« ツヴァイガンプでエルフデスターゲス! | トップページ | 31節:コットブス対バイエルン »

2009/05/12

「私の心は100%バイエルンにある」

↑勝手に美しく意訳してしまいました(^^ゞ
だって~、いいところにスポットを当てないと、何せ、この話に関する各種メディアの見出しが「カーン、バイエルンを拒否!」「バイエルンの仕事はしないんだってさー」「カーン、バイエルンに断る!」とか、そんなんばっかりでテンション下がる一方ですので…。
インタビューのタイトル自体も、「気まずいったらありゃしない」(←てきとう意訳)で、どうにもネガネガなオーラが出てますものですから。しょんぼり

09_05_11_spox
「脅威の5枚刃で剃り残しナシ!」(うそ)

ということで、「カーンはバイエルンのマネージャーにはならないらしいぜぇ~」ニュースの元ネタとなったインタビューのお話。こちら

ひっそりと修正追記をちょこちょこ加えておりますが、全文インチキほんやくモドキはちょと難しく、更におおざっぱな、「とかなんとかこんなこと言ってるらしいっぽい気がするんだけどどーなんでしょう訳」にて失礼します(^^ゞ
誤訳間違い助言等ありましたら優しくご指摘シルブプレ。(間違いだらけで指摘しようもないかも知れませんが…汗)

まずは中国のプロジェクトについてウキウキ報告
「中国での仕事は24時間働きっぱなしだ。私はあちらに10日間いて、今は1週間ドイツに戻って来てるんだけど、また3週間向こうに行く。中国での仕事は私にとって新しい世界で、毎日学ぶことがあるよ。最終的には観客(視聴者?)が成功かどうか決定することだけど」

以下、中国では2001年以降ワールドクラスのGKが出てないからどうのこうの、とか言ってますが、中国人がうらやましいだけで、別にオモシロくないので略。

そしていよいよアノ話

マガトがシャルケの監督兼役員的な仕事をすることについて
「フェリックス・マガトはここ数年とても成長しているね。彼はバイエルン・ミュンヘンではとても貴重な経験をした、彼は一人で全体を支配する人だ。それを前提に彼は非常に成功している。」

シャルケGM騒動は、カーンのマネージャー、ペーター・ルッペルト(?)が仕組んだ茶番劇だったというウワサがあったらしいけど、そこんところはどうなの、と聞かれ
「全くもってナンセンスだ。テニエス(※勝手注:カーンと会談したシャルケの取締役)のアドバイザーの一人であるグンペンベルク氏は私のマネージメントに、約束が取れないかとアプローチしてきたんだ。具体的には、空席となっているFCシャルケのマネージャー職に就くことについて、私自身がイメージできるかどうか、という質問だった。最初はとても驚いたよ。だけど意見交換の中で他には何もなかった(?)。それ以外については絶対に真実ではない」

あなたは傷ついたのですか?
「あはぁ!何が?私は20年間この業界にいて、そこに関連する裏表(??)を知っているんだ。シャルケとの会談が茶番だったという非難…誰が私にそんな演出をして下さいと言ったんだ?テニエス氏がRhedaで私と会いたいと言った時、私は一体何が出来たのか?私はたくさんの時間を作ってあの場に行ったら、何度も1,000台のカメラの前に現われることになってしまった(??????)。」

090319_gm4

…ムズいなぁ。
ほぼちんぷんかんぷんでして、自分のわかりやすいようにねじ曲げて読んでますものですから、だいぶ間違ってるかも知れませんが、ともかく、あの件でカーンがとってもイヤな思いをしたことは間違いなさそうです。

じゃーウリと大事な話をしてるとかいう話もホントじゃないの?かなんとか
「それは正しい。我々はいつも意見交換を試みているよ。私にとって、演出する理由なんて全くないんだ。非常に不愉快だった。何が起こってるのか気付いた時、とても気まずい思いをした。」

このあとまだ続いてるのですが面倒くさいので略。読みようによっては、カーンがシャルケを批判してる風にも取れて、ちょっとデリケートな感じがしますので遠慮します。
ざっくばらんに読むと、えーと、この件については、常にマスコミにリークされてた、(シャルケの監督になる)フェリックスの幸運を祈るのみである、私は、シャルケがどうしたら成功できるのかいっしょけんめい考えたよ、でも時間が足りなかったみたい、だから断ったんだ、普通のことじゃないか、と言った後で

「私は向こう2~3年は忙しいし、それゆえに、ひとつのクラブでの職務に就くというのは私にとって問題外なんだ」
FCバイエルンでも同じですか?
「FCバイエルンでも同じだ」

カーンの忙しい予定が、当初は6ヶ月とかなんとか言ってた気がしますが、いつの間にか大幅に延長されました、とつっこみたいところですが、それは抜きにしても…

クリスチャン・ネルリンガーがおそらくヘーネスの後継になるでしょう。FCバイエルンは更に経済部門でのエキスパートも探しています。たくさんのファンは、オリバー・カーンがすぐに戻って来ないことを残念がるでしょう。
「何が残念なの?私にとって、ウリ・ヘーネスの仕事を継ぐという手続き活動すべてが混乱させられるものだ。(以下、ウリがまだ辞めないで続けるんじゃないか、って言ってるみたいに読めますが、デリケートな内容なので誤訳を恐れて略)」

次に、クリンスマンとファンハールについて聞かれてますが、カーンはまったく答えになってないことを
「私は現時点では自分自身のことについて気をもんでいる」

それって、あなたが、バイエルンから次なるコンセプトとして、監督ザマー&マネージャー・カーンを提示されたということを認めたみたい
「見てください。私はバイエルン・ミュンヘンで14年間プレーして、ここがとてもいいクラブだということを知っている。ウリ・ヘーネスとは非常に良好な関係だ。それはまったく正常なことで意見交換もしている。私はいかなる計画も評判も演技したりしていない(???)。まだ私の心は100%このクラブにある。だけど私には将来において、他の作業があるんだ。」

要するにここの部分が、カーンはバイエルンの仕事しないんだって!他にやることあるんだって!ウリの仕事はめんどくさいんだって!という風に報道されてるんだと思うのであります。

ふわ~~( ̄△ ̄)

別にそんな大ショック!というほどでもないですが、やっぱり、なんか、テンション下がるなぁ……。
もちろん、カーンにはカーンの考えとか予定があるんでしょうし、別に、言ったそばからケロリと話をひっくり返すことなんかいくらでもあり得ます。
バイエルンに戻ってくるのを待ってるのはまったくもってワタシの勝手。今のカーンはフリーで、「FCバイエルン」の名を付けない自分自身のプロジェクトを楽しんでいるのはわかっています。
だからそれについてワタシごときがあれこれ口を挟むなんておこがましい、めっそうもない、のでありますが。ただの感想として、

オリーはどんどん遠くに行ってしまうなぁ・・・・・・・。

ということを痛感したのであります。トホホ

しょんぼりしたところで、ちょっと元気になるシメの一言

あなたのかつてのチームはチャンピオンになりますか?
「熱いことになってるね。レヴァークーゼン、シュツットガルト、ホッフェンハイムに勝たなければならない。ヴォルフスブルクはどこかでポイントになるだろうし。私は、まだあいつらがなんとか勝ち抜けられることを確信して、親指を押すよ」

親指を押す???ってなんだかよくわかんないけど、おまじない的なものとか、そういう動作ではないのかと思ったり。
いちおう、カーンは仕事するしないはともかく、少なくともいちOBとして、バイエルンのことは気にかけてくれてるはず…と、思いたいものでありますよ。
  

|

« ツヴァイガンプでエルフデスターゲス! | トップページ | 31節:コットブス対バイエルン »

コメント

コリアンダーさん、初めまして。ちほと申します。バイエルンサポ歴はコリアンダーさんとほぼ同じかと思われます。2002W杯でオリに一目惚れしました(笑)。オリが引退してしまった今季はバイエルンの試合を見る気になかなかなれず…。プラス、監督がイマイチ好きではなかったので、ほとんど見ませんでした。ミーチョやファンボメル大好きなんですけど…。それにしても来季のユニは絶対に欲しくないっす(笑)。昨季の最終節はどうしてもオリを見たくて、ミュンヘンに行ってきました。号泣しました。

それはさておき「親指を押す」という表現。バイエルン好きのドイツ人がよく使っていたのですが、「幸運を祈る」的な応援するよって意味だと思います。そういう決まった言い回しです。

では、また遊びに来させていただきますね。来季からは監督も代わりますし(笑)、またちゃんと観戦しようかと思います。個人的にはノイアー好きなんで、歓迎です。レンジング君ももちろん好きなんですが…。

投稿: ちほ | 2009/06/05 23:41

> ちほさん
はじめまして、コメントありがとうございます(^▽^)
わ~~、ちほさんも最終節を観に行かれたのですね!泣きましたよね!(T△T)
いやぁワタシはオリがいないのなら見ない!と熱く筋を通すことができず、ついボメルやダニエルにキャーキャーheart04モエーモエーheart01と気を移してしまったヘタレでありました。但し監督に関してはまったく同感ですが(^皿^)
わ~い、情報ありがとうございます!(^∀^)なるほどなるほど、ドイツでの一種の慣用句なんですね~~☆手元のコンパクト辞書ではなかなかそこまでわかりませんですし、また何かわからん言葉がありましたら教えていただけたらウレシイです~~♪(←他力本願)
オリは来季も、バイエルンのあいつらのために親指押して幸運を祈っててくれますでしょうか。だとイイな…。オリが気にしてくれていると思うとちょっと心強いです。
ノイアーはワタシもスキですよ~。しかし個人的なシュミとしては、彼にはライバルチームで活躍してて欲しいなぁと思ってます。
当方英語もドイツ語もオランダ語もメチャメチャなので情報的にはほとんど役に立たないアホアホblogですが、また遊びに来てくださいね~(^^)/~~

投稿: コリアンダー | 2009/06/06 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ツヴァイガンプでエルフデスターゲス! | トップページ | 31節:コットブス対バイエルン »