« 準備OK? | トップページ | スペイン対ベルギー »

2009/09/06

オランダ対日本

(注※オランダ寄りです)

9月5日 国際親善試合 オランダ 3-0 日本

090905_robin

オランダとゆうチームは・・・・・・・・・・・・。なんですかねぇ( ̄▽ ̄;)

やっぱり僕らのファンボモーがいないとダメなのよねぇ~ん、と言うんならまだ許すけどさっ。
そりゃ親善試合だけどさっ。
90分フルパワーで戦うというアタマは存在しないんですかねぇ。毎度毎度、前半にガーッと飛ばしてゴールをサクサク取ったら後半流すとか、そんなんが多い気がしますよ。

今回は前後半逆パターンでした。いや、オランダが意図的に手を抜いてるとかそんなことはなかったとは思いますけど。それはデヨンクやスナイデルのイライラ危険タックルが物語っています。

ただ。
手を抜いたり気を抜いたりはしていないにしても、少し甘く見ていたフシはあったんじゃないのかい、と心の中でイライラとつっこみ入れまくりでした。
いやはや、日本がとにかくチェックが速くてプレスが効いててよく走って攻守の切り替えも素早くて、とにかく速い!早い!すばしこい!サクサクチョコマカやりよるもんだから、オランダは完全に後手に回ってペースを狂わされ、あわあわバタバタしているように見えました。
アジアの小国、ランキング40位の日本がまさかここまでやるとは?という困惑は感じていたはず。

何しろ中盤勝負は日本の圧勝。スナイデルファンペルシーカイトにほとんど前を向かせずボールすら持たせてませんでした。
最後列まで下がって守備をもいとわないロッベンだけがカウンター等で多少の見せ場を作りましたが、それも最終的には、ウッチーとかトゥーリオとか(日本の選手はあまり見てなかったのでようわからんゴメン)にボールを取られるなり削られてひっくり返って終わるなりしてましたから。

オランダの中盤は、デヨンクメンデス・ダ・シウバがホゲホゲ…(汗)
デヨンクは一見頑張ってる風でしたが、単に荒くれてるだけで、自分がミスして抜かれたのをあわてて削って止める、という、あまりクレバーとはいえないプレーだったと思います。(誰ですかブンデスリーガでのファンボメルといっしょジャンとか言ってるのは~~汗)
ダ・シウバに至ってはどこにいたのやら。。。スハールスの方がまだゲホゴホ

ただ、いくら中盤を制してもゴールしないことには、ということで、オランダは日本のフィニッシュの精度のなさというか、まあ、詰めの甘さにだいぶ救われてましたので、あまり失点する危険は感じませんでした…。もっとも、何かの拍子でひょっこり、はじゅうぶんあり得ましたけど。

090905_robben

前半を終えて0-0。この時点で「日本がW杯優勝候補のオランダと互角に渡り合ってると言ってもいいんじゃないでしょうか!」とか、びみょうに遠慮してましたが、何が優勝候補じゃ!互角じゃなーい!自信を持て!日本の方が勝ってるぞー!と思ってましたよアタシゃ。はぁ恥ずかし…。

個人的には、東風さんオススメの長友選手、今回初めて意識して見ましたけど、まずまずだったのではないでしょうか。
守備はともかく(こら)、ちびこい体を生かしてシュッシュとオーバーラップさせての攻撃参加がエエ感じではなかったかと。ハイライトでも取り上げられてましたが、後半の、誰だっけ、ファンデルヴィールか誰か、DFローフェンスを交わしてからのシュートへの動きは良かったですね~。
あとは岡崎でしょうか。名古屋の星玉田は・・・・・・・・・・・・。え~と、このまま代表に定着できるよう慢心せずにがむばりましょう、ということでひとつ。

本田はいいところなかったですね。スタメンで使って欲しかったですが、俺様が過ぎましたか。後半からでした。無理やりドリブル突破を仕掛けたりしてましたけど、エゴプレーの域を出てない感じ。それも決まればアリではありますが、ざんねんむねん。
とにかく地元ファンにいいところを見せようという気負いが空回りしていたように見えました。
挙句スナイデルを削って負傷退場に追い込んでしまい・・・・・・・・。
それは違うぞ!本田君!

後半に入っても日本優位の状態は変わりませんでした。
うぐぁーつまらん、ファンボメルはどんな気持ちでこの試合を見てるんだろか、と完全に本筋と離れたことを思わず考えてしまってましたが、ひょっこりうっかり得点したのはオランダの方でした。
セットプレーからの流れで、エリアファンペルシー
殆どないチャンスを確実にモノにしたところが、うまいというかしたたかというかさすがというか。
それにしてもエリアは期待の新星ですな。3点目のフンテラールのゴールもナイスクロスでアシストしてましたし。HSVはいい選手を獲得したと思います。トホホホホh
代表では今回のようにジョーカー的に使うのが吉かな~とかシロート考えで思ったり。

先制点を入れられるまでは、日本は前半の良い流れを維持して本当に健闘していました。
前半の飛ばしっぷりを見て、いつか走り疲れるのかな~と思いましたが、結局68分(?)まで持たせましたから。
ただ、ゴールを決められてからは一気にガタガタ~と崩れて、忘れていた疲れがどっと来てしまって集中力がなくなってしまい、最終的に3失点してしまったところが、まだまだインタナショナルレベルとは言えないゆえんなのかなぁ、と思ってしまいました。。。とほほ。

オランダは省エネサッカーでみごとに勝ったのでしょうか。
あれだけ押されていてもひたすらガマンして、ワンチャンスをモノにした後は最後にちゃんと勝ってみせる。
終わり良ければすべてよし、なのでしょうか。
効率よく勝った、それは確かにうまかったし、これが世界の強豪の底力、なのかも知れません。
ワタシはオランダ代表を見始めてほんとに日が浅いので、いつもこんなもんですよ、オランダはこれでいいんです、と言われれば、そうですか、と納得するしかないのですが…。

勝ったんだからめでたしめでたし、で済ませて欲しくないなぁ~。
しっかり勉強して欲しいと思います。

090905_huntelaar

ところで。
正GK、ステケルンブルフはどうしたんでしょう??温存?怪我?
(追記:怪我だそうです。筍母さん情報ありがとうございました m(__)m) 

|

« 準備OK? | トップページ | スペイン対ベルギー »

コメント

私もオランダ代表ちゃんと見るようになって日が浅いので、
あれでいいのか悪いのかなんとも言いがたいって感じですが、ちょっと日本の頑張りっぷりに泡食ってるな~って見えましたよね(^^;)
とにかくロビンしか見てなかった私に言わせてもらえば、マジで15分まで一回たりともボール触れませんでしたから。日本、いっしょうけんめい研究して臨んだんでしょうね。
これでスナイデルが長期離脱となると、ラフィがスタメンでしょうが、クラブで出てない選手が(決め付けんなって?)司令塔ってのもどうなんだ?と、心配になるような・・
ちなみに、ステケルンさんは練習中に指を骨折だったと思います。

投稿: 筍母 | 2009/09/06 12:15

3-0という結果は妥当だと思いました。
もし本選だったら、もっと違った結果だったでしょうね。
オランダ代表としては、自分達は親善のつもりだったのに、相手はガチに来て、さぞ腹が立ったことでしょう。
あいつら胸を貸してやったら蹴りやがったよ、と。
ここら辺、ジャイアンがのび太に反抗されて腹を立てるのと同じ心理かと思います(笑)

スナイデルは右足首の靭帯を伸ばしてしまったそうですね。
オランダにとっても残念な試合になってしまったのが、本当に残念です。

投稿: どら | 2009/09/06 13:02

> 筍母さん
まずはロビンちゃん、ゴールおめでとうございます!\(^∀^)/一応ね。
オランダは押されて泡食っても、したたかに勝って見せましたよね。世間で言うように、日本の完敗(それは「オランダ完勝」と同義なのか?)だったのかも知れませんけど、見てる分にはやっぱりモヤモヤが…。そんなに強いならもっと早い時間から反撃できたんと違うんかい、とつい思っちゃって。やっぱりパワーセーブしてたのかなぁ?
日本の積極的な姿勢は良かったですね。手ごたえは感じていただろうに、それだけに3失点負けはやっぱりちょっとくやしいかも。勝ち負けは関係ないとはいえ、試合ですものね。
代表でのファンデルファールトはワタシはあんまり心配してないんですよ。ただ、そうは言っても、やっぱり試合にはコンスタントに出るべきですし、レアルに残った判断は疑問です。
ステケルンブルフ情報、ありがとうございます。骨折ですか…(゜□゜;)代表的にはまあ、問題ないでしょうが、クラブにとっては痛いでしょうね。

