« ゆうべのポカール | トップページ | サッカーよりも大切なもの »

2009/04/24

28節:ビーレフェルト対バイエルン

草「なぎ」クンの酒癖の悪さにはびっくりしちゃいましたが、これですっかり「容疑者」となり、芸能活動自粛とかCM降板とか、あげく大臣にまで怒られたりして、そんな大事件でもないのに、ちょっと気の毒だと思ったり。。。。。

そしてこのニュースを見たバイエルンサポの皆さまはおそらく、トーニが「優勝したらマリエンプラッツを裸で歩いちゃうもんね~♪」と発言したのを思い出したことでありましょう。すわ、公然わいせつ罪、というところですが、その後トーニは「やっぱり全裸はやめとく、パンツ履きま~す(^^ゞ」と訂正したという、どうでもいい後日談が付いたようであります。
しかしパンツ一丁でもアタシにゃじゅうぶん鼻血ブーものではありますよ。

そして、あまり知られていないのですが、このトーニ全裸発言より前に、実はオッドもかつて、
「欧州チャンピオンズリーグで優勝すれば、もしかすると全裸でどこかのプールに飛び込むかもしれない。」と言っていたのであります。(ここ
個人的には、オッドが全裸になっても鼻血ブーとはなりませんが、CL優勝はなくなりましたので(泣)、ここはブンデスで優勝して、トーニと二人で裸踊りでもしたらいいと思う。

それにしても、EUROの時にカッサーノもパンツ姿になってたし、リヨンではグロッソのパンツ写真も見たことありますのですが。
なんですか、ようは、イタリア人は脱ぎたがりってことでよろしいですか???(^∀^;)

え~ちなみにワタクシ普段から、ベルギー人のアノ人やオランダ人のアイツを、ユニ交換等で脱がせたがっておりますが、さすがに二人のブリーフ姿はそんなには見たくないざんす。
なんとゆうか、もったいねぇ!しまっとけ!と思うので…。
いや、でも、実際、例えば、下着メーカーの広告かなんかで「せっかくですからご覧あそばせ」と披露されたらそりゃもう遠慮なくムヘヘヘヘヘヘヘ・・・・・・・・・・・・

Σ(゜∀゜)ハッ

のっけからお下品な話題を失礼いたしました。えとえと、はい、サッカーの話を。
すっかり遅くなってしまったのでサックリと。

4月18日 ブンデスリーガ第28節
アルミニア・ビーレフェルト 0-1 バイエルン・ミュンヘン

毎度おなじみ、kickerの採点も合わせてどぞ
090418bielefeldfcbfj
交代:アルティントップ(4.5)(58ソサ)、ボロウスキ(83シュヴァインシュタイガー)、ミュラー(90+4トーニ)
サブ:クラフト、ファンブイテン、バトシュトゥバー

得点:トーニ(64)
カード: シュラーボールマンラメイミヤトビッチファンボメルトーニデミケリス

090418_toni3
ティアモルカ!何回見ても素晴らしい!パーフェクトヘッド!

090418_ribery
シュバ「むぎゅ…」

つまんねー試合だったぜ、と憎まれ口を叩いたゲームでありましたが、このたびGAORA版を見て、少々感想が変わりました。

・・・・・・・・そんな言うほど悪くない?

まあ、ただ単に、勝ったという結果を知って、落ち着いた状態でTV画面でバイエルンのみんなの姿を見れて楽しかった、というだけの話かも知れませんけど(^_^;)視点がミーハーなのでしょがないのだ。

う~む、だって、アウェーでありながらボールは完全キープ、ゲームを支配していたし。
オットルなかなか良かったと思うし。いっぽうで、ボランチの相方ファンボメルはあまり良くなかったと思うけど。
(寄り道余談:火曜日付のBildに、そんなオットルの楽観のほほんちょこっとインタビューが出てました。どこまでも前向きで、がむばれよー。と思わず声をかけたくなるような内容です)

まあ、あれだけ優勢にゲームを進めながら、セットプレーでの1点こっきりかーい!という不満はあります。不満を感じなくちゃダメです。
ビーレフェルト守備陣の体を張ったタフなディフェンスに、トーニはゴール前で何度もひっくり返され抑えられていました。
リベリも囲い込み大作戦で多少自由が利きにくそうではありましたが、ボールを持って前を向いた時のあの緩急付けた芸術的な突破力でゴール前を切り裂き、何度も魔法発動、チャンスはじゅうぶん演出しておりましたが。周りがもうちょっとなぁ。フィニッシュの精度とかパスのもらい方とか…。
全体的にピリッとしないな~?何が足りないんだろ?…って、ゼ・ロベルトが足りないんじゃ~ん( ̄□ ̄;)トホホ

あと、そうだ。なんだかんだ言いつつもバイエルンはこの二人を中心にせっせと猛攻をしかけたりもするのですが、ビーレフェルトのGKアイルホフがファインセーブ祭りで(^_^;)
バイエルン戦となるとGKが神がかっちゃう法則は続くのだ(汗)
おかげでkickerでは、敗戦チームでありながらMoM、なおかつエルフデスターゲス今節のベストイレブンに選ばれるという。。。そのことだけでアイルホフの貢献度合いが想像できますね。

ウチのブットも頑張ってはいましたが
090418_tesche

テッシェの会心のシュートを大ファインセーブ!

・・・・・・・・・。
レンジングには大いに同情しますし、彼がバイエルンのナンバー1であることに疑問はないのですが……。ブットの安定感は無視できません……。特にハイボールをがっちりキャッチした時に(略)

ディフェンス面では今日も、カウンターに弱いのはなんとかならんか、と思いましたが、ルシオの奮闘が光ってました。
ルシオはここんところノリノリです。守備は言うまでもないですが、攻撃参加も冴えまくりで、素晴らしいテクニックでトラップ&ボデーバランスでDFをかわして強力シュートを放ったりもしましたが、サイドネットに。ざんねん。
一番ウケたのは、敵ゴール前の攻防の中で、ルシオのクロスにデミケリスが合わせそこなっていたところ。CBコンビでゴールを狙っちゃってます(^_^;)。ちなみに、たしかセットプレーではございませんでした。

…どでもいい話ですが、ルシオとファンボメルがあんまり仲良くなさそうなので心配です。てかボメルって、南米選手といまいちコミュニケーション取ってなさそうな気がします。いや、全く個人的な想像ですが。キャプテンと副キャプテン、お互い情熱リーダー系なんだから、息が合えばけっこうなパワーをチームにもたらすと思うんだけど……

090418_4_2

しょっぱいゲームだった、という感想は変わりませんが、しかし。
毎度おなじみ、トーニとリベリさえフリーにさえしなければバイエルンは大丈夫、自陣ドン引き作戦OK、の術中にはまりまくりで情けないったらありゃしないのでありますが、そんなしょもないへなちょこ状態でも勝つことが出来たのは、ある意味、バイエルンの体力というか地力というか、いざという時のふんばりが利いたのでありましょう。
苦しみながらもへなちょこながらも勝ったということは、これはこれなりに価値のある一勝だったのではないのかな~などと思ったりもします。

特に今は、3冠中2冠は消えてしまい、王者の誇りとプライドを取り戻すためには、ブンデスリーガしか望みがない状況。
もはや直接対決は残ってないので、もう、何が何でも勝ち続けなければならないのであります。他がコケるのなんか期待していては明日がないんだぜ(toカントク)。
「絶対に負けられない」どころじゃないのです。負けない、じゃダメなの。勝たないと。
まさに背水の陣、毎試合ががけっぷち、プレッシャーのあまり血を吐くぐらいの思いで、ひとつひとつ気合を込めてかつ丁寧にこなしていかなくてはいけないでしょう。

ということで明日は、ここんところあれこれ因縁のありましたシャルケ戦。
勝ってね、じゃないです。勝て。このへなちょこども。
こっから先は、どんな相手でも、勝って当たり前。厳しいけど、身から出たサビなんだからしょ~がない。

本日のクラフト
クラフトは第3GKです。普段はバイエルンのアマチュアチームに出場しているようですが。このたびレンジングが怪我ということで、ベンチ入りしました。
Dsc06013
右端。ルシオのシュートが外れ、全員で「あ~あsweat02」となった時のおもしろブサイクフェイス。

…いや、この時一番ハートにヒットしたのはもちろん真ん中のカレですけどねheart
Dsc06014

「ハァ~、もう……」
思わず顔を手で覆ってしまう、この所作自体に品を感じますことよ。キレイな手をしてますよね…heart04この手で顔をふわ~んと優しく包んでもらえたらもう死んでもイイ、などと、毎度の妄想におぼれる。。。

クラフトの話をしてるんだってば
Dsc06015
試合終了時、画面のスミッコで「よっしゃ勝ったぜ!」と、勝利の握りこぶし。
自分はもちろん出場してないし、レンジング&ブットが健在である限り当分は1部の試合に出ることもないだろうけど、サブだろうがサブのサブだろうが、チームの一員として共に戦っているという意識があるんだろうな、と感じた一瞬でありました。こういうさりげないシーンを見ると、きっとこの子は純粋なイイ子なんだろな~、と思うのでありますよ(^ー^)。

090418_bielefeldfcbj
 
   

|

« ゆうべのポカール | トップページ | サッカーよりも大切なもの »

コメント

ダニの公式サイトコラムが久しぶりに更新されてますよー。「世界の中心で5番を叫ぶ」愛する人の写真付き。さすがだダニ、いったいどこからそんな写真をGETしたのか。コリアンダーさんのイラスト通り、きっとTVで観てたんですよね〜♪

ビレフェル戦はまだ見終わってません。だってつまんないんだもん。<ヲイ
ダニに栗が被る度に、心中で罵倒しまくりです。

あと、素敵なトップ絵をダンケです!
リベリに皿を攫われる一秒前って感じですね♪

投稿: 謎のダニサポより(<バレバレ)お知らせ | 2009/04/24 14:58

> 謎のダニサポさん(バレバレ)
おぉ!2ヶ月ぶりだ!お知らせありがとうございます!
さっそくナナメ読んでみましたが、家族愛あふれる記事に、感涙必須の内容でしたね(;∀;)
大ラスの一文はリベリんのことなんでしょうかね?まぁどっちにしても、フランクフォトを持って来ちゃったあたり、抑えようのないリベリん愛を垣間見たような…(腐)
いやcoldsweats01こんな腐った話題ができるようになって良かったです。やっぱりワレワレのモエ~がベルギーのお父さんの元に届いたんでしょうかね。。。confident
実を申せば、ワタクシもビレフェル戦は前半と後半2日に分けて見ちゃってたり(汗)通しでじっと見るのはちょっと苦しいかも知んないですね。
ワタシはダニエルに完全フォーカスロック状態ですので、手前の栗は視界に入れませんでモエ~してますsmileかぶってきてもモエパワーで透視です。ゴールシーンで飛び跳ねてるとこなんか見えません。その横を淡々と通過するダニエルばっかり見てましたフフフ。がむばりましょー!どうせあとちょっとですから!(…だといいが)←酷

ありがとございます。ボメびいきでスミマセン(^^ゞ
皿を奪ったリベリが、ダニーと二人仲良くグラウンドを駆けってくれたら…モモモモモエ(略)heart04

投稿: コリアンダー@謎のダニサポ2号 | 2009/04/24 16:39

> しし丸さん(バレバレ)
追記訂正です。今、ちゃんと読み直しました。最後の文、全然リベリん関係なかったですねトホ。
そうするとなおさら、添付写真にアレを使ってるところがやっぱりモエ~であります。

投稿: しし丸さんへ追記byコリアンダー | 2009/04/25 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/29255123

この記事へのトラックバック一覧です: 28節:ビーレフェルト対バイエルン:

« ゆうべのポカール | トップページ | サッカーよりも大切なもの »