« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009/08/31

4節:バイエルン対ヴォルフスブルク

8月29日 ブンデスリーガ第4節 バイエルン・ミュンヘン 3-0 ヴォルフスブルク

090829fcbwolfsburgfj 
交代:ロッベン(46アルティントップ)、ブラーフハイト(57プラニッチ)、リベリー(63オリッチ)
サブ:レンジング、ブレーノ、オットル、クローゼ

得点:ゴメス(28)、ロッベン(68)、ロッベン(80)
カード:なし

神の両翼
090829_j
(イスラム教徒のリベリに対して失礼かなぁと描き終わってから思ったのですが(汗)、ワタシのイメージの中のてきとうな神様であって、特定の宗教上の神様ではないということでひとつよろぴこ…ダメ?)

ということで、バイエルンサポの皆さ~ん、遅くなりましたが、今季ブンデスリーガ

初勝利おめでとうございま~す!

かんぱ~い!☆(^∀^)/ビールがウマいぜ!
(↑試合前のフキゲンはどこへやら、一転ゴキゲンのお調子者)

090829_bayern
ベンチに入っている選手はふだんあまりここには参加しないのですが、今回ゴメスの1ゴールをアシストしたハミトがまざってるのがうれしいです(^^)

今回のフォーメーションはついに監督お好みの4-3-3にしたらしいです。
どうしてリベリが未だベンチスタートなのか不満アリアリですが、とりあえず、予告通り。それでロッベンがいきなりスタメンとかだったらあり得ん(←ダジャレじゃないの)、とか思ってましたが、さすがにそれはなかったか。
そして、前節はみんながメロメロだったとはいえ、使われるかどーか密かに心配だったファンブイテンはスタメンでした。ほっ。。。。。。。。
しかし、しかし、なんと!
クローゼレンジングがベンチ!(汗)…というわけでベンチはこんな顔ぶれとなりました

090829_bank4
ロッベン、オットル、クローゼ、ブラーフハイト、ブレーノ、リベリ、レンジング。
「なんだこのベンチは!」by実況担当青嶋さん

さて
シリに火が付いたバイエルン、前節出足に大失敗した反省からか、今日は序盤からモリモリと攻めの姿勢を見せます。
とにかく攻撃に守備によく動きます。前節壊滅状態だった守備面も今回はまずまず。ファンブイテン壁だったなぁ~…ウットリ(* ̄∀ ̄*)
090829_daniel3

なんだか解説のカザマさんはそんなバイエルンに対して、みんなで攻撃、みんなで守備とかしちゃってるから、こちらがカウンターの時には出足が遅れるし向こうにカウンター食らう時はリスキーだし、そして、バイエルンはファンハール監督が考えている型に縛られている気がする、とかなんとかいうことをおっしゃってまして、まあ、それはその通りでもあるんでございます(汗)が、でででも、

気持ちが感じられるサッカーしてるだけでもまだいいんだい!

攻撃面では、特にオリッチが豊富な運動量でよく貢献しておりましたが、やはり(いつものよーに)肝心のところでは抑えられてしまって、うまくフィニッシュまで持っていけてないのがもどかしい。
むしろヴォルフスブルクの方に得点の予感がありそうな…

しかし突然それはやってきたー!

本当に一瞬のスキをうまく突いた感じがします。
セットプレーから、キター(゜∀゜)!ハミトの強烈弾丸ミドル―――!!!
さすがのベナーリオも弾くのがせいいっぱい!そこを見逃さずすかさず詰めたのはゴメス―――!!左足でズバムと決めた―――!!

090829_gomez
何故かよそ見中のバトシュトゥバーにモエ

やれやれ、ゴメスがFWらしい仕事をしてホッとしましたよ。速報でも書きましたが、いつもの闘牛士パフォをする余裕もないぐらいいっぱいいっぱいだったのかも知れません。コブシを握りしめ客席に向かって雄叫びをあげるという、わりとふつうの反応をしておりました。

そしてこれを境にバイエルンが猛然と元気いっぱいになるのだから、やはり先制ゴールのもたらす効果というのは大きいのだな、と実感します。

イイ感じでしたが、追加点は奪えず、前半終了。感じはよいが決め手がいまいち…。
シェーファーの美クロスがあわやグラフィチへ!というピンチもありましたが、鳥になったブットが空高く舞って大ファインセーブ!!

090829_butt2_2
本日の青嶋さん「三次元の空中戦」

ブットはこれだけでなく要所要所でベテランらしく落ち着いて、素晴らしい仕事で神セーブ祭り、軽く3~4点は救っていましたよ。

守護神降臨!!!

書ききれないので、まだごらんになってない方はハイライトとかGAORAでゼヒゼヒcheckしてね!
(…それにしてもあのAudi Cupでの気の散らしっぷりはなんだったんだろう?(^_^;))
ファンハール監督は試合後、ブットを正GKにするとかしないとか言ったようですが、それなら先日の「レンジング正GK宣言」はなんじゃいな、ということになりますんで、まだ両者のコンディションが安定しないので様子見中ということであれば、うかつにいろいろ決めたりしない方がいいこともあるのでは…

Redsc06303
ダニエル「俺の胸に飛び込んでこ~い!」(うそ)

ということで後半です。
いよいよロッベン投入で、会場のボルテージも期待も高まります。
(この時の、ものすごくうさんくさげな表情のグラフィチがツボでした)
ハミトがOUT。ロッベン加入で最も立場が危ういのは実は彼かも知れません。ハミト良かったんだけどな・・・・・。ゴメスのゴールはハミトの強烈シュートのおかげだし…。
てか、リベリは~?

しかしロッベンが本領を発揮するまであと10分ぐらいはかかっていました。それまではなかなか彼にボールが渡らず、他のメンバーもちょっとおそるおそるな感じがあったのかも知れません。
しかしいよいよボールを持って前を向いた時は、いよっ!待ってました!と合いの手を入れたくなるような、ピッチを切り裂く高速美ドリブル炸裂!(゜∀゜) 一人で最後まで!
本日の青嶋さん「すぐ出す!すぐ出す!すぐ行く!」
とにかくロッベンがからむシーンだと、彼にパスを出す選手も本人にも迷いがない、ということなんでございました。今季のバイエルンに見られなかった動きでした。

そして満を持して63分、やっとリベリーがIN!オリッチがOUTです。オリッチもタフに献身的によく動いてくれてたんだけど…。おつかれちゃん。わかってるからね。

いよいよ役者がそろい、それからというものはもう、ご存知、神の両翼による、めくるめく大スペクタクルショー☆が展開されました。
試合前に、ロッベンは右でも出来るのかよ?リベリとどうやって共存させるのか?なんてつまらんことを言って疑ってたのはどこのドイツだ~い?…アタシだよ!(^_^;)
右とか左とか関係あるかいな!すぐ出す!すぐ行く!うまい!速い!ヤバい!
なのであります。
090829_robben4
銀河系軍団のキラキラ☆イケメンコンビもいいけれど、ぶっちゃけ、こっちの方がスゴいと思いますから、スカパに入ってない、特にバイエルンとかドイツのファンというほどでもない方はゼヒ、サッカーニュースでcheckしてね!!(こんなスゴいのは今節限定かも知らんし…)

本当に速い速い!ドリブルからパス交換から一切をトップスピードのままやりとりしてる、との話ですが、とにかく二人の動きはマジで2倍速かと思ったよ~

そんな二人だけで2点奪取!アシストはリベリでゴールはロッベンでした。
これがまたロッベン、どちらのゴールも、GKやDFをきちっとかわした後にコースを見極め冷静に決めており、思わず「うまっ!」と声を上げずにはいられない。見事としかいいようがないです。

090829_riberyrobben3
ギューする二人を尻目に他の選手はすたこらさっさ

1-0まではまだ不安だったのですが、二人のおかげで、終わってみれば3-0というスコアで今季初勝利、そしてレコードマイスターに堂々勝利。素晴らしい気分です。
リベリとロッベン、夢のような化学反応で想像以上の効果をもたらしました。
「選手の能力を引き出すのは選手である」と解説のカザマさんもおっしゃっていましたが、似たタイプだからこそ共鳴するものがあったのかも知れません。
(だから青嶋さんもカザマさんも「まだあと移籍期間は3日あるからリベリ売られるかも知らん」とか「夢のコラボは今回限りかも?」とか何度も言うな~~(泣))

とにかくロッベン&リベリとブットが突出してましたが、みんな本当によくがんばりました。
絶対に負けられない戦いがそこにはある!という、意地と崖っぷちパワーでなんとか乗り切った感じです。
個人的にはシュヴァインシュタイガーの、目立たないところでの貢献をホメてあげたいぞ。ティモシュクが落ち着いて守備できたのはシュバのフォローがあったからなのかも知らん、と勝手に思っています。
ロッベンの1点目の時に、輪になって喜びながら、ミュラーなどを「オマエもこっち来~い」と呼んだりしてるのが良かったです。

まあ、次節以降は相手チームもロッベンのことを研究するでしょうし、こう簡単には行かないでしょう。
バイエルンはまた苦労するかも知れません。
そこのところも考慮した上で、ひとまず今夜は、この勝利を祝っちゃおうと思うのでありました。

ロッベン祭りでもダニエル的にはまずはリベリ
Redsc06314
「よくできたねーheart」「えへheart

ステキな勝利でしたが、えーと。
ファンボメルが復帰しても、仲間に入れてあげてね!(^∀^;)←結局そこか

おまけ
Redsc06311
スタンドで大盛り上がりのウリ。もういいから、ベンチに戻って来なよ…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/08/30

速報:試合終了

バイエルン 3-0 ヴォルフスブルク

090829_robben2

ロッベン!

ロッベン!!

ロッベン!!!

なんとなんと、いきなりのドッペルの大活躍!

そしてリベリ!!!!!

売らん!絶対に売らんぞ!!!監督が気に入ろうが入らなかろうが!
チェルシーやレアルがどんだけカネ積もうが!!

あと、ブット!!!!!!

090829_butt

アナタのおかげ!!!

まあ、正直、火事場のナニ力、という側面は否めませんので、バイエルンが真の強さを取り戻したとは言えませんが・・・

とにかく、勝った!!!!!(T∀T)

しかも昨シーズン王者に!

勝利がこんなにうれしいものとは!(情けない)

え~と、それから。
いちおう、削除はしたものの、ごらんになった方も多いでしょうから、一応謝っておきます(^^ゞ

ゴチャゴチャと
 
イチャモンつけてすまんかった!!○| ̄|_

続く!
寝なくちゃ・・・

| | コメント (10) | トラックバック (0)

速報:ハーフタイム

バイエルン 1-0 ヴォルフスブルク

090829_lahm

こわいよー。
こわいよー。
こわいよー。

ゴメスのゴールです。ハミトの強力シュートをベナーリオがはじいたところを。
思わず闘牛士パフォをし忘れるぐらい、本人にとっての必死の1点でした。

寝なくちゃいけないんだろうけど、心配で寝られんわい…(汗)

ショル監督のⅡ部は昨日ようやく初日が出たようです。Aチームもあやかりたいよー(祈)

PS.
ティモシュクがんばってます。ブットも。
今日はバイエルンに対してめちゃめちゃ辛口のカザマさんですが、ちょっといいことも言ってます
「バイエルンは自分たちを信じれるかどうか」
信じろー!(祈)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/29

今夜はヴォルフスブルク戦

【後半部分大幅訂正しました。読みづらいことでいつもスミマセン(汗)】

090828_robben4

というわけで、アリエン・ロッベンがバイエルンにやって来ましたよ。
有名選手なのに、そんなかわいらしいファーストネームだということを、今回初めて知りました。すまん。
(ヘタこいたら、「あり得んロッベン」とあちこちで言われそうだ…)

ワタシが初めてロッベンを見たのは2004年のEUROだったのですが、その時から超高速で左サイドをバリバリ駆け抜けており、すごいなー、と思った覚えがあります。
しかし何かの試合で(因縁のドイツ戦ではなかったと思う…)、絶好調だったにも関わらず監督に交代退場を告げられた際に、あからさまに不満げな態度を見せてましたので、そうゆうヤツなのかぁ~、とちょっと印象が良くなかったのです。
(もっとも、はっきり覚えてませんが、たしかあの試合は、アドフォカート監督(当時)の迷采配が話題で、ロッベンの交代がその象徴として取り上げられていたような気がしますけど・・・。)

しかしその後、実は若い頃にがんを患いそれを克服したという事実を、死への恐怖の記憶と共に語っているのをどこかでチラ見して、そーだったのか、厳しい経験を乗り越えてきてるのね、と、勝手に悪ガキだと思い込んでいた固定観念が変わったのでありました。

やたら怪我が多くて、あんまり試合出てない感じではありますが、最近ではオランダ代表では重要な戦力として、コリアンダー的鉄板攻撃陣の一角を占める活躍をしているのはご存知の通りでございます。

なので、まあ、特に大ファンというほどではないのですが、でも、良い選手が来てくれたなぁ~、ホクホク、と思ってはいるんですのよ。
バイエルン・ミュンヘンでいらっしゃしませ。期待してるから活躍してね!なのであります。

・・・と、ロッベン本人に特にイチャモンをつけたいわけではない、とフォローしたところで。
いやぁここのところ、この移籍に関してぶつくさ言っていてるので、ちょっと誤解を解く必要があると思いましたので、長々語ってます(^^ゞ

違うんです、イチャモンつけたいのは、バイエルンに対してなんです~う。
 

続きを読む "今夜はヴォルフスブルク戦"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツ代表&オランダ代表招集メンバー

090828_robben2
「よく来たね♪」「エエ仕事しまっせ~」
一瞬手つないでるのかと思ってびっくりした。

バイエルン公式のテンションの上がりっぷりが心配でしょうがないです。
なんぼなんでも昨日の今日で、いきなり試合出て何がどうなるんだ。却って混乱するだけじゃないのかい。

スミマセン、まだくたびれてますので、アタマが働きません。たいした意見もないのですが、ロッベンとかバイエルンの話を書くのにとても時間がかかりそう・・・。
運動不足だ!!

というわけで、カッコいいラームのキャプチャだけ貼って、あまりアタマを使わないデータ記事だけ失礼します

090827_fcbtv4

今さらですが。。。

9月5日親善試合南アフリカ戦&9月8日W杯予選アゼルバイジャン戦に向けたドイツ代表招集メンバー

GK
レネ・アドラー(レヴァークーゼン)
ロベルト・エンケ(ハノーファー)
マヌエル・ノイアー(シャルケ)

DF
アンドレアス・ベック(ホッフェンハイム)
アルネ・フリードリッヒ(ヘルタ・ベルリン)
フィリップ・ラーム(バイエルン)
ペア・メルテザッカー(ブレーメン)
マルセル・シェーファー(ヴォルフスブルク)
ゼルダー・タスキ(シュツットガルト)
ハイコ・ヴェスターマン(シャルケ)

MF
ミヒャエル・バラック(チェルシー)
クリスチャン・ゲントナー(ヴォルフスブルク)
トーマス・ヒツルスペルガー(シュツットガルト)
サミ・ケディラ(シュツットガルト)
マルコ・マリン(ブレーメン)
メスート・エズィル(ブレーメン)
ジモン・ロルフェス(レヴァークーゼン)
バスティアン・シュヴァインシュタイガー(バイエルン)
ピオトル・トゥロコフスキ(HSV)

FW
カカウ(シュツットガルト)
マリオ・ゴメス(バイエルン)
ミロスラフ・クローゼ(バイエルン)
ルーカス・ポドルスキ(ケルン)

・・・・・・・・・・・・。
ヴィーゼは???( ̄▽ ̄;;)

2009年8月現在、オリバー・カーンのイチ押しなんですがぁ~。
(カーンのイチ押しはよく変わるので、「現在」を付けている(^m^))

スポナビでもそのへんのことを取り上げていましたが、どうしてW杯となるとGKの使い方がぐるぐるしちゃうんでしょう…。カーンもそれでさんざん振り回されたけど(恨)、大会1年前切ったんだから、そろそろ安定させた方が…。

と、ごちゃごちゃ考えてみてはいるのですが、実はなんと、
初・アドラー&ノイアー同時代表入り!!
ということなので、ワタシ的にはかな~りモエ、いや、ええと、楽しい組み合わせなのであります。フフフ。ヴィーゼも好きだからむずかしいところではありますが。いやホントに。

----------
いっぽう、こちらも最終決定が出たようです。

9月5日親善試合日本戦&9月9日W杯予選スコットランド戦に向けたオランダ代表招集メンバー

以前アップした仮メンバーとほぼ同じですが、若干の変更があったようですので、コピペしたものに修正を加えました

GK
ステケレンブルフ(アヤックス)、Velthuizen(フィテッセ)、フォルム(ユトレヒト)

DF
ハインティンハ(アトレティコ・マドリー)、ファンブロンクホルスト(フェイエノールト)、ブラーフハイト(バイエルン)、マタイセン(HSV)、マルセリス(PSV)、オーイェル(PSV)、ファンデルヴィール(アヤックス)、ローフェンス(セルティック)

MF
ファンデルファールト(レアル・マドリー)、スナイデル(レアル・マドリーインテル)、メンデス・ダ・シウバ(AZ)、スハールス(AZ)、デセーウ(アヤックス)、アフェライ(PSV)、デヨンク(マンチェスターC)、エンヘラール(PSV)

FW
フンテラール(ミラン)、ロッベンレアル・マドリーバイエルン)、バベル(リヴァプール)、カイト(リヴァプール)、エリア(HSV)、ファンペルシー(アーセナル)

試合の頃には、スナイデルはインテル行ってるかも知れませんけどね~。←入団会見も済ませたようですので、訂正しました。
というわけで、まあ、そりゃそうなんですが、結局ファンボメルは呼ばれませんでした(T△T)

