« ゲルリッツの試合と、サニョルちょっぴり | トップページ | 自分用メモ:オランダ代表「仮」招集メンバー »

2009/08/20

バイエルンのためにカネをあきらめたんだ(前)

【インチキ訳を多少修正しました m(__)m】

この1週間ぐらい、ネットによる情報収集もてけとーにそこそこに、あちらこちらにご無礼をし、プレミア(フェライニごめん←そっちか)もJリーグ(ケネディごめん)もCLプレーオフ(シュツットガルトごめん)も見ないで夜更かしして何をしているのかというと、

09_08_12_sportbild
先日も紹介しました、先週発行のこのSportBildファンボメルインタビューを今さら読み込んでおります。

自動翻訳+妄想てけとー訳だと毎度毎度、意味が正反対だったり間違えまくったりしてますので、今回は、英語ももちろん見てますが、ほぼすべての文章でドイツ語辞書引いてます。
なのでもぅ、時間のかかることかかること(汗)。1日1応答ペースでモタモタうだうだやって、大して長いインタビューでもないのに、ようやく今日半分まで来ました。
本当は全部済んでから一気にアップしたかったのですが、今晩は「龍門会」もあるし(ちゃんと映るかどーかわからんけど)、そうこうしてるうちにファンボメルが復帰しちゃうかも知れないし(むしろそれはウレシイですが)、もういつになるかわからないので、やっつけ投稿です。

つべこべ言わずに、いってみよー。

――――――――――
090812_sportbild

「俺はバイエルンのためにカネをあきらめた」

バイエルンのキャプテン、マルク・ファンボメル(32)は、選手ミーティングや契約交渉、さらにリベリーやティモシュクについても語った。

Christian FalkとRaimund Hinkoより

SPORT BILD:ファンボンメルさん、私たちはあなたに、バイエルンのキャプテン継続を祝福しましょうか、それとも足指骨折について遺憾の意を表明しましょうか?

マルク・ファンボメル(32):なんて言ったらいいかな?俺にとってはいいシーズンスタートだったのに―、で、辛い怪我をしてしまったんだ。俺は嘆き悲しんだりはしたくない、まあ、でも、3~4週間で芝の上に戻ってくるよ。キャプテンであること、それは名誉なんだ。

その選択はそんなには驚くようなものではありませんでした。監督とあなたは国の仲間ですし…

全然そんなんじゃない。ただ単に監督の、選手に対しての期待なんだ、パスポートじゃないんだよ。俺がキャプテンなのは前のユルゲン・クリンスマンが用意したものだ。そしてそのことは確かに、オランダ人とかは関係ない。それに、ユップ・ハインケスの下でも俺はキャプテンのままだった。3人の監督が同じ決断を選択したなら、そうあるべきだろうよ(?超意訳)。

試合に出場することを再び保証されたわけです。リラックスしたシーズンに向かっているように見えます。

俺は別の見方をしているよ。俺にとっては更なるプレッシャーでさえあるんだ。俺は1992年からプロサッカー選手としてプレーしているけど、以来、常にベストの成果を引き出さなくてはいけないんだ。常にハングリーでなくてはいけない。決して休んではいけない。タイトルを獲ったら、すぐに次も欲しくなるぐらいでないといけない。結局のところ、キャリアというものは、豊かな銀行口座ではなく、むしろサインカード上のタイトルに反映されるんだ。(勝手注※サインカードの裏面には、その選手のプロフィールや、獲得したタイトル等が書いてあります)

貴方は新しい1年契約を、給料を断念するものだったと言っています。

その通りだよ。以前より安くなる契約にサインしたんだ。だけどそれで即、俺が貧乏だなんて思うことはないんだよ。

つまりあなたは、世界的な経済危機にもかかわらずもっともっと(給料を)欲しがるという、サッカー選手の昨今の流れに逆らってるのですね。

そもそも、俺は2年契約を望んでいたんだよね。他の、チャンピオンズリーグでプレーできるクラブからも(オファーは)受けていた。もっといい給料で。だけどバイエルンに対してそう簡単にNeinとは言えないよ。俺はカネをあきらめる方がいいんだ。

ハードなプレースタイルはあなたの典型ですね。昨シーズンはバイエルンで最多の10枚のイエローカードを受けました。土曜日(※勝手注・8月8日第1節ホッフェンハイム戦)にもイエローをもらいました。

シュテファン・エッフェンベルクは現役中に一体どれだけたくさんもらった?彼はキャリア終了時には100枚以上のイエローカードをもらってただろ(リーガで109枚)。時にはチームのためにイエローカードをもらうことだってあるんだよ。

選手会は準備ができてますか?

監督は俺たちに、選手会は自主的に作るように命じたんだ(???)。昨シーズンはラーム、クローゼ、デミケリス、と俺だった。ルシオ込みの5人での会は、今はもうできないね。俺たちは精力的に取りかかるつもりだよ。実際に何かが起こった時は、俺たちは自分たちだけで調整をするんだ。

例えば、ある選手がチーム規則に違反した場合はどうするんですか?

その時は、簡単な選手ミーティングを招集する。誤った行為について話し合い、そして彼に、給料から差し引いて、寄付するよう告げるんだ。それから(集まっている)仲間に、これについて全て同意かどうかを尋ねる。とても民主的だよ。これは選手会なしでも行われる。大事なことは、今度も繰り返さないことだよ。

―――――――――――

090723_fcbtv4

がんばったわりには相変わらず読みにくいです。相変わらず(?)マーク多し。
イエローカードのこととか、監督と同じオランダ人だからキャプテンになったんでしょー、と言われて半ギレ気味になってるところが、同じようなことを言われ続けてうんざりしてる気持ちが感じられます。
気持ちはわかる。だからプレーで周囲を納得させるのだ!と何度も言っている。がむばれボメル!

結局今年の選手会は4人構成になったんでしょうかね。そのへんのところよくわかりません。ルシオが抜けたところにファンブイテンを補充してやってくれんものかのぅ。バイエルン愛はきっと誰よりも深いよ~。じゃなくて、第3キャプテンのシュバが入るべきか(^_^;)

契約年数が1年なのはショックでしたが、給料が安くなったのはさらに衝撃でした。
それでも残留する道を選んだファンボメルは、それぐらいバイエルンとミュンヘンに愛着があるのね、と、この箇所だけは何度見ても胸がフルフルします。
ファンボメルのお宅拝見動画を見たのですが、広い家で、庭にはコドモのための滑り台や小さなサッカーゴールがあり、犬も飼ってて(ジョンとかいう名前らしい)、とにかくミュンヘンでの生活を家族みんなで楽しんでいる感じでした。
こんなステキなお宅なのに今シーズン限りでお引っ越しなんて無慈悲な~、だからなんとか、バイエルンで現役生活をまっとうしておくれよ、と願ったりもするのでありました。
(まあ、アイントホーフェンに戻っても、それなりの豪邸にはお住まいにはなるんでしょうけどね…。いやいや、そういう問題じゃない)

----------
このインタビューは、SportBildのサイトにも、途中まで掲載されてます。こちら

続く!

|

« ゲルリッツの試合と、サニョルちょっぴり | トップページ | 自分用メモ:オランダ代表「仮」招集メンバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/31036670

この記事へのトラックバック一覧です: バイエルンのためにカネをあきらめたんだ(前):

« ゲルリッツの試合と、サニョルちょっぴり | トップページ | 自分用メモ:オランダ代表「仮」招集メンバー »