« 「キックオフへのカウントダウン」とは何ぞや | トップページ | モナムール、ダニエル (その2) »

2009/09/17

CL:マッカビ・ハイファ対バイエルン

いざ、チャンピオンズリーグ09/10開幕ですよ~!
インテル×バルサは盛り上がりましたか~?(←機械が不調で録画できなかったのだ(T_T))

9月15日 UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグA
マッカビ・ハイファ 0-3 バイエルン・ミュンヘン

090915_maccabifcbfj
交代:ゴメス(64リベリー)、オットル(77ロッベン)、ソサ(86オリッチ)
サブ:レンジング、ブレーノ、ブラーフハイト、アルティントップ

得点:ファンブイテン(64)、ミュラー(85)、ミュラー(88)
カード: ボッコリリベリーラーム

090915_mueller3

というわけで、バイエルンサポの皆さ~ん、ミュラミュラしてますかー?

ブット祭りでも可なのですが。
華やかなミュラーの活躍の影で、ファインセーブの連続でバイエルンのピンチを救ったブットがメディアにあまりフィーチャーされていないのが残念です。写真もほとんどないし。
バイエルン公式などは、レンジングに対して後ろめたい思いもあるのかな。。。(下衆の勘ぐり100%)

090915_11

レポを書くぞ!と思ってPCを立ち上げたのはいいものの・・・・・・。
情けないことに、前半はネボケアタマで半分寝ながらリアルタイム観戦、後半はあまり寝てない状態で宅配便のピンポンに起こされてそのまま見たのでやっぱりネボケアタマ観戦でしたので、殆どアタマに入っていないのにゃ~~ ε=г(@∀@)」(←逃)

なのでどう書いたらいいものかわからんのですが、ともかく、バイエルン側がしきりに
「前半にいいプレーをしていた」byファンブイテン
「前半はとてもすばらしかったと考えている」「とても満足している。前半はシーズンベストのサッカーをしていたと考えている。」byファンハール監督
と力説する理由がワタシにはよくわかりません。。。。。。。。。(汗)

圧倒的なボールポゼッションでチャンスを数多く作り出した、というのですが・・・・・・

それはその通りですが、でも肝心のゴールが入らなかったじゃ~ん!マッカビの、網の目のようなきめ細かい守備にさんざん手こずってたくせにぃ~~
単にボールを持たされて動かされてるだけのように見えたけど~~

しかもミスが多い~~!!なんかヘタッピだよぅ、あわわわ…。
中二日で疲れちゃったとか、さらに、気候条件も相当悪かったようで。夜なのに30℃で「うだるような暑さ」と…。あと、はっきりわかりませんでしたが、ピッチが水気を含んでいたのか、なんだか重馬場的な感じにも見えました。
でも厳しい英国週間は強者の証、そこは特典だと割り切ってうまく乗り切ってほしいものですよ。

まあ、ちょっと甘いことを言えば、CL初出場の選手もいるし、そうでなくてもCLの特別な雰囲気はなかなか慣れるものではないかも知れません。
あるいは、強豪ならではの、絶対勝利!を義務付けられている緊張で動きが鈍くなるのはある程度はしょうがない、と言えなくもないです。

声を大にして(=デカ文字で)、ダメじゃんもう~!しっかりせい!と叱責するほどひどかったわけではないですが、でも、やっぱりちょっとスッキリしないです。
特にティモシュクラームバトシュトゥバー!は、もうちょっと守備がんばりましょうね。

攻撃面では頼みのロベリーががっつり抑えられちゃって、翼は最後まで開くことはなく・・・。
前線が組織としてうまく動けないので、そして疲れがたまって視野が狭くなってきているのでしょうか、個人の力量で無理からなんとかしようとしてる風に見えました。ちょっと良くないパターンです。

090915_robben

そんな二人を容赦なく見切った監督の采配はさすがでありました。少し時間がかかったみたいですけど、結果が出たのでそれもまあ、よし。
まずはリベリーを下げてゴメス(このゴメスをベンチスタートにした采配も驚きました)IN。

そして、まさに文字通りその直後、ゴメスのファーストプレーです。
CKのこぼれ球をティモシュクが前へ→オリッチがつないで→ゴメスがシュートしようとしたところDFがクリア、しかしそのボールはファンブイテンの目の前に。

迷わずダイレクトで振り抜いた―――――!!!!!!

弾丸シュートとなってネットに突き刺さるーーーーーっ!!!決まったぁ~~~!!!
どうにも渋く苦しい状況を打開する値千金の先制弾~~~!!!