日本代表の方も発表がありましたね。名古屋の星楢崎が骨折してしまったので残念です。森本の初招集が話題になっているようですが、個人的にはやっぱり、地元オランダで活躍する本田がやってくれるんではないかとちょっと楽しみです。

 
おまけ
090828_robben3
バイエルンが誇るナイスボデー二人による、美バックスタイル自慢にロックオン(右端)
ダニエルの勝ち!とひとりでほくそ笑んでるアホゥです(^ー^)
それでもって、レルの隣がエルブ君だと思う人~?(^o^)/
どんな時でもモエ視点を忘れるべからず!なのだ。(くだらん)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/28

ロッベンが来たぜ

(私事ですが)嗚呼疲れた。ちょっと疲れたのでとりいそぎ

090828_robben

来たぜ来た来たコメンコメン
(意外に胸筋がしっかり・・・←どこ見てる)

言いたいことはありますが。

ネタもいろいろありますが。ドイツ代表が決まったよとか、CLドローについてのバイエルンの反応とか

090827_bild2
CL用ユニお披露目会場でそのまま見てたらしい

090827_bild3
開きっ放し

090827_bild5
何ごとかオモロいことをささやいているようだ

090827_bild6
まだこの状態(泣)靴下が変。この足でファッションショーしたのだろうか

090827_bild4
ラームのこの髪型、ワタシ的にはかなりグー☆この角度だとちょっとアレですが…

とか、まあ、いろいろあるんでございますが、遅くなりそうなのでまた後ほど・・・
 

【あまり時間が経ってないので追記しちゃう】
090828_fcb
やっぱりね(→背番号)。

ちなみにファンボメルは、やっぱりあの足のままファッションショーしたみたいです。痛々しさにくすぐられて胸キュンです~(知るか)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CLドロー結果

ヘタレバイエルンがポッド1なんて片腹痛いわ、と思っておったのですが、こうなりました。

グループA
バイエルン
、ユヴェントス、ボルドー、マッカビ・ハイファ

グループB
マンU、CSKAモスクワ、ベシクタシュ、ヴォルフスブルク

グループC
ミラン、レアル・マドリー、マルセイユ、チューリッヒ

グループD
チェルシー、ポルト、アトレティコ、アポエル

グループE
リヴァプール、リヨン、フィオレンティーナ、デブレツェニ

グループF
バルセロナ、インテル、ディナモ・キエフ、ルビン

グループG
セビージャ、レンジャーズ、シュツットガルト、ウニレア・ウルジチェニ

グループH
アーセナル、AZ、オリンピアコス、スタンダール

はっはははははは・・・・・・ヤバい( ̄∀ ̄;;)
まあ、「死のグループ」はグループCかも知れませんが、ウチだってかなりの。。。。。。。。
ボルドーはリヨンの8連覇を阻止したフランス王者ですよ~んだ(汗)(汗)

まあ、今のバイエルンはたとえポッド4のチーム相手でも勝てないと思いますので、どこが来ても同じだとは思いますがねー(ネチネチ)。
(それにしてもポッド4のチームは知らん名前が多いなぁ…ゴメン)
それにしてもまたマンUがズルいことになってる気が…いえ、なんでもありませんゲホゴホ。
ヴォルフスブルクはそのマンUといっしょになってしまいましたが、2位通過狙いで良かろう。シュツットガルトもそう悪くはなさそうですが……

しかし~~!
(以下、まったくの超個人的愚痴です)

抽選開始時間を勘違いして30分遅れたのは、ワタシがとんちんかんだったとは思いますがー!
UEFA.comにアクセスしたら「"Adobe Flash Player10"をダウンロードしますか?」
…って、

今聞くな―――――(`Д´メ)!!!
 
そんなヒマあるかっちゅーんだワレーーー!!!

イライラ~ッとキレそうになりましたが、そ、そーだ、FCB.tvでLIVE中継してるじゃないの・・・・・・・

「アナタ登録されてないみたい♪確認してね~」…って

登録済だっちゅ――ねん(`Д´メ)!!!

ログインしてるっちゅーねん!
そもそも、勝手に更新してるくせになんなんだい。

ということで、UEFAもFCB.tvもダメでしたので、今年は映像も音声もナシでTickerのみの、まったくライブ感のない静かなドローcheckとなりました。実につまらん。
 
・・・・・・いや、あの、ガチャガチャの球みたいなのをプラスチックのボウルの中でカラコロ回す、のんびりした抽選の雰囲気、キライじゃないんだよね。。。 

09_08_26_az
ジエゴもまだ違和感アリアリですが、ブラッツォ…。未だにヘコむ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/08/27

過去20年間の最高選手

ロッベンがいよいよバイエルンに来そうですね。もうほぼ決まりみたいな雰囲気ですが、公式にはまだ出てません。てか、まさかリベリと交換じゃああるまいね???

今ロッベンが来たからってどうにかなるような状態なのか、どうか…。そのせいでバウムヨハンとソサのどっちかがあおりを食うんじゃないかと思って、それはそれでヤーな気分ですよ。バウムヨハンなんか、せっかく来たのにぃ~~~!!!シュラウドラッフを思い出しちゃってしょうがないです。ソサだって、可能性はあるはずなのにぃ~~~!!!ドス・サントス(懐)とかぶっちゃってしょうがないです。

まあ、まだわからんけどね・・・・・・

カーンのBild記事がスポナビにも出ましたね。ふ~む、「威風堂々」ですか…。なるほど
(~♪「威風堂々」byエルガー脳内再生中…♪~)

ところでそんなカーンが、SportBildが企画した(専門家によるインターネット投票かなんか?)「過去20年間でのブンデスリーガベスト11」の中でのドイツ人GK部門、だけでなく、獲得票数でも唯一の1万票超え、で最高だったそうです。
つまり過去20年間でのブンデスリーガ最高選手!

と、いうことを伝えているtzに貼ってあった写真がなかなかステキです
09_08_26_merkur

写真に付いてたコメントには「Der Beste der Bensten」ベスト・オブ・ベストと。
カッコいいな~~~(^ー^)
なんたってベスト・オブ・ベストなのだ。ベスト・オブ・ベスト、キング・オブ・キングス、ロード・オブ・ローズ、ハレルーヤ、なのであります。
(~♪「メサイア」より「ハレルヤ」byヘンデル脳内再生中…♪~)

ワタシにはなんにも関係ない話なのだけど、なんだか誇らしいのです。
こうして選手姿のカーンを見るとやっぱり心が動きます。
オリ・カーンはワタシタチの、FCバイエルンの、そしてドイツの永遠の誇りなのだ・・・

細かい得票選手はSportBildのサイトに出てますが、ざっくばらんに紹介させてちょ

ベスト11・ドイツ人部門
オリバー・カーン - フィリップ・ラーム、クラウス・アオゲンターラー、ユルゲン・コーラー、アンドレアス・ブレーメ - マティアス・ザマー、ローター・マテウス - シュテファン・エッフェンベルク、メーメト・ショル - ウルフ・キルシュテン、ルディ・フェラー
監督:オットマー・ヒッツフェルト

ベスト11・外国人部門
ジャン・マリー・プファフ(BEL) - デデ(BRA)、ルシオ(BRA)、ジュリオ・セザール(BRA)、ビシェンテ・リザラズ(FRA) - カルロス・ドゥンガ(BRA)、ゼ・ロベルト(BRA) - ジエゴ(BRA)、フランク・リベリー(FRA) - シュテファン・シャプイサ(SUI)、ジオバネ・エウベル(BRA)
監督:フーブ・ステーフェンス(NED)

ラームリベリが現役バイエルン選手としてトップ11に入ってるのは鼻が高いです。そしてリザラズエウベルの名前に胸キュンしたり。

ポジション別ランキングも細かく出てますので、よろしければごらんあれ。
個人的に気になるところでは、外国人GK部門に、ピプリツァがなんと第3位に入ってるところに「そんなすごい選手だったのか」とニヤリとしたり、ケーシー・ケラーがランクインしてるのにひっそりウフフと思ったりしています。
外国人DF部門でサニョルが次点になってるのがうれし切ない。
ドイツ人攻撃的MF部門にて、バラックは、エッフェンベルクショルという伝説的スターの前に惜しくも次点となってしまいました。でもシュヴァインシュタイガーがぎりぎりランクインしたのがうれしーです(^ー^)
ドイツ人FW部門で、ゴメスクローゼというバイエルンの2トップが、現役選手では最高得票数で二人並んでるのもイイですね~ホクホク。
そして、マカーイが!3年ぐらいしかブンデスにいなかったのに、外国人FW部門で、現役選手としては最高の3位です~。うるうる。

はっ(゜∀゜)

ランキング好きなもので、すっかり遊んでしまいました。
おかげで昨日の親善試合の話をするのを忘れてましたので、ざっくり流します。(←こらっ)

バイエルン公式レポによると、フォーメーションを今度は監督お好みの4-3-3にしたみたいですね。迷走してるなぁと思ったのはワタシだけでしょうか…。
と言われても具体的に並びがよくわかりませんので、今回フォーメーション図はヤメておきます…

8月25日 親善試合 ユニオン・ベルリン 1-3 バイエルン・ミュンヘン

ブット- ラーム(62.レル)、ブレーノ、バドシュトゥバー(46.ファン・ボイテン)、プラニッチ(46.ブラーフハイト)- シュヴァインシュタイガー(62.ゲルリッツ)、ティモシュチュク(62.バウムヨハン)、オットル- ミュラー(62.コンテント)、ゴメス(46.クローゼ)、オリッチ(62.ソサ)

得点:オリッチ(22)、ブレーノ(30)、ブラーフハイト(47)、サヒン(69)

すっかりめんどくさくなったので公式よりコピペ。よって「ファン・ボイテン」「ティモシュチュク」になっております。blog書いてる意味がない(^_^;)

前半の前半、オリッチがゴール決めるところまでをカクカクモヤモヤで見ておりましたが、ほぼ本気メンバーで臨んでいるわりには、2部のチーム相手に攻めあぐねており、「相変わらず」感いっぱいで、進歩や改善は感じられなかったのは気のせいか…??
その後2点追加してなんとか面目は保ったようですが、ハイライトを見る限りではやっぱりあまりぱっとしない感じでした。ただ、ブラーフハイトのFKはみごとでしたので、こんな飛び道具を持っているのか、というのが発見だった、というぐらいで。
これでは正直、
土曜日のヴォルフスブルク戦にじぇんじぇん希望が持てません。
さっくり負けるか、もしくは、最高の結果でも引き分けだと思います。

いえいえ、別にやけくそになってるわけではないのですよ。愛を込めて応援はします。
でもやみくもに勝利を信じる気持ちにもなれませんな~。こうも望みが薄いと、ヘンに腹がすわっちゃいますよ~。

まあ、あの、なんだ。えーと。

がむばれ。やれることをやってくれい。うまくいかないのはもうわかってるから、せめて気持ちのこもったサッカーしてくれい。以上。

・・・・・・・・・・・。
今のバイエルンに何が足りないって、やっぱりアナタが足りないよ~!
(それを言っちゃあおしまいなんだけどさ)
0102081877900

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/26

「ミア・ザン・ミア」とは何ぞや

というわけで、Bildにて、へなちょこバイエルンに対してカーンエッフェンベルク、2大伝説キャプテンから檄が飛んだらしいです。

エッフェンベルクの言うことには
09_08_24_bild2
「レンジングなんかあかーん!ヴィーゼかエンケを連れて来ーい!ディフェンスがボロボロじゃねーか!こんなんでバイエルンが優勝できるわけねーっつんだよ!」

カーンの言うことには
09_08_24_bild
「気合が足らーーーん!!システムの問題じゃねー!自信だ情熱だ執念だリザラズモエ~!」

・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・。

スミマセン、Bildに付いてた吼え写真にウキウキしてしまって、ついつい勝手なことを書いてしまいましたが、デタラメデフォルメもいいところです(^_^;)
二人ともこんなこと言ってませんので、原文チェケラッチョヨロシクです(←こらっ)。
エッフェンベルクのはここ。カーンのはここ

で、まあ、カーンは「今のバイエルンには"Mia-san-mia"がなくなってしまった」と嘆いているようなのですが、そもそも「Mia san mia」ってなんですか。
マンマミーア、みたいなもんですか。と思って検索してみたら何故か
Mia San Mia/We Are Who We Are
コチラの、どこの誰だかよくわからないお方のどんな内容かもさっぱりわからない本の紹介がトップに出るのであります。
ただ、この本のサブタイトルが「We Are Who We Are」らしいので、これがその言葉の意味なのだとしたら、つまり「俺たちは俺たちだ」(←センスなき直訳)とか、俺らが一番なんだ、とか、なんかそんな感じの、自身のアイデンティティーに一本筋を通すようなニュアンスの、男気あふれる言葉なんではないのかと思ったり。
イタ語かと思ってたけどどうもそうでもないらしい。ドイツ語辞書にももちろん出てませんでしたが、南部言葉なんですかねぇ?

そしてなんと、"Mia san mia"という名前のバイエルンのファンクラブがあったり、いや、そもそもファンショップで絶賛発売中でしたよ

Mia_san_mia1_2 「Mia san mia」マフラー 15.00€也

Mia_san_mia2_2「Mia san mia」ワッペン 4.00€也

ということは?
過去の誰かの名言とか、FCバイエルンに代々伝わる、チーム魂を象徴する決まり文句だったりするのかしら・・・・・・

と、ドイツ語は言うに及ばず、バイエルンファンとしてもまだまだ不勉強な自分を実感した次第でありましたが、ともかく、現FCバイエルンのヘタレどもは名誉キャプテンカーン様のお言葉をかみしめて、このマンマミーア、じゃないわ、ミアザンミア魂を思い起こして、土曜日のヴォルフスブルク戦に臨んでくれたまへ。(←意味わかってないくせに(^皿^))

| | コメント (2) | トラックバック (0)

続・ビールでも飲んで

カーン先輩とエッフェンベルク兄さんが「バイエルン何やってんだオラー!」と吠えたとか吠えてないとかいう話が出てますが、厳しい話はひとまずおいといて、楽しい話をして現実から目をそらそうという魂胆

まずはいきなり愛の妄想劇場heartニガテな方はパスしてね
090824_mon_amour

トレーニング中も、恐いカントクの目を盗んで手をつなぎ愛を確かめ合う・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・。

アンタたちはぁ~~!!!

ワタシをモエ殺す気かぁ~~~~~~~っっ!?!heart04heart01heart02
ローリングモエモエ+腹ばいで両手両足ジタバタ胸いっぱいで窒息寸前でござる。

この二人の幸せそうな姿を見て、リベリが今シーズン中に移籍することはもうない、と確信したワタシであった。

(^_^;)
失礼しました。

さてさて、昨日もちょこっと紹介しました、毎年恒例オクトーバーフェスト仕様ビール会社広告撮り(別名:コスプレ祭り)の続報ですよ~

新規加入選手集合フォト
(トリミングされているバウムヨハンとゲルリッツ(??たぶん)が哀れなり~(T_T))
090824_gomez2

オリッチがめちゃめちゃイイ笑顔です。

以下、動画よりキャプチャ劇場

続きを読む "続・ビールでも飲んで"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/25

ビールでも飲んで

FCバイエルン周辺ではどうにもこうにもカリカリするようなニュースばかりで、気が滅入って仕方がないのですが、ここらでひと息つきましょうか。

そんなばーいじゃねーだろ!という心の声ももちろんするのですが、毎年のことなので、スケジュール的にしょうがないのだ。去年も、そんなばーいじゃねーだろ!だったような気がするよ・・・
おいおい動画とか、写真ももっと上がると思いますが、また、それはそれとして。
今はとにかく、例えうわべだけだとしても、ほっこりほのぼのしたモノを見たいので(←すさんでるなぁ)、とりいそぎ・・・

今年もPaulanerの広告の撮影の季節がやってきました

090824_bommel2_2
わははーっとデカ口開けて笑う表情が気持ちいいのだ

でも足元が痛々しい(涙)
090824_bommel_2
今この状態では、9月5日の日本戦なんてとてもとても・・・・・・・(泣)
右足かと思ってたけど左足だったようだ。
より重傷と思われるミーチョの全身フォトがないのでわからないのですが、どんな風なんだろか…(心配)

090824_riberydaniel2
お約束の2ショット♪よく見るとダニエルはぺろんちょしててカワイイのだ

090824_timo
・・・・・・・・・・。予想以上に似合わない・・・・・・・・・・・・(^_^;)

090824_lahm
ちゃんと着ればものすごく似合うと思うのだけど、サスペンダー下ろしちゃってるのかい。

090824_gomez
予想以上に似合ってない・その2。やっぱりイケメンにはムリなのか…(^_^;)
 
今日はこれまで。続きは明日(?)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/08/24

3節:マインツ対バイエルン

只今、ヴォルフスブルク対HSVという、とても魅力的な試合を放送中です。
一応点けてはいますが、正視できないヘタレです。
もう本当に、すっかり心すさんでしまって、バイエルンはもちろん他のブンデスの試合結果をcheckする気も、他のサッカーの試合を見る気もなかなか起きません。
どこがどんな結果になっても、ゆうべのウチよりはちゃんとしたサッカーをするはずだと思うと…。それに、HSVでノリノリのゼ・ロベルトの姿とか見たら余計ヘコむだけだし……

てなわけで

8月22日 ブンデスリーガ第3節 マインツ05 2-1 バイエルン・ミュンヘン

ヘタレどもの名前をマトモに書く気がしないので勝手アダナで迷走フォーメーション。全面同意のBildの採点付きでどぞ
090822_mainzfcbfj
交代:トーマスくん(4)(33ハミト)、イビちゃん(4)(39ダニエル(小))、ソサきゅん(5)(72ミロ)
サブ:ブット、ブレーノ、コンテント、オットル(←出てないのでちゃんとした名前)

