« 「僕たちはチームとしてそこにいたのです」 | トップページ | Bild発・カーンの新しいカノジョ »

2009/09/02

新しい代表ユニフォーム

さて、9月です。
ロッベン以降なにごともなく、バイエルンは無事、移籍期限を通過したのであります。

ほっ。

リベリーやソサは言うまでもないですが、個人的にはクローゼのことも心配でした。
ここにきてシュツットガルト?かどこかへの移籍のウワサがチラと聞こえてきて、ああ~、そういうこともあるかも知れないねぇ~、今の状況のままバイエルンにいるよりは、出場機会の見込めるチームに行った方がいいのかも・・・。何せW杯があるし。
まあ、否定的な意見も当然あるでしょうが、ワタシ個人はクローゼには2010年W杯まではドイツのエースでいて欲しいのでありますよ。

しかしこのたび、クローゼは移籍することなく、バイエルンでポジション争いを続けることになったようです。
まぁ、ウワサが本当だったのかどうかもわかりませんし、単に条件面で折り合いがつかなかっただけというビジネスライクな理由だったのかも知れませんけれど、しかし!
厳しい状況下に身を置くことになったクローゼ、そしてトーニに、がむばれ!バイエルンを選んでくれてありがとう!と声をかけたいのであった。

そんなクローゼをレーヴ・ドイツ代表監督も全面支持コメントを出したようで、わざわざバイエルン公式にもアップされてました。

090901_fcb 吸い込まれる瞳

ついでに、誰かトーニのこともフォローしてくれんもんかのぅ。

ということで
090901_bild3
意味はないけれど「若~い♪」と、思わず拾ってしまった、2002年W杯のクローゼ。なつかしい。

この写真が付けられていたBildの記事は、2010年W杯に向けてドイツ代表が新しいユニフォームを作ったよ、という話。

090901_bild

ちょっと地味ですが、OKです(^^)v。襟が詰まってるかなぁ…

細かいところがなかなか良いのだ
090901_bild4
かっこいい。
黒・赤・ゴールドのドイツカラーの3本線の両側にクリアで光沢のあるラインが4本づつ。合計で11本のラインは11人の選手を表し、「俺たちはチームだぁ~!"Wir sind ein Team."」の象徴なのだそうですbyアディダスのヒト(^ー^)。

06年W杯では「Ein Team」のかけ声のもと、ステキな夢を見せてくれたドイツ代表でありますが、今ふたたびその精神で、新しい夏物語を見せて欲しいものです…。
…って、その前に予選突破しないことにはー!(汗)

他にもそれぞれこだわりや意味があるらしいのですが、ちょとめんどうなので、チェケラッチョヨロシクです(^^ゞ。こことかこことか。
 

|

« 「僕たちはチームとしてそこにいたのです」 | トップページ | Bild発・カーンの新しいカノジョ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/31200629

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい代表ユニフォーム:

« 「僕たちはチームとしてそこにいたのです」 | トップページ | Bild発・カーンの新しいカノジョ »