« Duracell-Haseとは何ぞや | トップページ | 本日のアドヴェンツ・12/11 »

2009/12/10

CL:ユヴェントス対バイエルン(後)

続きです。

そんなわけで、前半は素晴らしい試合運びで、先制されたもののブットのPKで追いついたバイエルンです。でも同点ではダメなのです。勝たなければ。この調子であと1点追加だー!
と、希望は捨てていなかったのですが、ハーフタイムに「あと45分ですべてが決まるのか…。バイエルンの攻勢が実るのに時間が足りるのか…」と、時間的にもうよかろう(AM5:30)、とゴミ捨てに行きながら悶々しておりました。

ちょっと前の決定力不足が言われていた時期だったら望み薄、だったと思いますが、この日のバイエルンは違いました。復調のゴメスオリッチラームプラニッチのサイド攻撃、ノリノリシュヴァインシュタイガー、時にはファンブイテンデミケリスなどもからんで、ぶ厚くバリエーション豊かな攻撃で、追加点の可能性はビシビシ感じられました。
そしてそのバイエルンの華麗な攻撃面のタクトをふるっていたのが我らのカピテン、アタシタチのセクスィ~リーダー・ファンボメルだったと思うのですが…エコヒイキですかねぇ?

091208_bommelbutt

守備面ではジエゴ封じをガッツリやっていましたが、でもまだくるくる回転することもあったり、そんなに沢山ではないですが、ミスパスが全くなかったわけでもなく。
でも、ピッチ上でビシビシと効果的にボールをさばいて、リーダーとしてとてもいい仕事をしていたと思いますが…エコヒイキかなぁ?

前半終了時のスタッツはなんと、ボール支配率がバイエルン62%、ユヴェントス38%でした。
これだけボリボリ走り回っていると、後半に入っての集中力の欠如やスタミナ切れが心配です。そのせいで前後半は全く違う展開になってしまうことはサッカーでは多多あるもので…。

しかし!

「ハーフタイムの後は、前半の流れをだせないものだ。しかし、今回は逆だった。それどころか、今回は前半よりも良かったんだ。」byアタシタチのファンボメル
前半での良い流れを失うことなく後半にも維持できたことは素晴らしいです。運動量も集中力も落ちてません。

2得点目!(エコヒイキ愛炸裂!)

プラニッチのいいシュートが惜しくも枠を外れた後でした。猛攻がなかなか実らず、ボールの流れが少し速すぎるような気も…。バイエルンに焦りが出ないかな?と懸念しておりましたところ、セットプレーやらなんやらあって、ボールはファンボメルの元に。

見た?

見た?

見た?

慌てず騒がず落ち着いて、上がっていたファンブイテンに合わせてふわりと浮かせたピンポイントクロス!!

うわっ(゚∀゚)

ななななんだこの、なんだこの、なんてゆうんでしょう、ピッチの空気がなんかこう、ガーーッッ!オラオラ!となっているところに、そのクレバーでクールな落ち着き払ったプレーはよ!

ぞくぞくする!!

ただの暴れん坊なだけじゃない、大事な局面で時おりヒョコッと見せるクールなプレーに今シーズンワタシはメロメロなのですheart04
(ふつーのプレーでふつーのクロスじゃねぇーの?とか言っちゃいやん)

そして~!そのクロスに対して、欧州屈指のヘディングゲッター、我らのファンブイテンバシッと合わせた~!!heart04heart01(華麗なるコリアンダー胸キュンライン!)
爆裂ヘッドはしかし、ブッフォンが決死のセーブ!しかし弾いた先にいたのはオリッチ~!流しこんでゴ―――――ッル!

やったあ~!!バイエルン、ついに逆転!!!!!

ファンブイテ~~~ッン!!!\(≧∀≦)/

・・・・・・・・。
091208_olic3
「あのなー」

しかし後半の52分というのはまだまだ何が起こるかわからない、予断を許さない時間帯であります。もう1点取ろー!もしくは守り切れ!

091208_moe モエ~対決

バイエルン優位は変わらないのですがその後はユヴェントスの方にもいくつかチャンスが到来し、トレゼゲがフリーでシュートしたり等、気の抜けない心臓に悪い展開となります。
危ないから!気を抜いちゃダメよ!落ち着いて守ろう!さっさともう1点とって楽になろう!

デュラセルハーゼ・オリッチ、電池切れで自ら交代志願。スカパの実況解説陣がウケてました。
しかし、バテバテになるまで無理を続けて足が動かなくなってチームに迷惑をかけてしまう前に、自分で限界を見極めたところは、まあ、悪くない判断だと思います。退場するそのぎりぎりまで、全力で走ってましたから。

ティモシュクを入れて1点リードを守り切ることにしたようですが…気を抜けない…。

しかし83分という素晴らしい時間に3得点目!
バイエルンのCKからです。バトシュトゥバー→世界屈指のヘディングゲッター、ファンブイテンがものすごく高く飛んでこれまた見事な破壊力抜群の弾丸シュート!!
GKブッフォン弾くのが精一杯!すかさず詰めたのはゴメス~~!!

091208_gomez

よっしゃぁああああああ!JAAAAAAAAAA!!!

ファンブイテ(略)~!!\(≧∀≦)/

違うってば(^_^;)。
でもみごとな2アシスト!ダニエルのヘディングがあまりに素晴らしくて勢いがあったからこそ、ブッフォンのセーブも力ないものになったんやで~

そんなダニエルのおとぼけ劇場
Dsc06523
ガツンとヘディングをぶち込んだ!

Dsc06524
ブッフォンがセーブ!「イヤ~んsweat01」と頭を抱える

しかしゴメスがゴールを決めて
Dsc06526
(目の下が痛々しい)「ぐわっしゃああ~~!!」と、まるで我がゴールのように大喜び!
おかげで一瞬、ダニエルのゴールかと思っちゃったよ。

バイエルンが勝利に大きく近付いたゴールでした。この時ファンブイテンとファンボメルが先頭になってみんなでベンチに飛び込み、サブのメンバーやスタッフなんかともみくちゃになって歓喜します。
レギュラーもサブも関係ない、みんなで勝利を勝ち取るんだぜ、俺たちはチームだぁ~!というのが感じられて、じーんときました。

091208_10
「キャ~ダニエルステキー!☆モエ~~!」「おやっさん!アンタをクビになんかさせないぜ!」

Dsc06528_2
オデコをこっつんしてゴメスを祝福するクローゼ。この時のクローゼの態度はとても素晴らしかったと思います。
ゴメスやオリッチが活躍する裏には、ベンチに座っているクローゼの存在があるわけです。本人だって満足しているはずはないのですが、それでも、後輩が決めたゴールに対して、嫉妬するどころかこんな風に喜んであげている姿に、クローゼの強い精神力を思い、頭が下がるものでありますよ。

ここまで来たらだいぶ余裕が出来ました。ようやく少し安心して、でも最後まで気を引き締めて見守っていたのですが…。
ロスタイム3分も要らんやろ!!
と脳内ヤジを飛ばしていたところ、

ティモシュクが見事な弾丸シュートでダメ押しの4点目~~~~~~!!!

091208_tymo (ヘアバンドが細くなってる)

バイエルンでの初ゴールおめでとう!!!(^∀^)
(練習試合で1回か2回ぐらいあったような気はしますが、公式戦では初)
みんなに祝福されてうれしそうです。ファンボメルも加わっていたのがワタシ的にはうれしい(;∀;)ゴメスにいつまでも馬乗りされてて重そうでしたね(^_^;)

その直後、試合終了!

「トリノの奇跡」の瞬間でした。
一度は絶望しかけたものを、転がり込んできたかすかなチャンスを、見事に、自分たちの力で形にしたバイエルン。
おめでとう!!みんな本当に本当に素晴らしかった!
いいものを見ました。希望をありがとう!信じさせてくれてありがとう!

091208_bayern4_2

091208_bayern3
(ハダカホルガー君、その後風邪引いたりしなかっただろーか…)

こんな風にみんなで輪になって歌い踊ったり、じっと座ってサポーターの応援チャントか何かを聞いたりしている姿は、バイエルンではあまり見られない光景なので、すごく感動しました。
チームの中の何かが変化したのかな、と思いました。まだわかんないけど。

さあ。

次は。

091208_bayern5

|

« Duracell-Haseとは何ぞや | トップページ | 本日のアドヴェンツ・12/11 »

コメント

遅くなりましたが、勝ち抜けおめでとうございます~~~!!
逆恨みとは自覚しつつもキエッリーニの顔なんか見たくないやい!って思ってたのもありまして、めっちゃ嬉しいですよー!よくぞ頑張ってくれた☆
これが、チームのまとまるきっかけになるといいですね~。そしてうまくまとまった際には、しばらくアーセナルとあたりませんことを!

投稿: 筍母 | 2009/12/10 23:35

> 筍母さん
ありがとうございます~~~~~(T▽T)夢みたいです!
キエッリーニが出なかったのでロビンの仇を取ることはできませんでしたけどsmile、てゆーかそこに思いを至らせる心の余裕はなかった…(汗)
ほんと、皆の気持ちがひとつになってつかんだ素晴らしい勝利でした。こうやってチームが段々まとまってくれるとうれしいです!
遅ればせながら、アーセナルも首位通過おめでとうございます!(^▽^)ウチはもう、どこと当たっても厳しい相手ばかりですので(汗)そちら側から見れば、バイエルンと当たったらラッキーかも知れないですよ??
でも2月の時点では大いに冷汗かかせられるようになっていますように…

投稿: コリアンダー | 2009/12/11 10:40

こんにちは~。
今回の試合ほど「テレビで見たかった~!」と思った事はないです。ボメも公式で「自分がFCバイエルンに入団して以来のベストゲーム」って話しているし・・・。
「ようつべ」やテレビのスポーツニュースのダイジェストで、ゴールシーン中心に見ました。二点目のきっかけになった、ブイテン兄貴へのクロスはさすがですよね~。あと携帯サイトの文字ライブを試合後に見ていたら、前半にも素敵クロスをオリッチ君に出していたみたいですね。ボメらしい・・。
三点目の後、ベンチの皆と喜び合う場面は本当にじーんとアツくなりました。それからティモへの祝福も・・・。
本当によかった、ありがとう!という気持ちです。
>次は。・・・又上を目指して・・・!!では又。

投稿: 梢 | 2009/12/11 17:04

> 梢さん
バイエルン入団以来のベストゲーム←ウットリ…( ̄▽ ̄)
ボメ自身もいいプレーしてましたし、内容もそうですが、それに結果が伴ったのだから喜びもひとしおでしょう。一昨年の「"ヘタフェの奇跡"みたいだった」とも言っていたようです(^^)ステキな奇跡を何度も経験できて、ボメのバイエルン生活も捨てたもんじゃありませんね。まだまだこれからも素晴らしい奇跡のような勝利を見せて欲しいんだぜ…
ステキクロスはそこここで炸裂してましたね。本当にクレバーでビューリホーでした。
前半のオリッチへのクロスも素晴らしかったです。オリッチのシュートはポストに当たってしまったんですよ…ざんねん。
みんなでもみくちゃになって喜んでいるシーンは何度見ても感動しますね~
明日はもうブンデスです。こうやってひとつひとつ勝利を積み重ねて、上に登って行って欲しいですね☆

投稿: コリアンダー | 2009/12/11 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/32553316

この記事へのトラックバック一覧です: CL:ユヴェントス対バイエルン(後):

« Duracell-Haseとは何ぞや | トップページ | 本日のアドヴェンツ・12/11 »