得点:イヴァンシッツ(25)、バンセ(37)、ノヴェスキー(47オウンゴール)(←マインツの選手はちゃんとした名前)
カード:なし
 
全面同意、とは言いましたが、イビちゃんとトーマスくんは「3」とか「3.5」ぐらいでもイイと思うがな。kickerの採点も楽しみだ~。鬼採点(「6」)は誰と誰かな?(自虐)

え~~~~と。

ようよう二日酔いは醒めましたが、この失望感が収まるわけではありませんので、別に言うことないです。
ファンにとっては、語る価値のない試合。

先の↓「速報」はべろんべろん状態で書きなぐったものですが、その後、怒りは多少は収まったものの、気持ちはさほど変わりませんので追記も訂正もしません。
(次の試合まで)一週間寝てろ、と言ったのは、どうせいっしょけんめいトレーニングしても意味ないみたいだから、せいぜいダラダラするがいいよ、という最大級のイヤミと罵倒の言葉です。我ながらクチが悪いですねぇ(^_^;)

でもちょっとだけつけ加えるならば
試合を重ねるごとに、良くなるどころか、どんどん悪くなって行ってるのは一体どういうことなんでしょうか。
監督のやりたいこととか戦術が浸透していない、というのは、選手がよっぽどアホなのでしょうか、それとも指導する側に問題があるのでしょうか。
バイエルン公式より監督の弁

「準備期間に何か間違ったことをしたかを自分にも問いかけている。」

是非そうしてください。検討してください。試合中書きまくってる膨大なメモは、練習場のビデオカメラは、選手になんとかセンサーを装着させて集めたデータは、なんの為なのだ。

誰かの写真を貼ると、そいつを個別に責めているみたいに見えるのでやめときます。
選手を責めてはいけないね。でも、トーフのカドはさぞかし痛かったことでしょう。思わず、今晩のおかずを麻婆豆腐にしようかと思ったけど意味不明なのでやめましたよ(^_^;)

とはいうものの、これだけでは殺風景なので、そこにいなかった人たちならよかろうと、ちょっと描いてみましたよ

090822_vierj_2
うそ…だと思う(^皿^)

【追記】
結局、ヴォルフスブルク対HSV、後半を見てしもうた。素晴らしい好ゲームでした。うらやましいったらないぜ。そして恥ずかしいぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/23

速報

マインツ 2-1 バイエルン

090822_holger_2
昭和のマンガのようなくやしがり方をしているバトシュトゥバーにウケてるばーいじゃない。

090822_daniel
どんなゲームでもダニエルモエ~、とか言ってるばーいじゃない。

090822_gomez

なんなんだ。

なんなんだ。

何なんだ、いったい!!

説明できるもんなら、言い訳できるもんならしてみろってんだ、

このヘタレども!

後半は良かったって?ゲーム支配してたって?

知らんよ!勝ってからモノを言え!

090822_lahm

これはどこのチームだ?バイエルン・ミュンヘンだと思ってたけど違うかも知れない。
もうかばい切れないよ。彼とか彼とか彼とか。
…いや、誰が誰かとかいう話をするのもバカらしい。くだらない。意味がない。

とりあえず、オリッチミュラー以外、選手監督コーチフロント全員ひっくるめてトーフのカドに頭ぶつけて

そのまま1週間寝てしまえ!

・・・・・・・・。ドルトムント対シュツットガルトとか、プレミアリーグとかやってますけど、今日はもう、サッカーというものを見る気が起きません。

あばよ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/08/22

間もなくマインツ戦

なんとはなしに、世界陸上をつけっ放しでダラダラとながら見しております。
ドイツでやってるから!という理由だけで、いつもより画面をチラ見する回数が多かったり(^^ゞ(大阪大会とかはほぼスルーだったし)
今は男子マラソンの最中ですが、行ったことがあるところがチラッと映るとやっぱりちょっと興奮しますね~。誰が何位とかはじぇんじぇんどーでもよい(こらっ)。
ボルトは本当に凄いですね~。あれでドーピングなんてゆったら夢が破れるどころじゃないので、キレイな体であって欲しいと切に願うのである。
それにしても織田裕二が、山本高広にモノマネされるのを恐れてか、今年はあんまり凝ったフレーズを叫んだりしてない気がするのだけど…。シャツの第二ボタンまで開けちゃって、セクスィ路線でキメてる理由がわからんのですが、40過ぎてサマになってるところがさすがなのであった。

なんとなく言いそびれておりましたが、最近、アノ「すぽると」にて、CLの過去の名勝負プレイバックコーナーがあります。ここのところ、コリアンダー的にたまらんラインナップだったのでちょっとご紹介。

先週はなんと、00/01シーズンの決勝!
Redsc06290

しかもフィーチャリング・カーンなのであった。
Redsc06288
ふわ~~~カッコいい~~~~~~~~~~~heart04heart01heart02(しかも若い)スキ

Redsc06289
どっかで見た気がするけど。むかしのコメント映像付き。しかも「僕」です。むひょひょ

そして今週は、05/06シーズンの決勝でした。
Redsc06293_2

アーセナル目線、というか、この日の悔しさを胸に雪辱を誓うヴェンゲル監督、という切り口でしたが、ワタシの視線はあくまでコイツにロックオン
Redsc06292

こことか

Redsc06295
こことか。
なんかファンボメルがレッド食らってるみたいな画ですが、もちろん違いますよ。CL決勝史上初という退場をくらったのはご存知アノ人です。ナニゲに伝説作ってますねー

さて

090716_toni2
全然関係ないのですが、あまりに姿が見えないのが寂しいので貼ってみた。
もうあまり役に立てないかも知れないと思っても、いないとやっぱつまんないんだよねー。
まあ、どうなることやら、ですが。

マインツ戦でございます。
何せあまりチーム事情を調べてなかったのですが、リベリは10番なのか、いややっぱり左サイドの方がいんじゃね?とか言ってるうちに結局今日も欠場が決まりました。
「前節使ったのは早過ぎた。まだ調整が足りん」との弁ですが、なんやねんheart03

FCB.tvのプレビューレポよりキャプチャ
090820_fcbtv1
heart04heart01のっけからダニエルのおなかサービスheart

090820_fcbtv2
ティモシュクもshine謎バンド、じゃないわ、あのナントカセンサーが妖しい雰囲気・・・

090820_fcbtv3
「暑いよ~sweat01ラームのヒゲが大変なことに。
ヨーロッパでは熱波が来てるらしいですね。でも32℃とかそれぐらい、日本に比べたら実にどってことないんですが、熱中症にはくれぐれも気をつけておくれね。

そんなラームのインタビューがFAZに出てましたが、さすがにアタマがヘロヘロなので読む気がせん。
マインツの監督が35歳だそうで、25歳のラームに「10年後、監督をやってる自分が想像できる?」とかなんとか聞かれて「まだ選手やってると思うけど、正直イメージわかないヨ~」と答えてるところとか(違うかも)、キャプテンマークはファンボメルのと同じ物だよ!とか、それぐらいしかわからん。よろしければ。こちらです。

バイエルン公式に、シュヴァインシュタイガーがむばれ記事が出てました。
シュバの守備面での貢献をフィーチャーしてくれたのがうれしい。
そうそう、派手な無回転シュートは打てなくても、目立たないところで頑張ってる姿は、見てる人は見てるはずなのだ。信じてるから、今日もチームのために貢献するのだよ。

昨日の記者会見では、シュバと、そしてティモシュクも記者会見したらしいのですが、ティモシュクの会見動画を見ようとすると何故かエラーになってしまうのでありました。ワタシがボメラーと知っての何かの工作なのか・・・・・・?(^∀^;)←そんなバカな

なんでもいいさ、勝ってくれれば!!てか、勝たなきゃダメでしょ、いーかげん。アウェーだけど…(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バイエルンのためにカネをあきらめたんだ(後)

【大幅追記・訂正アリ。何度も更新してしまったので、公開当時と内容が大きく変わってます。見苦しいことでスミマセン】

ところで昨日(8/20)の「カーン龍門会 #8」ですが、
まったくダメでした(T△T)
これまではそれでも、サクサク行ける時間もあったりしたのですが、昨日は本当にまったくダメでしたので、何が起こったのかチャレンジャーは何人になったのか、最後の「カーン先生のお言葉」があったのかどうかさえ、サッパリ全然知りません。

映ったと思ったらいきなりこんな険しい表情が
090820_inevergiveup1 しかも静止画状態で。コワイよ~

090820_inevergiveup3
せっかくなので面接官一同(右から二人目がカーン)
いつ見ても、ヘンテコなセットだなぁ。サッカー星からやって来た宇宙人、とでもいう設定なのだろうか(知らんけど)。

仏頂面なのは、面接コーナーにて、チャレンジャーが何やら納得のいかない発言をしたらしいです。話の途中で「ちょ、ヤメヤメ」とさえぎって、こんこんと説教をしていたみたいですが、よくわかりません。
前回の放送でもこのコーナーで、「ちょちょっ、待て待てちょっと止めて」と、番組を止めて議論したりしてましたので、チャレンジャーがいよいよ少なくなってきたのでカーンとしても真剣度合いが違うのか、あるいはさえぎりグセがついたのか……。

 
さて
SportBildファンボメルインタビューの続きです。後半部分は大変むずかしかったです(汗)意訳妄想訳誤訳OK(いや誤訳はまずいだろ)

090808_bommeltimo

――――――――――

特別手当(??)交渉は早くも…

本当に正直に言うと、それに関してはマネージャーとはまだ全然、歓談とかはしていないんだ。ウリ・ヘーネスはシーズン終了に向けて、この問題の主導権を握っている(???)。このことはいつでもとてもフェアーだった、実際に苦情は一切ないはずだよ。

あなたはすでに、代表として、フランク・リベリと、先週の移籍劇について話し合っていますか?

もちろん、フランクとは話し合いをしようとしている。だけどあんな金額じゃ誰でも困惑してしまうよね(???)。彼はこの問題をとてもくつろいでとらえているよ。彼が負担に思っているのは、怪我のことだったよ。今彼は、自分はバイエルンの為に違いを生み出すことができる選手だということをもう一度示したいと願っているんだ。

チームにとってこの問題は負担ではありませんでしたか?

とにかくこういうことは、フットボールビジネスの一部だからね。8月31日の移籍期限まで続くよ。先週、シャビ・アロンソがレアル・マドリーに移籍した。そんなことも想像しなくちゃいけないんだぜ!リヴァプールは今、中心選手が去ってしまった状態で、シーズン開始1週間前を切っている(※勝手注1)。これは、たとえクラブが同意したとしても、チームにとっては良くないことだよ。だから俺は、(移籍)期限を前倒しすることに賛成なんだ。そうすれば再び、準備期間中はもっと平穏に過ごせるよ。

当然我々はアナトリー・ティモシュクについてスルーすることはできないのですが…

あなたたちは今、俺が半年前に言ったアノ言葉(※勝手注2)のことで、また俺を困らせるのね。

まさに、あなたはライバルにベンチ入りを約束してしまったわけです。今ではあのフレーズはうんざりなんですか?(???)

だけどあれもまた、わずかに仕事の一部なんだよ。もちろん俺はそんなにいまいましく思ってはいなかったんだ。ティモはそれをわかってるよ。まあ、俺は、ずっと耳に残る言葉を言ってしまったんだよな(???全然わからないので妄想作文)。自分でやってしまったことは、プレッシャーだね。

---------
※勝手注1
シャビ・アロンソのレアルへの移籍は8月5日。リヴァプールの開幕戦は8月16日。インタビューはプレミアの開幕前に行われました。

※勝手注2
今やファンボメルの迷言となってしまった、1月の「ティモシュクはバイエルンに来たらイイよ、そしたらベンチに座ってもらうことになるけどね」という、ライバル心むき出しコメント

――――――――――

せっかく金払ってダウンロードしたんだから、ちゃんと読まないともったいないジャンという、ただの貧乏根性だけで読みました。
しかし個人的結論は、「続きは本誌でね!」というその「続き」はたいしたことない!ということです(爆)わかっているのについ釣られる悲しいサガなのだ。

最後の応答がとても難しくてどうしてもわからないので、2時間ほど、う~むう~むと考え込んだ挙句、とうとうデタラメ作文してしまいました(^^ゞ
原文とは全然違うかも知れませんが、ようは、ファンボメルはアノ発言について、「つまらんことを言ってしまったなぁ」と少し後悔しているんだと思います。
ティモシュクがベンチに入ることを監督が決めたことで、半年前の予告が当たってしまった形になり、今になってこの発言が沢山のマスコミに取り上げられてしまってます。
ファンボメルとしても、もちろん当時はそんなことは当然予想していなかったから、気軽に、そして自身の契約延長がうまく進まない最中でしたので、少々やけくそ気味に言ってしまっただけなんでございます。今となっては気まずい思いをしているんだろうなぁ。

ワタシとしては、アノ発言について、ティモシュクとはわだかまりがないようだとわかったのでホッとしました(^^)(ボメルが一方的に言ってるだけかも知らんけど)
まあ、なんにせよ、口は災いの元ですよ。何しろキャプテンなんだし。ご用心ご用心。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/21

自分用メモ:オランダ代表「仮」招集メンバー

9月5日親善試合日本戦&9月9日W杯予選スコットランド戦に向けてのオランダ代表仮招集メンバー

GK
ステケレンブルフ(アヤックス)、Velthuizen(フィテッセ)、フォルム(ユトレヒト)

DF
ハインティンハ(アトレティコ・マドリー)、ファンブロンクホルスト(フェイエノールト)、ブラーフハイト(バイエルン)、マタイセン(HSV)、マルセリス(PSV)、オーイェル(PSV)、ファンデルヴィール(アヤックス)、ルーフェンス(セルティック)

MF
ファンデルファールト(レアル・マドリー)、スナイデル(レアル・マドリー)、メンデス・ダ・シウバ(AZ)、スハールス(AZ)、デセーウ(アヤックス)、アフェライ(PSV)、デヨンク(マンチェスターC)

FW
フンテラール(ミラン)、ロッベン(レアル・マドリー)、バベル(リヴァプール)、カイト(リヴァプール)、エリア(HSV)、ファンペルシー(アーセナル)

ファンボメルとエンヘラールは怪我のため招集見送り。

・・・・・・・・・。
まだ【仮】なんだもんね、と自分に言い聞かせてみる(ToT)←往生際悪すぎ

最終決定は8月28日になるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/20

バイエルンのためにカネをあきらめたんだ(前)

【インチキ訳を多少修正しました m(__)m】

この1週間ぐらい、ネットによる情報収集もてけとーにそこそこに、あちらこちらにご無礼をし、プレミア(フェライニごめん←そっちか)もJリーグ(ケネディごめん)もCLプレーオフ(シュツットガルトごめん)も見ないで夜更かしして何をしているのかというと、

09_08_12_sportbild
先日も紹介しました、先週発行のこのSportBildファンボメルインタビューを今さら読み込んでおります。

自動翻訳+妄想てけとー訳だと毎度毎度、意味が正反対だったり間違えまくったりしてますので、今回は、英語ももちろん見てますが、ほぼすべての文章でドイツ語辞書引いてます。
なのでもぅ、時間のかかることかかること(汗)。1日1応答ペースでモタモタうだうだやって、大して長いインタビューでもないのに、ようやく今日半分まで来ました。
本当は全部済んでから一気にアップしたかったのですが、今晩は「龍門会」もあるし(ちゃんと映るかどーかわからんけど)、そうこうしてるうちにファンボメルが復帰しちゃうかも知れないし(むしろそれはウレシイですが)、もういつになるかわからないので、やっつけ投稿です。

つべこべ言わずに、いってみよー。

――――――――――
090812_sportbild

「俺はバイエルンのためにカネをあきらめた」

バイエルンのキャプテン、マルク・ファンボメル(32)は、選手ミーティングや契約交渉、さらにリベリーやティモシュクについても語った。

Christian FalkとRaimund Hinkoより

SPORT BILD:ファンボンメルさん、私たちはあなたに、バイエルンのキャプテン継続を祝福しましょうか、それとも足指骨折について遺憾の意を表明しましょうか?

マルク・ファンボメル(32):なんて言ったらいいかな?俺にとってはいいシーズンスタートだったのに―、で、辛い怪我をしてしまったんだ。俺は嘆き悲しんだりはしたくない、まあ、でも、3~4週間で芝の上に戻ってくるよ。キャプテンであること、それは名誉なんだ。

その選択はそんなには驚くようなものではありませんでした。監督とあなたは国の仲間ですし…

全然そんなんじゃない。ただ単に監督の、選手に対しての期待なんだ、パスポートじゃないんだよ。俺がキャプテンなのは前のユルゲン・クリンスマンが用意したものだ。そしてそのことは確かに、オランダ人とかは関係ない。それに、ユップ・ハインケスの下でも俺はキャプテンのままだった。3人の監督が同じ決断を選択したなら、そうあるべきだろうよ(?超意訳)。

試合に出場することを再び保証されたわけです。リラックスしたシーズンに向かっているように見えます。

俺は別の見方をしているよ。俺にとっては更なるプレッシャーでさえあるんだ。俺は1992年からプロサッカー選手としてプレーしているけど、以来、常にベストの成果を引き出さなくてはいけないんだ。常にハングリーでなくてはいけない。決して休んではいけない。タイトルを獲ったら、すぐに次も欲しくなるぐらいでないといけない。結局のところ、キャリアというものは、豊かな銀行口座ではなく、むしろサインカード上のタイトルに反映されるんだ。(勝手注※サインカードの裏面には、その選手のプロフィールや、獲得したタイトル等が書いてあります)

貴方は新しい1年契約を、給料を断念するものだったと言っています。

その通りだよ。以前より安くなる契約にサインしたんだ。だけどそれで即、俺が貧乏だなんて思うことはないんだよ。

つまりあなたは、世界的な経済危機にもかかわらずもっともっと(給料を)欲しがるという、サッカー選手の昨今の流れに逆らってるのですね。

そもそも、俺は2年契約を望んでいたんだよね。他の、チャンピオンズリーグでプレーできるクラブからも(オファーは)受けていた。もっといい給料で。だけどバイエルンに対してそう簡単にNeinとは言えないよ。俺はカネをあきらめる方がいいんだ。

ハードなプレースタイルはあなたの典型ですね。昨シーズンはバイエルンで最多の10枚のイエローカードを受けました。土曜日(※勝手注・8月8日第1節ホッフェンハイム戦)にもイエローをもらいました。

シュテファン・エッフェンベルクは現役中に一体どれだけたくさんもらった?彼はキャリア終了時には100枚以上のイエローカードをもらってただろ(リーガで109枚)。時にはチームのためにイエローカードをもらうことだってあるんだよ。

選手会は準備ができてますか?

