« ルカトーニ・カレンダー | トップページ | 本日のアドヴェンツ・12/3 »

2009/12/02

14節:ハノーファー対バイエルン

GAORA版をゆうべ見直したのですが、いろいろあって、結局リアルタイムとそんなに変わらない時間になってしまいました。飲酒しながらのんびり見ていたらまたまたモーローとしてニャにがニャんだかよくわかんニャくなって(@∀@)~~゜゜、結局見直した甲斐がないことに(苦笑)

オボロなイメージを頼りに、てけとーにいってみよー

11月29日 ブンデスリーガ 第14節 ハノーファー96 0-3 バイエルン・ミュンヘン

091129hannoverfcbfj
交代:オットル(76プラニッチ)、バウムヨハン(85オリッチ)
サブ:クラフト、ブレーノ、ブラーフハイト、ティモシュク、トーニ

得点:ミュラー(19)、オリッチ(47)、ゴメス(90)
カード:なし

091129_fromlo

091129_bayernfan

スタジアムの天井から、エンケのユニフォームを描いた垂れ幕が下がってました。
イイですね。なんだか見守っててくれてるみたいで。そしてハノーファーの選手のユニフォームには今日も胸に「1」が入ってました。今シーズンいっぱいはこれでいくのかな。

いや、でも、スタジアムは湿っぽくなり過ぎなくて良かったです。サポもいつも通り応援チャントを歌い、バイエルンの選手には元気にブーイング。
いっしょけんめいサッカーを楽しむこと、それぞれの日常を続けていくことは、けしてエンケを忘れることにはならないのでありますからして…。

試合を待っている間に、ファンボメルがハノーファーのキャプテン・ブルギンクとやけにフレンドリーな態度でにこやかにトークしてて、肩を抱いたり、入場しながらもぺちゃくちゃとしゃべっているのを見て、そういえばフロムロヴィッツのことばかり心配していたけれど、ブルギンクだってキャプテンを継ぐことになったんだよな…ファンボメルは「大変だけどがんばれよ!」とか励ましてるのかしらんステキ、と勝手に妄想していたのですが、今調べたら、なんのことはない、ブルギンクはオランダ人だった。ようするに同国のよしみだったというオチ(^□^;)

091129_muellerolic

ということで、バイエルンサポの皆さ~ん、またもや!

イビイビしてますか~?

(CLと)2試合連続ゴールのオリッチにかんぱ~い!オリッチのゴールに素晴らしいアシストクロスを上げたプラニッチにかんぱ~い!そのプラニッチにナイススルーパスを送ったファンボメルにかんぱ…あれ?(゚∀゚)/))) オ-イ

091129_bayern2

気がつけばおんなじような写真ばっかり保存しているのであります(^^ゞ
新しいゴールパフォーマンスなのか、なんだかみんなで集まってずいずいずっころばしかなんか、よくわかりませんが、そんなようなことをしていたようです。
とにかく、チームがひとつになって、みんなでサッカーをしよう!という気持ちの表れであったみたい。

公式に上がっている選手たちのコメントも、「みんなでプレーした」とか「チームとして戦った」など、チームの団結力に満足しているようです。
みんなで気持ちをひとつにしてサッカーが出来た、そしてスコアも上々だったし、ということで、選手たちにとってはそのことが嬉しかったので、試合内容もいいものだったという風に捉えているのかも知れませんね。

うん。まあ、それでいいんじゃないの?と、すっかり甘甘目線になったワタシは思うのでした。

細かい試合内容や選手のデキについては、正直、う~ん、まだまだ。と思いました。
グチャグチャだったレヴァークーゼン戦や、なんとなくだましだまし感もあったCLマッカビ戦に比べたら格段に良かったとは思いますが、しかしそれでも、今回は相手の出来が良くなかったから気持ちよく勝てたんだよ~、わかってるかねキミたち、そんな「ミア・ザン・ミアを示したんだぜ」と言うほどムチャクチャ素晴らしかったわけでもないし、あんまり浮かれちゃダメよ、と思います。

ファンボメルシュヴァインシュタイガーもやっぱり守備は軽!とか、それよりさらに両サイドの守備はもっとザル!とか、何も左SBはバトシュトゥバーにこだわらなくても、ブラーフハイトと大差ないのでは、とか、ミーチョちょっとブットとの連携がヤバ!とか、失点しなかったのはブットがファインセーブしてくれたおかげやで、とか、もうあと2点ぐらい入ってもしかるべきだった、とか、つっこみどころも沢山ありました。

でも。

091129_muellerbommel
すごくいい笑顔だ…(^□^)

まずは選手たちが気持ちよくやれたのなら、結局それが一番大事なことなのかも知れない。失っていた自信を取り戻しつつあるのなら、いずれ結果はついてくる!
それに、内容もちょっとずつ良くなってきてはいると思います。フライブルクにぎりぎり勝った時とは明らかに違うと…。

どのゴールも良かったですし。すべて流れの中からでした。そしてハードワークのオリッチ、今日は切れのよかったミュラー、試合勘を取り戻しつつあるゴメス、決めるべきこの3人がゴールを決めたのもいいことです。
(もちろんセットプレーでのファンブイテンの起死回生ゴールもステキなのですが、それはあくまでオプションのひとつであるべきで…)

きっかけはやはり、CLでクビがつながったこと、そしてオリッチの復帰とゴメスの復調が大きなポイントであることは言うまでもないでしょう。
それにしてもゴメスの復調にオットルの支えがあったのだとしたら、クラブとしてもオットルにちょっと何かしてあげるべきなんと違うか?何かって何なのかわからないけど…

091129_ottlgomez
ありがたや~。ゴメスってナニゲにペタペタとスキンシップとるタイプよね・・・

好調の波に乗った……のか?

いーやっ!まだ早い!ポカールでフランクフルトにあんなに素晴らしく勝って、いよいよキタか?と期待させておいて一瞬で崩れたのを忘れてはいかん。
まだたった2連勝しただけだ。
この後の試合をすべて勝利、しかも納得のいく形で勝って冬休みに入れたら、ふっきれた!立ち直った!と言ってあげますよ(←上から!)。

091129_pranjic

油断していましたが、次のブンデス(15節・ボルシアMG戦)は金曜日なのであった。もうあさってじゃん~。早っ!(汗)
金曜日なので欧州カップ戦並の夜8時半キックオフ…。日本時間午前4時半…(-。-;)Zzz
ウチはダンナが土日定休じゃないので、金曜日だからと言って夜更かしはむずかしいのです。LIVE観戦は無理かな~トホホ…

091128_dante
密かに楽しみ…。いえっ、できればお手やわらかにお願いします(^∀^;)

ちなみに、フジNEXTで、16節のボーフム戦がLIVE放送だそうですよ~!

|

« ルカトーニ・カレンダー | トップページ | 本日のアドヴェンツ・12/3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/32460522

この記事へのトラックバック一覧です: 14節:ハノーファー対バイエルン:

« ルカトーニ・カレンダー | トップページ | 本日のアドヴェンツ・12/3 »