« 生きてこそ、とは言うけれど(釈明) | トップページ | 旅立ち »

2009/11/15

アノ人が古巣復帰です

管理人コリアンダー@休憩中です。

休憩中、ですが、「よほどのビッグニュースが出たら話は別」と言いました。

さきほどスポーツニュースを見て驚いたのですが、このたび横浜ベイスターズを戦力外となった工藤公康投手・御年46歳が、古巣の埼玉西武ライオンズに復帰移籍することが決まったようです。

・・・・・・。
サッカーの話じゃないですスミマセン。でもワタシにはビッグニュースなの・・・
(野球全然見ないくせに…苦笑)

キャリアをスタートさせた西武でキャリアを終わらせるのかな。
しかもー!後輩の渡辺が監督をする西武に復帰というのも、当時、工藤と渡辺で球界をブイブイ言わせていた頃にキャーキャー言っていた身としては実に実に感慨深いものがあります(トシを計算しないように)。どうせなら清原も戻ってくればいいのに(無茶苦茶)。
「監督を男にしたい」等の物言いは個人的には好みではないのですがね。まいいや。
 
091114_kudoh
よく見るとさすがにオッサンですが、あまり変わりませんね。50前にしてはフサフサですぜ。年下の渡辺はあんなにメタボでハゲちらかってるのに、いえ、なんでもありませんゲホゴホ

こだわりの背番号47はすでに使用している選手がいるから自分は辞退する、というオトナのコメントらしいですが、そこはさぁ!若いもんが大先輩を立てて欲しいなぁ~と。

甦れ青春の日々!せっかくだからユニフォームも当時のオシャレなのにしちゃえば~!(西ドイツのなんとかいう名のあるデザイナーさんの作品だという話を聞いたような…オボロ)今のユニフォーム、悪くはないけどやっぱりあの頃のが最高だと思ってるので、いまいちなんだよね。レオもどっか行っちゃったし…。

と、言いたい放題で、気分浮上のきっかけをつかもうとするのでありました。
(だからサッカーの話題じゃないし)

|

« 生きてこそ、とは言うけれど(釈明) | トップページ | 旅立ち »

コメント

こんにちは~。野球の話題で突っ込みに(?)伺いました♪
以前、私はゴルフファンだったと書きましたが、実は野球ファン歴が一番長いのです。ン十年かな、あ、トシが・・・(汗)。あとワケあって当初と現在と、応援している球団が違うのです。今は黄色と黒の関西の某球団を応援しています。工藤選手、西武に復帰ですか。写真見るとちっとも変わっていませんね。以前西武にいた当時、石毛さん(・・・でしたっけ)と優勝の時にはしゃいでいた様な記憶があります。古巣のマウンドに立つのは感慨深いでしょうね・・・。今日は野球ファンの血が、ちょこっと出てきた梢でした。では又。

投稿: 梢 | 2009/11/15 17:13

 何を隠そう(<いや別に隠さんでもいいから)西武沿線train住人です。もし同じ路線を使っていらっしゃる方がいましたらご存じでしょうが、某駅ホームは柱が選手baseballのでっかい写真で覆われています。あの中に工藤が帰ってくる…楽しみです。

 私は彼が日本シリーズでサヨナラヒットを打って舌をペロリbleahと出した顔が可愛くてよく覚えてます(<何歳だよ)再び応援する気が出てきましたpunch

投稿: shizuka | 2009/11/15 18:45

> 梢さん
ほ~、タイガースですか!(←ズバリ言う)
ウチも父が阪神ファンなのですが、なんだかんだ言って憎めないほっとけないところですよね…。
ワタシも西武を応援していたのは結局2~3年間ぐらいでしたけど…。
それそれ、石毛とはしゃいでいた時期がまさにワタシの工藤モエ~の日々ですよ!あの頃は、某石田純1と婚約したという某プロゴルファーの父親が30代で、すごくオッサンに見えましたが、いつの間にか工藤がそれを追い越してしまいました。しみじみ…
当時のような大活躍はむずかしいでしょうが、いい仕事をしてキャリアを締めてほしいですね!

> shizukaさん
某駅とは、某所▽とか不思議な不思議な某池○のことですかね?(^皿^)
嗚呼~!イヤンそうなんですよ~!heartまさにあのペロリんちょにやられてファンになったんですよ!投手がサヨナラヒットを打って西武に起死回生の勝利をもたらしたのでした…。
バイエルンで言うならDFのファンブイテンがポカール決勝でロスタイムに逆転弾を決めたようなものです。(←例えが…苦笑)
こちらでは滅多に西武戦は見れませんが、注目していきたいと思います!モチベーション上がっちゃいますねー(^^)

投稿: コリアンダー | 2009/11/16 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/32217700

この記事へのトラックバック一覧です: アノ人が古巣復帰です:

« 生きてこそ、とは言うけれど(釈明) | トップページ | 旅立ち »