監督は俺たちに、選手会は自主的に作るように命じたんだ(???)。昨シーズンはラーム、クローゼ、デミケリス、と俺だった。ルシオ込みの5人での会は、今はもうできないね。俺たちは精力的に取りかかるつもりだよ。実際に何かが起こった時は、俺たちは自分たちだけで調整をするんだ。

例えば、ある選手がチーム規則に違反した場合はどうするんですか?

その時は、簡単な選手ミーティングを招集する。誤った行為について話し合い、そして彼に、給料から差し引いて、寄付するよう告げるんだ。それから(集まっている)仲間に、これについて全て同意かどうかを尋ねる。とても民主的だよ。これは選手会なしでも行われる。大事なことは、今度も繰り返さないことだよ。

―――――――――――

090723_fcbtv4

がんばったわりには相変わらず読みにくいです。相変わらず(?)マーク多し。
イエローカードのこととか、監督と同じオランダ人だからキャプテンになったんでしょー、と言われて半ギレ気味になってるところが、同じようなことを言われ続けてうんざりしてる気持ちが感じられます。
気持ちはわかる。だからプレーで周囲を納得させるのだ!と何度も言っている。がむばれボメル!

結局今年の選手会は4人構成になったんでしょうかね。そのへんのところよくわかりません。ルシオが抜けたところにファンブイテンを補充してやってくれんものかのぅ。バイエルン愛はきっと誰よりも深いよ~。じゃなくて、第3キャプテンのシュバが入るべきか(^_^;)

契約年数が1年なのはショックでしたが、給料が安くなったのはさらに衝撃でした。
それでも残留する道を選んだファンボメルは、それぐらいバイエルンとミュンヘンに愛着があるのね、と、この箇所だけは何度見ても胸がフルフルします。
ファンボメルのお宅拝見動画を見たのですが、広い家で、庭にはコドモのための滑り台や小さなサッカーゴールがあり、犬も飼ってて(ジョンとかいう名前らしい)、とにかくミュンヘンでの生活を家族みんなで楽しんでいる感じでした。
こんなステキなお宅なのに今シーズン限りでお引っ越しなんて無慈悲な~、だからなんとか、バイエルンで現役生活をまっとうしておくれよ、と願ったりもするのでありました。
(まあ、アイントホーフェンに戻っても、それなりの豪邸にはお住まいにはなるんでしょうけどね…。いやいや、そういう問題じゃない)

----------
このインタビューは、SportBildのサイトにも、途中まで掲載されてます。こちら

続く!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/19

ゲルリッツの試合と、サニョルちょっぴり

完全移籍おめでとう!(^∀^)
090818_pizarro_2
ボロウスキが戻っても、24番を空けていた甲斐がありましたのぅ。

さて

ご存知、我がバイエルンは昨日はゲルブヴァイス・ゲルリッツというチームと親善試合でした。10-0でらくらく完勝。

バイエルン公式によると、イェレミースがジュニア時代にプレーしていたクラブで、今回の試合もイェレミースつながりで実現した…とありますが、そんなら、イェレミースは登場しなかったのでしょうか???
動画も写真もなんにもな~い!(まあ、自分があまり熱心に探してないというのもありますが…(^_^;))今どんな感じか見たかったのにぃ。

いちおう試合は前半だけ見ました。が、動画のクオリティが大変悪く、カクカクのモヤモヤで、よほどワンショットで映らない限り、もう誰が誰やら、でしたので何をか言わんや…。

そんな中でも主力を軒並み温存してるのはわかりました。
でも第4キャプテン?(←そんな役職はない)のクローゼはスタメン。オリッチミュラーも出場です。
ゴメスは休み。大事にされてますな~(チクリ)。まぁ、ブレーメン戦にフル出場だったしね…

カクカクモヤモヤしていたのでまったく定かではありませんが、オリッチとミュラーはこの試合でもイイ動きをしていたように見えました。
クローゼがずいぶん下がった位置にいる?と感じましたが、あれはバウムヨハンだったかも知らん。それぐらい見づらかったということですわ。

あれよあれよという間にゴールをばかすか決めまくって、前半だけで6得点。
公式戦でもこうあって欲しいものよ、と思いつつ寝たわけであります。めでたしめでたし。

ところで
もう前半も終わりがけでしたが、そのモヤモヤカクカクした映像の中でふと認識できた、CBに入ってる彼は、あれはまさか?と思ったらやっぱり

以下FCB.tvよりキャプチャ
090818_fcbtv1 この彼。

090818_fcbtv2 この彼。

私信:えり姐さ~ん、エルブ君ですよ~!!
ふわふわ天パーモエのワタシとしては見過ごせない、バイエルンⅡ所属のこのマリオ・エルブ君がなんとスタメン出場していたのだ!
FCB.tvで見たハイライトでは、右サイドをぐわーっとオーバーラップしての攻撃参加シーンが光ってました。ミュラーによる9点目は、このエルブのシュートがポストGKに弾かれたのを押し込んだものでしたo(^‐^)o

Erb
むひょむひょ。ういういしくてカワエエのぅ。首が長いねぇ♪
1990年生まれの19歳。ウチはCBが過剰気味なのであまり簡単に上がってこられては困るのだが、将来の有望株として(←なんの?)名前だけでも覚えておこうと思うのだ。

せっかくなので
090818_fcbtv3
ゲルリッツinゲルリッツ。
まさかと思って調べてみましたが、出身地はゲルリッツではなかった…。

090818_fcbtv4
ややや!!(゜∀゜)
また私信:東風さ~ん、オットルがカピテンですよーーー!!!
けっこうサマになってるし。クローゼが下がって以降と思われます。

----------
サニョルが、サッカーマネジメントの勉強をするために、大学(?)に行くのだそうです。こちら

090202_sagnol
今は南フランスに在住のようですが、サニョルが行くというその学校がフランスなのかドイツなのか、勉強が終わったらバイエルンの仕事をするつもりなのかどーなのか、なんで今ミュンヘンに来てるのか、事情はサッパリ飲み込めていないのですが…(^^ゞ
何にせよ、バイエルンがクラブの公式サイトで、サニョルのことをこうして取り上げてくれているのはうれしいです(^ー^)ほっこり

で、そのサニョルがtzのインタビューにも答えてましたよー。

短いセンテンスで受け答えしているのでわかりやすいのですが、今は訳してる時間がございませんのでざっくりナナメ読み。
今や今後の生活の予定についていろいろ語ってます。
そしてバイエルンのことも聞かれてますが、ウリ・ヘーネスがベンチにいないのは「とっても奇妙な感じだね」と、ラームは左の方がイイと思う、ブレーノはすごく才能がある、レンジングには可能性がある、クリンスマンが去年彼に対して行ったことはスキャンダラスであった、とか、もちろんリベリのことも、いろいろ。
興味深い内容てんこ盛りですのでよろしければご覧ください。こちら
(ちなみに、ファンボメルの話はしてません…記者も聞いてくれよ~)

うれしかったのは
将来クラブの仕事はドイツかフランスどちらでしますか?という質問に
「そこはこだわってないんだ。フランスは住むにはいいんだけど、ブンデスリーガでの仕事も探すつもり。でもバイエルンだけが候補だよ。他のクラブでは仕事ができないよ」
Willyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy(ToT)

(注※英語に自動翻訳したものだけを超ざっくばん読みですので、実はワタシの勘違いで、正反対の意味だったらゴメンナサイです m(__)m)

いつかサニョルとカーンがバイエルンのフロントで仕事をしてくれたらとても素敵なことなのですが…。夢のまた夢、ですかねぇ。でも希望は捨てないんだもんね~
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/08/18

離婚します

レネ・アドラーがサイトをオープンしたみたい

090818_adler 
こちら
なんでか知らんが水色です。選手個人のサイトって、寒色系のクールな色合いが多い気がします。チームカラーの赤はやっぱり気に入らんかい。
ステキな写真が満載なのですが、サイズがデカすぎて、ワタシのちっこいノートのウィンドウからはみ出てしまいます(ToT)スクロールしながら見れるようにしといてよぅ~レネ(←なれなれしい)

じゃない。そーじゃない。
これは↑Bildでたまたま見つけたので、ちょっと寄り道しただけの話でした。

本題はこちら。このたび、

離婚しました!

それとも、離婚します!なのかな?
もちろん、ワタシじゃありませんよ。(バレバレ?(^皿^))

オリバー・カーンが!!!!!

090330
ワタシの記憶が確かならば、これが最後の公の場でのラブラブ2ショット写真であるはずだ。

いやぁ~~寝耳に水なんでびっくりしました。
引退を機にカノジョのことはきっちり整理して、てっきり家族の元へ戻ることにしたのかと思ってましたから。
実際こういうセレモニー的なイベントには必ず奥さん連れてきていたし。
でも確かに、そういえばここ数ヶ月奥さん見ないな、と気にはなっておりました。まあ、同伴で出席するようなイベントがないだけなのかも、と思ってましたが…
 
ドイツメディア的にもびっくりだったようです。
いくつか出ているのですべてcheckはしていませんが、ここは手っ取り早く、毎度おなじみtzとBildで。
tz「偉大なる愛の終わり」(←直訳)
Bild「すべて終わった!オリバー・カーン、妻ジモーネと離婚」(←インチキ訳)

とはいうものの、まだ現時点では何もわからないらしく、たいしたことは書いてません。
なんか双方合意の上であるらしいということと、カーンの弁護士の名前はミハエル・ネッセルハウフさんというらしいとか、結婚10年目の破局であるとか、そのぐらいです。
あとは二人の結婚生活の出来事アレコレと、カーンの女性問題について紹介してるだけっぽい。
合意の上ということなら、慰謝料等は発生しないのかな。これから明らかになるかもね。

Bildの方には少々コメントが
「これは全くのプライベートな問題です。しかるべき方向に向けて手続き中」

う~~む。
ちょっと、いや、かなりがっかりですわ~heart03
ここに来て離婚とは、また新しいオンナでも出来たかな?って思っちゃいますよねぇ、どうしても。
まあ、でも、考えようによっては。
偉大な人はみんな、いくつになってもヤンチャなんですよねぇ、皇帝閣下?
(だからオンナがいると決まったわけでは(^_^;))

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/08/17

2節:バイエルン対ブレーメン

遅くなりました。最近筆が重くてイカンのです。

8月15日 ブンデスリーガ第2節
バイエルン・ミュンヘン 1-1 ヴェルダー・ブレーメン

090815fcbbremenfj
交代:オリッチ(46クローゼ)、リベリー(62ソサ)、ミュラー(78アルティントップ)
サブ:ブット、ブラーフハイト、ブレーノ、オットル

得点:エズィル(39)、ゴメス(72)
カード: シュヴァインシュタイガーフリッツ

唐突ですが、「クローゼやヴィーゼは映ってるのに…」と思っていた皆さん。
「ブンデスリーガ」のオープニング映像に実はカーンも登場しているのをご存知でしたか?ワタシは今回初めて気が付きました。

Dsc06270 この背中(^_^;)

そして「GAORA」でのバイエルン戦放送番組は今季から「バイエルン・ミュンヘンTV」ではなくなって、こちらも「ブンデスリーガ」になり、オープニングもフジさんのと同じになってました。
まあ、バイエルンが見れればどちらでも構わないんですけどね。

さて試合の方はというと、やれやれ。ご存知、期待に満ち満ちた今季初ホームの試合、気合もじゅうぶんだったのに、前節に引き続きいまいちパリッとしない内容のまま、みすみすドローに終わってしまいましたとさ。

前半30分までは良かったけど、その後がどうもね。
というバイエルン公式のレポはその通りだと思います。
出だしはまあまあイイ感じでノリノリで、シュバもキレ良かったし、サイドアタックも利いてたし、キレイにつなぐし、・・・・・・・・

だから主導権握ってるうちに決めとかないと~~~~~( ̄△ ̄;)!!!

まさかウキウキ攻撃隊ブレーメンがあんなドン引き戦法で来るとは、って、バイエルン相手なら最近みんなこんな感じではないかと。
クローゼゴメスも見事にオフサイドからめとられまくりでした。とほほ。
ゴメスはワタシの目には、なかなか「借りてきた猫」状態から抜け切れてない感じがするのですが…というか代表戦の時と同じオーラが…。これじゃトーニと変わんないよぅ。
「ゴメスがエースですからねー!彼にどんどんボール集めちゃいますからねー!」と目印然としてるんだから、相手チームにとっては守りやすいんではないでしょーか。
それならそれで、ゴメスがDFを引き付けてる間にクローゼなりオリッチなりにズバンと決めてもらっちゃいたいところですが…。なかなかうまいこと行きまへんなー

一応バイエルンの今季初ゴールを決めましたが、ラームからのクロスにがむばって飛び込んで、ゴール前ゴチャゴチャしてる状態でなんとか入れ込んだ、という感じで、カタチ的にはあまりスカッと来ないし、これでふっきるきっかけになるようなゴールでもなかったしなぁ…。
まあ、でも、これがなければ負けてましたので、どんな形でもゴールはゴール、ありがたいです。

090815_gomez
闘牛士パフォ出た!ゴメスのゴールには「カルメン」かなんか流すのかなぁ、と漠然と思ってたけど、特にそのような演出はありませんでしたね。

ゴメスはまだまだびみょーですが、オリッチはずっといいですね~(^ー^)
タフに走り回って前線をかき回して、ボールを持っていてもいなくてもチャンスを演出していたと思います。いろいろ大人の事情があるのかも知れませんが、90分使えないもんだろか…ダメ?

FWの話が長くなっちゃいました。
あとは、えーと、とにかく、ファンボメル早く帰って来てぇ~~~!!(>_<)
と思いました。

ワタシが寂しいから、ではなく、ティモシュクがメロメロだったから、でもなく、別にラームがカピテンとしてイカン、とかいうのでもないです。
フジの解説のカザマさんが試合中幾度もファンボメルモエ~発言をしてくださったのはうれしはずかしムフフではありましたが、そんなにホメてもらうのは慣れてないので逆に、そ、そんなに言ってもらってイイんでしょうか、とちょっとドキドキしました…じゃなくて。

なんでしょう。
ファンボメルがいたら絶対勝てた、とは言いませんが、しかし、なんだかんだ言ってヤツは攻守の要となるピッチ上での心臓で、そして何より、ファンハール監督の意図を選手に伝えるリーダーなんだよなぁ、といなくなって改めて実感しました。すいません、たぶんエコヒイキです。

・・・まあ、あの、ティモシュクは、次節以降はもうちょっと落ち着くはずですから。ダイジョウブよ。うむ。
でも、ワンボランチが今の彼には荷が重いというのであれば、中盤ダイヤモンド型にこだわらず、オットルとのWボランチ敷く布陣もちょっと考えてみてよ、と思ったりもします。いきなりそんなこと言われても呼吸が合わないかな。
いづれにしても、監督のやり方は間違ってないかどうなのか、2戦であれこれ言うのは早すぎるとは思いつつ、疑問を感じているのは否めません。。。

しかし、リベリが出場した時の会場の盛り上がりは素晴らしかったです☆
ファンが、いやきっとドイツ中が待っていたに違いないという熱気を感じました。
へなちょこバイエルンもリベリが来たことでがぜん勇気百倍、という感じでだいぶノリが良くなりましたが、ちょっと精度が足りなかったかな。まあ、今はこれが精一杯なのかも知れません。
結局今季もリベリ様様なのだ。残念だけど現状か…
そんなリベリ、「レアルに行きたいなんて言ったことないからー!ダニエルバイエルンモエ~!」とまたまた宣言したようですが、ホンマかいな~

その他。
ラーム、カピテンデビューおめでとう!

愛の花咲くウェイティングスペース
Dsc06273
メルテザッカーがチューしてるのかと思ったぞ

ファンブイテンバトシュトゥバーはまずまず、そつなく仕事してたと思います。そつなくこなすのは、かんたんそうですが大事なことです。
二人とも、功を焦って出張ったりせずに指示をきちんと守るところが監督のお気に召すんだろーなー。

ボロウスキとの再開を楽しみにしていたのですが、敵になった途端に見えなくなってしまうという悲しいサガなのでありました。
大写しになった時に、ブレーメンユニ姿を見て、なんとも奇妙な感じはしましたけど。

せっかくなので写真ペタ
090815_boro2
やっぱヘンな感じ。ユニのデザインの話じゃないよ(^∀^;)

090815_fcbbremenj

---------
おまけ

ARDのメディアコーナーに、4戦終了して2敗2分と、未だ勝ち星がないバイエルンⅡ部をフィーチャーした、昨日のディナモ・ドレスデン戦のハイライトが上がっていたのですが(ここ)、

ファンハール監督やネルリンガーなど、Aチームのトップも見に来てます…ってその中に!
090816
ひょっとしてリンケ???(゜∀゜) でも自信ない…違かったらゴメンにゃ(汗)

せっかくなのでショルもキャプチャ
090816_scholl
ツラかろうが、がんばりや~
 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/08/16

速報

バイエルン 1-1 ブレーメン

090815_wiese

あ~~~~~~~~あ。

090815_gomez2
トーニのマネしなくてよろし。

090815_ribery
せっかくリベリも(途中から)出たのにねぇ。

2戦続けての引き分けです。負けてない。でも勝ってない。大丈夫なのか?間違ってはいないのか?