> どらさん
なるほど。「のび太のくせになまいきだぞ」というやつですね(^皿^)
マンガで描かれているジャイアンは基本的に、どいつもこいつもいじめ倒す暴君ですが、エピソードによっては、真正面から反撃してきた相手に対して「おまえ、いい根性してるな。気に入ったぜ」とかわいがるような、そんな男気ある面も見せたりしています。
オランダも後者のジャイアンであって欲しいなと思います。
強い強いと言われているオランダですが、ナニゲに予選では組み合わせに恵まれてて、そう強い相手とは当たっていないんですよね…。そして強豪イングランドには勝ち試合をむざむざ引き分けてしまってますし。それも親善試合でした。ヘンにパワーをセーブするくせを覚えてしまって、いざ本大会でフル本気モードにシフトチェンジできるのか。杞憂であればいいんですけど。同じ日に試合があった、3得点して余裕が出来た後でも遠慮なく追加点をぶち込んだスペインの方が、憎らしかったですが姿勢としては好感です。まぁ、オランダも9日は公式戦ですから、どう出ますかね。
スナイデル情報ありがとうございます。靭帯でしたか(゜□゜;)
復帰まで時間かかるんでしょうか…。せっかくインテルで出直すべく意気上がっていたところだったのに、後味の悪いことになってしまい、非常に残念です。

投稿: コリアンダー | 2009/09/06 20:53

僕らのボモーが代表から離脱して2戦連続でモヤモヤ試合という事は、やはりボメは精神的にも技術的にも意外とチームにとって欠かせない存在になっているのかもしれませんね。
以前、あれだけ美しく回ってたボールが全く回らなくなっちゃいましたね…一緒に見ていた旦那に、
いつもはもっとこう流れるように…これは違うんだ!!
とか、言い訳しながらモヤモヤ観戦しましたよ。
…知性とスピードに溢れた試合をするから観ろと旦那に進めた私の立場って一体。
しかしオランダ代表、格下に見ていた相手に上手くいかないからって簡単にキレる様なメンタルでは、本当に困難な状況に陥ったときが思いやられますよ。今回、一回痛い目にあっといた方がいい気がしました…が…日本は日本でいっつもいっつも後半バテバテで全然改善されてないし。
…まさかそれを見越して後半に勝負したのかオランダ!?なわきゃないですよね~!!これは国民性だと思って諦めるしかないのか~??
本田は浮いてましたね…日本代表の選手は全体的にフィニッシュの精度が低いにも程がありますので、本田が上手くチームに馴染めば面白いのになぁとも思いますが、課題山積みといった感じでしょうかね。

投稿: クゥシィ | 2009/09/06 23:13

> クゥシィさん
なるほど!やっぱり僕らのファンボモーはオランイェに必要な存在なんですね!(゚∀゚)←何を喜んでいる
嗚呼~ダンナ様に推薦なさってまでごらんになったというのに…。気まずい空気をお察しします(泣)クゥシィ家にびみょ~な空気を運んでしまい、なんという罪作りなチームなのでしょうか。
いつものような縦横左右ピッチを自在に舞う華麗なボールさばきは皆無でしたね…。ボメがいたら少しは違ったでしょうか?確かにピッチをフカンの視線で見てbyカザマさん、もっとも効果的なゲーム展開を演出する選手は、少なくとも日本戦では存在しませんでしたね…。誰だあのクレバーな選手は!なんつって、今頃は日本のメディアで話題沸騰、あのノリの良さで「ハーイ、やべっち」していたかも知れないのに、と思うと(←妄想膨らませすぎだ)、かえすがえす残念です。
いや、全くワタシも同感です。うっかり完勝?しちゃったのが逆に残念です。負けるとは思いませんでしたが、スコアレスドローとかで終わった方が彼ら(オランダ)の為だったんじゃないかとさえ思いました。案の定マタイセンがエラそうなこと言ったらしいですし。発言自体はあまり気にしてませんが、でも、アンタが言えた立場かー!とか思っちゃいましたよ。
ニホンは、まあ、やり方は大きく間違ってはいないと思いますので、これからプレーの精度を高めていけば間に合うんじゃないのかなと思います。「ベスト4」はさすがに風呂敷デカすぎですけどね…。決勝T突破ぐらいはなんとかかんとかやれなくもないかと。組み合わせ次第でしょうが。(何様だ一体…流してくだされ)
本田に注目するのはワタシは初めてでしたが、いいところが全くなくて、ちょっとがっかりしました。でもホンワカのほほん日本代表の中に、ああゆうワルなヤツがいてもいいと思いますので、イヤがらずに使って欲しいですね。ハマったらやりそうですよ。期待しましょう。

投稿: コリアンダー | 2009/09/07 02:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/31250467

この記事へのトラックバック一覧です: オランダ対日本:

« 準備OK? | トップページ | スペイン対ベルギー »