« うだうだしてます | トップページ | シュナイダーが引退 »

2009/06/26

コンフェデ:南アフリカ対ブラジル

6月25日 コンフェデレーションズカップ2009 準決勝 南アフリカ 0-1 ブラジル

090625_pienaar

いやぁ~、なんだかちょっぴり感動しちゃったなぁ。

明け方のオッサン(別名:夫)のけたたましいイビキのせいで激しく寝不足であった状態のまま、ディレイ放送を意識モーロー半分ウトウトしながら見たので、誰がどうしてどうなったとかチームはこんな感じだったとかさぱーり頭に入ってはいないのですが・・・

南アフリカ、大健闘!まさか、と、試合前の自分のてけとーな予想が本当になっちゃうのかも知れないよ、どうしましょう(゜∀゜)、と思ってしまいました。

ホームでの地の利はもちろんあったとは言え、しかし。
スペインを封じたアメリカに続き。
あのあのあのブラジルをがっつり抑え、カカにもロビーニョにもルイス・ファビアーノにも、まったく彼らの好きにはさせていませんでした。
それでもブラジル代表が最強であったなら、そんな格下の挑戦を軽々と粉砕していたのかも知れませんが、今の彼らにはそこまでの破壊力はないのかも知れません。

この際、全然関係ないかも知れませんが、見ててふと、ブラジルは足元でのボールさばきが多く、高いクロスを上げたりサイドチェンジとか殆どしてないね?と感じました。ドリブルやグランダーのパスにこだわりすぎちゃいないかい。
それが華麗なブラジルサッカーの伝統なんでぃ、何を今さら、とか言われたらそれまでですが、ひょっとしたらこのせいで攻撃にバリエーションが足りないんではないかとか寝ボケアタマでモヤヤンと考えましたが、夢と現実とのはざまを漂っていたワタシの言うことはあてになりません。

南アフリカの方も、世界のブラジルが対戦相手ということでリスペクトしているのか、あるいは戦ってるうちにつられちゃうのか、なんだかブラジルみたいなサッカー展開をしてました。
うまく具体的に説明できないけど。
両チーム、合わせ鏡で見てるみたいなフシギな感覚を覚えましたが、何しろ夢と現実のはざまで(以下略)

ようは、南アフリカがブラジルと互角に渡り合ってたってことでございます。
これはすごい!面白くなってきやがった!
と、試合はお互い守り合ってるような展開で派手さはありませんでしたが、次に何が起こるのか、もしかしたら大番狂わせが起きるかもしれない、という期待感があり、あまり退屈はしませんでした。

どうなるのか?!いよいよドローで延長戦か?その時歴史は動くのか!
と、ウトウトしながら盛り上がっていた88分!
交代で入ったばかりのダニエル・アウベスが壁を越えて直接入った、奇跡の神業FKを決め、ついについにブラジルがゴ―――ル!

090625_daniel_alves2

090625_daniel_alves

そんなダニエル・アウベス、ユニをずり上げて、胸に入れている家族か誰かの名前が入ったタトゥーを指差して、カメラにアップで撮らせてましたが、それでイエローカードもらってました。「脱いでないジャン!」と言いたげでしたが、同じことよ(^_^;)

この時間帯での失点はさすがにダメージが大きかったか、結局このまま試合は終了、南アフリカの偉大な挑戦は終わりました。
いや~残念だったけど、ちょっとイイもん見た、という感じがしましたよ。
あのブラジルをここまで苦しめて惜敗したことはずっと誇って良いと思います。
3位決定戦でスペイン代表にも同じ健闘ができるかどうか?ちょっとむずかしいかな。

余談
090625_booth
右側。南アフリカに、Boothという名前の選手がいました。
ブートだかブースだか、なかなか頑張っていたのですが、この選手がボールを持つたびにブーイングのようなうなり声が場内に響き渡っておりました。
おそらく「Boooooooooooooooth」と、彼の名前を呼んで応援しているんだよな、ということがわかるのは、我がドイツ代表にも「Huuuuuuuuuuuuuuth」がいるからなのでありますよ。思い出しちゃいますねぇ(^m^)

|

« うだうだしてます | トップページ | シュナイダーが引退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/30289923

この記事へのトラックバック一覧です: コンフェデ:南アフリカ対ブラジル:

« うだうだしてます | トップページ | シュナイダーが引退 »