ゴメスは90分フルに使うべし、という決まりごとでもあるのだろーか。
あとティモシュクも。気負いすぎたのか、かわいそうなぐらいボロボロでしたので、本人のためにもいっそオットルに早めに替えても良かったのでは…。
オリッチ、ミュラーは、熱いハートが感じられるプレーが好感でした(^ー^)

なんかモヤッとします~(-_-;)
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/08/15

小トピックス

昼飲んで、夜飲んで、深夜飲む。

Ca380016

恥ずかしながら全然知らなかったのですが、名古屋テレビ塔の、その脚元(?)の空間がオープンカフェになってて、屋台、じゃないわ、スタンドが出店しててお酒や軽食を出してます。JAZZが流れてて、びみょ~にオサレな雰囲気。ご案内はここ
真夏の夜にオープンエアでの外飲みは気持ちがイイですね~(^^)
・・・相手がダンナですが、まあいいでしょ。

そんなこんなしてたので、今日はネットもサッカーもほとんどお休みだったのですが、帰宅して、よし今日は夜更かしして、見損なったアゼルバイジャン対ドイツ戦をARDのメディアコーナーで見ちゃうもんね!と張り切っていたら、きゅん子さんや東風さんのコメントから、どうやら、一試合まるまる配信サービスは翌日だけでもう終了したらしい、と・・・(TдT)アウ
確認に行ったら、たしかになくなってました。ばっじょぶだぜ~ARD(泣)

つまんないので、木曜日の「龍門会」ネタでもアップしようかと思ったのですが
090813_i_never_give_up_2


今回は「演出か?」とつっこみたくなるようなドラマやみどころが(ネタ的に)盛りだくさんでかなり面白かったのですが、キャプチャしないことにはうまくレポできません(汗)
そしてそのキャプチャがうまいこと出来ず…スミマセン。

なのでもう、かんたんネタだけ失礼します。とほほ。

09_08_13_az
元シャルケの大親分マネージャー、アザウアーさんが、前節のファンボメルの暴れっぷりを見て「彼はコブタだ!(ein Kleines Schwein)と言ったらしいのですが、ホメてるのかけなしてるのか、ドイツ語の言い回しはサッパリわかりません。文脈的には、悪口を言ってる風には読めないんですがね。さて。

前節の荒くれプレーを受けて、「ファンボメルの蛮行特集・サッカー選手としてどーよ?」的な記事を組んでるサイトも見ましたが、

0704
はいはい、ゴメンねゴメンね~(byU字工事)

離脱してしょんぼりしてるところにそうゆう特集はナニゲにヘコむんだぜ。。。

…まあ、ファンボメルも、くだんのSportBildのインタビューで、イエローの多さについて聞かれて「だってあのエッフェンベルクだって現役中に100枚以上もらってるじゃねーか」と返すあたり、あんまり気にしてないと思うんだけど。
そうゆうこと言うから「反省の色ナシ!」と呆れられちゃうのかも知れないけど、ファンボメルはそれでいーのだ。反省して、しょんぼりそろそろしたプレーしてるところはつまんないもんね。
え~とちなみに、個人的想像ですが、これはたぶんエッフェンベルクをバカにしてるのではなくて、すごい選手だと認めた上でのある種のリスペクトだと思いますから、そこんところヨロシクお願いします~兄貴(←エッフェさん)。

ぐだぐだしてきたので話題を変えます。

カーンのお父さんのロルフさんが、10月12日から、カーンの古巣、カールスルーエの代表?になる…のか、なるかも知れない、のか、なんかそんな感じのようです。こちら

09_08_12_welt
ひゃあ!このカーンめっちゃカッコいー!heart04heart01スリムでスッキリしてるので、何年も前の写真と思われる。

「オリーは喜んでくれて、僕は助けてあげられるよ、と言いました」
と言ってもオリバーが具体的にカールスルーエの役職に就くという意味ではないそうで、向こう2年ぐらいは個人的な仕事が忙しいので、どこのクラブの仕事もしない、というスタンスは変わりがないようです。
だけど「もし父が、家族として必要としてきた場合は、私は全力で助けるつもりです。彼が過去25年間、私に対してしてきたのと同じようにね」

ファンブイテンじゃないよ!カーンのコメントですよ!heart04

【追記:Bildに、もうちょっとくわしいカーンのコメント出ました】
(てけとーナナメ読みにつき事実誤認の可能性もありますので、間違っていたらヨロシクご指摘ください~ m(__)m)
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/13

オランダ対イングランド

LIVEで見れなかった自分の間抜け加減にがっかりして、トーフの角にアタマをぶつけて寝たわけですが(うそ)、東風さんのblogにて、ARDが一試合まるまるストリーミング配信しているとのことを知りました。
ぐっじょぶ~~~(T∀T)
少し忙しいので今日明日中に見れるかどーか怪しいですが、でもあえて試合経過の情報等は集めずに、シュバのゴールを楽しみにしております。遅くなるからレポあげられないかも。
とりあえずドッキリフォト1枚だけペタ

090812_chu
「おめでとー、祝福のチューheart」「いやんheart
うそです。よく見たらチューはしてません。

ということでドイツはちょっとおいといて、まずはこちらを

8月12日 国際親善試合 オランダ 2-2 イングランド

勉強のためにフォーメーション図作ってみた。フジさんの丸写しですが、これで良かったかな?スハールスとデヨンクの左右がちょと自信ないです。
090812netherlandengland 
交代:バベル(46ファンペルシー)、スナイデル(46ファンデルファールト)、アフェライ(54ロッベン)、フンテラール(78カイト)、メンデス・ダ・シウバ(81スハールス)
(・・・・・・。ベンチにいたけど出なかった選手はわかりませんです。ゴメン)

得点:カイト(10)、ファンデルファールト(37)、デフォー(49)、デフォー(77)

てきとー目線で。

090812_oranje2
試合前に、先日亡くなったボビー・ロブソンさんを偲んで黙祷。イングランド代表は全員喪章を着用しておりました。

いやいや、なかなか。(^ー^)
試合前はイングランドを甘く見ていたワタクシですが、聞けば、FIFAランキング7位で、現在はアルゼンチンより上なのだそうな。
ということで、親善試合ながら、腕に覚えのある強豪同士、緊張感あるレベルの高い攻防が見応えありました。

とはいうものの、自国リーグ戦のスケジュールの関係なのかなんなのか、イングランドの方は若干調整不足な感じがしました。
何せDFとGKの連携がヘニャララなことで、リオバリーのアホアホミスからオランダは2ゴールを取りました。
カイトによる先制点は、おされていた時間だっただけに、なかなかよい感じ(^^)。
GKを釣り出して、キープしてかき回した末に落ち着いて流し込む。さすがでした。

2点目はファンデルファールト
090812_van_der_vaart2

090812_oranje

やったね☆キャプテンだし。早いとこ落ち着き先が決まらんもんかのぅ。HSVに出戻られたら、ウチとしては恐いので、どこか他のリーグの方がイイです(勝手千万)。

イングランドはルーニーがさすがにヤバさを見せてましたけど、チームとしてはちょっとバラッといている印象。

それに対してオランダは、いつものように一枚岩で結束を感じさせる、完成されたチームプレーを披露していたと思います。
そうは言っても相手が相手なので、攻めあぐねることもあったり、6月の予選で見せたような、ロッベンのキレキレドリブルが炸裂するシーンは少なかったりしましたが、その分、今みんなでできることをしよう、という意思を(勝手に)感じました。
はぁ~~~もう~、なんでこの輪の中にファンボメルがいないんだ~~~(ToT)とため息が出るほどに。でもチームがいい雰囲気なら、復帰したらまた仲間に入れてくれるよね♪ねっねっ

カイトロッベンファンデルファールトファンペルシの豪華攻撃陣はワタシの目には鉄板に映りましたが、普段はどうなのかな。
ロッベン→ファンデルファールト→カイトとつないで、自分にボールをよこさず攻撃に失敗したので、ファンペルシがムカーッと怒ってるシーンがありましたけど、仲良くしてね~(^_^;)

がっ。

オランダがステキだったのは前半だけ・・・・・。
選手交代のせいもあるとは思いますが、後半はなんだか気が抜けて、流してるような感じでした。
「スポナビ」でいつも詳しいオランダ情報を書いているナカタさんが以前、「早いうちにリードして、余裕ができたら後はサックリまったり流すのがオランダのやり方」みたいなことが書いてありましたが、そうゆうクセは直した方がよいと思うよ~~(^_^;)
ダラッとしているチームを鼓舞する選手もおらず、こうゆうところまで一枚岩になってみんなでほのぼのしなくてもよろし!

その気の緩みをイングランドは見逃さず、気が付いたら押されまくりの展開。案の定というべきかなんなのか、デフォーに2点も取られてしまって結局同点ですよ。もったいない。イラ~

キャプテンのファンブロンクホルストが欠場していたので締める人がいないのか?DF陣が軒並み厳しかったです。
特に、(ファンボメルの親友らしいので言いにくいのですが)、オーイェルが(汗)。ナイスディフェンスもありましたが、全体的に、う~ん・・・・・・・・・。

ただし!

ブラーフハイトは別。良かったです。
オーバーラップによる攻撃参加はあまり出番がありませんでしたが、守備面では、へなちょこな残り3名をカバーするべく奮闘してました。ディフェンスも、体の寄せ方とかうまかったと思うし。
1失点目、中央を強烈にドリブル突破するデフォーに対して、ついていかないオーイェルとついていけないマタイセン、そこを左サイドからダ――ッとすごい勢いで助っ人にやってきたのはブラーフハイト。間に合わずにゴールされてしまいましたが、その意欲は素晴らしかったです。

あのベッカムとも渡り合う!
090812_braafheid1

続き
090812_braafheid2

どうでもいいけど、ベッカムって最近は半袖着るのですね。一時はどんなに暑くても長袖だったと思いますが。おかげで両腕のハデなクリカラモンモンが丸見えです。入れすぎちゃって困るの。なんかヤダ。

え~とあと、スハールスですが、ちょっといまいちでしたか??やっぱりデヨンクの相方はファンボメルなのさ!(^^)v と勝手に確信。(すまんスハールス、別にうらみはない、がむばれ)

当のファンボメルは、この試合をどう見ていたのかな、とちょっとキュンしたところで、本日はここまで。「龍門会」が始まっちゃう(汗)
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お金の問題じゃないんだ

09_08_12_sportbild

なぜかレーマンが表紙のこちらのSportBildに、ファンボメルのインタビューが掲載されているようであります。
サワリ部分がweb版にも出てました。

09_8_12_sportbild
(かわいい。モエ~~~!!!heart04heart01heart02

サワリのサワリだけ、超てけとーやっつけ妄想意訳

開幕戦で怪我をしちゃいました。キャプテンおめでとう、なのか、つま先の怪我が残念でした、と言うべきかどちらでしょう?
「なんて言ったらいいかな?俺にとっていいシーズンスタートだった、で、ツラい怪我をしてしまった。言い訳はしたくない、まあ、でも、3~4週間で戻って来て芝生の上に立つよ。キャプテンであることは名誉なんだ」

レギュラーが確約されたので、リラックスしてるように見えますが?
「それは違うと思っている。俺にとってはさらなるプレッシャーでさえあるんだ。俺は1992年からプロサッカー選手としてプレーしているけど、常に自分のベストであろうとしてきた。いつもハングリーでないといけない。けっして休んではならない。タイトルを獲ったら、次の希望を持たなければならない。最後には、キャリアというものは太った銀行口座にはまったく何の価値もないけれど、サインカード上では(獲得した)タイトルは意味があるんだよ。(??)」

感激したので思わずデカ文字にしてしまいました。まるでオリバー・カーンみたいなことを言ってます。

ホレてまうやろ~~~~~~!!!!!heart04heart01(久々の絶叫)

カッコよすぎるよ~マルク~!!ハートがぎゅんぎゅんします。そーだ!ゲバゲバなのだ!ヴァイターインマーヴァイターなのだ!

そして、バイエルンとの1年延長契約は年俸が下がるものだったことを告白しています。更に、CLに出場するようなクラブから、もっと高い額でのオファーがあったことも明かしていますが
「だけどバイエルンに向かって、そう簡単に『ノー』とは言えないよ。それなら俺はおカネをあきらめる方がいい

・・・・・・・・・・・・。ホレてま(略)~~~!!!!!heart02heart04

な、なんだ、なんなんだ、このバイエルン愛!
「彼はピュアなんだよ」と(主旨は違いますが)ハミトも言ってくださってましたが、本当に純粋なクラブ愛だけで不利な条件を飲んだというのでしょうか??
もちろん実際はそんなキレイな事情だけではないかも知れませんが、でもファンボメルのバイエルン愛がかなりかなり深いのは間違いないことだと思いますよ~~

そんなファンボメルは、リベリ騒動についてどう思っているのか・・・
残念ながらweb版では明らかにはならず、「他にもリベリやティモシュクの話もしてるよ!詳しくは本誌でね!」と書いてありますが、まあ、たぶんファンボメルは「リベリは並外れた選手だから値段が上がるのも当然だよね」と、普通に言ってるに違いないよ。

ふぅ~・・・・・・・heart(ヲトメのため息)

久々にボメ愛を絶叫して気分がイイです。
でも!
俺はキャプテンなんだから、怪我さえ治ったらすぐにレギュラーに復帰できるなんて甘い考えでは戻って来て欲しくないんだぜ。いつでも戦いなのだ。それを忘れずに、早く戻って来て、また元気に暴れて、いや、サッカーしてる姿を見せてね。

すっかりボメルモエ~してしまいましたが、管理人コリアンダーが誇る、ファンボメルに勝るとも劣らないぐらいの深いバイエルン愛の持ち主がもう一人

090811_daniel ちょっと珍しいニヤリフォト。

バイエルン公式の、各選手の代表参加状況レポを読んでなかったので、当日まで気づいてませんでした。ゴメン!!!sweat01
もちろん、ベルギー代表も今晩試合があります。アウェーでチェコと親善試合です。

ベルギーと言えば
090811
向こう側に隠れてても誰が立ってるかわかる、フェライニのボンバヘッド~~(T∀T)

ファンブイテンにとっては、お父さんが倒れて離脱して以来の代表戦となるはずです。
自分が出場できなかったボスニアとの連戦で負けてしまったために、チームはW杯出場がとても厳しくなってしまいました。もちろんダニエルがいたら勝てたのか、そもそも出場できたかどうかもわかりませんが、でも、責任感の強いダニエルですから、思うところはあるはずです。
親善試合ですけど、しっかりと、いいプレーで活躍して来てください。でも怪我はしないように。

・・・・・・・。

いや、だからね。もちろんドイツ代表応援なんですのよ。こちとら親善試合じゃないのよ。れっきとしたW杯予選なのよ。
しかしおかげさまで(何がおかげさまだ)、全くと言っていいほど代表の様子はノーチェックです。ゴメン!!!sweat01

でもでも、一応勝利祈願の準備はしました
Redsc06268

もちろん、勝利以外の結果はあり得ませんよ。。。引き分けとか、よもや負けるなんて。まさか。

せっかくなので、カッコいいメルテザッカーフォトもどぞ
090811_per2
いいチームは守備もいい!アナタの復帰は朗報です。頼りにしてますよ~。
  

ちなみに
例のSportBildには実は、W杯に向けたドイツ代表GKについて、カーンのインタビューも上がってるのだ!web版はこちら

09_08_12_sportbild2

個人名を挙げて、エンケは、ヴィーゼはこう、アドラーは、(「レネ」って言ってます。キュン!heart)などなど、かなり興味深い内容です。
試合前特集なのでしょうが、こちとらサラサラっと読めんのじゃ~~!トホホ

・・・・・・・・って。ギャ―――――――――!!!

ベルギーの試合終わってた~~~~~!!
でもって、ドイツももう後半の後半だし!!(汗)

(以下、試合途中経過&結果ネタバレありなのでたたみます)

続きを読む "お金の問題じゃないんだ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/12

1節:ホッフェンハイム対バイエルン

【一夜明けて大幅加筆訂正しました、でも相変わらずよくわからない内容】

遅くなりました。
今日、もう1回見てみました。結果を知っているせいか、少し落ち着いて見れました。初見の時より多少感想が変わりました…が、今さらですのでざっくりと

8月8日 ブンデスリーガ第1節 1899ホッフェンハイム 1-1 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
090808hoffenheimfcbfj
交代:ミュラー(73バウムヨハン)、ティモシュク(80ファンボメル)、ブラーフハイト(84シュヴァインシュタイガー)
サブ:ブット、ブレーノ、ソサ、オットル

得点:オリッチ(25)、オバシ(41)
カード: ファンボメルミュラー

ついでにらくがきもざっくりと(開幕戦だというのに、いまいち華やかさが足りん(^^ゞ)

090808_hoffenheimfcbj
暴れるボメルを描かないのは、心が痛むからとかではなくて、単に描きすぎてしまってるので遠慮してみたのであります。

バイエルンサポの皆さ~ん、ティモティモしてますか~?
ティモシュクじゃないよ、ヒルデブラントだよ!

