« 自分用TVメモ+ちょっと休ませて・・・ | トップページ | アノ人が古巣復帰です »

2009/11/14

生きてこそ、とは言うけれど(釈明)

ダメだ。釈明しておかないと気持ち悪くて休めないしサッカーも楽しめません。

自分の為だけに書くので、あんまり気にしないでください。

ちょっとタイトルもまずかったのかも知れませんが、先日の、エンケがうつ病を患っていたという報告記事「生きてこそ、とは言うけれど」におきまして、「エンケを思い留まらせることは誰にも出来なかったのではないか」「死ぬな、と口で言うのはむずかしい」等の記述をしましたが、断じて、うつ病の苦しみから逃れる為の自死行為を容認する意図はなかったのであります。
仕方がなかった、とも思いません。生き延びて病を克服して欲しかった、家族やサッカーを愛していたなら尚更、と心から思います。

ただ、エンケを止められなかったことに対して、激しい自責の念に襲われているに違いない夫人を慰めたかっただけなのです。
貴方のせいではないよ。誰にとっても難しいことだったんだから、と…。

文章の書き方が上手くないせいですっかりわかりにくくなってしまいました。

----------
もうここまで来たらついでなので、ニュースも少々。

エンケの追悼セレモニー(お葬式?)が15日(日)AM11時、ハノーファーのホームスタジアムAWDアレーナにて開催されるようです。
主なゲスト出席者はハノーファー関係者、ドイツ代表関係者、チームメイト、親善試合の中止を快く承諾してくれたチリのサッカー協会会長、などですが、今回の代表戦に招集されなかった(又は途中離脱)及び元代表選手のアドラー、レーマン、ヒルデブラント、メッツェルダー、シュナイダー、ロルフェス、フリンクス。さらに、クリンスマン元代表監督、ハインケス・レヴァークーゼン監督、ルディ・フェラー・レヴァークーゼンSD、アロフス・ブレーメンGM、シャーフ・ブレーメン監督、HSVのエラい人、その他、だそうです。

さらに、会場に入りきらないファンのために、パブリックビューイング的なものも用意する、という風に読めます。

あと、2010年の1月か2月に、エンケの追悼試合を行うことを決めたようです。ちゃんと読んでませんが、ハノーファー対ドイツ代表、という形になるのでしょうか。

・・・・・・・・それにしても、そうそうたるメンバーの中にオリバー・カーンの名前がないのが個人的にとても気になります…。

---------
ふぅ。くたびれた。
今度という今度は、本当に、寝るんだったら寝るんだい!オヤスミなさい…(-。-)Zzz

|

« 自分用TVメモ+ちょっと休ませて・・・ | トップページ | アノ人が古巣復帰です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/32205125

この記事へのトラックバック一覧です: 生きてこそ、とは言うけれど(釈明):

« 自分用TVメモ+ちょっと休ませて・・・ | トップページ | アノ人が古巣復帰です »