« 「私の心は100%バイエルンにある」 | トップページ | 速報 »

2009/05/13

31節:コットブス対バイエルン

GAORA見ました。この後すぐに32節レヴァークーゼン戦が始まりますので、この試合については本当にもう、データとかんたん感想だけで(^^ゞ

5月9日 ブンデスリーガ第31節
エネルギー・コットブス 1-3 バイエルン・ミュンヘン

(から)いと思うのでちょと納得いかないのですが、いちおうkickerさんの採点もどぞ
090509_cottbusfcbfj

交代:リベリー(2.5)(56オッド)、ミュラー(85ポドルスキ)、ファンブイテン(85トーニ)
サブ:クラフト、ボロウスキ、オットル、クローゼ

得点:ソサ(23)、イリエフ(44)、デミケリス(62)、ポドルスキ(66)
カード: ロストカグダスオッド

090509_lahm2
今日も飛びます!ラムたんジャーンプ!(ルシオに負けたかも)

090509_lucasosa
ソサのすがりつき具合にモエ!heart

いい!(゜∀゜)

いいじゃないか!ステキじゃないか!ハインケス・バイエルン!♪

サッカーしてる!走ってる!約束事ができている!監督がちゃんと采配ふるってる!
何より、みんながイキイキしている~!(T∀T)

前節も似たようなことを申しましたが、今回はさらに、前節の後半がホニャララだったのをビシッと修正しましたね。

がんばるんだけどなかなか点が入らないというところで、空気が停滞してしまうその前に(またこのタイミングも絶妙☆)、ここぞのリベリ投入!怪我が完治してなかったみたいで心配でしたが、まったくそんなことは感じさせない、マジカルリベリ再降臨~~♪
魅せます走ります外します(←最後のPK(^_^;))!
[追記:勢いで書いてしまいましたが、PKは外したのではなく、GKにセーブされたのでした。]

090509_ribery
ものすご囲まれてる。

090509_uliribery
今日は赤パンツ

リベリ投入でバイエルンの流れが変わって勝利に結びついた、というのにまったく異論はありませんがしかし、だからと言って、今までみたいに、リベリにおんぶにだっこじゃないの!

みんな本当に、みんなの力で、それぞれが自分の仕事をきちんとできる限り、持ってるものを生かして…
うまく言えませんが、とにかくみんな良かった!ホントに!
(オフサイドかかりまくりで外しまくったトーニはホゲホゲでしたが、トーニががんばったおかげでポルディが生きたんだ、といい風に考えてあげよう、うむ)

特にソサポルディ
二人とも、ここに来て、彼らが何故バイエルンに買われることになったのかその訳を証明する、目を見張る活躍ぶりであります。

090509_poldi
ポルディは1ゴール1アシスト。ハインケスの元ではCKのキッカーも任されるようになり、これが大当たり。意外な能力を発掘されたのであった。

090509_sosa
ゴールの勢いあまって転がるソサにトーニが「この胸に飛び込んでこ~い!」(うそ)

個人的には、MoMまでは言いませんが、影の功労者として、ハミトも挙げておきたいです。
まずは右SHで→オッドOUTで、右SBに→ファンブイテン投入で、ファンブイテンが右SBに入ったため(!)、再び右SHに、
という、まめまめしくポジションを変更させられておりましたが、これにも難なく対応。
シャルケ時代に彼のことを知っているハインケス監督ならではの使い方でもありましょう(^ー^)おつかれちゃん。

090509_butt2
ブットも、前節のびみょ~な感じを払拭!好プレーでピンチを救った!

・・・・・・。
んーと。
でも、セットプレー対策はもうちょっと改善の余地があるかも。失点もスローインからでしたし、FKでもピンチがありました。

愛しのファンボメルは、ツヴァイガンプが実際どんなもんだったのか、わかるようなわからないような。でも、今回はかな~り防波堤として、ビシッと締めてたと思います。アグレッシブなディフェンスやボールカットに胸キュンキュン☆
出しゃばりすぎないほどよい攻撃参加もなかなかグーでしたが…。
何より、セットプレーに参加させてもらってるのがうれしいです(^∀^)
だから何故、あのヘディングをライン際でスーパークリアしてくれちゃうんだよぅブルカーーー!!むきーっ!アレを決めてもらって、カメラに向かって投げキッスのひとつふたつ放り込んでもらって失神したかったのに、ちっ (←妄想が先回りしすぎだ)

まあ、このぐらいで。

気持ちよく勝ったからって、あんまり盛り上がって、うかつに優勝とか言うなよ!と監督はクギを刺しているようであります。
そうです。クラブも言ってますが、首位になるか4位に転落するか、本当に紙一重の超きわどいところなんですから。
特に、ハインケス就任後の2試合は、ボルシアMGとコットブス、という、降格圏に近いところにいる、いわば格下相手でもあったわけだし。
この後の試合の相手はレヴァークーゼン!かつてはお得意様だったこともあったみたいですが、直近の対戦はあのポカール準々決勝。屈辱的なボロ負けをくらったチームなのだから。油断大敵!

油断しないように順位をおさらい

順位 勝ち点 得失点差
1 ヴォルフスブルク 60 67:40
2 バイエルン 60 64:39
3 ヘルタ 59 46:36
4 シュツットガルト 58 58:40
5 ドルトムント 55 53:33
6 HSV 55 43:43

お~、いよいよだ!では。
次は素晴らしい勝利の報告ができますように・・・緊張!

|

« 「私の心は100%バイエルンにある」 | トップページ | 速報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/29588842

この記事へのトラックバック一覧です: 31節:コットブス対バイエルン:

« 「私の心は100%バイエルンにある」 | トップページ | 速報 »