090808_timo

敵なのに思わずホメざるを得ない、大活躍でした。kickerでもMoMでしたが、まったく異論はありません。派手なファインプレーはないけれど、確実な安定したプレーで、チームの守護神として君臨してましたねぇ。
こちらとしては残念ではありますが、ヒルデブラントが調子いいと、なんだかホッとしますよ。

そしてホッフェンハイムはチーム全体も素晴らしかったです。とにかく攻めても守ってもよく走る。ひたすらに、ひたむきに。運動量だけでなく、バイエルンの守備陣の裏をかく動きとか、素早いプレス、など、組織だった動きもキチンとできていたと思います。
後半はいくらかバテていたようですが、バイエルンがシャッキリしないのとヒルデブラントの活躍もあって、失点1に抑えることができました。
見てて気持ちのいいチームです。ブンデス初心者で、どこを応援しようかな?と思ってる方にはホッフェンハイムなんかいかがですか?とオススメしてみたり~

じゃなくて。
どこのファンだワタシは(^∀^;)

バイエルンです。
えーと、ダメを出せばきりがないのですが。。。。。。
まあ、モロにライン割ったのにノーゴールにしてもらった、ホッフェンハイムのあの幻のゴールとか、ファンボメルのえぐえぐファウルを何度も見逃してもらったとりとか、審判が思い切りバイエルン寄りだったのに、悪に徹してそれを生かせなかったね、とか、は、もはや言わずもがなでしょう。

う~ん。。。。
どシロートがてけとーなことを言いますのであまり気にしないでください(^^ゞ
あくまでワタシが感じたことですが…
パスサッカーって、何がなんでもいかなる時でもパスをつながなくてはいけないもんなのかね?
原則的にはそうだとしても、状況に応じて、選手が判断して、別にドリブル突破とかしてもいんじゃね?ミドルシュートしてもいんじゃね?
それが許されるのはリベリだけなのかな?
だったら彼がいない間までダイヤモンド型にして「リベリの代わり」を置いたりすることなんかせずに、Wボランチ敷いて今までの4-4-2にするとかお好みの4-3-3にするとかして、とにかくリベリ抜きのプランBとかCとかさぁ…ぶつぶつ
誰も世界のリベリの代わりにはなれないんだから!「仮想リベリ」なんてあり得ないんだから!

だって~
いくらキレイにつないでも、シュートがゴールに入らないことには得点にならんのじゃー!即ち、勝てないってことだ!

090808_gomez

別にゴールするのがゴメスじゃなくたっていーじゃん!ハミトでもシュバでもさあ!

・・・いや、なんか、シュヴァインシュタイガーがここのところ何年も(バイエルンでは)不調だとか言われるのは、あまり好きなようにやらせてもらえてないからじゃないのかと思ったり。
若い頃見せた、エゴエゴドリブルで強引に中央を突破してズバンと決めちゃうような、それを許したらけっこうイケるんじゃないのー?なんて思ったり…。ダメ?

・・・・・・。いかん眠くなってきた。また舟こぎながら書くことになりそうなので、さらにざっくりざくざく言うと、攻めてる時はまあまあステキなのだけど、守りとなるといまいちなのはなんでだー。
 
…。ファンボメルは初見の印象に比べたら、そう悪いばかりでもなかったぜ?
いや、話題になってるショルダータックルや、イエローのきっかけとなった後ろからの危ないファウルはやりすぎだとは思いますが、他はそんなに。ああゆう熱いプレーはチームに必要よ、と思うのはワタシがファンだからです。
前半はそうでもないのですが、後半に入ると疲れてきたのかミスが目立つようになり、うっかり抜かれてピンチになったのをエグいファウルで防ぐという形になってしまったのは、スマートではなかったと思いますが(^_^;)。
しかし思惑はどうであれ、別にワタシはファンボメルのアグレッシブ荒くれファウル、そんなにイヤじゃないんです~。ただ、相手選手を怪我させたり、チームに迷惑かけるのはヤメてね、ということで。
悪に撤しきれなかったバイエルン、と言いましたが、その中でファンボメルだけが悪役として、敵チームからのブーイングを一身に受けながら勝とうとしていました。

だから、なんだ、そのファンボメル一人に負担がかかるような、ワンボランチタイプのダイヤモンド型は、どーなの?ってことで。。。
気負いすぎが感じられるほどに、一人でよく動き回ってました。もうちょっと他の選手も守備意識がむばって欲しいかな。エコヒイキ。
まぁ、フィルターとしてはいまいちだったかも知れませんが、「舵取り」「リーダー」としてはイイ感じではないのかな、と思いました。ただしチームが前を向いて攻めてる時だけ…

とうとう舟こいでしまいました。ほっといたら夢とか見ちゃいそうだ。
スミマセン、もうメロメロでわけわかりませんが、唐突に今日はここまで~。
(何を書いているのか自分でもトンチンカン)

結局エコヒイキネタに終わってしまいましたが、ええと、ちなみに、バイエルンのゴールは、華麗なるクロアチアン・ラインから決めたものです。オリッチはゲーム通してとても良かったです。
ということと、何回見ても、バイエルン公式の言う「『失望』の前半、『抜群』の後半」てのはさっぱり共感できん、ということだけ書いておきます。。。

イケてなかったけれど、チームの仕上がり具合としては、まあ、こんなもんかも知れん。とも思いました。ホームの次節に期待です(相手がブレーメンだけど!)。ただファンボメルが…(汗)なんだかんだ言いつつも、アイツがピッチにいないとなんか締まりが足りなくなるような気がします。エコヒイキ愛抜きで。

オヤスミなさ…Zzz

おまけ
090811_uli
「むしゃむしゃ」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/08/11

こんな時に限って

今朝、ゆさゆさと揺れる地震で目が覚めました。名古屋に来て以来のデカいのだ!と緊張しましたが、震度4だったらしい。寝ていると大きく感じるのかも知れません。
この地震で東名高速が分断されてしまって、まだ復旧のめどが立ってないみたいですね。じゅうぶんにお気をつけくださいませ。
すわ、東海地震か!と思ったら関係ないんだそうな。「想定される東海大地震はこんなもんじゃないぜ!」と言うのですが、どうなるんでしょう。恐いよ~~(゜□゜;;)

さて
090808_bommel2

皆さまその節はご心配をおかけしました。温かい励ましの声をいくつもいただきまして、ありがとうございました。とてもうれしかったです(;∀;)うるうる
おかげさまで、元気いっぱい!というほどではありませんが、なんとか落ち着きましたよ~(^^)

ファンボメルデミケリスは昨日、仲良く同じ病院で手術を受けたらしいのですが、二人とも無事成功!(^∀^) 経過も良好とのことです。ひとまずホッとしました。
それにしても二人いっしょとは。すぐに退院だそうですが、入院中ちょっと楽しいんじゃないだろうかとか想像してモエ~しちゃったり(アホか)。

ホッフェンハイム戦で荒くれプレーを連発したファンボメルについて、特にセットプレーでのショルダータックルについて、あっちこっちでいろんな人たちのコメントを集めてますね。おちゃらかしてるのあり、ホメてくれてるのあり、ウリとラングニック監督が言い合ってるとか、まあ、いろいろですが、tzの「彼はカミソリの上でダンスしているのだ」という表現が印象的です。そんなにリスキーかい(^_^;)
すまんのぅ。誰も怪我させてないし、逆に自分が怪我して因果応報なんだから、もぅ許してたもれ(軽)

そして明日は国際Aマッチデーですが、なんと、フジテレビNEXTで、オランダ対イングランド」を生中継!!

・・・・・・・・・・・。

ファンボメルが出ない試合に限ってぇ~~~!!(T△T)

日本代表戦もダメだと思うし、しょうがないこととはいえ、これはさすがにちょっとヘコみますよ~…

くーっっでも見るもんね、来るべきW杯に備えてちょっとオランダ代表の予習しなくちゃいけないんだから、まだまだ顔と名前が一致しない選手多いし。。。プレースタイルとかもまだよく把握してないし。
 
せめてドイツの試合は、と思いつつ、対アゼルバイジャンなんて地味なカード、TVなんかでやるわきゃないんだよね~とほほ。くそー、がむばれシュバ!クローゼ!マリゴメ!
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/08/10

3~4週間

発表があったようです

090809

重傷だったらしい。
ファンボメル、右足指の腱が断裂?手術して、3~4週間の離脱の見込み、と…。

・・・・・・・・・・・・泣いてもいい?(T△T)

「俺にとって、とても、とても、辛いことだ。ちょうど今、とてもいい感じで(シーズンの)スタートを切ったところだから」「できるだけ早く戻ってくるよ。そしてそれから、やり残したことを続けるんだ」(例によっててけとー意訳)

いや、チームとしては、キャプテン・ラーム、ボランチ・ティモシュクに、全く心配はしておりません。

090808_timoschtschuk_2
出番ですよ~

だからファンとして遠慮なく、ワタシはファンボメル個人のことが心配なのだ。
どうかどうかこの怪我が、ファンボメルのキャリアの上でのターニングポイントになりませんように…。
がんばって治して戻って来たら、もう居場所がない、なんてことになりませんように。

辛いだろう。無念だろう。
意気揚々と、今年もキャプテンだぜ、今度こそ、と、乗り込んできたのにこんなことに。心の中を想像するだけで胸が苦しいです。

これでは日にち的に、オランダ代表の、日本代表との親善試合もムリなのではないでしょうか。

そんなボメルにワタシができることは…?などと思ったりもしますが、けれど役に立つことは何ひとつないのだ、と気づいてガックリきたり。
せめて、もしもファンボメルが苦しんでいるのなら、その気持ちを少しでも引き受けていっしょに苦しむことができれば…。

残念なんて言葉では片付けられないほどの大きな感情の波が来てますが、とにかく。
ドクターお願いします。
確実に治して来てください。
もちろん離脱前よりパワーアップして戻って来てくれれば言うことないですが、それ以前に、きちんと、ファンボメルが再びサッカーを楽しめるように。。。。。。

---------
【追記】

日本語版にも出ました。足指の骨折、だそうです。
骨折なら腱や靭帯よりは治りやすいのかなと思いますので少しホッとしている面もあります・・・。

ゆうべは何度も舟をこいで居眠りしながら、イタいテンションで書き上げてしまいました(^^ゞ
一夜明けた今となっては、ミーチョに比べたらたいしたことないじゃん、何年もかかる怪我じゃないんだからおーげさな、とか思ってしまいますが。
でも、数週間で済むはずの話がなかなか治らずそのまま復帰できなくなったり、怪我をきっかけに調子を落としてしまったり、レギュラーの座を奪われてしまったり、ということは多多あるので、やっぱり心配でたまりません。
ワタシはファンだからエコヒイキしますが、冷徹に見た場合、いち選手としてのファンボメルが、バイエルンにとって、代えが利かないような絶対的な選手であるとは…思えないから…

うわ~んぶるぶる、弱気になっちゃダメっ!しょんぼりしょぼくれているのはアイツに似合わないわっ!
たしかに開幕のスタートという大事な時期に、(本人にとって)機会を逸しかねないあまりに痛すぎる離脱ではありますが、でも、まだ、W杯直前、とかじゃなくて良かったと思わなければ!
きっと持ち前の強靭な精神とフィジカルで乗り切って、なにごともなかったかのように復帰してくれるはず!
そう信じないと。。。
まずは、今日行われるという手術が無事に成功しますように(祈)。
 

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2009/08/09

開幕でした…

昨日今日と、鬼のように遊びました(^^)

Redsc06256
ラタトゥイユ。
ソーセージとレンズ豆の煮込みも超おいしかったです!(写真がないのだけど…)

昨日のバイエルンファンクラブの皆さまとのオフ会では、それぞれのバイエルン愛やスキな選手への想いを熱く語り合い、今日はしし丸様、きゅん子様とゆうべの試合を鑑賞し、その後セントレアに行って、今年もやってます「エアブロイ」を飲み、セグウェイに乗り、名古屋めしを食して、
めちゃめちゃ楽しかったです(^▽^)
改めまして、しし丸様&きゅん子様、クゥシィ様、つきつき様ご夫妻、ゆきんこ様、本当にありがとうございました(^o^)/~~ ←私信ご容赦

Redsc06260
やっぱり超ウマウマ~~~!!!はるばる行った甲斐があった(^^)

なのでテンションアゲアゲ☆でありたいところなのですが、この楽しい一連のイベントの合間に見た肝心の試合の方はというと。。。。。。。。。

 
ホッフェンハイム 1-1 バイエルン

090808_bommel

結果こそドローですが、完全なる負け試合でした。向こうのゴールが誤審で取り消されてましたので、実質1-2だったというのもありますし、内容的にも。

何よりも、ファンボメルがどうしてあんなに大暴れしていたのか。。。
昨季もキャプテンに任命されて挑んだ序盤戦で暴れて、2節にして早速黄赤で退場になってしまったっけ…

今日も相当エグくて汚いプレーを連発して、審判が見逃しまくりなのをいいことに(?)やりたい放題であったので「嗚呼ボメルよ、調子に乗って退場食らうまでやっちゃダメだ、もうそのへんで…」と祈るような気持ちでいたのに、そんな声はちっとも聞こえないんだねアンタは。やっぱり(やっとというべきか)カードが出ました。黄色で良かったけど…

そのうえ、さんざん暴れた末に右足首(?)を痛めてしまい、自ら申し出て交代退場。

090808_timoschtschuk2_2
さりげにヒップタッチheart…じゃなくて。

ファンボメルはそのままドクターの元へ、怪我の程度がどのぐらいのものなのか、まだ検査中か何かで発表にはなってないようです。

・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・。

どうしてこうなんだろう。どうしてもっと上手くスマートに立ち回れないんだろうか。そんな不器用な熱さも大好きだけど、去年みたいにろくにアタックも仕掛けずに途中で足を止めてそろそろとしているボメルなんかよりは、やりすぎるぐらいの方がずっとずっとステキだと思うけれど、でも、これでいいんだろうか。。。
スキな気持ちにブレはしないけれど、スキだからこそ、いろいろ思ってしまうのであります…。

まあ、本人はたぶん「これが俺のやり方なんだ」と思ってるだろうし、プレースタイルのことはひとまず置いておいて、ともかく今はまず怪我のことを最優先に。大丈夫なのか…。軽傷だといいけれど…。退場する時も、自分でスタスタ歩いてたから大事ないはずだと思いたいですが…

結局このおかげで、出演を予定していたZDFの番組も急遽ラームに変更になったという、ファンボメルファンにとっては、あまりに苦すぎる開幕戦になってしまいました。

つらいけど、この試合もう1回見ます。ファンボメルもそうですが、ダニエルはどうだったのか、バトシュトゥバーは。ゴメスは大丈夫なのか。
何せボメル負傷退場のしょっくで、せっかくのオリッチのゴールとかよく覚えてないんだもん…。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

開幕だー!

とりいそぎ

Redsc06254

しし丸様が推薦してくださった"Pauwel Kwak"でございます。

なるほど、ウ―――マ―――(゜∀゜)!!!でした。それはそれはウマかったのですが、グラスのカタチがカタチだけに、最後の方はなかなか飲みづらく(^_^;)
おかげですっかりヨッパライです。うひゃひゃ~~~~

そんなこんなしておりましたものでもう本当に時間がないのですが、我がバイエルンもいよいよブンデスリーガ09/10シーズンの開幕!でございます。

FCバイエルン東京ファンクラブ名古屋支部(??)のオフ会だったのですが、新シーズンへの期待と共に、「ハラハラドキドキ!ダニエル大丈夫か!ボメル大丈夫か!」と、つい、愛ゆえの心配ごとが先に立ってしまうのでありました。

そういえば、バイエルンの第3キャプテンはシュヴァインシュタイガーに決定したようですね。ワタシ的にはミロかな~、と思ってましたけど。でもめでたいです!(^∀^)これでシュバもバイエルンの顔としてまた一歩成長していくに違いないよ。

とりあえず、開幕に向けてアップしようと思ってたファンボメルのインタビュー記事とファンブイテンのインタビュー記事、訳してる余裕がなくなっちゃいましたのでリンクだけ貼っておきます。

090805_fcbtv
「ファンハールとは同国人同士だからという理由だけで話をしたりはしないんだ。彼はすべての選手とコミュニケーションをとっているよ」と言っているに違いないよ(本当か?)。こちら

090806_fcbtv6
ファンハールに信頼されて充実したシーズンに手応えを感じているファンブイテン。
さすが、カーンと違って膨張色もOKです。
「決してあきらめずに、いいパフォーマンスをすれば、いつかうまく行く時が来るのです」と言っているに違いないよ(本当か?)こちら

あわわ、もう始まってしまう。
では!次は勝利の報告でお会いできますように…

(速報は出ませんで、結果報告はだいぶ遅くなります m(__)m。)
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/08

カタログ&オンラインショップで遊ぶ

ブンデスリーガ、開幕ですよー!

ゆうべはヴォルフスブルク対シュツットガルトの試合がありまして、マイスターのヴォルフスブルクが2-0で勝利したようです。グラフィテミシモビッチ
シュツットガルトはフレブが早速スタメン出場したようですが、途中交代したみたいですね。実を申せば、以前シュツットガルトに在籍していた時の記憶はまったくなく(ひど)、本人に対しても特に思い入れはないので、今回の出戻りに関しては感想がないのですわ~。ゴメンナサイ(^^ゞ(何故か謝る)

さて
(まるで話がつながりませんが)

皆さまご存知の通り、FCバイエルンの今年の新カタログ&新商品が出ましたよ。

ホームユニがゴメス、アウェーがティモシュク、なのは予想通りですが、CL用のサードユニのモデルはラームでありました。なるほど。(表紙の話。中はクローゼです)

カタログは請求すればここニホンにも送ってくれるのですが、
…どうせ6回ぐらいポチするか(または「来ないんだけど!」と苦情メール送るか)して、ようやく12月に届くシロモノですので、はなから期待しませんで今年はさっさとweb版で内容checkするのである。

まあ、web版は誰でも見れるので、わざわざワタシがblogで内容をアップするほどのものではないかも…手元に届くまで内容を楽しみにしてる人もいるかも知れないし……。
って、

090807_katalog1

ひゃぁあああああ!!!!!heart01いきなり!!!heart04

090807_katalogbommel

ぎゃ――――――わ―――――!!!heart04heart01heart02

…このパーカーフォト、あんまりカッコよかったので思わずプリントアウトしてしまい、ダンナに「ほらー!カッコいー!」と見せびらかしてしまいました(^∀^;)
(ダンナは「で、コイツは何人(なにじん)なのか?」と聞いたきりで特にノーリアクション)

はぅ~もう辛抱たまらん。ということで、ちょっと中身をのぞき見して遊ぶのだ。

と言ってもファンボメルがカッコよかったのはこれだけで、あとは普通に、毎度おなじみのびみょうな服を着ているびみょうフォトばかり(ダウンが暑そうだ)だったのですが、それでも沢山出てたので満足です。うれしいな(^ー^)

問題はファンブイテンです

090807_daniel2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・(泣)

まさかダニエルが、一部のバイエルンファンの間で「罰ゲーム」と呼ばれている(かも知れない)バスローブのモデルに処されるとは~~~~~っっ(泣)(泣)
なんの罪だいったい!アレか、リベリの移籍騒動をコントロールできなかったから…って、だからダニエルはリベリの代理人じゃなーい!
以前ポルディがバスローブモデルだったこともありましたが、この時はわりとカコいいデザインだったからそんなヘンじゃなかったのよねぇ…
デザインがダサダサになった途端に何故こんなことに(T‐T)

・・・・・・・・でも「ダニエルったら~イヤ~ん、こんなヘンテコなの着せられちゃって~、モエ~~heart04」となっているワタシなのであった……heart付ける薬がない。

090807_katalog6
海パンは継続だしheartheart
(前回のをそのまま流用してるだけ…刺激が強いのでちっちゃく("▽")ポッ)

090807_katalogdaniel
キュートな後姿にもモエheart01

090807_katalog10
光るダニエル。

今回はファンブイテンの出番も多いのでこれまたウレシイです(^ー^)
ムダと知りつつも、やっぱり請求ポチしまくらないとイカンな、これは…

090807_katalog4
イケメンハミトキタ―――!!!shine着てる服はともかく。
後ろはレンジングです。顔をばっさり切っちゃってます。ゴメンにゃ(^_^;)
…。ボメルとダニエルはオンラインショップの画像から丁寧に切り貼りするのだが、他の選手はめんどいので、基本webカタログからスクリーンショットのみで失礼しちゃうのだ(すまん)

090807_katalog5
・・・・・・・・。ゴメン、笑った(T∀T) ある意味バスローブよりキツいかも知らん→ゲルリッツ

090807_katalog2
並んでいる。。。。。。この頃はどっちが正GKなのかわからなかったから、こういうことになったのだろーかと勘ぐってみたりして。
もしかしてブットはカタログ初登場だったりしますか?こうして比べると、レンジングにとってはざんこくなことになってる気がしないでもない(顔の大きさとかスタイルとか…、い、いえ、なんでもないですゲホゴホ)

他にも、今までおっさん系グッズはカントクやウリがモデルをしていたけれど今回はウリが1回だけで監督はナッシングなのね(…まあ、明らかにモデルに向かないご面相ですし←無礼千万ご容赦)とか、すっかりトーニやシュバやミーチョやリベリの存在感が激薄になったとか、オットルとブレーノとソサはさらにトホホとか、ラームは本当にモデルがニガテなのねモエ、とか、毎度つっこみどころは満載ですぜ。

間違いのないティモシュクshineやゴメスshineはあえてスルーします。初見のトキメキを楽しみに、web版カタログをポチしてね。ここから。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/08/07

アノ番組にアイツが出演予定

緊急速報?

ドイツ・ZDFで明日放送の「das aktuelle sportstudio」に、我らのファンボメルがゲスト出演~~~!

試合後に出演するものと思われます。

見―――た―――い―――!!!

ドイツ時間8月8日 22:00~ですよー!早速チェケラッチョ!☆

と言いたいところだけど別にLIVE配信してるわけじゃないしなぁ…(多分)mediathekにかっちりあげといてね!で、ちゃんとサクサク見れるようにしといてね!(期待薄)現行の再生形式はヒドすぎるので、なんだったらWMP形式に戻しといてね!(無茶)

090805fcbtv2

思えば、なんでボメルがいちいち「キャプテン継続か否か?」と話題になってしまうのか、その要因のひとつに、あのクリンスマンが指名したから、というのがありました。そのクリンスマンがコケた今となっては、その立場はどーなる?という考えは当然あったのでしょう。うむ。

しかしそれを乗り越え、このたびめでたくキャプテン継続となったファンボメルのことを沢山のメディアが取り上げてくれてますね。
とても全部は追いきれませんが、ざっくり見た感じ、(いつものおちゃらけBildは別として)くさすでもなくヨイショするでもなく、比較的中立な立場で、本人の記者会見でのコメントを
「バイエルンというビッグクラブでキャプテンを務めるのは誇りに思っている。でも初めてのことじゃない。PSVでは5年間キャプテンだったし、ここでは2年だ。俺はいつでもキャプテンとしてものを考えてきていたよ。でもロッカールームでものを言うリーダー格は自分だけじゃなくて、5人6人7人ぐらいのヤツがいるんだ」
とかなんとかや、クローゼやファンハール監督のボメルキャプテン同感コメントを紹介して、「ファンボメルはチームから認証されているキャプテンである」という内容のようです(^^)ほっ
(仮に何かイヤミとかが含まれていたとしても、そんな細かいニュアンスまではわからんもん)

シーズン始まってもこのようなポジティブなテンションだといいなぁ…。

09_08_07_kickertv
「ヨロシク~!☆」
(…。ヨロシクってば、ダニエル)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「龍門会」とかドイツ代表招集メンバーとか

先週はアウディ・カップがあったので、キレイさっぱり忘れておりました「カーン龍門会」です。

090806_i_never_give_up_63
への字。

思えば、先々週は動作がダメダメで殆ど見れなかったし、なんだか久しぶりにこの番組を見た気がします。
ゆうべはサクサクでした~~~(T▽T)わーん良かった~~
(サクサクだったのには心当たりがあるのですが、まあ、根拠のない話です。ワタシのPCの問題だったみたい。)

久しぶりに見たら、チャレンジャーがいつの間にか、半分の5人になってました。ありゃ
女子がいなくなって男子ばっかりに…。

090806_i_never_give_up_64
ゲームの勝者にサイン入りグローブをプレゼント。手つきがヘンだ。

090806_i_never_give_up_62
いっしょに俺様ビデオの鑑賞
「(俺ってかっこい~…)」(うそ)

今回カーンはかなり出番が多く、マジメなトレーニングや、最後の面接コーナーに顔を出しておりました。
若い選手にアドバイスしたりトレーニングを見つめるまなざしは真剣でカッコよくて、現役時代を思い出してハートがキュンキュンheartしました。
チャレンジャーたちに気合を入れたり、「カモカモカモーン!」とか声を出したりしてましたが、アタシゃカーンに「カモーン!」なんて言われたら「ヤーヤー、はいは~い♪」つってコースを外れてすぐに胸に飛び込むよ~

じゃなくて。
だからカーンのこういうところが見たいんだってば~~~!!!
 
090804_2

(チャリティーなので文句は言えんが)ゴルフ三昧でメタボってるばーいじゃないのだ

この番組を機に、若手を育てようとかコーチングに目覚めたとかレンジングを鍛え直そうとか、そういう気になったりはしないのかねぇ~~~・・・

しつこいです。
でも最近自分の気持ちが少しわかったのです。TV解説も講演会もゴルフも、それはそれでアリなのですが、やっぱりワタシは、サッカーやってるカーンが一番好きなんじゃ~!
今さらですが。いや、もう辞めた人間に何を言うのか、という話なんですが、ようは、外から見るんじゃなくてさぁ、中から関わって欲しいんですよ~

うるさいですねぇ。でもがむばって待つんだもんね。いーかげんにあきらめろ、って言いますか?言わないよね?だって
090806_i_never_give_up_61
「I never give up!」
って自分で言っちゃってるんじゃないのさ。
そういう意味じゃないって?知らんよ。フフ…(^ー^)

----------
さて

一体いつになったら発表になるのか、と思ってた、12日のW杯予選・アゼルバイジャン戦に向けてのドイツ代表招集メンバーがやれやれ、やっと発表になりましたですよ。

GK
ロベルト・エンケ(ハノーファー)、ティム・ヴィーゼ(ブレーメン)

DF
アルネ・フリードリッヒ(ヘルタ・ベルリン)、フィリップ・ラーム(バイエルン)、ペア・メルテザッカー(ブレーメン)、マルセル・シェーファー(ヴォルフスブルク)、ゼルダー・タスキ(シュツットガルト)、ハイコ・ヴェスターマン(シャルケ)

MF
ミヒャエル・バラック(チェルシー)、クリスチャン・ゲントナー(ヴォルフスブルク)、トーマス・ヒツルスペルガー(シュツットガルト)、マルセル・ヤンゼン(HSV)、サミ・ケディラ(シュツットガルト)、メスート・エズィル(ブレーメン)、バスティアン・シュヴァインシュタイガー(バイエルン)、ピオトル・トゥロコフスキー(HSV)

FW
カカウ(シュツットガルト)、マリオ・ゴメス(バイエルン)、ミロスラフ・クローゼ(バイエルン)、ルーカス・ポドルスキ(ケルン)

----------

よっしゃゴメスがんばれ!クローゼも久しぶり!(^∀^)
ゴメスがバイエルンに来たので、これでバイエルンからの代表招集メンバーが少しは増えるかな、と思ったらポドルスキがケルンに行ったので結局プラマイゼロだった(^_^;)

レヴァークーゼンのキースリンクとヘルメスの二人そろってダメだったのかいとか、マリンちゃんはどーした、とか、メルテザッカー復帰めでたいな~、とか、ベックもダメだったのかい、とか、ありますが。事情はいろいろあるのかねぃ…

いやはや、第2GKがヴィーゼです!プレシーズンマッチとか全然チェックしてないのですが、アドラーはダメだったのかのぅ…
090728_adler
たまたま見かけて、いちおうキャプチャだけしておいた、最近のアドラー。髪型のせいであんまりかわいくなくなっちゃった。(大きなお世話)

ワタシ的にはU-21で大活躍したノイアーでも全然アリだと思いましたが。。。
てかむしろ、かなり呼んで欲しかったのだけど。いやワタシはアドラーモエ~ではありますが、そこはそれ。

U-21でキャプテンを務めたケディラが今回の目玉のようですが、初招集ですっけ?なんか意外!楽しみだな~出るといいな~、でも公式戦だからナイかな…

・・・・・・って。
フリンクスは???????(&ロルフェスは???)
怪我?温存?それとも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(汗)

----------

ブンデス開幕を控えたバイエルンからしょっくなニュースが。

デミケリスが練習中に負傷、6~8週間の離脱とな~!(T△T)

具体的にどこでどんな風に怪我したのかはわかりませんが、ドクターたちに抱えられてケンケンしながら退場するところは見ました。痛そうでした…(汗)

なんでこんなことに~!ついてない、で済ませられるのか~~泣。
昨シーズンも開幕は怪我離脱で、戦略なきチームの中でルシオとダニエルが火の車になってしまってましたっけ…

ここにきて責任重大になってしまったファンブイテンであります。く~~っダニエル、が、がむばるのよ!でも去年とは違うんだもんね!?DFのリーダーなんだもんね!?準備が出来てるんだもんね!?
いかん、すごい緊張する。。。
キャプテンになったファンボメル同様、ワタシの愛しの選手たちが大いなる責任を任されることになって、すごく嬉しいんだけど、ヘタこいたらどうしようというプレッシャーが・・・・・・あわあわ(゜□゜;;;)
だだだだいじょうぶ、アナタたちなら出来る~~!!

そんなファンブイテンがSport1.deのインタビューに登場した、というのだが、肝心の記事がようけ探しきらんです。
しょうがないので、さわりだけ
「僕はファンハールからの信頼と支持を得ていることを楽しんでいます(^^)。これはイイことです。ついに再びプレーに向けてスタートです。」
「(キャプテンの)マルクは彼の仕事をとてもよくやっています。だけどピッチには複数のリーダーがいて、指示を出さなければなりません。それでチームはうまく行きます。リーダーが良ければ良いほど。」

--------
怪我と言えば、マンUのGKのファンデルサールが手を骨折して、こちらも約8週間の離脱と…。
アウディ・カップで、バイエルンとのPK戦の際に負傷した、というのですが…。途中でなんだか手がしびれたような動作をしてましたので、その時でしょうか。わ~ん、ゴメンよう(>_<)せっかく来ていただいた親善試合でこんなことになって申し訳ないです。早くよくなってね!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/06

久々にダニエルトーク

(「ダニエルトーク」と言いつつファンボメルネタが半分…(^_^;))

ファンボメルが本当に好きなのかどうかは知りませんが、NHK-BSで「ブレイブハート」を放送していたので思わずつまみ見ちゃいましたよ~(^^ゞ(全部通しでちゃんと見ないところがてきとー…)
(ファンボメルは『ブレイブハート』みたいな歴史モノに目がないらしい、と書いてある過去インタビュー記事はコチラ。イントロの部分です)

ブレイブハート (2枚組特別編) [DVD]
特に意味はないけれど、同じではつまらないので前とは違う商品を貼る

何の予備知識もなかったので、中世ヨーロッパの華麗なる戦国絵巻ものなのかと思ってたら、さにあらず。
13世紀、イングランドの支配下にあって悪政に苦しんでいたスコットランドの独立運動のリーダーだったウィリアム・ウォレスという、実在した人物の生き様を描いた作品で、全体的に汗臭さと血生臭さが漂う、わりとハードな物語であった。
まあ、時代物にしては政治シーンがちょっとスケールが小さいんでは、とか、つっこみどころはありますが、この映画のキモは史実の忠実な再現ではなく、理想と信念に文字通り命の全てを賭けた主人公の人間像であろうと思われますので、これはこれでOKだと思います。
こりゃ男のためのドラマだわね、ファンボメルが好くワケがわかる気がしましたよ~。(好きだと仮定した上での話)
(ちなみに、トゲトゲは生えていませんでしたが、鉄球使用シーンがありましたよー。裏切り者の顔をつぶしてた…ギャー)

----------
さてそんなファンボメルがキャプテンに指名されたことにより、めでたくレギュラー確定、その分ティモシュクはなんだかベンチ要員になりそうだ、という話が出てますね。。。

ファンハール監督の弁(ざっくり)
「我々のシステムでは、彼(ティモシュク)はベストなポジションではプレーできない。そこにはファンボメルがいる。ティモシュクは右SHでもプレーさせられるが、私はハミト・アルティントップを選んだ。選手はおのおの、他の選手と比較されるであろう、そして決めるのは監督である。ファンボメルは他の選手にもキャプテンとして受け入れられている」

・・・・・・・。ズバッと言っちゃってますねぇ(^_^;)
なるほど、正直で明快です。
「マルクもティモもどっちもステキだから悩んじゃったんだけどぉ~、でもでも~、がんばればまだわかんないからぁ~」とグニャグニャしたり、試合開始直前に、唐突に「やっぱやーめた。キミベンチね!」と言いに来たりすることはなさそうですので、はっきり言う監督の姿勢は、ワタシはそんなにイヤじゃないですよ。
ダメならダメとはっきりズバッと早めに言って欲しいです。そして腹をくくるだけの時間が欲しい。

カッコよくてステキなティモシュクにヤキモチ焼きまくりで、未だにちゃんとヴィルコメン言ってないワタシが、彼を思いやる発言をするのはあまりに白々しいのでヤメときますが、でも別に、だからと言って、わっははは(`▽´)、どーだ見たか、ファンボメル様がレギュラー奪い取ったんだもんね!とまでは思えませんよ。別にそんなこと言いたくないし。
入団した以上はみんな仲間ですしウチの子です。願わくば二人でコンビ組んで、磐石バイエルンの要となって欲しいと思ってますよ。。。
でもどうしてもどっちかを選ばなければならんのだとしたら…ゴメン!そこは愛なの~っ

でもこの件でマスコミも、「彼の言った通りになりました」と言わんばかりに、「そりゃイイね~。ティモシュクが来たら、ヤツには楽しくベンチに座っててもらいましょー」という、半年以上前のココロ荒れ荒れ状態でのファンボメルのコメントをとり上げないでおくれよ。。。(汗)

さて

唐突に、ダニエルネタです。

7月27日に「fussballtransfers.com」というところにアップされていたファンブイテンのインタビュー記事です。アウディ・カップの前ですが、なかなか読めずにいました。

面倒なのでイントロもスキップ、記者の質問も省略(無礼)、肝心のダニエルのトークもいつにも増して相当意訳です。ドイツ語に覚えのある方は直接読んでくださいね~ん(丸投)、それで「てにをは」等意味が大きく違ってたら優しく指摘してねシルブプレ~

では、いってみよー

---------
Fussballtransfers:FCバイエルンでのあなたの時間は、ファースト・イレブンとベンチのサブメンバーとの間を揺れ動いてましたね。昨冬オリンピック・マルセイユが取り戻したがっていましたけど興味はなかったのですね。どうしてFCバイエルンに決めたのですか?

DVB:もちろん、FCバイエルンでの時間はいつも楽なことばかりではありませんでした。僕はミュンヘンでも、レギュラーで使われることを望んでいました。だけど移籍のことは、決して疑問の余地はありません。FCバイエルンは僕にとって心を占めている一要素なのです。FCバイエルンで一度プレーしたいというのは、僕の小さな子供の頃からの夢でした。

バトシュトゥバーについて
DVB:ホルガーはプレシーズンマッチの殆どで競争に参加している、チームには欠かせない役です。彼なしだと、使えるCBは3人だけになってしまって、それでは少なすぎます。彼が必要です。そして監督も彼を信頼しています。

ファンハール監督について
DVB:ファンハールには哲学があり、彼はそれを貫こうとしています。かつては(勝手注※クリンスマン時代のこと?)、たくさんの話し合いがありましたが、ほとんど実行されませんでした。そしてしばしば、僕たちが議論してきたこととは異なったことになってしまうこともありました。

CLについて。フィリップ・ラームは準々決勝でじゅうぶんだと言ったことがあります。あなたの目標は?
DVB:優勝争いやポカールに関しては言うまでもないでしょう。毎年FCバイエルンに要求されるのは国内でのタイトルを勝ち取ることです。CLでは、僕たちは出来るだけ上まで行きたいと思っていますが、基本的には準々決勝で満足ですよ。そこまで行けるかどうかは沢山の要素によります。重要なのは、僕たちが監督の哲学に適合してなるべく早くそれを習得すること、そしてもちろん、フランク・リベリーがフィットすることが必要です。

ゴメスについて
DVB:マリオはドイツで最高のストライカーの一人です。もう彼と対戦することはなく、でも彼が代表に所属しているのはステキなことです。僕たちの攻撃は彼で決定ですね。彼は僕たちのために、VfBの時より多くのゴールを、少なくとも同じだけは決めると思いますよ。

他の新規加入選手について
DVB:全ての新規加入選手はすばらしい可能性を持っています。彼らができるだけ早く順応できるように、バイエルンがなるべくうまく解決できるかどうかが鍵になるでしょう(?)。それから、FCバイエルンに彼らは大いに楽しみを見出すのです。

リベリについて
DVB:もちろん、フランクは出て行きたがっていました。もし今年そうならなかったとしても、来年にはあるかも知れません。だけどフランクは、どれくらい長くミュンヘンにいるかどうかに関わりなく、バイエルンに完全に集中するでしょう。フランクはフルスピードでプレーしないではいられないのです。彼はこれまでより更に、ではないにしても、同じくらいは強いです。

そして
あなたはドイツでのキャリアを望んでいますか?それともいつかは出て行って、再びホームであるベルギーに戻ろうとしていますか?
DVB:僕はFCバイエルンに完全に集中しています。他のことはすべて現実味がありません。

090701_danielribery2

---------
リベリのこととなるとあたかも代理人のように答えてしまうところがツボです。
聞く方ももうわかってるのかも知れませんよね~。「代理人よりファンブイテンの方が詳しいぞ!」とかね(^ー^)
でもダニエルは愛するヒトの秘密情報をリークしたりすることはないに違いないんだからね~(美化妄想)。

そのリベリは、土曜日のブンデスリーガ開幕戦に間に合いそうな雰囲気ですが・・・。
大丈夫なのか?もちろん待ってますけど、あまり無理をさせないで…
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/04

モーローとした意識の向こうでポカール

うぐぁあああああああああ(泣)

やってもーーーーーたーーーーーーーー!!!!!

今晩の「S(BS朝日版)」、ラームのエピソードだったのにぃい~~~!!!

忘れてた、昨日までは覚えてた…と思う、でも今日はケロリと忘れておった。
うあ~~~~~んゴメンよぅ~~~(T△T)

・・・・・・・・・・。
もういーから、地方でも首都圏と同じ時間に地上波でやってくれんかな?だったら1回見逃してもBSで挽回のチャンスがあるのに・・・。

こんなにボケているのはいささか自業自得気味で、仕方ない面もあるのだ。
何をしているというわけでもないのだけど毎日毎日睡眠時間が3時間とか4時間とか、なんだったら2時間半+二度寝3時間とか、ムチャクチャなバイオリズムで生活している今日この頃で、さすがに今日という今日は無理がたまって、一日中意識がモーロー状態でありました。
仕事が忙しくってさぁ~、とかだったらカッコいいのですが、そういうわけでもないのがどうにもこうにも・・・・・・・

そして今日はトップ画像の修正に時間をかけすぎた(汗)
やっつけ仕事するから、修正にこんなに時間がかかるのである、それというのもネボケアタマで何もかもこなそうとするから(セルフ愚痴エンドレス)

090802_retop800j

というわけで、ポカールも、意識モーロー、加えて前半15分ぐらいは諸事情により見れず、見ていた間も動画がガクガクモヤモヤで正直ワケがわかりませんでした。モーローとしていたのでメモも取らず、試合の記憶が殆どないのです。。。もったいない
ただ、あの楽しかったアウディ・カップが嘘のように、なんだかバイエルンが良くなかったことだけはわかりました。ハーフタイムをスコアレスで終えて、向こうのサポがめちゃめちゃ盛り上がったこと、PKになったファウルはあたかもバレーボールのようなものすごいハンドだったこと、そして試合後も、ネッカーエルツの選手が、あのバイエルン相手に健闘しちゃった~♪と満足げな雰囲気が満ち満ちていたのはオボロに覚えています。
選手の動きとか試合の流れとかとてもとても(汗)
FCB.tvのハイライトも見ましたが、こっちも紙芝居でしたので、何が何やら。
なんか前半に、ファンブイテンがミスしてピンチでした(汗)

なので結果だけ

8月2日 DFBポカール1回戦
SpVggネッカーエルツ 1-3 バイエルン・ミュンヘン

090802neckarerlzfcbfj
交代:バウムヨハン(65ミュラー)、ブラーフハイト(72シュヴァインシュタイガー)、ソサ(78クローゼ)
サブ:ブット、バトシュトゥバー、ブレーノ、ティモシュク

得点:ゴメス(51)、ゴメス(57PK)、Throm(80)、アルティントップ(82)
カード: Welz  Fickert(73)

これだけじゃあんまりなので、FCB.tvよりインタビュー動画をキャプチャしたものでもどぞ

090802_fcbtv1
しし丸さんが合格ハンコを押しそうな、ヒゲを剃ったすっきりハミト。でもよ~く見ると、首毛になりかけているムナ毛がハンムラビ~…
(ワタシ的には超モジャモジャヒゲ面ハミトもそんなにイヤではないのだが)

090802_fcbtv2
シュバの後ろでインタビューに答えるレンジングがテニスの選手のよーだ

レンジングと言えば、公式にもドカンと出ましたね!(^^)
正GKに決定だそうです。決まったと思った矢先のトホホミスではありましたが(汗)

090802_rensing
どんがらがっちゃん

まあ、それでも監督のレンジングへの信頼はゆるがないのだそうで、良かったのぅ(ノ∀`。)

090714
へへへへへへへ
へへへへへへへ
へへへへへへへ

090709_rensing ……恐い。

090709 ブットもキモい人形にイラッと(うそ)

このように頑張ってトレーニングした甲斐があったというものだ。

思えば、ワタシはファンボメルのことばかり言っていましたが、昨シーズンは、レンジングの方がずっとずっと辛くて苦しい思いをしていたのかも知れません。
なんとかそれをやり過ごし、いっしょけんめいトレーニングしてファンハール監督の信頼を勝ち取ったのだから、裏切ることなく精進して欲しいですね。ブットも好きだけど、もちろんバイエルンのGKとしてカーンの後継者としてのレンジングは応援してるよ。がむばれ。
(モーローとしてるので、「おうえん」が「横転」になってしまった(^∀^;))

そしてそんなレンジングに関してカーンがなんかしゃべってます。こちら。レンジングがんばれよ!なのか、まだまだ!なのか、それすらわからん…モーロー。
レンジングが正GKになったのは別に驚くことじゃない、というところだけはわかりましたけど、後はもう…。

限界だぁ!寝ます。ばたむ(倒)。
 

おはようございます。シラフ追記
tzにもカーンのインタビュー出てました。「『GK問題』って何なんだよ?ミハエルはナンバー1で当然だよ!」という、レンジング全面サポート、かわいい弟分が評価されてちょっと嬉しそうな雰囲気さえ漂う、ポジポジコメントのようです(^^)よかったね、レンジング♪
 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/08/03

キャプテンはファンボメル

ちょっと語ります。

バイエルン公式にも出ました。

090730_bommel

今シーズンもバイエルンのキャプテンはファンボメルで、副キャプテンはいよいよ満を持して(?)、ラームに決定したようです。

Redsc06240
すでにこの頃には決まってて、二人の間でも手ごたえ的なものはあったのではないのかなと勝手に想像してみたり。

ファンボメルファンとしてもちろん誇らしいことですし、名誉に思っております。嬉しいです。

でも去年のように、手放しで、やったあ~!といまいちノリ切れない気分。。。
 
なんとなれば、ファンボメルがキャプテン継続なのは当然だと思ってましたから。
ファンボメルがキャプテンとしてふさわしくないとか荷が重すぎたとか仕事を果たせてないみたい、とかそういう風にはツユとも思ってなかったんでございます。
 
前キャプテンのカーンは、マガトがやって来た時はキャプテンから下ろされそうになったことがありましたが、基本的にその地位はそう大きく揺らいではいなかったと思います。たまに不適切な発言や行動で怒られたりすることはあっても。
もちろんそれだけカーンがカリスマだったということもあるでしょうが、しかし、その一方で、残留を決めていて、特に問題となる行動や発言をしているわけでもないファンボメルが何故、監督が変わるたびに「さてファンボメルは今度もキャプテンでいられるのか?」と、いちいちマスコミの議論の的になったり、試合のたびにファンボメルがキャプテンとして登場するのを見て「良かった~」と安心したりしてる自分自身の反応も、正直、面白くなかったのです。

議論が起こってしまうのは、
ファンボメルが外国人であるということ
監督が同国のオランダ人であるということ
ティモシュクという同じポジションを担当する実力ある選手が移籍してきたことで、スタメンの座が危うくなってきたこと
が大きいのかな、と思います。

まあ、そういうことなら仕方ないですね…。
就任直後のように、「キャプテンシーが物足りん!」「ひょうきんキャプテンは天下のバイエルンにはふさわしくないんじゃい」というような、人格を否定するような話でないのなら…

ということで、最近ではワタシ自身、ファンボメルがキャプテンであることに執着がなくなってまして、もしもラームになるのなら、それはそれで新時代の幕開けってことで、チームの若返り的にも本人の自覚を促す為にもいいことかも知れないね、と、納得はしていました。

しかしこのたび、ファンハールは決断したようです。
少なくともこれで、チームの主力として試合に使う、ということは決まったようなので(もちろんあまりに調子が落ちたらベンチに送られるかも知れませんが)、その点はものすごく嬉しいです(T∀T)

監督は「同国人のエコヒイキだろ」と言われるのを覚悟してのことだったと思います。
(実際、カントクのサッカー哲学の理解が早いとか、同国人ならではのメリットは少なからずあっただろうと思いますし。)
それはファンボメル自身もわかっているはず。
だからこそ、去年よりも厳しい立場になったなぁ、と思います。
でも!
これも挑戦なんだぜ!新たな戦いなんだぜ!
ドイツの雄FCバイエルンのキャプテンはファンボメルなのである、国籍なんか関係ないんじゃい、エコヒイキなんかじゃないんだぜ、実力なんだぜ、ということを示して、ファンだけでなくドイツサッカー全体にも「アイツはキャプテンだ」と認めさせなくちゃいけませんよ。

他にいないから、とりあえず、というのは去年で終わらせよう。
どうせカーンやマテウスやエッフェンベルクにはなれないんです。
ファンボメルなりのキャプテンシーを形にして、堂々と、大きなトロフィーを一番最後に掲げる姿を、今度こそ。

そしてアンタはそれが出来るヤツなんだぜ!信じてるもんね。
去年だいぶ傷ついたので、ワタシも今年はちょっとだけキモが座った…はず……。

  
ということで、ラームよ、キャプテンはあと1年待っててね、ゴメン m(__)m
ファンボメルをよろしくサポートしてあげてね。二人でFCバイエルンを引っぱって行ってね。ものすごく期待しちゃうぞ。

それと、これは公式には出てなくて他のメディアでの情報ですが、正GKもレンジングで行くようなことが出てましたが…。確定なのかな?
 
---------  
そんな意気上がってるに違いないファンボメルに、トッテナムからオファーがどうのこうのというニュースが出てましたが、…冗談ぷー(汗)
まあ、イングランドのタブロイド紙(?)の言うことらしいですから。。。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

速報・試合終了

ネッカーエルツ 1-3 バイエルン

ふわ~~~~~~~安堵。

なにを苦戦しちゃってるんでしょうか、まったく。

090802_gomez

ゴメス、ゴメス(PK)、ハミト、でした。

それにしてもレンジング~~~っ(汗)
どうしてアンタはそう調子にムラがあるの~~~…(´□`;;)
せっかくアウディカップで評価上げたのに~。
1点差に詰め寄られた失点はレンジングのミスやでぇ~~(汗)

しかし、失点でヤバくなりかけた空気を払拭したのはハミトの炎のゴール!さすがでした。

ファンボメルのパスミスからピンチを迎えたシーンは心臓が飛び出そうになりましたが、ファンブイテンがクリアしてくれましたよ~(^。^)ホッ

今日はミーチョが先発でした。ちょっとバトシュトゥバーモエ~入りかけてました(?意味不明)が、やっぱりミーチョ&ダニエルのコンビは見目良くて心弾みますheart

まあ、勝ってよかった。ほっとした。寝よ。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

速報・ハーフタイム

ネッカーエルツ 0-0 バイエルン

・・・・・・・おいおいおい(汗)

心配した通り、ゴール前をガッチリ固められちゃうとてんでダメじゃないのさ(-o-;)

マトモに見れないのであれこれ言いがたいですが、まあ、少なくとも、ファンボメルがキャプテンのよーです(^∀^)Livetickerには、ラームが副キャプテンです、と読めるようなことが書いてありましたが、それでおっけーですか?今日だけの話か、今シーズンのことなのかがよくわかんないんだけど。。。

前半だけで寝るつもりでしたけど、これじゃー心配で寝られないよぅ(汗)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/02

ぎりぎり間に合った・・・のか?

間もなく、ポカール1回戦SpVggネッカーエルツ戦です!
09/10シーズンの始まりですよ!準備はOKですか?

ワタシは例によってさぱーりです(^^ゞ

なんとかかんとかやっつけ仕事で(←やっつけるな)トップ画像を変えてみました。

・・・・・・・。多分また手直ししますので、まだここには貼れませんです。まあ、バトシュトゥバーはあんがいうまくいったなぁ、ということでひとつよしなに。

結局キャプテンをどーするのか待てど暮らせど発表がないのですが、それはつまり、わざわざ言うほどのことはないからファンボメルで継続、ってことでいいんですね?キャプテンマーク巻かせちゃいましたよ。
(まあ、今日の試合でラームがキャプテンですよー☆ということになったなら、イラストを訂正するだけの話ですけど。)

しょーがないので

09_07_30_sport1

sport1.deに出ていたプラニッチのインタビュー(アウディカップのミラン戦の後に行われたようだ)から、そこの部分だけ抜粋しててけとー勝手妄想訳したのをアップしてやる~~

マルク・ファンボメルはミラン戦でもキャプテンの役を務めてましたね。彼は来(きた)るシーズンでもこの役割をすると思いますか?

プラニッチ:もちろんだよ。

彼のクオリティは何でしょうか?

プラニッチ:彼はクレバーな選手で、フィールド上で沢山の指示をくれるし、新しい選手たちをよく助けてくれてるんだ。彼はいいキャプテンになるだろうね。

~♪♪(^ー^)
もちろんインタビューはこれだけではありませんで、左なら中盤も最後列でもどこでもできるよ、監督の指示に従うだけです、トーマス(ミュラー)は本当にいい選手だよ、というようなことも語ってます。

そんなファンボメルは、ポカール・ネッカーエルツ戦については、本気度が違う分、マンUやミラン戦より厳しいものになるだろう、と(いつものことですが)締まったコメントをしているようであります。そうでなくちゃいけません。

ファンボメルの話ばかりしてますが、もちろん、バイエルンみんなにとっての09/10シーズンでありますよ。
もうあんまり文章を書いている時間がないのですが、とにかく、よもやまさかこんなところで敗退なんてあり得ませんので、しっかりやろう!がっちり勝とう!立ち上がりは緊張しちゃうかも知れないけど、練習通りやれば大丈夫なはず!
  
ヨロシク!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/01

アウディ・カップ優勝!

落書きしていたらすっかり遅くなりました(^^ゞ

090730_audi_cupj

以下、ミラン戦後に書いた感想文

7月29日 親善試合(アウディ・カップ) バイエルン・ミュンヘン 4-1 ACミラン

090729fcbmilanfj
交代:シュヴァインシュタイガー(46ブラーフハイト)

64分に一気に5人交代した後は配置もガラリと変わりました
090729fcbmilanf2j
交代:セネ(80ゴメス)
サブ:レンジング、ゲルリッツ

得点:ミュラー(12)、シュヴァインシュタイガー(79)、ピルロ(81)、セネ(89)、ミュラー(90)
カード: ファンボメル

090729_mueller

バイエルンサポのみなさ~ん、セネセネしてますか?…してないか。

続きを読む "アウディ・カップ優勝!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »