フィオレンティーナ

2月17日 UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦 1st leg
バイエルン・ミュンヘン 2-1 フィオレンティーナ

kickerの採点も合わせてどぞ
100217fcbflorenzf2j
交代:コンテント(4.5)(46ファンブイテン)、クローゼ(65ゴメス)、オリッチ(65ミュラー)
サブ:レンジング、プラニッチ、ティモシュク、アルティントップ

得点:ロッベン(PK45+3)、クロロルップ(50)、クローゼ(89)
カード: ファンボメルクローゼデ・シルヴェストリマルキオンニヴァルガス  ゴッビ(73)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

Dsc06650

どこか茫洋とした表情がこの試合を物語っている気がします。

なんと言ったらいいものか(困)。

あまりに後味の悪い勝利ですので、感想を書きにくいのです。
ともかく、前評判のことだけはありました。あの審判(と言うか副審も含めてのあのセット)には今後、決勝とか2nd legとか、際どい大事な試合の笛は吹いてもらいたくないものです。

誤審とカード乱舞祭りはさておいても、バイエルン的に試合内容がマズマズだったということで、チーム側からも反省しきりで、厳しい批評が多いことでしょうが…。

バイエルンが悪かったとゆうよりは、フィオレンティーナが良かったんだろうと思います。
リベリ封じ、磐石の守備、組織的な動き、GKフレイのパフォーマンス、みごとでした。

自信をもって挑んだであろうバイエルンでしたが、この試合に賭ける思いはおそらくフィオレンティーナの方が上回っていたに違いありません。
攻めても守っても、どうも後手後手に回るというか、受けて立つのが精一杯、という印象でした。

100217_daniel3

とりわけ守備が…。
デミケリスは相変わらず( ̄△ ̄;;)、でしたし、契約延長以降どうにも落ち着きがなく精彩を欠きまくりのファンブイテン
ファンブイテンは後半に入ってからコンテントと交代退場してしまいましたが、パフォーマンスがひどいから下げさせられたのかと思って、怪我だという情報が入るまでは気もそぞろでありました。

その失点、セットプレーでのコンテントの間抜けなボールウォッチャーぶりはもうアレでナニでむがむが(怒)、ですが、CLデビューして何分もたってないうちにいきなりのピンチ、ですので、本人的に準備が整っていなかったとしても無理からぬことかも知れません。
問題は、この大舞台にいきなり新人を投入した采配にあると思いますが…。
(この采配が成功した)ポカールとはレベルが違うんじゃい!と言いたくなりました。
もっと大差がついた状態ならいざ知らず、まだ1点差という際どい状況で…(汗)。
ただコンテントは、その後は失点のショックを引きずることなく、まずまずのパフォーマンスを見せていたので、心臓が強いヤツなのかも知れません。

100217_klose3
ミロよ!キミにはまったく恥じる点はないぞ!

だが今後議論と批判の対象になってしまうであろう、「疑惑のゴール」でバイエルンはぎりぎり勝ちを拾いました。
こちらとしても実に不本意で申し訳ない気持ちでいっぱいではありますが、フィオレンティーナのブランデッリ監督の冷静なコメントに救われる思いです。

それにしても。ここんところ毎回毎回、相手チームのファンを増やしそうな試合ばかりしてる場合じゃないよなぁ~…

このモヤモヤを晴らすためには、バイエルンは敵地で、自分たちが勝ち抜けにふさわしいチームだということを証明するべく、ガンガンゴールを取って大勝するしかないと思います。

自分たちが何者なのか、いま一度、胸に刻み込んで、気を引き締めてかかりましょう。

----------
スカッとしない気分なので、よかった探しでネタ祭り

Dsc06649
!?!(゚∀゚)

ハーフタイムでの「ワールドカップ注目選手」コーナーに唐突にファンボメルが~~っ?!
なななんと!ロッベンでもなくリベリでもなくファンボメルを持ってくるところがさすがスカパー、通ですね~☆ということですが、「オランダ代表不動のキャプテン」て…。
だ、誰とお間違えになってるのか存じ上げませんが、オランダ代表のキャプテンはファンブロンクホルストで、ファンボメルは副キャプテンですらありませんのでそこんとこヨロシク。
でも悪い気はしないのでありますウフフ(^ー^)
試合中にもアナウンサーが「オランダ代表の心臓を支えるプレーヤー」なんつってましたし…heart01
そのファンボメル、DHとして体を張ったりパスコースをふさいだり、特に守備面で大奮闘していたと思ったのですが、評価は低いようですね。頑張るだけじゃダメか…。

100217_rotkarte2
主審のメタボ腹にヴィオラ騒然!「うそーん!こんなハラでも90分走れんのかよー!?」「あり得ねーだろ!?」「何をどれだけ食ったらこーなるんだ!」「うるさい!騒ぎすぎで退場~!」

100217_sagnol
サニョルが来てたみたいheartゲッティーさんの透かしロゴが顔の真ん中を横断してしまうので、ちっこいサムネイルで失礼。

以下、内輪的ネタ劇場(^^ゞ
100217_robben 
ステテコ家のロッベン、がむばる!「かあちゃん、今夜はビール1本増やして~」
 
100217_robben4
「え゛~~~ダメなの~~?しょっくぅ~」

100217_robbenribery
しょうがないのでお隣さんに耳打ち「おたくから持ち込みってことで…」「了解…」

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/02/18

充実の1日、と、間もなくフィオレンティーナ戦

ささやかなお知らせ。ドルトムント戦のレポにらくがき付けました。いつものよーにユル~い感じで恐縮(^^ゞ

さて

足ぐねった(痛)

充実した1日(17日)を過ごしたので気分よく、初めて行く近所の焼肉屋でビールをガンガン飲んだら(だって平日は生が\100ってゆうんだも~ん)すっかり酔っ払ってしまって、まあ、話せば長いことながらアレコレあった後にハデにコケてしまって、ジーンズの膝に穴を開け、更に、足首をぐねってしまってイタタタ(>_<)、飲みすぎでコケて捻挫したなんて恥ずかぴーので、さらに飲むことによって忘れようとしている管理人コリアンダーです、皆さんコンバンワ。

それはさておき

やったぜ!織田クン!SP4位!

いっや~~、ミスなくベストを尽くしてくれればそれでいい、と思ってたのにまさかの好順位!
いつの間にこんなに実力つけちゃって、アタシゃうれすぃ(T∀T)
ちなみにウチのダンナは小菅クンの曲(ジミヘン)に「これはっ」と、ウケておりますた(^m^)

今日は午前中からヒトが来る予定があったのですが、なんとか、女子カーリングの最終エンド、という超オイシイところに間に合い(ラストはシビれる大接戦!だったのだけど、なにせ4年ぶりなものでルールを少し忘れてたり(^_^;))、イケメン博覧会(=フィギュア男子)も、プルシェンコやその他のイケメンや日本人選手等の気になるところはがっつりcheck、ゆうべのCLも見れて(2試合でヨカッタ…)、なかなか充実した1日だったのでありました。

嗚呼~~それにしてもジュベールよ(泣)

密かに「氷上のクローゼ」とワタシが勝手に呼んでいる彼が魔さかのミスで18位に沈むぅ~~~(ToT)(涙)
いや、特に彼のファンというわけではなく、どの競技でもそうなのですが、みんながベストの状態で競って欲しいと思うので、ミスしたりコケまくったりして本来の能力を発揮できないのは残念至極なのであります。まあ、それもスポーツの一部ではありますが。
それはそれとして、この4年間に大成長した高橋クンもいいところにつけましたし、フリーが本当に楽しみです!ウキウキ!(^∀^)

そんな感じで、男子フィギュアが思いのほか時間がかかったので、肝心のサッカーを見るのが遅くなってしまったのですが…

----------
2月16日 UEFAチャンピオンズリーグ 決勝ラウンド1回戦 1st leg
ACミラン 2-3 マンチェスター・ユナイテッド

100216_nestaambro

いやぁ正直、どっちも我がバイエルンにとっては宿敵ですんで、どっちが勝とうが負けようがどっちもどっちでゴニョゴニョ、なのでありましたが、いやはや。

ここ数年の間にすっかりバイエルンバカになってしまったワシでありまして(^^ゞ、セリエとかプレミアとか、ブンデスでさえ、他のチームのことがとんとわからんようになってしまっていたのでありますが、なんですか、ホームというのもあるでしょうが、いつもこんな感じでしたっけ、ミランがナニゲに魅力的なサッカーを披露していたので(やっぱりロナウジーニョパトのブラジルコンビ効果?)、あらあら(゚∀゚)へぇ~、と感心していたら、劣勢?と思われていたのに上手くスキを突いてマンUルーニーの2得点を含む3得点!

3-1!マンUにアウェーゴール3点も持っていかれたらキツいのでは?と思っていたら、世界のマスター(?)・セードルフロナウジーニョから、実に見事でアーティスティックなゴールが85分にぃい~~~!!!
やっぱり最後まであきらめちゃダメなのね、と思いました。

ゴールが沢山出ましたが、マンUもミランも、それぞれのゴールが入るたびに自チームに勢いを引き寄せ合っていたように見えました。

まぁ、ミラン的にキビシーことに変わりはないですが、1点差ですから、なんとかならないこともない。熱い2nd legを期待してまっせ~!(←てけとー)

どっちもどっち、とはいえ、やっぱりおっさんプレーヤー、それがGKならなおさら、のワタシとしてはファンデルサールがむばれ!とか思ったり…(^^ゞ
そんなファンデルサール、落ち着いたプレーっぷりでファインセーブ連発で素晴らしかったです!☆
ブンデスファンにとっては気になるかも知れない、ベルバトフは出場ナシでした。たまにNHKのプレミア中継とかで見かけると、すっかりデコが広くなってオッサンになってしまって、愕然とするんだぜ…←どうでもいい

同じく、オリンピック・リヨン 1-0 レアル・マドリー

100216_toulalan2
ワタシ的勝手トゥララン応援チャント
♪トゥララ~ントゥララ~ントゥラトゥララ~ン♪×3
♪この世はワタシのためにある♪

ってなことで!やっったぜリヨン!!!\(^∀^)/

トゥラランレヴェイエールクリス、本当に本当にお疲れちゃん!
いや、その他のみんなも!
よくぞ!あのCロナウドを!あのカカを!あのイグアインを!
よくぞ守りきった!素晴らしい!トレビヤ~ン!
あんなに美しくて組織的な守備、素晴らしかったです!
マクーンによる魔法の一撃を守り抜いた~!

後半に入ってからはすっかりバテバテで、美しい守備も崩れがちでだいぶ苦戦していたようですが、それでも無失点に抑えたー!
まあ、正直、この点差では2nd legは厳しいかも知れませんが、望みを捨てずにがむばるのだ!
ロリス(ヨリス?)君、キミはカシージャスに迫るワールドクラスのGKだぞー!

…はい? 当方リヨン応援ですが何か?(^ ^;)

えと、それから、ベンゼマに対して、リヨンサポが本当に温かい拍手で迎えていたのは素晴らしかったです!ブーイングが起きてもフシギではないところを…。じーんときましたよ。

----------
というわけで、リヨンにとっては対マドリー戦の結果は、もしかしたら大金星なのかも知れませんが、ウチとしては金星をくれてやるわけにはいかないんだぜ、の、我がバイエルンは今晩はいよいよフィオレンティーナ戦であります。

100216_fcbtv01
「グッー☆」

100216_fcbtv02
何しに来てるんだか。代表監督として、リベリをどうにかしろとか言って、ファンハールにプレッシャーかけに来たのか?それとも本気でファンブイテンをフランス代表に勧誘?(←ナイって)いーから、リヨン観に行けリヨンにぃ~!(行ったかも知らんが)

試合に先立って、バイエルンは主将と副主将のプレカンが行われたもよう
100216_fcbtv11

100216_fcbtv05
「あ、マイクひとつ忘れてたんでよろぴこ~♪ところでコリアンダーが足首ぐねったとか言って大げさに痛がってますがひとことお見舞いをば」「バッカじゃねぇ~の?」(うそ)

100216_fcbtv07
「酔っ払ってコケた?自業自得でしょ?」(うそ)

ところで

100216_fcbtv12

「保証は洗濯機を購入したときだけ。」マルク・ファン・ボンメルがチャンピオンズリーグ決勝トーナメント一回戦ACフィオレンティーナ戦(略)前のプレスカンファレンスの場で笑いを誘った。
(バイエルン公式サイト日本語版より)

独語版の「INSIDE」コーナーにも出ていたボメジョークですが…。

いやいやいやいやいや。
いやいやいやいやいや。\(^∀^;)\

ワタシは知っているぞ!

アンタが去年、ハインケス監督が就任してから何試合目かの記者会見で、おんなじギャグ(?)を言っていたことを~~!(参照リンクはコチラ

090507_fcbtv3_2

同じギャグを繰り返すなどと、
芸人が一番やってはいけないことなんじゃねぇーの~!?
マルク・ファンボメル、減点50コリアンダーポイント(50Cr.pt)!!

……てか芸人じゃねぇーし!

100216_fcbtv03
しかもウケてるし!
ドイツ人は忘れっぽいのか?
それとも、「だーかーらー、去年も言ったように、保証は洗濯機にしか付いてこないんだってぇ~」「ハハハ」というやりとりだったのか??!

……ま、まあ、ギャグの精度はどでもいいんです。
大切のはこの後の試合!!

というわけで

Dsc06645

ドルトムント戦ではトホホな守備が泣かせたChimay出身のファンブイテンに、がむばれDFリーダー!の想いを込めて、専用グラスも用意しちゃったんだぜ~♪

……ではなくて、ただ単に、最近ウチのダンナが突然"CHIMAY"の美味さ(しかもレッド)に目覚めてしまい、こうゆうのはやっぱり専用グラスで飲まねばならん!と言って買っちゃたもんね、というだけの話でございます。

Dsc06647
注ぐとこんな感じ。別々に買ったのでこれでベストマッチなのかどーかわかりませんが、ボトルは330ml、グラスの容量は400mlだそうです。グラスが大きかったかな?(これより小さいサイズもあるみたい)

そんなわけで、あんまり我がバイエルンのプレビュー作業もできていないのですが、たとえ鼻ちょうちん応援でも睡眠応援でも、愛する気持ちは変わりないんだぜ!!
去年(対スポルティング戦)のような爆勝をしろとは言わん!とにかく勝て!相手を侮るな!レアルを見よ!気を抜くな!傲慢厳禁!1点でも多くゴールゲットして勝利を!
そして、フィオレンティーナには1点たりとも与えるべからず!!!わかってるね?ミーチョ!ダニエル!

100216_ribery
「元気出すのね~おデブちゃん♪」

スミマセン、あとヨロシク!!ワタシは信じてるぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/16

速報!ブット延長!

100216_fcb

我らのブット2011年まで契約延長!!やったね!ダンケ!!

しかしやっぱり1年だったか……。

僕らの頼れる守護神、これからもバイエルンのゴールを守ってね!(すまん、レンジング…)

バイエルン公式には早速、これを受けてのブットのインタビュー動画や記事が上がっています。

次はいよいよアイツの番かな…ドキドキする……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「マルクはパーフェクトなキャプテンだ」

と、言ってます。

誰が?

オリバー・カーンが!!!

10_02_16_bild
しかも何故かこんなさわやかフォト付きで!

ふわわ~~~ぶるぶる、ドキドキしちゃってしょうがないです、誤訳を恐れずに読むんだったら読むんだもんね!

「私には、去年、バイエルンが彼に対して、何故たった1年間しか契約を延長しなかったのか理解できないよ。彼はアグレッシブでスーパーな選手、真のリーダーで、すばらしいヤツなんだ。ピッチの上ではイヤな存在の時もあるけどね。ああいう選手こそが守備的中盤には必要なんだ。マルクはパーフェクトなキャプテンだよ。だから、バイエルンはぜひとも彼の契約を延長するべきだね」

・・・・・・・・うわうわうわわわ、うれしい、嬉しいよオリー!(T∀T)
アナタがファンボメルのことを語るのをどれだけ聞きたかったことか。
批判でも激励でもなんでもいい、と思ってたのに、こ、こんなにホメてくれるなんて…
ありがとうありがとう、メディアに100回表彰されるより、カーンに1回褒められる方がずっとずっと嬉しいです。
俺は今猛烈に感激している!ちょっとだけ目の奥がじわ~と来てます。

ネタ元はコチラ

Dsc05244

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あなたにチューリップを(訂正)

スノーボード・クロスが3時20分からて!厳しい…。録画してまで見るほどでは…(独り言)

それはさておき、
先ほどGAORA放送でボメボメしましたよ~o(^-^)o
MoM級の働きだったかどーか、ちょっとこそばい感じはしましたが、しかし、特に後半はプレーが落ち着いてて良かったですね☆パス成功率86%(公式より)という数字でしたが、なるほどミスは少なく精度は高かったと思います。(他の選手がミス多かったのね…。)守備もクリーンでしたし。
いつものような、ロッベンやラーム、リベリ、ゴメスなどへの華やかで胸ときめくステキクロスが今回数少なかったのですが、その分ピッチでのリーダーシップや確かなボールさばき等で健闘していたわけで、そうゆう縁の下的な働きをkickerさん等は見ててくれたのかと思うと、誇らしく嬉しく思うのであります。

それと、2回目だから免疫が出来たのか、ファンブイテンが、悪いことは悪かったのですが、「5.5」とか「6」とかいう鬼採点が付くほど壊滅的に酷かったわけではないこともわかって、少しホッとしたり。

ところで。
前の前の前の記事でアプした「Tulpen uit Amsterdam」ですが、ファンボメルとロッベンのゴールシーンを見てて、歌詞が違うように聞こえました。
あんまりクリアに聴こえないので少し自信がないのですが、どうも、どうやら、アリアンツで流れているのは、ドイツ語版(「Tulpen aus Amsterdam」)のようです。

ということで、オランダ版の歌詞を掲載した先の記事は削除して、歌詞部分を書き直してアプし直します m(__)m

----------

Vanbommelfcb8_400x230

♪Wenn der Frühling kommt, dann schick ich dir Tulpen aus Amsterdam.♪
♪Wenn der Frühling kommt, dann pflück ich dir Tulpen aus Amsterdam.♪

春が来たら、私はアムステルダムからあなたにチューリップを送ります、という歌らしいです。ほっこり。

春が来たら、あなたはアムステルダムからのチューリップと、お皿とコップと大きな耳を持ってバルコニーに立つかしら…ウットリheart

というわけで、さんはいっ、マルクー!

ファンボメ――――ル!!!×3  \(≧∀≦)/

今シーズン初ゴールおめでとう!

バイエルンのホームでのドルトムント戦100ゴール目おめでとう!(ややこし)

100213_bommel_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/15

ファンタスティック・パパマルク

【kicker採点追記あり】

オランダ代表公式サイトの投票コーナーにて

マルク・ファンボメルは約束しました。彼はPSVに戻るべきか?
100215_onsoranje
ほぼ半々ですが、「いいえ」の方が少し多いです。

さてさて、今晩GAORAでのファンボメルファンタスティックチューリップ祭りに気もそぞろな管理人コリアンダーです(ダニエルトホホ祭りは見ないフリ…)。
ゆうべ紹介した「ファンタスティックキャプテン」ホメホメ記事の日本語版が公式にアプされていました。
パフォーマンスの素晴らしさを数字で示されると説得力があり、ますます楽しみになりますが、それはそれとして。

くだんの記事の「パパ・マルク」とトーマス君のくだりの日本語訳がちょっと物足りないのであります。ラストにも書いてあるのにばっさりカットされてしまって…。

というわけで、独語版と英語版の記事を参照して、勝手に補足しちゃうんだもんね~♪

まずは出だしから

マルク・ファンボメルの週末はトロフィーの引渡しで始まった。バイエルン主将が金曜午後、サッカーの練習をしていた息子のトーマス君を迎えに行ったら、彼(トーマス)は彼のユースチームがインドアのトーナメント大会で勝ち取った大きなシルバーのトロフィーと共に、喜びに輝きながらロッカールームから現れたのだ。パパ・マルクの役目は、トロフィーを家に運ぶのを手伝うことだった。来るべきブンデスリーガの試合での成功の良い予兆だったのかも知れない。

…いや、公式に書いてあるのとほとんど同じですが、「パパ・マルク」!「トロフィーを家に運ぶのを手伝う」!ここがボメラー的ポイントなのですバシバシ!(←黒板を叩く音)
ロッカールームからトーマス君がピカピカの笑顔で飛び出してきて、「パパ見て見て~☆」と誇らしげにトロフィーを見せて、パパマルクが「うわー、デッカいな~♪」とかなんとか言って車に運ぶ姿を想像してローリングモエモエしなければなりません。
(奥たんじゃなくてファンボメルが直々に迎えに行ったのね…)

そしてラストの一文。もしもバイエルンが彼の言うように、すべてのタイトルを獲得したら…

ミュンヘンのAntreiber(持っている辞書に出てなかったのですが、「鼓舞する人」というような意味っぽい)であり、スコアラーであり、リーダーは、新しい契約だけでなく、ひとつ、あるいはそれ以上のトロフィーに喜ぶことになるであろう。息子のトーマス君は喜んでトロフィーを家に運んでくれるに違いない。

ほらそこ寝なーい!ここ試験に出ますよ~!バシバシバシ!!!
直訳すると、トロフィーはひとつかふたつ、的な意味になるのですが、そう遠慮せずに、ここは3つゲット!て言っちゃおうぜ!
だって。
二つだったらパパマルクが両手で運べるから、トーマス君の出番がないじゃない?

==========

tzに、オリバー・カーンがホテルでブットに会ってびっくりしちゃったよ、というほのぼの記事がアプされてました。

試合があった土曜日、バイエルンが宿泊していたホテル「Limmerhof」にカーンが現れたー!
ということのようですが、就職活動とかチームを励ますとかそんなんではなくて、なんでもカーンは両親に会いに来たらしく(ホテルに?)、まったくの偶然であったと。
他のメンバーには会わなかったのですが、ロビーにブットがいたので、ちょこっと話をした、ということらしいです。
「いや~、土曜日だから試合は15時半からだとばかり思ってたんだよ。チームとは話はしなかったんだけど、今でもお互いによく知ってる間柄だし。雰囲気はよさそうだったよ~」とか…。

先日のBildのインタビューで、カーンはブットのことも語っているのですが、カーン的には契約延長は1年間だと考えてるみたいです。それまではもちろんブットが正GKで異論はないのですが、2011年になったらバイエルンは考えなくちゃね、とかなんとか。
そしてブットはPKを蹴るのを止めた方がいんじゃ?とか言ってるぽくて、ちょっとした話題になったのですが、ちゃんと読んでないので自信がないです。逆の意味かも知らん…(汗)
それに対してブットの冷静なコメントも書いてありますが略(こらっ)。

まあ、何にせよ、せっかくだから他のチームメイトとも話をして、裏話を披露して欲しかったな~とか思ったり。ボメルとかシュバとか、レンジング…は、ちょっと騒然としちゃうかな(汗)

==========

kicker採点出ました。

続きを読む "ファンタスティック・パパマルク"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

22節:バイエルン対ドルトムント

試合に先立ちまして、Bildカーンのインタビューが出てました。
なんだかバイエルンのことを「優勝できると思うのである」「3冠もあり得る」とかなんとか、ともかくホメてくれてる内容のようで、うれしい限りです(;∀;)誰よりもカーンにホメてもらうのが一番うれすぃよ~

さて

2月13日 ブンデスリーガ 第22節
バイエルン・ミュンヘン 3-1 ボルシア・ドルトムント

kickerのはまだ出ませんので、Bildの採点を合わせてどぞ
100213fcbdortmundfj
交代:オリッチ(3)(72リベリー)、アルティントップ(82ロッベン)
サブ:レンジング、コンテント、ゲルリッツ、ティモシュク、プラニッチ

得点:ジダン(5)、ファンボメル(21)、ロッベン(50)、ゴメス(65)
カード:なし

バイエルンサポの皆さ~ん、ボメボメしてますか?

……ひつこいですね(^_^;)相手DFに当たってコースが変わって入ったちょっとらっきーなゴールで、そんなものすごい強烈爆裂ミドルとか、技ありテクニカル股抜きゴールとかじゃないし。
まあでもホラ、待ちに待った、やっとやっと決まったシーズン初ゴールなので、少々浮き足立ってても許してくだされ。

実はワタシには、ゴメンナサイ、よほどボーッと見てたのかサッカー眼がイカれてきているのか、正直あんまり実感がなかったのですが、ゴール以外でもプレーがとっても良かったらしく、あちこちでめっちゃホメホメです。

100214_fcb
ついに公式にも「ファンタスティック・キャプテン」のフィーチャー記事が!
金曜日に息子のトーマス君がちびっこインドアサッカー大会か何かで優勝したらしいとか、ボメラーの腰が抜けそうなほっこりピソードが書いてあるみたいです。日本語版が楽しみだ~~~heart04heart01詳しく訳してね!

ただいろいろなところに上がっている試合後の本人のコメントを見ると、あくまでも冷静に自己批判気味に、「ドルトムントにチャンスを与えすぎてしまったことを反省しなくてはいかん。CLではあんな風に敵にチャンスを与えてしまっては勝ち上がれないのである。」と語っているようであります。
あと「ゴールが入ったのは運がよかったからだよ」と謙虚に。しかし自信も忘れてはいないようで「俺たちが自分たちのサッカーをすれば、首位に立つのは時間の問題だ」とも。

こんなにホメられるのは今シーズン最初で最後かも知れないぐらい素晴らしかったのに、その感覚をうまく共有できなかった自分が情けないのだ。ボメ愛が足らんのか・・・。あふれちゃってしょうがないんだが(戯言)
ともかく、本日のGAORAの放送で、ポジポジ目線でcheckし直さなくては!

家庭平和のために深夜2時以降キックオフ試合の観戦を遠慮している今日この頃のワタクシであります。そんなわけでこの日も、すーぴーと鼻ちょうちんを作りながら応援しておりましたのですが(=寝てた)、しし丸さんからメールが来まして、ファンボメルが同点ゴールを決めたことを知らせてくださいました。
やっったぜ!と思いながら寝ボケた返信をしてまた鼻ちょうちん応援に突入したのですが、しかしということはつまり、先制されちゃったわけなのね、と、守備は大丈夫なのか、と気がかりでありました。

一夜明けてがくぜん。。。。。。

ダダダダダダ、ダニエルファンブイテンが、魔さかファンブイテンのどんくさミスで失点とは~~~~~っっ(TДT)

100213_danielzidan

ポカールでのデミケリスのミスによる失点とそっくりでしたが、それにしてもこの日のファンブイテンは、ゲームを通して生涯ワースト1、2を争うんじゃないかってゆうぐらい本当に酷くてボロボロで、2大会連続アフリカ王者の輝けるエース、今ノリにノっているジダンにチョコマカされて、完全に振り回されペースを乱され、ミス連発、ドッキリヒヤヒヤプレーが乱れ咲いておりました。

そんな祭りはいらんねん~~~(泣)heart03

どうしたダニエル~~!いや、ワタシにはわかる!

彼はまだ腹をこわしていたに違いないよ(根拠ナシ!)

てか、そうゆうことにしといて~~~(涙)

しかしジダンだけでなく、ドルトムントの全選手はどこまでもスピーディーでくるくるとよく走り、最後までスピードが落ちず、守ってはぎっちりプレス、攻めては鋭いカウンターで、バイエルンを翻弄し続けておりました。
もちろんバイエルンにもリベリロッベン等の素晴らしいシーンがあったはずなのですが、あわあわと泡食ってるところばかりが印象に残ってしまって、そこがワタシもつい厳しく見てしまったところなのですが、しかしそんな中でもよくぞ勝てたものだと思います。

まあ、8割ぐらいはブットのおかげだけどね!

とにかく守備をもっと強固にしてくだされ。高い位置でかんたんに突破されすぎ!
あんまりブット&CBに頼り切らないで、両サイドや中盤もがんばろう!
それから攻守の切り替えをもっときちんとして、すべてのプレーにおいてもっと集中して、クロスやパスをもっと正確にだな、ぶつくさぶつくさ…

100213_mario2

ここのところ、味方のゴールを目の前で見つめることが多かったゴメス。パスの中継や守備もいとわない、クローゼを思わせる献身的なプレーは個人的に好感ですが、自分自身のシュートはなかなか枠に飛ばず、またエアポケットに落ちたのか~(汗)と心配しましたが、やっとやっと決めた時はリアルで「わーゴメスやったー!良かったー!」と声を上げてしまいましたよ。ほっ

100213_ribery 前衛芸術(うそ)。

リベリがだんだん良くなっているのは喜ばしいです。だけどまだ物足りないんだぜ・・・(←ほしがり屋さん)。
またも途中交代してしまいましたが、今回は監督とガッチリ握手してました。メディアへのアピールなのかどうなのかはさておいて、少なくとも、自分のささいな行動がいちいち憶測を呼んでしまうことを自覚してのことなのでしょう。そゆ判断が出来るようになったのだと思っていい…のかな?

追記
100213_riberyvangaal
Bildにこの「仲直り」について記事が上がってました。監督がリベリモエ~、言ってるみたいな感じ。ファンボメルのコメントもちょこっとあるでよ~

まあ、いろいろ勝手なこと言ってますが、クラブ公式や監督のリアクションも好感触でしたので、いい試合だったんだろうと思います。
どうもワタシ自身の印象もボンヤリしてますし、世間の評価とズレがある気がするので、あんまり気にしないでくだされ。

かなりざっくりですが、今日はこれまで。
スミマセン、ここのところいつもの劇場型レポが影を潜めておりますが、英国週間で忙しくなることですし、文章を書くのにあんまり時間をかけられなくなりますので、しばらくこんな感じのざっくり型になると思います。
試合を見てない方におかれましては何がどーしたのかわかりにくいと思いますが、申し訳ありませんがどぞご容赦くださいませ~ m(__)m

100213_fcbdortmundj

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/02/14

ハッピーバレンタイン

(この記事はタイマー投稿してます)

もうすぐ22節ですが、その前に。

Dsc06627
うふふ~~~♪

シシマール様が調べてくださったところによると、ファンブイテンのお勧めらしいベルギーチョコの「レオニダス」であります。
以前いただいて美味しかったので、ダンナへのバレンタイン、という名目で、自分もちゃっかりご相伴にあずかるつもりで注文したなりよ(^ー^)楽しみ~~

というわけで、ハッピーバレンタイン♪

トシを取るとワガママになってしまうのでしょーか、どこに需要があるものか、自分のためにイラストを描いてしまうことをおゆるし下さい(^^ゞ

100214_valentinej_2
(シュバが持ってるのは、ワールドカップ型のチョコレートのつもり・・・)

むっひょ~~~~~~~heart04 アイドル雑誌の表紙みたいですなうへへ。

絶対にあり得ませんが、この3人がこんな風に実際に目の前に現われたらドキムネを通り越して心臓止まっちゃうかも知れないよぅ~~~heart04heart01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

間もなくドルトムント戦、ですが

スミマセン、ちょっとガス抜きをば。

Spam_2
(※写真と本文は関係ありません)

あ゛~~~~~~もうスパムがぁ!!!

毎日毎日終日ちびちびと何百件も同じ記事に、まったくご苦労なことで。
いろいろやってみましたが結局いたちごっこでして、コチラとしてはまったく打つ手がないのです。

だーかーらー、禁止ワード設定とかしておけば、投稿を一切がっさい拒否るようにしとけばいーじゃんねぇ?なんでこっちがイラネつってるものを逐一拾っちゃってサーバーに貯め込んじゃうんですかココログさんよぅ!?
たまりにたまったスパムが約3,000件、もう手動で削除とかできるレベルじゃない。スパムだけでサーバー容量をじわじわ食っていってますが、バカらしいから御社がなんとかするまで、もうほかっておくぞー。

お聞き苦しい雑言を失礼しました。なんか悔しくて・・・。
こんなヘタレサーバーとは知らず毎月(ささやかですが)金を払ってる自分にも腹が立つやら情けないやら。セキュリティがもっとしっかりしててなおかつタダのところに引っ越ししたくてたまらないのですが、ここに開設してからまだ1年経ってないというのに、そんなしょっちゅう、皆さんにご不便かけられません…

と、一時は「もうこんなつまらない思いするぐらいならblogなんか止めてしまおうか…」と落ち込んだりもしましたが、それこそ、つまらないことでクヨクヨする方がバカらしいんだもんね、と思い直して、クサクサした気分なのは変わらないのですが、今のところblog運営上支障も出てないことだし、まあ、元気です。

----------

オリンピックが開幕しましたね~。ミーハーなお祭り好きとしては楽しみですo(^-^)o
各国の選手入場はいつ見てもじ~んと心洗われて、こんな性根が腐り切ってるアタイでさえ、思わず世界平和を願わずにはいられないのだ…

まあ、CLもあるし、いろいろ忙しいから、TVの前にじっくり座ってどれくらい見れるかわかりませんが、出来るだけ楽しみたいと思いますよ~~。

----------

そんなこんなしていたおかげで、今日はネットも殆ど出来ませんで、我がバイエルンのプレビュー情報とかあまり仕入れてないのですが、みんなだいじょぶそうですか?(←聞くな)
胃腸風邪だった選手はなんとか回復したみたいだけど、怪我のクローゼは今日もダメらしいと・・・(ToT)

相手はドルトムント、難敵だと認識しております。すっかり勝ちに慣れてきてしまったバイエルンが慢心してしまって、そこをジダ~ンとかマッツんとかに突かれてしまわないかどうか心配です…。

今日は深夜2時半からなのですよね…。ちょっと難しいので、またも睡眠応援になると思います…。ううう、がむばれバイエルン!ガッツリきっちり勝ってくれ~!

レヴァークーゼンは今のところヴォルフスブルクとスコアレスドロー…よし…

【追記】
嗚呼~~~レンツよ(泣)
いやーやっぱりレヴァークーゼンは強いっす。なんて魅力的なことか、立場を忘れて思わず「うまっ!」「カッコいー!(←アドラー)」と声を上げずにはいられないのであった・・・。
結局レヴァークーゼン2-1ヴォルフスブルク、でした。

負けられん、いや、勝たねばならぬ!バイエルン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/13

ポカール:バイエルン対フュルト

Dsc06621
近い~~~heart04

只今FCバイエルン内で胃腸風邪ウィルスが流行してるらしいので、心配です。
少し前にブットが→ファンブイテン→そしてこの試合に出場する予定だったオリッチプラニッチも直前になって欠場が決定、と。次は誰だ!?(汗)という事態になってしまってるようです。さいわい、ファンブイテンは回復に向かっているようですが…

2月10日 DFBポカール 準々決勝
バイエルン・ミュンヘン 6-2 SpVggグロイター・フュルト

勝ったというのにめっちゃ厳しい、でも妥当かも知んないと思ふkickerの採点もどぞ
100210fcbfuerthfj
交代:コンテント(3)(59レル)、アラバ(2.5)(59ティモシュク)、アルティントップ(73リベリ)
サブ:クラフト、ゲルリッツ、プラニッチ、エキチ

得点:トーマス・ミュラー(5)、ヌーテ(10)、アラグイ(40)、ロッベン(58PK)、リベリー(60)、ラーム(64)、トーマス・ミュラー(82)、アラグイ(89オウンゴール)
カード: ロッベンファンルケンベルクペコヴィッチ

マンオブザマッチにトーマス・ミュラー

100210_mueller2 アホづら(ミュラー)。

妥当かも知んない、と言いつつ、バトシュトゥバーはちょっと辛すぎないか?!「4」とか「3.5」ぐらいでもいいと思うぞ。そしてティモシュクとミーチョが「5.5」とか「6」とかじゃなくてホントに良かった…(汗)どこかのメディアではミーチョに「6」付いてたけど…うぁ~(汗)

ちなみに、フュルトの方が全体的にバイエルンよりも良い採点だった印象です。…まあ、でも、そうかもねぇ。
得点とプレー内容がこれほど一致しない試合も珍しいかも知れません。

天気がとても悪かったようです。寒いのももちろんですが、水分を含んだベチャッとした雪が降っていたようで、ピッチもずぶ濡れ、ボールコントロールがかなりかなり難しそうでした。
こういう時に、パスサッカーを目指しているバイエルンは厳しいのかも知れません。グラウンダーで転がすな!クロスを上げい!と思ったけど、なかなかそう簡単には…。

100210_lahm

前半はメチャクチャでした。
早い時間にミュラーが決めたので、よっしゃっ、この調子で、と思ったのに、まぁなんでしょうどうでしょう、あのですね、こういう一発勝負の試合は、失うもののない挑戦者、今回の場合はフュルトですが、の方が、思い切ったひたむきなプレーで思わぬパワーを発揮し、傲慢な強者を脅かすものなのです。
劣悪なコンディションに苦しんでいるのは向こうも同じはずなのに、バイエルンがモタモタしている間に厳しいプレスでパスコースをふさぎ、パスカットから鋭いカウンター、実力で劣るなら情熱で勝負だ!と、速い熱いヤバいサッカーでバイエルンを劣勢に押し込みます。

「傲慢なんかじゃない、俺たちは傲慢じゃなかったんだぁ~」とファンボメル主将が必死に(?)コメントしていたようですが、なるほどバイエルンは、そんなグロイター・フュルトに対して、確かに「へっ、こんなヤツら俺らが本気出せばいつだって」とか、そんな傲慢さは感じられなかったですね。だって

あっぷあっぷでしたもの。(爆)

どいつもこいつもミス多発、守備はメロメロ、ティモシュクが本当に哀しくなってしまうほど周りとかみ合わず、何よりも、あまりにヒドかったので気の毒で書きにくいのですが、特にデミケリスがボロボロで、そんな感じで、なんてこった前半は魔さかの1点ビハインドで折り返しぃ~~(汗)

後半に入ってもしばらくは苦しんでいましたが、徐々にフュルトの方も疲れてきたところでロッベンがうまくPKゲット、自ら決めて同点になったところでバイエルンの雰囲気も上向いてきます。

これから、という時にティモシュクが下げられてしまったのは、彼にももう少しだけチャンスを与えて欲しかった気持ちもあるので残念でしたが、いたし方ないのかも…。

なんとなんと、ここでファンハール監督、先日アマチュアからプロに昇格したばかりのアラバコンテントを一気に投入という賭けにでます。
ティモシュクに代わってDHに入ったアラバは17歳7ヶ月での公式戦プロデビュー、ということで、バイエルン最年少記録だそうです。

100210_fcbtv3

こうして見ると少年だわ~と思いますが、プレーもフレッシュで、だけどなかなかに、視野も広く確実で、もう攻めてよし守ってよし、なんと、リベリによる3点目までアシストしてしまうという活躍ぶりでした。

100210_contento

同じくプロデビュー戦となったコンテントも、左SBに入りましたがこちらもイキのいいプレーで積極的でスピーディーな攻撃参加が光りました。

ようやく流れを取り戻し、自分たちが何者なのかを思い出したバイエルン、ラームによるスーパーゴールと、やっぱりトップ下は得意なのかな、今回ノリノリだったミュラーのゴールでダメを押し、さらに試合終了間際にオウンゴールによるオマケまでゲットして、終わってみれば6ゴールでの大勝!無事に準決勝へと駒を進めたのでありました。
ほんと、「無事に」というのが率直なところでした~。ふー。(安堵のため息)

(すみません、時間が足りなくなってしまったので、後半だいぶはしょってます)

100210_fcbfuerthj

抽選の結果、準決勝の相手はシャルケに決まりました!

フフフ・・・来ましたね。いやぁ正直、アウグスブルクと当たったブレーメンがちょとうらやま(略)
いやいや、相手にとって不足はないぜ!熱いガチ勝負と行こうじゃないの!勝たせていただきますよ!ガクガク(←言ったそばからブルってる)

おまけ(特に意味はありませんが)
Dsc06623
26、25、27。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/11

短信:バイエルン対グロイター・フュルト

すっかり遅くなってからで恐縮ですが、とりいそぎ

100210_robbery_2
赤モモヒキーズ

バイエルン 6-2 グロイター・フュルト

バイエルンサポの皆さ~ん、赤パンツ履いてますか?

ミュラー、ロッベン(PK)、リベリ、ラーム、ミュラー、オウンゴール、でした。

…って、

100210_fuerth_2

全然楽勝じゃねえ~~~~~!!!!!

どうなることかと。

100210_mueller

最終的には思わぬ大勝だったわけですが、いかに天気が悪いとはいえいかに相手が素晴らしかったとはいえいかに普段と違うフォーメーションとはいえ、前半の鬼のようなアホアホサッカーは猛省しなくてはいけないと思います。全世界60億のバイエルンサポの寿命が縮んだぞ。

交代の際に不満をあらわにしたリベリ、やっぱり監督との雰囲気は良くなさそうで、心配です。監督はリベリをどうしたいんだろう。こんなスーパーな選手をむざむざ…。ロッベンがいればいーんだもん、てわけにいかないのは明白でしょーよ。

ティモシュクが痛々しくて泣けました。がむばれティモ!ちゃんと面倒見ろボメ!と、いっしょけんめい応援したんだぜ…。

ハミトがやけくそのようにスッキリしててウケました。ハリルだったのかも知んない。(ばかな)

100210_muellerbommel

[今さらですが、ここに書いていたファンボメルに関する感想が、エコヒイキするあまりに相当目がにごってしまっていたようで、いつにも増して現実とかけ離れすぎてたと思い直しまして、恥ずかぴーから削除しました f(^∀^;) エヘヘ。リアルタイムじゃないけれど、かなり寝ぼけてた状態で見たのでってことでオユルシを~]

赤モモヒキーズは言うまでもないのですが、ワタシ的にはさすがラームが良かったなぁと思いましたよ~。クロスのつもりで上げたボールが入っちゃったのは本人もびつくりしてた風でしたね。おかげで2点差になって、気分がだいぶ楽になったゴールでした。

短信のくせに書きすぎた。続く。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今夜はグロイター・フュルト戦

いよいよ今夜はDFBポカール・準々決勝、相手は2部リーグのグロイター・フュルトです。
以前に1回負けたことがあるそうですし、3回戦ではシュツットガルトを破って来ているのだ。油断大敵!

がっ、ここに来て主力選手4名が欠場することになってしまったようです。
シュヴァインシュタイガークローゼブットがそれぞれフィジカルの問題で…。って、嗚呼~今日はクローゼがスタメンかと思ってたのにっ、なんでこんな時に怪我しちゃうのアナタ…。トホホ。
そしてーーー!
守りの要・DFリーダーのファンブイテンまで胃腸風邪とな~~!?(T△T)なんだよーぅ。
毎年この時期になると胃腸風邪を患っている気がしますよ・・・

100210_cheese_fonduej

ブットとファンブイテンがいないとなるとディフェンスが激しく不安ですが、ミーチョバトシュトゥバーがしっかりやってくれるでしょう。でもバトシュトゥバーはCBやるの久しぶりだからダイジョブかなぁ…ドキドキ…。そして、何より、出番だぞ!がむばれレンジング!!

さてさて

ルンメニゲ社長が言うことには「私たちは彼のパフォーマンスに大変満足している。彼はファンタスティックなキャプテンだ(Er ist ein fantastischer Kapitän.)」

100208_3
ファンタスティックなキャプテン↑

バイエルン公式にも記事が出ましたね。

「(略)先週、マルクと話し合いを行ったんだ。彼はわれわれに喜んでFCバイエルンに残留したいと伝えてきた。近いうちにわれわれは彼と話し合いをすることになる、われわれが解決できるとも楽観的に考えている。これはすばらしいシーズンを送っているヨルク・ブットにも言えることだ。」

(略)の部分も合わせると、つまり、「もうすぐファン・ボンメルと複数年契約しちゃうよ~♪」と読めるわけで、おかげさまで「ファンボメルとブットの契約延長前夜」的な記事をあちこちに見かけて、

期待に胸ふくらんじゃってしょうがないんですけど!!heart04

こんなに期待させといてガッカリする結果に終わったら荒れるぞアタシゃ。わかってるね社長~!?(←強制力ゼロ)

がっ!
その一方でファンボメルは、「バイエルンでの契約があと何年だったとしても、キャリアの最後はPSVで終えたい」と発言したそうな。
これも日本語サイトに出てます(Goal.com)が、ドイツ語版の方が詳しいです。これによるとネタ元はSPOXだとかSturnだとか書いてありますが、あまりいっしょけんめい検索してないので、どちらのサイトでもようけ見つけられませんでした。

まあ、これも契約延長に向けてのポーカーの一つなのかも知れませんし、ネタ元をcheckしてみなことには発言にいたる話の流れもわかりません。
それに、ファンボメルが、PSVを出てバルセロナに移籍する時、ファンに必ず帰って来るという約束をしたんだ、というのはよく話していることなので、発言自体は新しいものではありませんで、そんなにショックとかは受けてないのです。
しかし、今もってファンとの約束を覚えていて、そしてそれを守ろうとしているあたり、ファンボメルの義理堅さというか律儀というか、ようは、情に厚い一面を感じて、バイエルンファンとして寂しく思う反面、ファンボメルファンとしては心の奥がじわ~りきて、
「惚れてまうやろ~~~!!!heart01heart04
と改めてエア絶叫したくなるのであります。(ボメラーの戯言)

100208_fcbtv6
試合前のプレカンに登場。
DFBのゴタゴタについて聞かれて「俺には関係ない話だよ・・・」と苦笑い。
なんですか、レーヴとビアホフがモメてるのかと思ったらそうではなくて、レーヴ&ビアホフが協会とモメてるの?よくわかんないけど、いずれにしても、大事な大事なW杯前にゴタゴタとかモヤモヤとかはイヤンですよ~

そんなこんなで、今日はシュヴァインシュタイガーがお休みするので、いよいよティモシュクの出番だそうです。
ついに、ファンボメルとティモシュクのWボランチ参上となるのか?!
うわ~~大丈夫かなぁ、ここはファンボメルがしっかりとティモシュクをフォローしないと!DFラインも心配だから、守備が崩壊しないように中盤でしっかり締めるべく、ますますヤツの仕事が大きくなりそうな予感です。。。
ルンメニゲに前言撤回されないよう、しっかりやるんだよ!わ~、なんだか緊張してきちゃった…。

でもリベリがスタメン出場するそうです!これは楽しみ!

・・・・・・。スミマセン、たぶん睡眠応援になると思います。リアルタイム観戦の皆様、ワタシの分まで応援よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/10

21節:ヴォルフスブルク対バイエルン

EURO2012のドロー結果について、バイエルン公式ドイツ語版では「グループAは"バイエルン・グループ"だ♪」(クローゼ、ラーム、シュヴァインシュタイガー、ゴメス、ミュラー、アルティントップ、ファンブイテン、アラバ)と盛り上げて、ファンブイテンも「バイエルンの仲間と対戦するのが楽しみだな~♪」と言っているのに、日本語版ではまたまたばっさりカットってどうゆうこっちゃ~

それなのにこの部分はきっちりと。21節のレビュー記事より

ダニエル・ファン・ボイテンは、「われわれは自分たちに気をつけなければいけない。自分たちだけが自分たちを倒せるんだ」とコメント。これがファン・ハールを試合後に憤慨させる点となった。同監督は、「とても怒っている。われわれは傲慢にプレーしてしまった」と昨季マイスター相手に快勝も苦言を呈した。その後、再び「傲慢」という言葉を撤回(「間違った言葉。」)。

イヤ~んsweat01まあ確かにファンブイテンも大きく出ちゃったもんだわね(汗)、と思いますが、契約延長したばかりで浮かれてたんだから大目に見てやってちょー。

試合後にファンハール監督が、勝ったにもかかわらず怒っていたので、マスコミは驚き、ルンメニゲ社長とファンボメル主将が「監督の言うことはもっともなのである」という支持コメントをしました、という、そんな試合です。

100206_fk
「待て」 わんわん3兄弟(うそ)。

2月6日 ブンデスリーガ 第21節 ヴォルフスブルク 1-3 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
100206wolfsburgfcbfj
交代:リベリ(3.5)(46オリッチ)、クローゼ(81ロッベン)
サブ:レンジング、レル、プラニッチ、ティモシュク、アルティントップ

得点:ロッベン(2)、ファンブイテン(26)、リベリ(57)、グラフィチ(90)
カード: 長谷部ゲントナーオリッチデミケリス

マンオブザマッチ:ロッベン
今節のベストイレブン:ブット(4回目)、ロッベン(6回目)

100206_wolfsburgfcbj

キックオフ間もなく、ヴォルフスブルクが体勢整わないうちから、シュヴァインシュタイガーのふんわりクロス→左サイドを駆け上がってきたミュラーがすかさず中央へ鋭いパスを→この時オリッチゴメスもゴール前にいたのですが、ボールを捉えたのは、ミュラーが蹴った際に一番後ろにいたにもかかわらず、一瞬で風のように抜け出たロッベンでありました。

はや―――!!!ウマ―――(゚∀゚)!!

試合開始早々に鮮やかな先制点!ベンチのファンハールも思わず満足げなほほ笑みを浮かべる、会心の形でした。

この後のゲーム展開にいやがおうでも期待が高まってしまいますが、結局、監督が「傲慢なプレーだった」と言えば選手からも「まずい試合運びだった」「かんたんにボールを失ってしまった」などなど反省しきりのコメントが出てしまったように、主にヴォルフスブルクに攻め込まれバイエルンはすっかりあたふたしてしまい、ザルザル守備からピンチの連続、ブットの好セーブによってぎりぎり難を逃れる、という様相になってしまいます。

試合を見ていた時点では、前々節のブレーメン戦に比べると、そんなに攻撃が迫力あるとも思えない(ゴメン)ヴォルフスブルク相手にどうしてこんなに慌ててしまうのかわかりませんでしたが、いや実は今でもよくわからないのですが、そこが監督その他の言うように、楽に先制点を取ってしまったことで、相手を見くびってプレーが緩慢になっていたから、なのかも知れません。

前節あんなに輝いた魅惑の右サイド・ロッベン&ラーム(&ファンボメル)でしたが、今回はそれほどではなかったようです。
ロッベン個人は相変わらずマジカルで素晴らしかったのですが、ラームとのあのドキドキする連携プレーがあまり見られなかったような気がします。ロッベンが独力でねじ込むことが多かったのではないでしょうか。
あと、ファンボメルが、なんてゆうのでしょうか、プレーにブレがあったような気がします。この二人を使うのか使わないのかどうさばくのか、自身は守るのか攻めるのか、特に前半途中までははっきりしないように見えました。
この3人がうまくかみ合えば前節のようなマジカルトライアングルが見れるのでしょうが、まあ、だからと言って、そんな悪い、というわけではありません。前節が良すぎたんだと思います。その分ロッベンが単体で魅せていましたし、こんな日もあるよ、という捉え方でOKだと個人的には思います。甘いかな?(^_^;)

後半に入ってからのヴォルフスブルクは前半の勢いがうそのようになんだか重たげになっていましたが、バイエルンがそこを突いて大勝モードに持って行けず、次第に相手に流れを取り戻させてしまって、ついに終盤には劣勢に回ってしまったのはいただけません。

それでも引き続き、なんとなんと、グラフィチのPKを止めるという活躍まで見せていたGKブットの献身によって持ちこたえていましたが、試合終了間際にとうとう、ファンブイテンのクリアミスがグラフィチへのナイスアシストとなって失点してしまいました。
アウ~(TДT)というところですが、まあ、そもそもクロス(シュート?)を上げたジェコを侵入させてしまった方にこそ問題があるのよね。

100206_danielbutt_2
PKを止めたブットにファンブイテンが・・・・・・。
チューしてる!?チューしてるよね!?!heart03 ぎゃわ~~~~~~~~~~(壊)
いやチューじゃなくてささやいてるだけかも知れませんが、わわわわわワシにもワシにもビッテ!!!(壊)

はっ(゚∀゚;)

お見苦しい点がありましたことをオワビします。

クラブサイドの反省コメントにつられてしまってネガチブな切り口になってしまいましたが、何にしても、勝ったのだから嬉しいです☆こんなハラハラするゲームでも勝てたのは良いことではないでしょうか。
ファンハールが苦言を呈したのも、勝ってカブトの何とやら、この後に(番付的に)格下の相手とのポカールと、いよいよ始まるCL決勝Tを見越しての、チームに対して「油断するな!」というメッセージだと思っています。ワタシ的にはこうゆうのは好感です。

何より、ファンブイテンのゴールにはおおいに盛り上がりましたし(T∀T)
本人がバースデー&契約延長セルフお祝いゴールについてどの程度モチベーションがあったのかはわかりませんが、でも「そーだったら嬉しいけどまさかそんな、ねぇ、ウフフ♪」なんて半信半疑で期待していたものを本当に決めてしまって、その瞬間はちょっとした感動すら覚えてしまいました。。。。。。

100206_daniel2

リベリの出場時間がじわじわ延びてきていますが、なかなか去年までのスペクタクルを見せるには至らないのがややもどかすぃ…。監督としても悩みどころだとは思いますが…。
バイエルンの勝利を決定づけた大事な3点目は、リベリロッベンミュラーのシュートをいったんはGKレンツに弾かれたものをリベリがもう一度拾って、トラップで前へ送ってからDFと足を並べてオウンか?自ら決めたのか?という、マジカルかつやや泥臭系のカッコいいゴールでした。

Dsc06604

まっすぐにベンチのハミトのところへ行って何かパフォーマンスをしていたので、事前に約束していたのかも知れませんね。
あまり話題になってませんが、ハミトも今シーズンで契約が切れるんですよね…。延長は厳しいかなぁ・・・・・・・そんな~(T△T)

まあ、いつ失点してもおかしくないような危ういゲームで冷汗かきまくりではありましたが、何故か負ける気はしませんでした。チームを信じてたというよりは、ワタシもちょっと傲慢になっていたのかも知れません。いかんいかん。
しかし、ほんのちょっと前まで、勝ちさえすればそれでいい!と悲壮な気持ちであったものが、勝っても試合内容に対して文句をつけられるようにまでなったのです。
がんばったのぅ…(ノ∀-。)←どこにしみじみしてるのか

ご存知、同日の試合でレヴァークーゼンと3位シャルケが引き分けたので、バイエルンはついに勝敗表で首位と並び(得失点差で2位)、3位シャルケとは3ゲームと差を広げることに成功しました。ふっふふふ・・・・・・・・。ついに・・・

後日談
100206_ribery
ゴールを決めて、トーニのパフォーマンスのマネをしたリベリ。「ファンハール監督に対する皮肉or挑発ではないか」という説も出ているようですが、ワタシ個人は「トーニへの友情パフォ」説に1票。
ごく単純に、心根の優しいヤツであるという、ただそれだけなんだと思ふ。だってファンブイテンの親友だもの♪
もちろん、ファンハールへの挑発も十分あり得る話だとは思いますが、いやいや、みんなが思うほど、そ~んなに黒いことばっかり考えてるわけじゃないと思うのよ。
Bildに、これを受けてのトーニのコメントが出てました。リベリとはよくメールをやり取りする仲で、いっしょにプレーしていた時期をなつかしく思うよ、でもリベリだけじゃなくて、バイエルンのみんなが今うまくいってるらしいことを僕は嬉しく思っているんだ、というような内容のようです。

うあ~~~んルカよ(ToT)早く怪我を治して元気になっておくれ~~

今回写真をあまり拾ってません。TV画面を撮ってお茶をにごしてますが、シメにおまけの極私的胸キュンheartファンボメルフォト
Dsc06601
ささやかなプレーで笛を吹かれて、審判に向かって
「おいおいおい、まさかあんなのでカードとかねぇだろうな~?」

カードは出ないよ、とわかった途端にパカッ☆と笑う
Dsc06599
「そんならイイんだよ~、わかってるねー」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/09

ポカールゲット

100207_ispopokal

カーンが。

というわけで昨日、ispoポカール、というものを受賞したらしいカーンです。「ポカール」というからそりゃそうなんだけど、しかしなんだか、試合に勝った人に贈られるトロフィーみたいですよね。

受賞のニュースはないのかな~とググッてみたら、何故かニュースサイトではなくて、ようつべにヒットしたのでありました。

相変わらずのようで良かったです(^^)正月太りはだいじょぶそう。カノジョ同伴ではありませんが、画面のすみにこそっとゼップがいるのが気になります。プレゼンターかなんか?

そして、この動画をアプしたのと同じヒト(ローカル情報サイト?)が、このispo2010の会場にて行われたらしい、ラーム&オットルのイベント動画もアプしてたのでびっくり。いつの間に??

沢山のマスコミの前で二人がまったりと卓球している、というだけのユル~い動画ですが、癒しのひとときを東風さんにプリーズ

ギャハハーと笑うラームも痛快ですが、ナニゲにイケメンオーラを放射している(と思うのはワタシだけか?)オットルを見ていると、7月になったらバイエルンに帰って来いよーと思うのであった。

ギャハハラームと言えば、少し前にきゅん子さんがblogで紹介なさっていたコチラの動画

モエモエラムたんでもイケメンラームでもない、等身大のギャハハラームが最近密かなお気に入りであります。でもこの動画のワタシ的ツボは、楽しそうに運転するシュバのキラキラした表情なのですが(*´∀`*)モエ


カーンの話をしていたのに、いつの間にかシュバモエ~で締まってしまった(^^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/02/08

今夜は緑白ナイト

100206_bremen2
イケメン勢ぞろい。

先日のバイエルン戦の試合フォトを探していたら、ブレーメンで行われたらしい、謎のパーチーフォトが目に飛び込んでまいりました。
門外漢と思いつつも、つっこまずにはいられないので、つい・・・

100206_bremen3

土曜日に、どんなお題目かはとんと見当つきませんが、「グリュンヴァイセンナフト2010」直訳・「緑白ナイト2010」とかいうパーチーが行われたもよう。一種のファンミなのか?と思いつつも、どうもそうではなさそうな・・・。まあ、情報はブレーメンサポさんに任せます。

100206_bremen
ノリノリだー!

以下、衝撃の(?)2ショット写真集
100206_oezil
フレッシュ感ゼロのエズィル。まあ、シアワセなら何よりです・・・

100206_marin
がんばれマリン!…いや、その、いろいろ。

100206_wagner
ヴァーグナーだ。なんと結婚してたらしいです!「妻のDenise」と注釈が…

ダメだダメだ、こんなオモシロすぎるのばっかり拾っては失礼だわ、そーだ、こゆ時はイケメンだ、ボロはどーしたボロはぁ~!?

100206_boro
・・・・・・・・。

奥さ~~ん!sweat01そ、そんなセクスィ路線だったの??今にもベリーダンスを踊り出しかねないよ…

| | コメント (7) | トラックバック (0)

カーンネタちょこっと

書き忘れてましたのでちょっこり追加。

オリバー・カーンBildにて、DFB(ドイツサッカー協会)のビアホフマネージャーについてなんか言ったみたいです。
DFB関連のことは情報収集サッパリでして、背景がわからないのでちんぷんかんぷんなのですが、批判してるっぽい感じ。
契約延長をめぐってレーヴ代表監督とDFBがモメてるらしいとかなんとかいう話はチラチラ聞こえてきてますが、それに関係あるのかな?

文字テキストでのニュースもいいけれど、年が明けてからついぞお姿をお見かけしてないので、ダニボメキュンキュンと移り気なワタシでさえ、カーン不足に渇いてきたところですよ。解説してるとことかむかしの試合とか見て心なぐさめてみたりして…

ということで、何やら、またまた受賞の栄誉にあずかるみたいです。
ispoポカール」とかいう…
2月7日~10日、とあるのでイベントでもやるのでしょうか?
何がなにやらよくわかりませんが、プロ生活を引退後も青少年に対して模範的な活動をしたスポーツ選手に贈られるものであるとかなんとか…
カーンは昨年の、ギムナジウム等での講演活動が評価されたみたいです。たぶん。
長くてめんどくさいのですが、ispo(←そもそも何の略かもわかってない)による、カーンへの授賞に関するレポはコチラ
これによると、2007年の夏は、1972年の日本のバレーボールチームが受賞したと…。へぇえ~~

授賞式的なものがあるのかどうか、あるとすれば何日にどこでどのように、というのはじぇんじぇん調べてないのですが、まあ、そのうち動画か何かが出るんじゃねぇ~の?と呑気に待っております。
ビシッとキメた男前で現われるかな?それとも正月太りでまたメタボピンチになってたりとか!?カノジョ同伴なのかな?とか、密かに楽しみですよ~o(^-^)o

そういえば。トヨタのリコールのニュースを見るたびに、アヴェンシスはリコール対象ではないとはいえ、一時はカーンがCMに出ていたので、やっぱりちょっと気悪い~、ダイジョブかな~と思うのであります…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/07

誕生日おめでとう

すっかり遅くなりましたが、ヨーロッパ時間ではまだ2月7日お昼過ぎなので許してね(^^ゞ

ダニエル・ファンブイテン、32歳の誕生日おめでとう!heart01

100207_daniel2j
(ローソクの本数に大意はありません)背後でよからぬ気配が・・・

座右の銘(バイエルン選手名鑑より)
「Ohne Fleiß kein Preis.」(直訳:努力なくして称賛なし!辞書訳:まかぬ種は生えぬ)

小さい頃こんな人になりたかった(バイエルン選手名鑑より)
僕の父親、あるいは、マラドーナやジダンのようなサッカー選手

好きなもの(ファンブイテン公式サイトより)
家族、サッカー、釣り、スポーツ全般、子供、チョコレート、等

キライなもの(ファンブイテン公式サイトより)
偽善、偽善者、芽キャベツ

ステキな外見のみならず、ここ半年はサッカー面でも魅了してくれました。
ここぞという時にチームを勇気付けるゴールや、脅威の決定力を誇るヘディングはとてもステキです。だけどワタシ的には何と言っても、DFとしての1対1での強さに惚れ惚れさせられます。
そして、そんな大きなガタイなのに、どこか痛めると「痛いよ~ん」と、すぐ騒ぐところがちょっとかわいいです。モエ
ピッチ上では見えないところで熱く吠えてるようですが、あんまり建設的なことは言ってなさそうな気がします。なんとなく。
けっこう冗談好きでおちゃめな面もあると思います。
「キライなもの・偽善者」とカッコいいこと言ったと思ったら「芽キャベツ」と続くところもカワいいです。モエ
インタビューなどで、時々叙情的というか詩的というか、印象深い言葉で語ることがあり、そんなセンスもステキです。
(毎年おんなじよーなこと言ってる気がする…(^_^;))

今がキャリアの絶頂とは言わないぜ、もちろん本人もそのつもりでしょう。これからも更なる高みを目指して、存分に輝きますよーに☆ステキなことが沢山の、素晴らしい32歳でありますよーに。

【追記】
と、書いたそばから、ファンブイテンの公式サイトから「32歳になりました~♪」というメルマガが届きました。わーいお便りだー♪と思って読んでみたら、誕生日企画!メンバー限定!僕のTシャツ割引サービス♪というオチであった・・・(^∀^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

EM2012・予選リーグドロー

いつの間に~~!?(汗)

気を抜きまくっていたのですが、いつの間にかEURO2012の予選リーグのグループ分けドローが行われていたようですよ!

で、結果を見た瞬間に「ヤーダー!!」と叫んでしまいました。というのも・・・

----------

グループA
ドイツ、トルコ、オーストリア、ベルギー、カザフスタン、アゼルバイジャン

グループB
ロシア、スロヴァキア、アイルランド、マケドニア、アルメニア、アンドラ

グループC
イタリア、セルビア、北アイルランド、スロヴェニア、エストニア、フェロー諸島

グループD
フランス、ルーマニア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、ベラルーシ、アルバニア、ルクセンブルク

グループE
オランダ、スウェーデン、フィンランド、ハンガリー、モルドバ、サンマリノ

グループF
クロアチア、ギリシャ、イスラエル、ラトヴィア、グルジア、マルタ

グループG
イングランド、スイス、ブルガリア、ウェールズ、モンテネグロ

グループH
ポルトガル、デンマーク、ノルウェー、キプロス、アイスランド

グループI
スペイン、チェコ、スコットランド、リトアニア、リヒテンシュタイン

----------

ちょっとちょっとちょっとぅぅうう!!!!!!

グループA!グループAが!あわあわあわわわ・・・・・・・(゚□゚;)

えとえとえと、ええと、何が何してなんだっけ、グループ何位までが本大会出場なんですっけ、首位でなくちゃダメなんだっけ、ここここれから調べますがそれにしてもそれにしてもだ、これぢゃーアンタ、ダニエルがむばれ!ベルギーがむばれ!って言えなくなっちゃったじゃないかぁあああ~~っ(T△T)
しかもベルギーはトルコとまた…(しし丸さんの悲鳴が聞こえる…)。
いや~、W杯は残念だったけど、アドフォカートの元で強くなって、ゼヒゼヒEUROには出場してね、期待しちゃうんだぜ♪と、言うはずだったのに…。。。。。。
今32歳のファンブイテンがEURO出場を目指してるかどうかはわからないけど…でも…

いやいやいやいや、もももちろんドイツ、ドイツ応援ですよ、決まってるじゃないですか!
(追記:動揺するあまり、トルコとはEURO08準決勝以来の対戦だ、ということをケロリと忘れていました)

ええとちなみにオランダはグループEで、これも難しそうなところに入りましたが・・・。
ファンボメルがW杯後に代表引退してしまったら、そんなに力入らないだろうしなぁ(ゴメン)、でも辞めてしまっても、ヤツが気にかけてるチームなんだと思うと、ワタシも気にしないではいられないかも知れないし、どうなるのか現時点では予想できません…キュン。
いや~なに、35歳での代表レギュラー目指してバリバリがむばっちゃうんだぜ、と言うなら、もちろんその方が嬉しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

速報:ヴォルフスブルク対バイエルン

100206_bommelrobben heart04

ヴォルフスブルク 1-3 バイエルン

ぎゃわ~~~~~わわわわ!!キタキタキタ、来ちゃったよぅ~!ついに!ついに!

100206_kicker

並んだ並んだ!首位に並んだ~~~!!!

ししししかもーーー!!

100206_daniel

まままままさか、まさか、まさか本当にバースデーゴールを決めるとは!!!ガクガク

おめでとう!ダニエル!\(^∀^)/

ゴールおめでとう!誕生日おめでとう!

最後に何やらやらかしちゃいましたかね?( ̄з ̄;)~♪ いいのいいの、勝てばそれもネタってことで。今日は許す!

100206_robben
というわけで赤ロッベン。…予想通り、ふつうです。

おかげで見た目のインパクトはなくなりましたがモモヒキパワーは今日も健在!
試合開始早々に先制ゴール!(^∀^)

そしてリベリも決めました!オウンゴールかどうか際どいところでしたけど、リベリのゴールになったのかな。モモヒキなしで、しかも半袖でしたよ~。
ゴール決めた後に、トーニのくるくるパフォをやってて、胸がキュンとなりました。そしてベンチに駆けって行って、ハミトと挨拶してましたね。ダニエルへのお祝いゴールではなかったようですが、まぁダニエルは自分で決めたことだし、それもまたヨシ(^^)

気持ちよく勝ちました♪

でも
100206_bommel
彼はいまいちだったかなぁ・・・

あと、ラームはもちょっと守備がんばりましょう(毎度のことですが)。それと、クローゼが出場時間が少なすぎるせいか、試合勘が鈍ってる風なのが泣けました…(;_;)

続く!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/02/06

間もなくヴォルフスブルク戦

やっぱり見る気が起きなかった…(ポニョ)。

それはさておき、テリーがとうとう代表の主将をクビになったらしいですね。自分から辞退したのか?どっちでもいいですけど。
不倫は確かにイメージ悪いですが、でも相手はチームメイトの「元」カノなんだし、ブリッジ選手の方も「別れたヲンナがどうしようとあっしにはかかわりのねえことでござんす」とでも言うたりぃな。

と、かつての不倫主将のファンであるワタシは思うのであった。。。
まあ相手はチームメートのヲンナとかではありませんでしたが、出産間近の奥さんをほっぽって浮気してたんだから、これはこれで、テリーよりよっぽどタチが悪いと思うぞよ。

いえだから何、という話ではありませんのよ。よそはよそ、彼は彼。ただ思い出しちゃっただけでござんす。今でこそ笑い話ですが、当時はそれなりにツラかったのさ・・・heart03

Hbhuyvab

そんなことを考えていたせいか、数日前、なんと自分がカーンの奥さんのジモーネで、あろうことかボロウスキと不倫している夢を見てしまったのであります。
と言っても、大人同士の身もフタもないエロエロな感じではなくて、海岸をかわいく散歩しているだけ、というなんともヲトメで胸キュンな雰囲気だったのでありますが、なんてこった。その一方でカーンはボロウスキの奥さんと!背徳この上なし!というとんでもない状況でありました(爆)。
しかし話の途中で「ってか不倫も何もカーンはもう離婚してるし!カノジョはSvenjaだし!」と急にリアルな脳内ツッこみが入り、ボロもカーンも霧と消え、目が覚めてしまいました。つまらん。

あ~~~~~真剣にゴメンなさい。ボロウスキの奥さん、とってもカワイイのに~~

それにしても、久しぶりにカーンが夢に出てきたと思ったらこんな内容で、ひどいじゃないかオリー!heart03と意味なく八つ当たりしてみたり。

くだらないユメバナ恐縮でした。
というわけで、間もなくヴォルフスブルク戦であります。

100204_fcbtv2
マナカナのようなことになっているシューティングスターコンビ。

春カタログの撮影が行われたようですね。

100204_fcbtv
ゲッツ☆去年の春カタログには登場しませんでしたが、今年は無事に登場しそうです。

100204_fcbtv3
インタビューに答えるミュラーの奥で、せっせとポーズを取っているバトシュトゥバーがオモロい。

前期はロッベンがバイエルンの移籍翌日に衝撃デビュー、あっけにとられるヴォルフスブルクを堂々粉砕して気持ちよく勝ちましたが、今日はどうなりますか。同じ手は二度は使えないし。

ロッベンやリベリの赤モモヒキアンダーパンツが間に合うのかどうか、など、ついつい楽しい期待ばかりをしてしまいますが、相手は監督を替えたばかりで気分もリフレッシュしてそうだし、前節もHSV相手になかなかの熱戦をしたらしいし、ゆめゆめ、油断しないように。

100205_pk4
「僕の心はFCバイエルンといっしょなの♪」と語ったらしいファンブイテン
バースデーゴールも気になりますが、守ってナンボのDFです。まずは何はなくとも鉄壁守備、無失点で終われますように…。

おまけ
少し前の話になってしまいましたが、元「ウチの子」のヴァーグナーが、いつの間にかブレーメンに移籍していたそうです。そのブレーメンは昨日、やっと勝ったらしく、良かったね、ほっ、というところみたいですが、ヴァーグナーと言えばどうしても思い出すのが

070625_meirabommel
今は無きリーガポカールの試合で、メイラのナニをむぎゅっとした悪・ファンボメルと。
それにしても、たかが2年半ぐらい前なのに、この間にファンボメルは顔が一気に老け込んでしまったような気がしてならない…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ダニエル、君のいないバイエルンなんて」

ポニョよりもダニエルだ!(独り言)

どもどもどもども、ゆうべはコーフンしてすっかり盛り上がってしまいましたが、一日経ってもまだハッピーな管理人コリアンダーです(^▽^)

今のところそのような切り口で語っているところはありませんが、2月7日はファンブイテンの32歳の誕生日なのです。
自身が望んでいた複数年契約をバイエルンから提示されて、ステキな誕生日プレゼントになりましたね。土曜日のヴォルフスブルク戦でもバースデー&契約延長を自ら祝うゴールを決めちゃったりなんかしたらハッピーすぎてアタシゃむひょむひょとコワれてしまいそうですよ。
いや、あるいは、リベリが決めて「ダニエルへのお祝いゴールなのよ♪」なんて言っちゃったりした方がモエモエフガフガと全壊しちゃうかも知れないですわ…って、皮算用はなはだしいですね(^_^;)(苦笑)
そんなモナムール祭りが開催されたら言うことないですが、それよりも、チームが勝つことが一番だと思ってますよ、いやほんと。

そんなファンブイテンの喜びの記者会見が行われたようです
100205_fcbtv1
近い~~heart04 ウットリと見ながら、ふと、これはほぼ実物大では…?と、思った時に、ムラムラといけない思いにかられてモニターに吸い込まれそうになったその時

100205_pk3
「(なんか悪寒が…)」

Σ(゚∀゚)!
カメラが引いて、我に帰ったのであった。

バイエルン公式にもファン・ボイテンフィーチャー記事が上がってますが、日本語版はおいおい出るであろうということで、まずはこちらを。

このたびの契約延長に関してBildにインタビューがアプされてましたよ~(^^)。

英語自動翻訳を頼りにざっくり意訳要約

「すべては本当にあっという間でした。最初からずっと言われていたのは、1年間の延長なら可能だろうということでした。だけどそれは僕の考えとは一致しないものでした。水曜日の午後に、2年契約をオファーされました。とても嬉しかったです。クラブが僕の強さを信じていること、将来も僕を頼りにしてくれていることは重要な合図でした。僕はポーカーを長引かせたくはなかったのです」
(勝手注※契約に関する選手とクラブとの駆け引きは、よく「ポーカー」と表現されているようです)

「外国からとてもいいオファーがありました。だけど僕はバイエルンでイイ感じだし、それゆえに、移籍することで得るであろうお金もあきらめました(?)。ルイス・ファンハールは僕たちのチームを前進させてきました。彼のもとでは、僕たちはもっと良くなって行くのです。だから僕は彼とクラブとともに続けたいと思ったのです。僕はバイエルンでキャリアを終えることすら想像できますよ」

以下、リベリについてのラブラブ(?)トークheart
「僕はすぐに(この契約について)彼に話をしました。フランクはとても喜んで、そしてこう言いました“この契約は、バイエルンでの君のハードワークへの報酬だよ。君はこの契約を勝ち取ったんだ。君にとってもチーム全体にとってもいいサインをしたね”。以前から、フランクはいつもこう言っていました“ダニエル、僕は君にミュンヘンに残って欲しいんだ。君のいないバイエルンでプレーするなんて、想像するのはツラいんだ”」

「バイエルンは今いちど、彼(リベリ)をキープするための確実なチャンスを得ています。僕がサインをしたことは、フランクにとって、バイエルンに残るための重要な根拠です。僕は彼のために契約書にサインすることはできませんが、だけど今、FCバイエルンの名代でフランクと話をして、残留を納得させたいと思いますよ」

まだまだリベリの話は続くのですが、ここまで読むだけですでにくたびれてしまってアタマが働かなくなってきましたし、普通にリベリホメホメトークな感じでラブラブエピソード、というわけでもなさそうですので略(^^ゞ読んでね♪(投)

まあ、あちこちでコメントが上がってるように、ファンブイテンとしては、もちろんリベリにバイエルンに残ってもらいたいと熱烈希望しているようですが、実際のところどうなるのかは僕にはわからないよ、というスタンスのようです。

う~~むむ、しかしつくづく、ファンブイテンは自らがリベリ残留のためのダシになってもやぶさかではないのよ、だって愛してるんだもんheartとでも言わんばかりの勢いですね…モエ(そうか?(^_^;))
リベリのことばかり聞かれてもうんざりするようなそぶりも感じさせないし。
それだけリベリのことがスキで友人として誇りに思ってるのでしょうが、それと共に、あるいは、そんなことが気にならないほど、自分のパフォーマンスに自信があるのかも知れません。

バイエルンを選んだファンブイテン、これからの選手生活が更なる栄光に彩られますように!
アタシ的には別に、必ずしもリベリやファンハールとセットでなくてもいいのだけど、アナタがその方がイイと言うなら、その方が輝けると言うなら、ステキなスマイルも見れることだし、祈!リベリ残留!ファンハールも引き続きダニエルをヨロシク!そして二人の思いを汲み取って、でも控えメンバーから文句が出ないよう、リベリをうまく使ってくれますよーに!と願うものであります。

そーだ、今こそ、アナタがリベリに言う時かも?「フランク、君のいないバイエルンでプレーするなんて…」と。ウフフ♪

【一夜明けて追記】
公式日本語版のファン・ボイテンフィーチャー記事、めっちゃサッパリしててリベリについての部分がばっさりカットされてるんですけど(-_-)
モエモエ腐ネタで盛り上げすぎましたのが気に入らんかったのでしょーか…(まさか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/05

ダニエル!ダニエル!ダニエル!

待ちに待った吉報が突然やって来たーーー!!!

090922_daniel

ダニエル・ファンブイテン、

2012年まで契約延長!!!!!

うれしいうれしいうれしい(T∀T)

これは…。もう、この契約でバイエルンに骨を埋めてくれるってことだと思っていいのかな?

急に終わりが見えちゃった感じがしないでもないけれど、でも、これからもバイエルンにいてくれることに今は幸せです(;∀;)いかん、マジでうるうるするぅ~~
ありがとうありがとうありがとう、バイエルンをヨロシクね、これからも心を込めて愛を込めて応援させてもらうからねheart04

あと、ミュラーとも2013年、バトシュトゥバー2014年まで!こちらもめでたい!\(^∀^)/

ハァ~、シアワセで胸がいっぱいですぅ…heart01

あとはアイツの方の契約もヨロシク!
09bommeldaniel

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/02/04

赤モモヒキ黒モモヒキ白モモヒキ

いや~、いきなりだったのでちょっとびっくらこいた(横綱)。

さて
ゆうべはFCB.tvにてバトシュトゥバーのLIVEチャットが行われましたよ。

100203_fcbtv4 モエ…heart

100203_fcbtv1
開始を待ってる間にいきなりクローゼが出てきて何やら言うので、「LIVEチャットはもうちょっと待っててね♪」とでもお知らせしてくれてるのかと思ったらそうではなく、途中で挿入するはずの「ミロからもホルガーに質問しちゃうよ」の映像が誤って流れてしまったようです。

100203_fcbtv5
シュヴァインシュタイガーが遊びに来てました。マイク持ってガッツリ参加です。時々視聴者からの質問を読み上げたり、外野からチャチャを入れたりして、楽しく盛り上げてましたよ~

100203_fcbtv8
ぐだぐだ中。

100203fcbtv7
(思わず星を散らしてしまいました)
クローゼの他にも、「ミュラーからも質問しちゃうもんねコーナー」もあり。

よっぽど楽しかったらしく、わざわざ公式サイトにこのチャットの様子のレポが、しかも日本語バージョンまでアップされてましたよ。
バトシュトゥバーにカノジョがいないらしいことにちょっとオドロキであります。しかし今となっては人気も知名度も大幅アゲアゲ中、ですので、シーズンが終わる頃にはプラチナブロンドのデルモを連れて歩くようになるのだろうか…ちょっとヤだな…heart03(大きなお世話)マッチョなヒゲ付きお兄さんだったらもっとヤだけど…heart03heart03(←何を言うか!)

例によって何を言ってるのかはわかりませんでしたが、どうやらチーム内での呼び名は「ホルガー」なのだけど、ファンボメルだけは「バディー」と呼んでるらしいことがなんとなく…。
そう言えばファンボメルはミュラーのことも「ミュリー」と呼んでるらしいのですが、ヤツの中でのマイブームか何か(?)なのかしらん?そんなファンボメルのことをミュリーやバディーは「ボミー」と呼んだりしないのかな(^m^)

----------

ところで、噂のロッベンモモヒキについてお上(DFB・ドイツサッカー協会)からダメが入ったようです。着用不可?あやうし!ロッベン!?

100130_robben4

続きを読む "赤モモヒキ黒モモヒキ白モモヒキ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/03

20節:バイエルン対マインツ(本編)

おはようございます。ささ、続き続き。
ホントスミマセン、何日もかかってやたら長くてヤですねもぅ。そこのところ本気でどうにか考えないといけないと思うのですが、不器用なもので。。。

20節:バイエルン 3-0 マインツ

(フォーメーション等は前の記事をご覧ください m(__)m)

Dsc06577
「前が見えねー…」イイ男にも容赦なく雪降り積む。

注※以下、バカみたいに長いです(^^ゞ

続きを読む "20節:バイエルン対マインツ(本編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20節:バイエルン対マインツ(イントロ)

愛されダニエルネタ・おまけ。さきほど気付いたのですが
Dsc06588
「ダニエルに何しやがる!むぎゅっ」「ぐぇっ(汗)」
ダニエルの胸板に尻タックルをかました選手にすかさず仕返しをするクローゼ!ふっふふふ、ナニゲにやりよるのよねこのヒトも…(^m^)

他人にはどうでもいいユメバナですが、ゆうべついに、ファンブイテンとリベリが初めてセットで夢に出てきました~~♪
なんとなんと驚くべきことに、Cロナウドが唐突にこの冬の移籍で、我がバイエルンにやってくることが決まったのです(天地がひっくり返ってもあり得んな…苦笑)。するとリベリが「これって僕が夏にレアルに行くことを見越してのことなのよね、もうバイエルンにはいらないコってことなのよね」としょんぼりしてしまうのでありました(これも120%あり得んな…苦笑)。そこへファンブイテンがやってきて「何を言うんだフランク!頑張ってポジションを奪い取ればいいじゃないか!」と熱く励ますのでありました。

さてそんなリベリですが、なかなか90分フルに使われないことで、いろんな話が出ているようですね。
オリッチが「監督とリベリとの間にはまだ問題があるみたいよ~」と言ったとか言わないとかファンハールがなんか言ったとか(←読んでない)、ややこしいからスルーじゃい。
あまり興味なかったので(こら~)お知らせしてなかったのですが、実は、先週ロッベンが出演した番組に、今度は監督が出演していたのです。こちらからどぞ。

だけどファンブイテンが語る話はスルーできませんわね。tzに記事が出てたのですが、
「僕がバイエルンに残るがどうかが、彼(リベリ)にとって大事なことなのです」
って言ってますか~?!(゚∀゚;)heart04二人の愛はそんなにも~?!(妄想中~)

ちなみにー!
この記事には、ベッケンバウアーがこの試合後にファンボメルをむっちゃホメホメで、「マルクは現在ほど素晴らしいプレーをしていたことがない。彼に契約(延長)の話をしなさい。私なら2年だね」と語った、とあります。そしてそれに対するファンボメルのコメントが
「カイザー(皇帝)はいつも正しい!」ってアンタ…(^_^;)
これじゃあんまりにもアレなので、もうちょっと謙虚なコメントを紹介。オランダ語なのでよくわかりませんが
「いっやー、そりゃ~エエ気分だよ。名誉なことで大変なホメ言葉だよ~。俺としてはそんなものすごくホメてもらいたいわけじゃないんだけど、カイザーには反論できないわねぇ~えっへへへ」(デフォルメしてます)

はっ(゚∀゚)

前置きで盛り上がりすぎてしまって、なかなか本題に入れない・・・

1月30日 ブンデスリーガ第20節 バイエルン・ミュンヘン 3-0 マインツ05

kickerの採点も合わせてどぞ
100130fcbmainzfj
交代:リベリー(3)(58オリッチ)、クローゼ(76ゴメス)
サブ:レンジング、レル、プラニッチ、ティモシュク、アルティントップ

得点:ファンブイテン(58)、ゴメス(75)、ロッベン(86)
カード: デミケリスイヴァンシッツ

----------
ロッベンに神採点キタ―――(゚∀゚)!もちろんまたまたMoM!
そして!ななんと!バイエルンから4名もの選手が今節のベスト11入り!
ファンブイテン(6回目!heart)ラーム(2回目!)シュヴァインシュタイガー(2回目!)ロッベン(5回目!)
ラームが前回初ベスト11だったことに驚きでした。常連だとばかり…
----------

100130_refcbmainzj

さて

100130_robben3

バイエルンサポの皆さ~ん、モモヒキ履いてますかー?!

ワタシは履いてますよー!(^∀^)v
寒い時にはカッコつけてちゃダメ、機能性重視、健康第一、コンディション最優先、とにかく冷えないようにしっかり対策することです。
と、いうことをこのロッベンが示しています。モモヒキパワーで今日も絶好調!打ってよし走ってよし送ってよし、の3拍子も4拍子もそろったマジカルプレーで90分間魅了しまくりでした。

しかしー!このロッベン本人もじゅうぶん素晴らしいのですが、なんといっても。
公式にもホメホメフィーチャー記事が出てましたが、ラーム(とファンボメル)との、右サイドで繰り広げられる華麗なる新・マジカルトライアングル☆…は言い過ぎかも知れませんので、ゴールデントライアングルにしとこうか、いやそれじゃ麻薬の名産地になってしまってヤバいか、とにかく、右サイドの美しい攻撃はドキムネものでした!
とかくロッベン&ラームの二人が注目されているようですが(そのうち「ラッベン」とか呼ばれてしまうのだろうか…苦笑)、キレイクロスやパス交換、時には自らもシュートでゴールを狙ったり、三角形の一角を担っていたファンボメルも素晴らしかったと思うんだけど…。
ラーム⇔ボメル、ロッベン⇔ボメル、と、お互いよくわかってる阿吽の呼吸があるからこそのパスワークとか連携プレーとか、ホントたまらんぜよ。
ワシのようなボメラーがいくら熱く語っても所詮いつものエコヒイキで、説得力に欠けるのがもどかすぃ…。皇帝閣下のコメントをどこかのニュースサイトが日本語で出さないものか(ナイな)。

もっと堅守の相手だったらこんなに気持ちよくサイドを支配できるかどうかわかりませんが、とにかくここ数試合のバイエルンの攻撃は右サイドのロッベン&ラーム(&ファンボメル)が大きな鍵になっているのは間違いないようです。要注目なのだ!

その分左があまり使われないのが気がかり…。リベリーはまだ途中出場だし、バトシュトゥバーも頑張ってるけど本職はCBで、サイドからの攻撃はまだ手探り状態っぽいし。ミュラーも、なんでしょう、ウィンガータイプではないと思うのですが…。サイドの仕事をするようになってから一時(いっとき)の爆発力が見られなくなった気がしてならないよ。
でもシュヴァインシュタイガーはとてもイイですね。リベリと呼吸がもっと合えば…
ここで左のスペシャリスト、プラニッチはどうなのかねぇ。。。そのためにオランダから連れて来たのでは…

まあ、リベリの話はいろんな問題をはらんでて複雑すぎるのです。
すべてのことがクリアになって、リベリが芯からフィットして気持ちよくプレーできるようになったらば、右サイドだけでなく左サイドでも同様なマジカルプレーが見られるようになって、バイエルンは本当に強くてヤバくてバルサやチェルシーからも恐れられるようなチームになるでしょうが…。今シーズン中に実現するかなぁ。
それにしても去年は左サイドでの「マジカル・トライアングル」でしたが、両方にからんでるラームってつくづく凄いな・・・

わっ(゚∀゚;;)

なんだこりゃ!長い~!
試合が始まりませんが、長すぎるのでいったん切ります。どうなってるんだ…
文章書くのヘタすぎだろ自分…

まだまだ続く!(←え~)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/02/02

ネタ劇場・愛されダニエル

20節レポを上げるまでもうちょっと時間がかかりそうなので、ヒマつぶしに、おまけのダニエルモテモテ劇場を先にアプします~♪(くだらん)

Dsc06589
「いだだだだだっsweat01」Szalaiの尻が胸(みぞおち?)に入ったらしいファンブイテン。

Dsc06579
早速主将がやってきた「どうよ」「ぐ、ぐるじぃ~」

Dsc06581
愛されダニエルheartわらわらとロッベン、クローゼ、ミュラーもやってきて、みんなで心配してくれています。

Dsc06582
リベリも来たぞー

Dsc06583
飽きてきたらしいファンボメル「はっけよ~い、ってこうやるんだっけ?へっへへ」(うそ)

Dsc06584
ナニゲに最後までそばにいるリベリ「おデブちゃん、だいじょーぶ?」「うん~…」

ドクター・ミュルの処置により無事回復
Dsc06591
「ふ~まいったまいった。なぜかしら。こんなに胸がドキドキする…(byなうシカ)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/01

えーーーーー!!!

スミマセン、この程度の内容ならツイッターでツイートするレベルかも知れませんが、あいにく、やっておりませんもので…(^^ゞ

私用は済みましたのですが、今晩はマインツ戦放送&名作の誉れ高い「別れのワイン」by刑事コロンボ、なのでまだまだ忙しい(←知らんよ)のと、明日の午前中はココログがメンテだというので、次の更新がいつになるかわからないのでちょっと一言だけ書いておきます。

ヒツルスペルガーがラツィオに移籍!!!

単にワタシが知らなかっただけで、すでにウワサがあったのですか?

それと、

ブラーフハイトがセルティックへ!?!

こっちは決定なのかどーなのか、いつなのか、レンタルなのか完全なのか、よう読みこなしませんのでまだわかってませんが、

びっくりした。びっくりした。びっくりした。(゚□゚;)

【追記】公式にも出ました

100201_fcb
「締め切り数分前の決定」とありますが…。
今シーズン終了までのレンタルだそうです。バイエルンの今冬のレンタル移籍はこれで4人目です。
ファンボメル主将のコメント(ざっくり要約)「彼は運がなかったんだよ。彼がプレーしていた頃はチームが不調の時期だった。本人のパフォーマンスに当てはめちゃいけない。そこでは自分のプレーをだすことができない(←この一文公式サイト日本語版よりコピペ)。彼は自分が出来ることを示すことができなかったんだ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »