« ファンボメル大いに語る・その1 | トップページ | 09/10上半期ベストCB部門・第2位? »

2009/12/29

ファンボメル大いに語る・その2

トーニのローマへの移籍が決まりそうですね。レンタルなのか完全移籍なのか気になるところですが、たとえレンタルだとしてもそのまま行きっ放しになりそうな…( ´・ω・`)

移籍といえば、名古屋の吉田マヤがVVVに決まったようで…。で本田はCSKAに行ってしまうのでしょうかね。その名古屋にはトゥーリオが来るので穴は埋まるでしょうが、それにしても名古屋はVVVに選手を獲られちゃいますね。

さて

ぎゃふん、と言ったまま、めんどーくさいからなかったことにしようかと思った、SPOXでのファンボメル・インタビューその2です。
いつになるかわからない、と言いつつ、結局続けて読んでしまったのは、こっちの方が「その1」よりも文章が比較的わかりやすく、英語翻訳だけでも大筋がつかめたので、イケそうだ、と思ったことと、なんかカッコいいこと言ってるぽい気配がしたので、つい・・・

「その1」の最後でバルサの話題が出たのでその続きからです。それにしてもファンボメルは、たった1年でしかもサブメンだったと言えど、バルサに在籍していたこと、CLを勝ち取ったことをホントに誇りに思ってるのですね(^^)
ちょっと妬けますが、ファンボメルのキャリアに素晴らしい思い出をくれたことをバルサ関係者の皆様とサポの皆様に感謝なのです。

060506

ちなみに、今年の選手名鑑によると「子供の頃なりたかった選手は?」はペップ・グアルディオラだったそうですよ。

ファンボメルファンにとっては惚れ直す内容だったんではないかと思います。(ワタシは惚れ直しましたよ~heart
例によってヘンテコ日本語で無茶な意訳想像訳てんこもりですが(^^ゞいつものようにざっくばらんに見てください。

ではどーぞ

----------

SPOX:あなたはバルセロナで1年間プレーして、チャンピオンズリーグで優勝しましたね。しかしレギュラーではありませんでした。無駄な1年間でしたか?

ファンボメル:いいや、悪い1年じゃなかったよ。リーガ38試合のうち24試合に出場した。9試合は怪我をしていたんだ。チャンピオンズリーグでは13試合中9試合だ。そしてパリでの決勝ではスタメンでプレーしたんだよ。

SPOX:そしてカップを勝ち取りましたね(勝手注※リーガでも優勝)。FCバルセロナでのお祝いはどのようなものでしたか?

ファンボメル:その時のロッカールームは、ドアが閉まって誰もジャマしなくて、最高に素晴らしいものだったよ。俺たちは、セルタ・デ・ヴィーゴ戦でのハーフタイム中に、2006年の優勝が決まったんだ。なぜなら、ヴァレンシアがマジョルカに勝てなかったからね(※1)。ライカールト監督はロッカールームでのパーティーについてまったく指示を与えに来なかった。パーティーではシャヴィとイニエスタがずっと先頭で盛り上がっていたよ。よく考えてみると、タイトルを獲得した時は、他の日と同じように仕事の日だったのにね。チャンピオンズリーグのトロフィーがロッカールームにある時は、それをじっくりと眺めて、写真を何枚か撮って、それから家に帰ったよ。

SPOX:あなたは、沢山のスター選手の真ん中で、いい感じだったようですね。

ファンボメル:そうだね。俺たちはまる1年、素晴らしい雰囲気で過ごしたよ。シャヴィ、プジョル、ヴァルデス、イニエスタがロッカールームでの進行を決定していた。彼らはみんなカタルーニャ出身で、すでにもうずっと長い間クラブにいたんだ。優れたヤツらだったよ。

SPOX:とてもいいサッカーをしますね。

ファンボメル:バルセロナはシンプルなサッカーをしている。シャヴィあるいはイニエスタは、ボールを受ける前に、肩越しに、フリーの味方選手がどこにいて相手選手はどこにいるかということを確認するんだ。彼らはつねに、すぐに次のステップに取りかかっている。完璧に予測するんだ。俺もコピーしようとしたんだけどね。(ニヤリ)残念ながら、毎度うまくはいかないねー。

SPOX:バルサのスタイルはサッカーの未来形なのですか?

ファンボメル:バルセロナは彼らのやり方を果たしてきた(??)。だけど彼らにも、何も獲得せず成功できなかった年もあったんだ。70年代には、バイエルンとアヤックスが全てを勝ち取っていた。次にイタリアで、それからスペイン、ついにイングランドだ。それぞれ異なった成功への方法がある。チェルシーはバルセロナとはまったく別のプレーをする。とてもフィジカルで、規律的で、ひたむきだ。このスタイルで彼らは、もうすこしのところでバルセロナに勝っていたんだ。もしも、良いアイデアを持っていて、そしてそれをやり通すならば、成功は時間の問題だよ。

SPOX:FCバイエルンのアイデアはどこにありますか?どの中に?

ファンボメル:ユーヴェ戦でのやり方だね。あれが俺たちのアイデアだ。それを認識することが俺たちにとって重要だ、そしてこのアイデアでもってサッカーをプレーすれば、成功はつかめるよ。

SPOX:バイエルンはその役割に達したのですね。冬休みを越えてもこの流れを維持させますか?

ファンボメル:俺たちのほとんど全員が再び舟に乗っている(※2)、したがってより多くの可能性があるんだ。俺たちはプレーを続けたかったんだ-ありがたいことに、冬休みはそんなに長くない。今の俺たちは毎週末に安定させていなければならないレベルにまで到達しているんだ。これはさらなる挑戦だ。俺たちが毎回このレベルで、もしくは匹敵する状態でプレーした時には、誰が俺たちを負かすのか見てみたいもんだよ。

SPOX:冬休み中に契約交渉を待つのが慣例ですが。マルク・ファンボンメルはシーズンを越えてもFCバイエルンに残るのでしょうか?(??)

ファンボメル:わからないんだ。俺が聞いてるのは、ドバイでのキャンプ中に順番に話し合うってことだよ。いくつかの交渉が行われるだろうな。何が起こるのか期待しているよ。

SPOX:しかし、あなたの、残留したいのか否かという流れは固まっていますね。

ファンボメル:俺が流れを決めるんじゃない、決めるのはクラブだ。選手はいいプレーをしなくちゃいけない。その他のことはクラブが決定する。

SPOX:昨年、契約延長に関してあなたは、バイエルンを我が家のように感じていると言いました。そしてあなた自身は2年契約を望んでいたにも関わらず、1年のオファーを受け入れましたね。今回はどうでしょう?

ファンボメル:今でも家だと感じているよ、ここにもすでに4年になる。昨シーズンに移籍する機会はあったんだ。もっといい条件で、長期間での。だけどFCバイエルンに逆らうような決断を下すのは難しいんだよ。ここに何があるのかはわかっている。ここでは、普通なら、常にタイトルに向けてのプレーができる。よそでもっと金を稼ぐことは出来た。だけど、より大切なことは、(選手生活を)止めた時、サインカード上に何を残せるか、ということなんだ(※勝手注:サインカードの裏には、その選手が獲得したタイトルが記載されているのです)。

SPOX:タイトルはサッカーで最も重要なものですか?

ファンボメル:そうだ。もしあなた方が、最高のインタビューでもって、その年の最優秀(賞的なもの)を授与されたとしたら、それは、同僚よりも金を稼いだ、ということより大切じゃないの。そうだろ?

SPOX:だけど、気に入っていない職場のために仕事しなければならない場合は?

ファンボメル:それこそが俺がバイエルンに残った理由だよ。俺はバイエルンでとても良く感じているから、いいオファーを断ったんだ。それで何かをあきらめなくてはいけない時もあるんだよ。(??カネをあきらめたんだと言いたいらしい)

SPOX:アナトリー・ティモシュクが契約する際、ファンボンメルの唯一の居場所はベンチの上だといううわさも出ました。違うことになりました。満足していますか?

ファンボメル:いいや。俺はけっして競争から逃げ出したりはしない。俺が新しい契約にサインした時、ティモシュクが来ることはすでに決まっていたんだ。だけど俺は自分のパフォーマンスを信じていた。俺は自分が何が出来るのかをわかっているよ。

SPOX:あなたはブンデスリーガで、ところどころラフなプレースタイルが注目を浴びていますね。そのイメージについてどう思いますか?

ファンボメル:俺は当時、自分自身でそのイメージを作り上げたんだよな-そんなこと望んでないのに。世間の人々から烙印を押されてしまった。だけど俺は変わったし、1年半であれ以上のレッドカードやイエローカードをもらってないんだ。俺は本当に、引き出しが再び開いて(※3)、次にレッドカードを食らうんじゃないかということを恐れているんだ。

SPOX:あなたはその烙印を不当なものだと感じていますか?

ファンボメル:いいや、それはバイエルン・ミュンヘンだからだよ。バイエルンでレッドカードをもらったら、2週間は世間の話題になる。だからここでのプレッシャーは他の場所よりも高いんだよ。バイエルン・ミュンヘンでプレーしていると、沢山の人々にとっての敵になってしまうんだ。

SPOX:あなたはオランダ、スペイン、ドイツでマイスターを勝ち取りました、そしてバルサではチャンピオンズリーグで優勝しました。時々、自分がじゅうぶんな評価を得ていないと思いますか?

ファンボメル:俺は多分、ベストではないけれど、ワーストでもないサッカー選手なんだよ。俺がカードを多くもらってしまった時に、みんなこう言うんだ「ファンボンメルは全然サッカーができないんだね」。そういうのは俺には全く重要じゃない。俺がチームにとって重要で、そしてクラブに評価されること。それが俺にとってとても重要なことなんだ。

SPOX:アスリートはキャリアのピークで引退するべきだ、という声もあります。もしもオランダ代表で2010年の世界チャンピオンになったらどうしますか?

ファンボメル:(笑)その時は代表チームでのキャリアを終えるだろうね。

SPOX:でもクラブチームではない。

ファンボメル:(確かなことは)ただこれだけだよ:俺は今、世界で最も素晴らしい職業に就いているんだ。

090723

(※1 06年5月3日、マジョルカ対ヴァレンシアはセルタ対バルセロナより1時間早くキックオフ。ヴァレンシアは当時2位だったようだ。最終順位はレアルがヴァレンシアを抜いて2位)
(※2 舟に乗っている、という表現もよく見ますが、うまく訳せません(^^ゞ ニュアンスは大体わかりますよね・・・(→投)。チームとしてプレーできる状態にある、ということのようです)
(※3 なんの引き出し?)

----------

あら~(゚∀゚;)優勝したら代表引退ですか?
しかしおかげさまで、もしもドイツとオランダが決勝で当たった時には、心置きなくドイツを応援できますよ~(^皿^)

しかし、去年の今頃、残留か移籍か、というウワサにはワタシもずいぶん振り回されましたが、実際、かなり際どかったのですね…。今になって緊張してしまいますよ~(汗)。
今回はどうなりますやら、ネルリンガーSDはキャンプ中に契約交渉はしないようなことを語ったようですが…。ドキドキ。

|

« ファンボメル大いに語る・その1 | トップページ | 09/10上半期ベストCB部門・第2位? »

コメント

うおースゲー!!翻訳完成してる!!無事ゴールお疲れ様でした!!
どのクラブでも素晴らしい時間が過ごせたと言えるボメの現役生活は素晴らしいものですね。
そして「最高の職業についている」これは惚れてまうやろ冬の大祭スペシャルですね。
ラフなイメージ>色々ありましたが、もう今のボメは、プレー以外の所で無駄な紙を貰う雰囲気は無くなった気がしないでもないです。オリの助言は無駄ではなかった…。この調子で退場0で今季を終えてくれ~!!
そして、ボメが今のチーム状況に対して相当自信に溢れているのがすごく嬉しいです。いや、まだそこまで今をトキメク強豪を倒してないし、自信そんなにー!!とも思いますが、ボメがそう言うのなら信じたいですね。後半戦のバイエルンが楽しみで仕方がないです。

そしてそして、上記事のイケメンキャプありがとうございますv
「日本が勝てると思うのは勝手だが」<ヒィー
僕のロッベンさんそんなイメージ?
NHKさんはボメの事忘れてたんでしょうか!!!?な、なんて事だ、オランダのへそなのに(?)
確かに、ノーマークの方がいい事も多いですよね、…まぁ、気にしてないんですけどね~<気にしてる風
こちらも本番が楽しみですね。

投稿: クゥシィ | 2009/12/30 15:25

> クゥシィさん
ありがとございます~!毎度のヘタヘタ訳ですんませんです(^^ゞてけとーに汲み取ってね。
いつにないロングインタビューで、途中でイヤになりかけましたが、これをやってる間はずっとボメのこと考えていられるのでけっこうシアワセなのです…heart04(←ほざけ)
さあクゥシィさんもいっしょに

ホレてまうやろ~~~~~~~!!!!!heart01heart04

いやはや、「世界で最も素晴らしい職業」は一撃必殺ものでしたheartやっぱりアタシタチのボメはどこまでもカッコエエ~このハート泥棒め!heart04←ボメラーの戯言

いやぁホントです、プレー上でのファウルはともかく、相手選手のナニをギューしたりとかいけないポーズをとったりとか、そういういらんことはしなくなりましたよね。ワタシ的には、勝手に、コドモがわけの分かる年頃になってきたというのも、ちょっとはあるのかなと思います。

そんなにかー?とは、ワタシも思います。去年のトラウマがありますので、ボメに限らずバイエルンのみんなはあんまり油断しないで欲しいです。ドキドキ。
でもボメの口から自信あるポジティブなコメントを聞くのはやっぱりうれしいですよね!
ありがたいことに冬休みはそんなに長くないので(←アホ訳風)、選手のいいイメージも続いてるといいな、と期待しています。

ロッベンさん及びオランダはそんなイメージなんでしょうね(^_^;)監督のオトボケエピソードやマタイセンのコメントのせいで、オランダは日本をナメてるんだぜ、ということになっているのでしょう。
フフフ、ワタシの「オランダのへそ僕らのファンボモー隠し玉作戦・兼・試合が終わってから日本の地上波TVをぎゃふんと言わせてやるんだぜ作戦」(?)は密かに進行中であります。しかしNHKも、ペルシだロッベンだと言う割には、ボメのゴールシーンを何度も使ってくれて、ちょっとうれしこそばゆいのでありますheart

投稿: コリアンダー | 2009/12/31 00:55

こんにちは。
色々やってたら、大晦日になりました(汗)。来たばかりのバイヤンカレンダー(トリコ)を掛けたところです。
ボメインタビュー訳、本当にありがとうございました。
>自分がチームにとって重要で、クラブに評価される事が重要・・・ボメが今のバイヤンを始め、所属していたどこのクラブでもいい印象があるのは、このブレない信念があるからなのですね。もう、ますます惚れてしまいますよ~heart04
ところで、上の記事の番組、私は時間がなくて録画しておいたのを昨日見ました。それこそ、ミュンヘンに来たのなら、もう一人にも聞けばいいのに~と・・・。コメントレスへのコメントですみませんが、「隠し玉作戦」に私も参加希望で~すnote
来年はどんな年になるでしょうか。選手の皆さん達には、いつもいいコンディションで試合に出てほしいですね。私も自分なりに応援して行きたいです。いつも題ズレのコメントばかりですが、これからもよろしくお願いします。どうぞ良い新年をお迎え下さい。では又。

投稿: 梢@年末ご挨拶 | 2009/12/31 16:36

> 梢さん
ひや~、年末ぎりぎりになってしもうた(汗)
バイヤントリコカレンダーが届いたんですね!おめでとうございます!
ありがとうございます。ヘタヘタ誤訳てんこもりですが、頑張った甲斐あって、またまたボメに惚れ直しちゃいましたねheart04
周りからどんな評価をされても気にしない、チームにとって自分がどれだけ大事な仕事を出来るかの方が大事なんだ、というブレないボメはとってもステキですが、と言いつつも、暴れん坊のイメージが定着してることをこそっと気にしてる風なところとか、カワイイ面も垣間見えたりして(^m^)
「隠し玉作戦」参加ありがとうございます!W杯までは日本のメディアにはボメはヒミツなのです。フッフッフ。その時になってババーンと大活躍してもらって、世のボメラーは大いに盛り上がるのです。
来年は今年なしえなかったことを叶えて、歓喜がいっぱいの年になるといいですね。共にがっつり応援していきましょー☆どぞヨロシクお願いします。よいお年を~(^o^)/

投稿: コリアンダー | 2009/12/31 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/32773890

この記事へのトラックバック一覧です: ファンボメル大いに語る・その2:

« ファンボメル大いに語る・その1 | トップページ | 09/10上半期ベストCB部門・第2位? »