ダニエ―――――ルルルルルル!!!(≧∀≦)

・・・・・・しつこいですねぇ。うるさいですねぇ。
でもでも本当にうれしくてしょうがないんですアタシゃ。

090915_daniel5
「どこ見てんの、こっちだよこっちheart」「(いや、フランク見ててくれたかな~って…)」

ふわ~~~~~(* ̄∀ ̄*)
いざという時にいざというゴールをビシッと決めてみせたファンブイテンのこの頼れる存在感!!スカパの実況アナも「リーグ最強のCB」言うてますぜ。うそ~ん、そんなホメられるなんて夢のようです。

どうしますかホントに…heart04
とりあえず腹の底から「ダニエル好きじゃ~~~~~!!!!!」と絶叫したい気持ちでいっぱいなのですが、思うところがいろいろあって長くなるので、(それにそんな下品な絶叫はなんだかダニエルにふさわしくない気もするし)、それはまた別項目で取り上げることとして、話をバイエルンに戻します。

とはいうものの、これでバイエルンががぜんノリノリになったというわけでもなく、むしろ点を取り返すべく攻撃的になってきたマッカビに対し、受身になって泡食うようなシーンが増えました。
ブットのファインプレーのおかげで助かりましたよ。
思えば、01-02シーズンのレヴァークーゼンはCLで決勝まで行ったぐらい素晴らしいチームだったらしいですが、その時GKだったのはこのブットだったのですよね。
そして昨シーズン、バルサにあんなにボコられた試合でも、ひとり淡々と落ち着いて仕事をこなしていましたし。大舞台でも動じない心臓はチーム一かも知れません。
惚れるぜ!

まあ、そんな感じでしたが、ご存知、試合終了間際にミュラーが追加点をザザッと決めて、みごと、3得点でバイエルン、スコア上は快勝でした。
バッドコンディションの中、スタメン選手がみんなバテバテになっている中でずっとフレッシュだったミュラーでした。
オットルからのクロスを決めたゴールはゴール前をしっかり見て、狙いすまして決めていました。DFに当たってシュートコースが変わったという幸運もあるでしょうが、それもミュラーのシュートが良かったからだと思います。

090915_mueller2

けして生き急いではならないが、いつか南の星になれ。

090903_fcbtv4
「そーんなホメられるとテレちゃうなぁ、えへへ」ぺろりんちょ。

ちょっとダラダラしてきたので強引に締めます(^^ゞ
というわけで、まあ、あまり良い内容ではありませんでしたが、なんとか、でもきっちりしっかりと勝つことができました。初戦に勝つのはとても大事ですし、スコアも上々。
いいCLのスタートを切ることができたので、ワタシ的には満足です。
(ダニエルが決めたしね!(^^)←やっぱりそこか)

--------
追記。
ヴォルフスブルク 3-1 CSKAモスクワ

トップのらくがきを描きながらながら見…というか、結局描いてる間はずっとモニターを見てますので、ゴールシーンぐらいしかほぼ見てなかったと言ってもよいかも(^^ゞゴメン
音声だけは聞いてましたが、副音声(英語)だったのでアタマに入らんかったし。

やれやれ、と落ち着いて画面を見れたのは結局80分過ぎでした。あわわ。
ハタと気づいたら、CSKAのGKはあのアキンフェエフであった(゚∀゚)
つまりアレだ、ベナーリオ対アキンフェエフという、ワタシ的になかなかおいしいGK対決だったんじゃないか、しまったもっとちゃんと見ておくべきであった。
しかし少ない視聴時間でもアキンフェエフはさすがのナイスセーブを見せておりましたよ。
・・・・・・。もっとも、来月W杯予選で我がドイツと戦うことになるので、あんまり調子が良いのも困るのだ。

CL初出場のヴォルフスブルクはなんとグラフィテのハットトリック(PK含む)で快勝☆
中村俊輔が移籍した今、CLに出場する唯一の日本人となった長谷部はロスタイムに時間稼ぎ交代での出場でした。ざんねん。
言ってもCSKAはCL準常連組ということを思えば、なかなか悪くない出だしだったのではないのかい?目指せグループリーグ突破!(^^)
 

|

« 「キックオフへのカウントダウン」とは何ぞや | トップページ | モナムール、ダニエル (その2) »

コメント

試合はまだ見ていないのですが(なぜかホテルのテレビではやってなかった、か、午前中にまわされたのか・・・)、待ちきれず、翌朝、ホテルのPCで結果を確認しました。フロントのお兄さん、私が小さくガッツポーズをしたこと、気付いてませんように・・・。ブイテン兄の名前を見て、コリアンダーさんたち大喜びだろうなあーとか、ラムたんの黄色はナンなのだー?!と思ったものの、オットルくんも出場できただけでなく仕事もしていたとは知りませんでした。録画、うまくいってるといいなー(再放送は有料チャンネルなので)。

投稿: 東風 | 2009/09/19 00:00

> 東風さん
アニョハセヨ~☆無事にお帰りになったようで何よりです(^∀^)
もしかしたら韓国でもCLは有料chの放送なのかも知れませんね??かの地からわざわざcheckしてくださってありがとうございます。お察しの通り大喜びですよ~~~\(^∀^)/
ダニエルウィークでした。
ラムたんはなんかファウルしたみたいですけど、全然たいしたことなくて、解説者が同情してました。カードもらった時に「うそーん」と、一瞬棒立ちになった後にガクッとなってる風だったのがかわいかったです。
オットル君も、ミュラーのゴールをアシストして、ちゃんと見せ場を作りましたよ!(^^)ちなみに今、バイエルンのオンラインshopに行くと、クマちゃんに囲まれてモエモエなオットル君がお出迎えしてくれますので、よろしかったらごらんになって見て下さい♪やたらノリのいいおっさんも2名ほどおりますが…(^^ゞ

投稿: コリアンダー | 2009/09/19 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/31412205

この記事へのトラックバック一覧です: CL:マッカビ・ハイファ対バイエルン:

« 「キックオフへのカウントダウン」とは何ぞや | トップページ | モナムール、ダニエル (その2) »