サッカーその他11/12

2012/03/29

27節のバイエルンと29節のミランの試合結果

どうもどうもどうもどうも。お久しぶりですコリアンダーです。覚えてらっしゃいますでしょうか。
バイエルンサポの皆さまもミラニスタの皆さまもCLに備えて仮眠中であろう丑三つ時、ひっそり更新するのです。

blogを更新できなかったのはちょっと用事があって忙しくしていたため、腰を据えてblog作業をする時間がなかったのであります。情報収集もあんまりね・・・。

とりあえず留守している間に行われた試合のフォメ図だけでもアプしておきます。

12年3月24日 ブンデスリーガ 第27節
バイエルン・ミュンヘン 2-1 ハノーファー96

バリエーション豊かな(ほめてない)kickerの採点も合わせてどぞ
120324_fcbhannoverfj
交代:ティモシュク(4)(57プラニッチ)、ゴメス(1.5)(61オリッチ)、ミュラー(78クロース)
サブ:ブット、ラフィーニャ、コンテント、ペーターゼン

得点:クロース(36ロッベン)、ゴメス(68クロース)、ヤ・コナン(74ディウフ)
カード: プラニッチチェルンドロヤ・コナン

MoM:クロース
今節のベストイレブンにバトシュトゥバー(5回目)、クロース(6回目)、ゴメス(8回目)

リアルタイムでネットで見たのですが、メモもとってないし、GAORA放送はまだ見れてませんので、試合内容について云々するほどでは・・・。

クロアチアンがついにそろってスタメンおめでとう!(^∀^)とか
客席のファンブイテンが何度も映って嬉しかったワーheartとか
カーンも映ったぜ!とか
調子はそう悪くはなさそうだけど、やはりあのポカールの激闘から中2日では疲労がアリアリ、とか、
そんな感じ。

そんなバイエルンはこの後CLにてマルセイユと準々決勝です。
甘く見てると足元すくわれるので大いに気を引き締めてかかって欲しいところですが、そこさえ気を付ければ、今のバイエルンならサクサク勝てるか、最悪でもドローに持ち込めると思っています。

120324_fcb

古巣相手に是が非にでも出場したかったであろうファンブイテンは無念の留守番…。
その分、同じく古巣出身のリベリが頑張ってくれるさ!

あと、バイエルンネタとしては、
本日(水曜日)発売の「footballista」の「リーダー特集」でラームがむっちゃほめられてますよー!(→東風さん江)とか
シュヴァインシュタイガーの兄トビアスがなんと来シーズンからバイエルンIIに移籍決定!楽しみ!(゚∀゚)とか
ティモシュクがいつの間にか1年契約延長したらしい??とか
我らの“ティガー”ゲルラントがドイツサッカー協会の「監督賞」を受賞!(≧▽≦)とか

まあ、いろいろありますが、皆さんの方がとっくにご存じでしょうから、かんたんではございますがここまで。

続きましては
バイエルンに関しては本当に時間がなかったのでcheckできてないのですが、ミランは…。

120322_1
前日はこんなに調子良さそうだったのに…。

ファンボメルの怪我の情報などをスルーすることに対して、ふてくされるやら心配やらで、あえて避けていた面もあります。

12年3月24日 セリエA 第29節 ACミラン 2-1 ASローマ

120324_milanromafj
交代:ザンブロッタ(10チアゴ・シウバ)、ボアテンク(55エマヌエルソン)、アクイラーニ(86エル・シャーラウィ)
サブ:アメーリア、ネスタ、セードルフ、カルモナ

得点:オスヴァルド(44)、イブラヒモヴィッチ(53PK)、イブラヒモヴィチ(83)
カード: イブラヒモヴィッチメスバームンタリオスヴァルドエインセ

ふてくされていたので、試合は録画したものをながら見で殆ど頭に入ってませんが、ハイライトと思われるシーンは見ましたよー。
イブラの相も変わらずの変態スーパーゴール(゚∀゚)とか!ポストに弾かれるエル・シャーラウィのシュートとか!クロスバーに弾かれるムンタリのシュートとか!

オランダ代表目線としては、ローマGKステケレンブルフの安定っぷりは頼もしかったですけど(^^)

ワタシ的に一番ツボだったのは、ノチェリーノがこぼれ球(?だったっけ)を、むずかしい体勢からがんばってラストパス送ったのに、イブラに「このへたくそっannoy」とギロリと睨まれ「いやいやいやいやいや(冷汗)」と後ずさりしているシーンでした。

今のミランのいいところは、そんなイブラはじめ、アクの強い熱くガツガツと勝利を追求する選手が沢山いて、それでいてその強い個性がお互いをリスペクトし合ってチームがちゃんとまとまって、勝利への推進力になっているところだと思います。

この試合で、無理をして出場したチアゴ・シウバが本格的に痛めてしまい、3~4週間の離脱という、あまりに厳しい代償を払うことになってしまいましたが…。

ある意味イブラ以上に替えの効かない唯一無二の存在であるシウバの離脱は痛すぎます。CLはオワタと腹をくくった方が良いんだろうとも思いますが…。
今や戦う集団、ヨーロッパ有数のアグレッシブ軍団となったミランに、あきらめという言葉は似合わない。
数々の困難な状況をここまで乗り越えて来たのだから、今度もきっと!

……。ファンボメルは、背中(腰?)の故障について、我らのドクター・ミュラー=ヴォールファールトの元へ診断を仰ぎに訪れた(or訪れる)ようです。
そんなファンボメルがカンプノウで行われる2nd legに間に合うのかどうか、ミランサイドで気にしている人は誰もいないようですが(ネチネチ)、少なくとも今日の試合、次に向けて希望が持てる結果でありますように!!!
そしてファンボメルが間に合いますように!!!(>人<)

120327_allegriibra

それともうひとつ。
エールディヴィジ・アヤックス対PSVも見ました(リアルタイムでネットで)。
結果は2-0アヤックスの勝ち、PSVはまた4位に転落です。
ワタシもいくらかセリエAを見慣れて来たのか、PSVが展開した守備的サッカーは全然イヤじゃなかったのですが(むしろ、おぉよく守ってる!と感心したぐらい)、その後論議を呼び起こしたらしいですね…。攻撃自慢のPSVがあんなサッカーするなんて!とか。
確かにメルテンスやマタフスもやりづらそうではありましたが、やり方としては別に間違ってなかったと思うけどな~
ただ、このまま来シーズンCLもELも出られないようだと、ファンボメルが復帰した時につまらんじゃないかい…ワタシが。
カップ戦で優勝したらELには出られるんですっけ?でもファンボメルにELの舞台は役不足感も…むむむ~。
ELはTVではすべての試合は放送されないし。こうなったらどこか日本人選手が所属するチームと同じグループに振り分けられるのを祈るしかない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/10

ミアサンミア、君のはどこにあるんだろう

CLとELその他の結果・・・

バルセロナ 7-1 レヴァークーゼン

・・・・・・。
録画はしていたのですが、バルサに2得点目が入った時点で見るのをやめました。
そして結果を知って、録画映像を見ずに削除しました。
ハイライトすら見ることが出来ず、スポーツニュースでその話が始まると視線をそらし耳をふさいでますので、メッシの5得点がどんなのだったか、全く知りません。せっかくの歴史的快挙ですが、知りたいとも見たいとも思いません。なのに何故かレノがゴールポストを蹴っ飛ばしているところだけは何度も目に入って来る…。
いやぁ、別にバルサやメッシが憎いわけじゃないんですよ。対戦相手がドイツのチームでさえなかったら…。
それにしても、こんな腰抜けどもに我がバイエルンはまんまと負けてマイスター争いから脱落したのかと思うと、実に腹立たしいです。

APOEL 1-0(PK4-3) リヨン

同じことはリヨンにも言えますわ。小国キプロスのAPOELが頑張ったのはほほ笑ましい話ではありますが、それはそれとして。
7点も取って奇跡の大逆転でもってアヤックスを押しのけ決勝Rに進んだというのに、なんなんだ一体。八百長なんかじゃなく実力で勝ち抜けたんだってことを証明しなくちゃいけなかったのに。…試合見てないけど(爆)。

ヴァレンシア 4-2 PSV

120308_dsc08479
イケメンピーテルスのダイナマイトボデー☆こんなボンヤリ画質ではなく、ぜひデジタル高画質で…

守備崩壊。あわれ17歳ヴィレムス。
何でわざわざヨーロッパコンペティションで若もんに経験を積ませようと思ったのかルッテンの意図はわからんのですが、ニワカもニワカな自分がケチをつけるのはお門違いと言うもの。何かピーテルスを最初から使いたくない事情があったのかも知れないし。なんでバウマやヴァイナルドゥムがベンチやねん、とも思いましたが以下同文。
[追記※ELの試合を今季初めてTVで放送されたものだからなんだか寝ボケたことを書きましたが、普通に主力でしたね(^_^;)1回戦でもトラブゾンスポル戦に出場したみたいですし。ゴメンよヴィレムス~(汗)]
それにしても、またも左SBが足かせになっている状況に、先日のミランでのメスバーを思い出しましたが、メスバーと違うのはさっさと見切られたということ。
キレキレのメルたん、じゃないわ、メルテンスを下げたのもなんのこっちゃと思いましたが以下同文。ただ、代わりに入ったヴァイナルドゥムはでっかい仕事をしました。
0-4の壊滅的な状況から試合終盤にどどんとアウェーゴール2点ゲット、2nd legに望みをつないだPSVはつっこみどころ満載すぐる。
この不安定なバランスがある意味応援しがいがあるとも言えますが、いちおう(リーグの)優勝候補としてはいささかマズいですわねぇ。

まぁ次2-0で勝てばオッケーです。しかし今のPSVにクリーンシートはかなり難易度高そうで…(汗)
そんなPSVに何か感じ入るものがあったのか、どうか、UEFA公式facebookが何故か突然「PSVのあの勇敢な試合を覚えてる?」と、05年のミラン戦の記事をアプしておりました(こちら)。ホロニガ胸キュンハイライト動画付き。ゲンがいいのか悪いのか。

トゥエンテ 1-0 シャルケ

120308_luuk

結果を先に知ってから、ルーク・デ・ヨンクのダイブしか見どころない試合だったらつまらんのぅと思いながら再放送を見始めたのですが、やっぱりルークのダイブしか見どころが…(汗)
シャルケはまあ、しょうがない。フンテラールいないし、アウェーだし、途中から10人になっちゃったし。
しかしトゥエンテはー。このチームにPSVが先週ボコられ優勝戦線から後退したのかと思うと以下略。
まあ、これぐらいならシャルケはホームでじゅうぶん挽回できるでしょう。ってかしてくれ。「あの誤審のせいでぇー!あれさえなかったら今頃!」とかぐずぐず言うような、みっともない結果にだけはしてくれるなよん。
それはそうと、ウッチーまあまあ良かったんでないですか。「○○大陸」にて、ひたすらやさぐれてる姿を見た時はげんなりしましたが、これでステーフェンス監督の見る目も変わるといいんだがな。
そしてホルトビー、髪型元に戻してくれ…(;_;)

スタンダール 2-2 ハノーファー

見てない。でもアウェーゴール2点で同点はおっけー!

----------

さて

120307_lahm

今夜はホッフェンハイム戦ですね。
いつもならあれこれ言い訳をするところですが、今回は言い訳なしで、意図的にバイエルンとブンデスネタから離れてました。まぁ、ミランやファンボメルネタに忙しかったというのもありますが。
ロッベンが行きたいとか行きたくないとか、プラニッチがシカトされてるとか、それを言ったら宇佐美はどうなんだとか、どうせあいつもこいつもみーんなやめたがってんじゃねぇーのとか、チームは空中分解だとか、フロントは次の監督を探してるとか、「それは事実ではありません」と公式声明が出たとか、まあもう、心が痛んで、読みたくない見たくない。
ついでにブンデスリーガ自体にもあまり気持ちが向かなくなってしまい。
でも日本のサッカーサイトしか見てないと、ブンデスリーガには香川と岡崎と内田とポドルスキしか存在してないらしいという錯覚に陥ってしまって、ますますつまらなくなるという悪循環。

とにかくバイエルンは危機なんですってよ奥様。わかったわかった、耳タコ。

貼ったタイミングが悪すぎたのか、リアクションがないので動画を埋め込んでみましたよ。

おちゃめなカーンが楽しいソーセージのCM。
6種類あるので全部貼るのはアレなのですが、ワタシのお気に入りは、06年のドイツ代表を知ってる方は思わずニヤリとするこちらです

そんなカーンBildのインタビューでこんなことを言ってました。

「私が驚いているのは、チームがもうマイスターをあきらめてしまっていることだ。あと10試合で7ポイント差が何だっていうんだ?だが彼らの中に100%の信念というものが感じられない」

さすがカーン!

他にも、バイエルンたるものはこんなことでパニックになってはならんとか、勝利を義務付けられているということに彼らはプレッシャーを感じているようだとか、ドルトムントの強さがバイエルンを弱体化させているとか、まあ、他にもあれこれ言ってますが、どうにもカーン様のコメントはくどくど、いえ、言語不自由な身には一文が長かったり単語が難しかったり、読むのがホネなんでございます。

かんたんではございますがゴルコムに日本語記事が出てましたのでご参照アレ。

ファンブイテンはこんなことを

「トレーニングの時からもっとやる気を出さなくては。そうしてピッチで勝利を収めることができるのです」
「素晴らしかったシーズン前半戦を思うと、それから起こったことを考えるのは苦しいことです。僕たちは安心し切っていたのかも知れません」

チンタラやってんじゃねぇ!という気持ちかしら。トレーニングでもいつも全力投球してるであろうファンブイテンならではですねぇ(^ー^)自身のクビも取り沙汰されてるというのに、そんなの関係ねえとばかりのアグレッシブな意気込みが嬉しいです。

カーンにしろファンブイテンにしろ、「ボクたちもうダメ(´・ω・`)シュン」と、ぐずぐずしているへなちょこバイエルンのことをもどかしく腹立たしく思ってるんじゃないでしょうか。

もう何がなんでも優勝しろ!絶対勝て!とは言いにくくなりました。
ですが、せめて3位以内に収まるよう、これ以上負けないよう、何より、ちゃんとチームとして団結して、俺たちはバイエルンなんだぜ!という強者のメンタリティをもう一度取り戻してくれることを切望します。
あっでも、バーゼルには勝ってよね!

120307_bastian
いよいよ復帰なるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/01

今夜はAマッチ

雑記です。

バイエルンの試合の裏で行われたPSV対フェイエノールトの試合、本日ようやくJスポ様で再放送がありましたので見たのです。
結果はご存じ、3-2PSVが勝利、首位を守りました。
2点差を追いつかれましたが85分という時間にラビアドが決めて勝ち越すという、ドラマティックで冷汗ものの勝利。
いやっはははは、前半はまったりゆるゆる、後半はエキサイティング。エピソード的にはいろいろあって面白かったのですが、サッカー的にはどうなんスかね(^_^;)
普段まともに見てないのでわからんのですが、PSVの守備はいつもあんなもんなんでしょうか。DFも中盤も、センターをもっとしっかりせにゃならんよ。ストロートマンも頼れる相棒が欲しいかも知れませんわねぇ。ファンボメルを歓迎する気持ちもわかるような気がしました・・・だはは。
それはそうと、メルテンスラビアドの怪我は大丈夫なのでしょうか(汗)

そんなこんなで

4年に一度のうるう年の2月29日、本日は国際Aマッチデーでございます。
しかしアレですね、日曜日に試合があった選手にとっては中2日でございます。特にアウェーチームは移動時間もありますし、これはキツいスケジュールだわ…。
それでもって週末には再び、各クラブで試合があるわけで…む~~ん。みんな、無茶しないでね!怪我しないでね!

ドイツはフランスと。

120227_dfbtv2

試合会場はブレーメンということで、エズィルにとっては古巣への帰還ですね。
GKはヴィーゼ、キャプテンはクローゼが務めることが昨日明らかにされましたが、クローゼにとっても古巣です。ヴィーゼはホームの観客にいいところ見せたいでしょう。

120227_matswiese
何故かドロドロのタイヤを指差して楽しそう。高圧洗浄機の売り込みが始まるんじゃなかろか(そんなわけはない)。

120227_dfbtv4

120227_dfbtv6
サインとか

120227_dfbtv7
「(背中に悪寒が…)」(うそ?)

120227_dfbtv5
広告活動とか(ビットブルガーもノンアルコールタイプが出たのかね)

ワタクシはベンダー兄弟は未だに区別がつきませんが、2人のファンとかドルトムントorレヴァークーゼンサポは見分けられるのかしらん。
(で肝心の「Unweltcup」がなんぞや、ということは全くわかっていない←ダメじゃん)

他にも、公式プロフィールフォトの撮影とか、あれやこれやあったらしく、もちろんその手のプロモーションには余念がないドイツサッカー協会、せっせと動画やら写真やら記事やらアプしているようですが、追い切れないので省略。どんどん手を抜くコリアンダー。

120228_wiese_2

もちろん練習もしてるようだし。2日間でどんだけのことをこなしてるのか。いやはや。
それにしてもこの緑色、ブレーメンの選手みたいに見えますよ。

120228_klose
とはいえ今となってはちょっと違和感を感じるので不思議なものです。

ドイツホームなのに今回はフジさんでの放送がありません。ちっ
しかしドイツではZDFでの放送らしいので、親善試合だし、サイトでフルマッチ配信されるのではないかとこっそり期待しています。皆さまのZDF。

ちなみに、今日はヘーヴェデスの誕生日だそうです。点取り屋ではないのでゴールは期待してはいけませんが、ステキなバースデー勝利になるといいね!(^▽^)

----------

オランダはイングランドと。

と、その前に。

120225_12_2
キャー恐いよう~(^∀^)sweat01

その後の話。
昨日、NHK-BSとTwellVにて同時に放送があったので、デジタル高画質にて件のケンカシーンを2度見直したのですが、ファンボメルがピルロのことまでどついているのを確認して、少々ショックを受けました。
日頃から「ピルロは選手としてはもちろん人間的にも素晴らしい、彼がいなくなって本当に残念に思っている」と、ホメホメだったのにぃ~(T-T)
ごめんなさいピルロ、ごめんなさいミラニスタの皆さん、頭に血が上るとあのアグレッシブ野郎はああなっちゃうの…。

までも、メクセスやムンタリの暴力行為をつっこまれて、サイトでわざわざ「何さっ、ピルロだってファンボメルのことを肘打ちしやがったくせにっ。しかも2回も!」と記事にするミラン公式もたいがい残酷だと思うがな…。愛する古巣からそんな仕打ちを受けてピルロも傷ついたんじゃないのかい(;_;)

というわけでとにかくその後、試合中ボリエッロの脇腹にパンチしたメクセスリヒトシュタイナーをパンチしたムンタリファンボメルをエルボーしたピルロについて協議がなされた結果、メクセス3試合の出場停止処分が下りました。
その他、ハーフタイムでのもめごとに関してミランのスタッフにも出停、ガッリアーニに注意、黙とうの最中にサポが人種差別的ヤジを飛ばしたらしいユヴェントスに罰金が課せられたようです。
というわけで罰則も決まってカタはついたのだから、この話はもう終わりにして欲しいんだけど、まだイタリアメディアではあれこれ言ってるようですな。知らんよー

前置きがすっかり長くなりました(汗)

120227_nos2

ウイルス性胃腸炎でフォルム、そして足首を痛めているファンデルファールトが離脱です。

新顔を覚えよう
120227 ナルシング

120227_john ヨーン

昨日発売のこちらのNUSPORTの表紙&巻頭特集は「ゴールデン・デュオ」!

120228_nusport
カッコいー!欲しいー!ファンボメルが選手じゃなくてコーチみたいなたたずまいなのがちょっと気になりますが(^^;)

この記事内にて、ファンボメルは「(フローニンヘン戦でのがっかり敗戦にもかかわらず)PSVが優勝する」等と発言(こちら)。
そしてストロートマンは「ファンボメルに来て欲しいと思ってる。彼がいたら僕たちはもっと良くなるだろうね。彼は僕が子供の頃から見上げて来た選手なんだ」とかなんとか(こちら)。

エエ子やストロートマン!ファンボメルがPSVに来た暁には6番を譲ってくれるかしらん、とか勝手なことを夢想してみたり(*´∀`*)。…いや別にそんなにこだわってるわけじゃないんですが、やっぱりPSVでのファンボメルは6番がしっくり来るじゃな~い?

ファンボメルの移籍問題については、本人・じいさん(ファンラーイさん)・代理人・PSV、等、それぞれがコメントを出しているようですが、共通しているのは、結局のところ「まだ全然決まってない」ということです。
ミランとの契約延長の可能性が少し大きくなっている感じですが、ミランと密着しているダルマメタボの言うことですし、なんとも判断しがたいです。
ただちょっと、ここに来て「家族の為に」とか「子供が」とかいう言葉がぱらぱらと入るようになったのが気になります。子供も大きくなってきたし、そろそろオランダに腰を据えたいと思って来ているのかも知れません。まぁそれも周りが思っていることかも知れませんが…

ファンボメルのコメント(AD
代理人ライオラのコメント(Telegraaf)(Milannews
ブランズ・PSVTDのコメント(calciomercato.com

雑なことですみません、こないだ頑張り過ぎて、読めない外国語を読むの今はめんどくさいのです…。
代理人はファンボメルが決断を下すのは4月だ、とか言ってますが、「決断の時期」はコメントの度に変わるので、正直、まったくアテにしてません。早く決めれ、とも思いませんし。
PSVの監督問題が先にありきだと思ってますので、じっくり待つつもりですよ。
ただ、PSV側が「ファンハールかな~アドフォカートかな~やっぱりやめよっかファーバーにしよっかな~」とかぐずぐずしてると「もーいーよ」とミランとの契約延長しちゃうかもよ~ん。

って、また話が横道に(汗)。

120227_2_2

だからそんなわけで今夜はイングランド戦です。
ファンボメルは、ユヴェントス戦で膝を痛めた((゚д゚;))というので27日の練習は別メニュー、昨日YouTubeでLIVE放送されたらしいウェンブリースタジアムでの公開練習でも、少し早目に切り上げたそうです。膝を気にするようにぺちっと叩いていた、とか…(゚д゚;)
それでも、ファンマルヴァイク監督はファンボメルの出場に希望を持っているようで、本日のスタメンに予想されています。むむ…。

120228_bommel
新入りのヨーンの世話を焼いてるっぽい。さすが☆
それにしても、デザインや色が変わっても、どうしてオランダ代表のトレーニングウェアは毎度毎度寝巻きみたいに見えるのか…。

正直、オランダにとってはアウェーですし、ヨーロッパ各地からいったんオランダに集合して一日トレーニングしただけでまたすぐ現地に移動。
疲労度合が半端ないと思いますので、あまり期待してません。いくら相手がゴタゴタ真っ最中のイングランドと言えども…。

でも、気持ちの問題もあります。11月にドイツにズタズタに惨敗して以来の代表戦ですから、あの屈辱から少しでも立ち直るために、オランイェの誇りを少しでも取り戻すために、今後に希望が持てる内容で、いい結果であって欲しいと願わずにいられない・・・。

111115_19
♪あれから~僕たちは~、何かを信じて来れたかな~♪

120227_robben
アリエンたんにも期待しちゃうぞ!

余談
120229_nike
新しいオランダ代表のユニフォームは、素材の96%に、ペットボトルからリサイクルしたポリエステルを使用、ペットボトル13本分で~す。だそうな。へぇ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/26

いざ天王山

どもども、ゆうべは失礼しました。時間の使い方がヘタすぎて、やることなすことモタモタしている自分に対して無意味に自己嫌悪に陥ってしまいました。いちおうらくがきは貼らせていただきました…

それはさておき

今週末は(ワタシにとって)天王山が目白押しですよ、という話です。もう緊張のあまり胃袋がめくれあがりそうです。

天王山その1)
ミラン対ユヴェントス!

事情はよくわからないのですが、バスケットボールのコービー選手をフィーチャーした、なのにミラノ(ミラン&インテル)のサッカー選手たちが登場する、70年代のクライム・ムービー風の、超クールでファンキーなNIKEのCM

ギャング団のボス役とおぼしきガットゥーゾの演技がステキとか、付けヒゲアクイラーニがナイスだぜとか、スネちゃま爆発(←ネタバレ御免)とか、コービーのヲンナ役はボアカノらしいとか、見どころ満載でありますが、ストーリーを説明するじいさん(何者?)がちょっとジャマくさい。
じいさん抜きの本編だけがあるなら、ものすごく見たいのですが、見つかりません。これから公開されるのかな・・・?
[追記]こちらに舞台設定などに関する情報が出てました。

アクイラーニつながりでこちらもCM

こっちはほのぼの路線です。アクイラーニ、ボアテンク、ボネーラ、エマヌエルソン出演。
合同プロジェクトのようで、ミランの他にアーセナル、PSG、シャフタール・ドネツクバージョンもあり。

そんなミラン、もう間もなく、ユヴェントスとの頂上対決です!
ミランが暫定首位とはいうものの、向こうは消化が1試合少ないので、実質的にはユヴェントスが首位であるとワタシ個人は思っています。

ファンボメルは「大事な試合だが、決定的ではない。この試合に負けても最後にスクデットが獲れたらそれでいい」的なコメントをしたようですが、負けたらゲーム差が開いてしまいますし、やはり勝ちたいです。勝たねばならぬ。

イタリアメディアではとにかくピルロがフィーチャーされてるみたいですが、移籍以降サンシーロに戻って来るのは初めてですっけ?
ポジション上、ファンボメルはそんなピルロと対峙するシーンが多そうです。
うわああ~~、もう、くどくど言いませんが、とにかくピルロには勝ちたいんじゃー!
勝って、いーかげん「ピルロを手放したのは間違いだった」と言ってる連中を黙らせたいんじゃー!(「だってミランにはファンボメルがいるから」とまで言わなくてもいいけどさぁ…)
リスペクトしているからこそ越えたいの!

そんな大一番ですが、結局イブラヒモヴィッチの出停処分は軽減されませんで、本日も欠場が決まりました。ちっ
ついでに、怪我離脱中のボアテンクも間に合わなかったようで、メンバー外です。
さらにマキシ・ロペスもなんとやら…とか…。せっかく先日コドモが産まれたらしいので、ゆりかごパフォするチャンスだったのにねぇ。

うわーうわーうわー(汗)
チェゼーナ戦はそれでも楽しく勝ったミランですが、相手が違いすぎる!わーわー(汗)
がんばれ!エマヌエルソン!ロビーニョ!パト!がんばれ!ファンボメル!

FORZA ! MARK !

   
天王山その2)
バイエルン対シャルケ!

明日の試合ですが、そんなわけで明日はがむばれ記事を書いてる時間がないと思われますので…

100204_fcbtv2
バーゼル戦後のロッカールームでバトシュトゥバーとミュラーが怒鳴り合っていたとか

マスコミに言わせるとバイエルンは「危機」なのだそうで、そんな単語ばっかり見てるのはゆーうつです。
試合後の選手関係者のコメントも「シャ○セ」連発でげんなり。

なのでやっぱりバイエルンネタには引き続きあまり近付いてません(汗)。公式ですら見る気がしない今日この頃……
まあ、マスコミは煽るのが仕事ですからしょうがないですが、あんまり「危機」とか「ピンチ」とか言って欲しくないのよねぇ。言われるとなんだか本当にそんな風になってしまいそうで…

冴えないので、新しいのが出たらしいカタログネタで盛り上がろうかと思ったら、まだデジタル版はアプされてませんでした。
しょうがないのでオンラインショップから新製品を紹介。選手がモデルをしてる写真がなくてつまんない…

120224_fanshop
なんですかこれ。ソファカバー?

120224_fanshop2
レジェンドTシャツ。他にもウリ、ルンメニゲ、ブライトナー、ゲルト・ミュラー、ゼップがありますが、なんでカーンがないのよ。そういえばカーンはこのたび予定通り修士課程を卒業したらしいですぜ。でもすぐにはサッカーマネジメントの現場に戻らないらしいですぜ。くっ…。

120224_fanshop3
「次の試合は2週間後」とかてきとうなことを言ってしまいましたが、3週間後の3月13日だったのね、ということをこの写真で知りました。どうよそれ。

……。盛り上がらんなー。

だけど去年や3年前に比べたら、まだどってことないじゃんー?というのが正直な気持ちです。
むしろ、この程度でチームが空中分解したり動揺してるようじゃ困るのよ!とか。
こんな時、元カピテンならきっとこう言うぜ?
「俺たちはまだマイスターになれると信じてる。数字上で完全に可能性がなくなるまではあきらめない」ってね!

とはいうものの、浮上のきっかけが見出せなくて困ります。
シャルケはELで16強入りを決め、フンテラールも前節のブンデスで得点王争いでついにゴメスと並び、上昇気流に乗ってる感が。
何かバイエルンに有利な点があるとすれば、そのELの試合は木曜日に行われ、かつ、延長戦までもつれこんだらしく、さらに今回はこちらのホームということで、移動もありますし、シャルケの方が体力を消耗しているのではないかと…

昨日の試合で、バイエルンの上を行く(んがー)2位グラッドバッハはHSVとドローでした。明日バイエルンが勝てば、シャルケを突き放すだけでなく、このMGを追い越すことができます。
そんなチャンスを今のバイエルンがうまくモノにできるかどうか…。
心配でしょうがないですが、ファンが信じなければ誰が信じるんだ。

 
天王山その3)
PSV対フェイエノールト!

いや、まあ、上の2つと比べたらワタシにとっては重要度が落ちますが(こらっ)、いわゆる「トッパー」対戦です。
そしてPSVは現在AZに勝ち点で並ばれ、優勝に向けて少しピンチでもあります。
優勝してくれないと来年ファンボメルがCLに出れない(かも知れない)じゃん!←そこか
フェイエノールトとは確か勝ち点差4ですし、あまり近寄って欲しくない相手であることには変わりなく。
前回PSVホームで対戦したのは、あの10-0でバカ勝ちした試合だそうですが、あの頃とは事情がまったく違いますので、とっとと忘れた方がよろしかろう。
フェイエノールトのエース・グイデッティが前節お間抜けなカードをもらってしまって出停なのは少し助かるかも知れません。
お間抜け退場劇の動画はこちら(ようつべ)。あいや、断じてバカにしてるわけじゃないんですのよ。

あいにくバイエルン戦と少し時間がかぶってますのでリアルタイム応援はできませんが、ありがたいことにJスポで放送もあることですし、後で見させていただくことになると思います。

 
みんな!勝ってね!お願い(>人<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/11

FIFAバロンドール2011

バロンドールとか最優秀選手賞とかいう類のものは、自分の好きな選手やチームにはいつも縁がないので(今回イブラヒモヴィッチに投票したプスカシュ賞は最終ノミネートから外れたことは前もってわかってたし)、あまり興味がないのですが、今回ばかりは、われわれ日本人には特別なものになりましたね。

120109_sawamessi

澤選手、佐々木監督、

おめでとうございます!!!

ちなみに日本サッカー協会が「フェアプレー賞」も受賞したので、なんと日本は3部門も受賞したのです!素晴らしい!

いやぁ感無量ですね。
ニワカたけだけしいワタシですが、澤選手や女子日本代表がどんなに苦労しながら道を開いてここまで登り詰めたのか、情報や知識としては全然知りませんけど、なんとなく感じてはいます。
その後ニュース番組等で、もちろんこれで終わりにしてはいけない、ここからが新たなスタートなのだ、ということを澤も佐々木監督もわかってるらしいところが、また良いなぁと思いました。
澤の名前が呼ばれた瞬間、ブラジルの女王マルタが固まってたのが印象的でした。残念ながらドイツは分解してしまった印象ですし、女子サッカー界の勢力図が変わったのかな~とか、ニワカ無知のくせにボンヤリ考えてしまいましたよ。
ロンドンオリンピックでのなでしこの活躍が楽しみですね!

それはさておき
候補者の紹介映像だけで、発表を待たずとも誰が受賞するのかバレバレの件。もれなく真ん中のヒト。

監督賞(女子)
120110_dsc08294

監督賞(男子)
120110_dsc08297

プスカシュ(年間ベストゴール)賞
120110_dsc08298

選手賞(女子)
120110_dsc08299

選手賞(男子)
120110_dsc08300

今年は例年にも増してサプライズのない年だったとは言え、もうちょっと演出を工夫してわくわくさせた方がいいと思うのよFIFA。

そーいえば、FIFAが単独で表彰していた頃に存在していた、ヤシン賞(最優秀GK賞)って、なくなっちゃったの?

----------
誰が受賞するのかということには、前述した通り興味がありませんが、キャプテンや監督が誰に投票したのかはとっても興味があるんでございますよ。
(これは男子だけの話ね。ゴメンナサイ。)
どの国のキャプテンかというのは言うまでもないですわね(^m^)ウフフ
指定された候補者(選手賞23名・監督賞10名)から、それぞれ1位から3位まで投票します。
そして1位は5ポイント、2位は3ポイント、3位は1ポイントずつ割り当てられ、ポイントの最も多かった選手が最優秀選手賞を受賞するわけですね。

Photo

というわけで、オランダ代表キャプテン・マルク・ファンボメルの投票結果はこのように。

選手賞:1位スナイデル、2位メッシ、3位ロナウド
監督賞:1位タバレス、2位グアルディオラ、3位ファーガソン

(タバレスはウルグアイの監督)
まーたスナイデルに入れてるよ!(≧▽≦)
去年はそれで無効になってしまいましたが、今年度から同国人への投票が可能になりました。

ファンボメルのコメント(ざっくりてきとう作文)
「今年から同じ国の仲間に投票できることになったんだ。去年はできなかったけど。去年ヴェスレイは俺から投票された。彼は2010年、インテルとオランイェで最高の年を送った」
・・・・・・去年無効になった分を今やり直しかーい!(^□^;)オモロいなーもう、情に厚いっつーかなんつーか、キライじゃないぜそういうところ。
「本当の去年のベストを選ぶなら、メッシだろうね。彼は普通に、むこう6年間は賞賛を勝ち取り続けるだろう」
だったら素直にメッシを1位にしたらいいじゃん、と思うので、コメントの意味がいまいちよくわかんないのですが、つまり、いわゆる7月~6月の「シーズン単位」ではなく、純粋に「2011年」のことを考えたらメッシだ、と言いたいのかな?と勝手解釈。言葉の壁はぶ厚いですわ。

----------

その他の気になる投票結果はこんな感じ

ベルト・ファンマルヴァイク・オランダ代表監督
選手賞:1位メッシ、2位スナイデル、3位エズィル
監督賞:1位タバレス、2位グアルディオラ、3位ファーガソン

こっちもスナイデル(笑)(義理だけど)親子そろってホントにもぅ…(^_^;)3位にドイツのエズィルです!
そういえば去年は3位にシュヴァインシュタイガーに投票してくれたファンボメルですが、今年は入れなかったのね(´・ω・`)

フィリップ・ラーム・ドイツ代表キャプテン
選手賞:1位メッシ、2位シャヴィ、3位ロナウド
監督賞:1位ファーガソン、2位グアルディオラ、3位ヴィラス・ボアス

ふつー…。監督賞にチェルシーのヴィラス・ボアスに投票してるのがちょっと面白い。

ヨアヒム・レーヴ・ドイツ代表監督
選手賞:1位シャヴィ、2位メッシ、3位イニエスタ
監督賞:1位グアルディアオラ、2位デル・ボスケ、3位モウリーニョ

バルサモエ~・スペインモエ~?

長谷部誠・日本代表キャプテン
選手賞:1位メッシ、2位ダニ・アウヴェス、3位シャヴィ
監督賞:1位グアルディオラ、2位ヴィラス・ボアス、3位クロップ

さらにバルサモエ~!ダニ・アウヴェスて!渋い!クロップに投票してるところが、ブンデスリーガーらしいですね。

アルベルト・ザッケローニ・日本代表監督
選手賞:1位イニエスタ、2位ロナウド、3位メッシ
監督賞:1位グアルディオラ、2位タバレス、3位ヴィラス・ボアス

メッシよりロナウドを上に入れてるところに、へぇえ、と思います。

せっかくなので
ハミト・アルティントップ・トルコ代表キャプテン
選手賞:1位ロナウド、2位メッシ、3位エズィル
監督賞:1位モウリーニョ、2位クロップ、3位ヴィラス・ボアス

真面目か!(^□^) チーム優先!偉いなあ。

チアゴ・シウバ・ブラジル代表キャプテン
選手賞:1位ロナウド、2位メッシ、3位ネイマール

いや、投票の中味はさておき、キャプテンはルシオじゃないんだー?ということにちょっと驚きを…。
あと、ベルギー代表のキャプテンがコンパニーでもフェルメーレンでもなく、シモンスだったのも意外でした。

話題沸騰
ズラタン・イブラヒモヴィッチ・スウェーデン代表キャプテン
選手賞:1位メッシ、2位ルーニー、3位イニエスタ
監督賞:1位グアルディオラ、2位モウリーニョ、3位ヴィラス・ボアス

あんなに悪口言ってたくせにペップが1位て!(驚)そして選手たちを「いい子ちゃん集団」とヤユしていたバルサから2人も…。プロフェッショナルなのかなんなのか…。器のデカさもやっぱり規格外、ということなのかな?(^∀^;)

----------
さて選手賞には我らのシュヴァインシュタイガーエズィル等もノミネートされておりました。
その候補者23名の順位も発表になりましたが、全員はめんどくさいので個人的に気になる選手だけ。

11位メスート・エズィル
12位ヴェスレイ・スナイデル
13位トーマス・ミュラー
15位バスティアン・シュヴァインシュタイガー

パーセンテージは低すぎてどうでもいいので略。
むーん。ドイツ代表が3人もノミネートされたことは喜ばしいことですが、シュヴァインシュタイガーはまだまだ過小評価されてる気もしますね。来年はもっと上に行くような予感がしますし、ラームも加わることになるでしょう。クロースも入ると嬉しいですね。
オランダ代表は…EUROで好成績を残せば誰か一人ぐらいは…とほほ。ファンペルシーとか…。

監督賞では10人の候補者のうち、レーヴが6位、クロップが9位でした。
いやぁもぅ、アタシゃこの中にファンマルヴァイク(曲がりなりにも世界ランク2位の国なのに!)とアッレグリがノミネートすらされてないことに不満がいっぱいですよ~~。
御義父様はともかく、アッレグリは今シーズンもミランが優勝したら、きっと名前ぐらいはっ!

ワタシの気になる人の話だけしました。他のデータが気になる方はここで確認してね!(PDFファイル)
得票結果 (←宮間惜しかったのね) 
選手賞 
監督賞

おまけ
120110_dsc08309
あーあー、もう。今見てるんだから速報出さなくてもわかってるちゅーねん…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/26

「結束の一本線」とは何ぞや

説明しよう!

111226_adidasjapan

ちゃんとした写真をいっしょけんめい探すほど日本代表愛があるわけではないし、アディダスの専門サイトは何故かまっ黒けなまま開かないので、発表会のキャプチャ画像で申し訳ないです。

111226_kagawa

はい、この真ん中の赤の縦線が「結束の一本線」なのだそうです。

111226_kessoku3

ソックスにも結束一本線が入ってますぜ。

従来の「襟元にレッドカード」と言い、どんどんヘンテコなデザインになっていく日本代表ユニではありますが、当初リークされていた「ナナメのタスキ線」よりはずっとマシだったんでは?

111226_macky

オーセンティックバージョンには「猫背防止」のX加工。これはおなじみ。

111226_kessoku

デザインもアレだけど、やたら「結束」を連発するのがうっとーしーねん。耳がカユくなった。
「結束の一本線」という言葉を流通させようとしているようですが、よくよく考えたら意味不明ですよ。

余談ですが、「結束」を連発される度に、もと流通業だった自分、業務用の「結束バンド」を連想してしゃあなかったです…
Ptype
(販売業者さんからのサイトから画像拝借御容赦 m(__)m)
PPバンドって言うのか…。プラスチックのストッパーで止めるアレね。

画像を探してうろうろしてたら、こんなもんめっけたのでおまけ
111226_adidasjapan2
ファンボメルだ!しかもイブラよりも前!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/16

速報:ELドロー

111216_uefa3
この大量のボール(笑)

こうなりました。

111216_uefa4

2回戦の組み合わせも決まりました
111216_uefa5

アヤックスの運の悪さはどこまで続くのか…。
こうなったら笑うしかないですね。ハハハハハ…

他にもポルト対マンCとか、ラツィオ対アトレティコとか、もったいない組み合わせが出来てしまいましたが。

シャルケはぷるぜにゅと、ハノーファーはブルージュと。
しっかりきっちり勝ち抜けて欲しいです。
まあ、ドイツ勢やその他のオランダ勢がラツィオやウディネーゼと当たらなくて良かったのかな。
PSVはCLからの降格チームであるトルコのトラブゾンスポルと…厳しいかも知れませんけど、ここで終わるわけにはいかん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/14

11.11.11 11′

どもども、お久しぶりです、コリアンダーです。帰ってまいりました。

未だに情報収集も追いついておらず、あまり内容を把握してないのですが(^^ゞ、留守している間に行われた、ネタ満載だったらしい代表戦の結果をサクッとまとめておきます。

なんと言ってもー!!

111111_3
なんという嬉しそうな表情!モエーモエーモエー(*´∀`*)heart04

ベルギー 2-1 ルーマニア

EURO非出場国同士、世間から注目されないままひっそりと(?)行われたこの親善試合にてファンブイテンがー!なななーーーんと!!!

11年11月11日・(試合開始)11分ゴーーール!!!

すごくなーい?すごくなーい?なにその奇跡ーーー!(゚∀゚)

と。
興奮しているのはどうやらワタシだけのようで、この奇跡のゾロ目ゴールをフィーチャーしているメディアは全世界で皆無のようす・・・
つまらん~

111111_rtbf3
せめて試合後のインタビューをキャプってみた。アゴヒゲ…。映像の最後で、誰か選手に通りすがりに耳をちょこちょこされてましたけど、誰だったのかなー (こちら。「Vidéos」をポチしてね)

[追記]肝心のことを書き忘れてました。ゴールはいつもように(笑)セットプレーからのヘディングです。

なんでみんなもっと盛り上がらないのー?やっぱりアレか、試合終了間際にファウルでPKを与えてしまい、大ピンチを招いたからなのかー?!(>_<)

111111_sporza
本人はボールに行ったつもりだったようですが、少し遅れてしまい、突進する相手選手を華麗にひっくり返してしまいました。

しかしー!
111111_sporza2

111111_16

このPKはみごとGKジレがストップ!ベルギーをがっかりドローから救ってくれました。ファンブイテンもジレに感謝しているようです。やれやれホッ。

そんなファンブイテンとベルギー代表は明日、いよいよフランス代表と親善試合です。ラブラブheartリベリとの対戦ということですが、本人は、大親友だけどフランクを勝たせるわけにはいかないぜ、と意気込んでいるようです。さてどうなることやら(^m^)

そしてー

トルコ 0-3 クロアチア

こちらは本気のガチ勝負!EURO2012出場権を賭けたプレーオフです。
ぼんやり結果checkだけで、書くことは特にないのですが、我らのオリッチがゴールを決めたというのが嬉しくて、つい。おめでとー!(^∀^)

111111_olic
代表では18番のようだ・・・。監督のファッションがなんとも言えませんね。寒いのかな。

何かとやりにくいトルコのホームで、思いがけず快勝です。本大会出場に向けて大きく前進ですね。08年EURO準々決勝での借りを返せましたでしょうか。

111111_bilic
♪飛んでインスタンブ~ゥル~♪恨まないのがルール~♪ってね。

はっΣ(゚∀゚)
ダニエルゾロ目祭り(←ワタシだけ)に浮かれていたら、ドイツやオランダの話をする余地がなくなってしまいましたのでいったん切ります。
…どっちも全然見てないし、びみょうドローだったらしいので、書きようがないのですが(^_^;)とりあえず 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/19

今夜は3連戦

110917_octoberfest9

110917_octoberfest10

110917_octoberfest4

O'zapft is !

110917_octoberfest12
アジアンテイストなお方

110917_octoberfest6
飲むぞー!

110917_octoberfest5
食うぞー!

110917_octoberfest1_2
ゴクリ…(生唾)

いやはやいやはや、すっかり失念していたのですが(汗)、昨日(17日)、オクトーバーフェストが開幕したのですね。ああ、うらやましい。行きたい。飲みたい。

Oktoberfest2011
コンテストで決めたらしい今年の公式ポスター。かわいい。

さてそんなビール祭り開幕の日に行われたブンデスリーガ、ネタ満載だったようで…

110917_poldi

ポドルスキが2ゴール1アシストの爆発とか(レヴァークーゼンの守備はどうだったんだ…?汗)、ヴィーゼが退場したとか、細貝モエ、じゃないわ、萌が2試合連続ゴールだとか、しかしなんと言っても最大のネタは

110917_hasebe

?!?

110917_hasebe2

GK・長谷部(爆)

GK・ヒッツが審判に暴言を吐いたというので一発退場、しかしヴォルフスブルクは交代枠を3つすでに使い切っていたため、残り10分、仕方なくフィールドプレーヤーである長谷部がGKに任命されたようです。
もちろんファインセーブ祭りとはいきませんで、その後ヴォルフスブルクは1失点、点差が開いて負けてしまいました。
ワタシとしてはおもしろネタで、「どんだけ便利屋扱いなんだ」「長いサッカーキャリアの中でこんな経験めったに出来ないんだから思い出になるジャン」とゲラゲラとエア爆笑していたのですが。
後日談によると本人は全然やりたくなかった(-_-)けど監督命令だから、とか、ニホンからも「マガト何考えてるんだっ」的な論調が多いみたいで、とても笑い事ではなかった様子。負けてしまったのだから当然ではありますが、でもバイエルンのタルナトやドルトムントのコラーは今でも楽しく語り継がれているのに、なんとゆうか、この生真面目な余裕のなさに、ヴォルフスブルクを取り巻く状況の厳しさを感じてしまいました…。

それにしても、退場になったヒッツマガト監督に「ちっ違うんですっそっそんなんじゃなくてあのあのっsweat01」と必死に言い訳してるぽいのが哀れでした。こりゃ罰金かアマチュアへの降格(ベナーリオが帰って来たら)決定かもね…かわいそ(:_;)

さて

3連戦とは何かと言うと、ワタシにとって大事な試合が何故か本日(18日)に集中していますよ、ということです。

その1)
PSV対アヤックス
blogの更新に間に合いませんで(苦笑)もう終わっちゃいました。
両チームとも日本人選手が在籍していないにも関わらず、ありがたいことに、Jスポ様で放送がありました。感謝です。
結果は2-2のドローで、試合内容も、荒れ気味だったのが気になりましたが、白熱してて、まあまあ楽しめたのですが…。

試合中にPSVのGK・ティトンが味方DFのデライクと衝突。デライクの膝がティトンの顔面にモロに入り、ティトンはピッチ上で意識を失います。試合は15分間中断、対戦相手であるアヤックスのドクターも参加して治療が行われ、ティトンは意識がないまま慎重に運ばれ病院へ直行。
その後スキャンを撮り、頭蓋骨や首に骨折は見られず、意識は回復した(←多分)、という知らせは入ったのですが、詳細はまだ分かってません。非常に非常に心配です。

前日のセリエAでも、ローマのステケレンブルフがインテルのルシオと衝突して失神、やはり病院送りになったというアクシデントがあり、立て続けに同じような事故を見てしまったので、いささか気分が乱れております。
ちなみにステレンブルフも骨折等はなく、意識も戻り退院も可能らしいということで、最悪の事態は免れたようなのですが、復帰時期などは未定のままです。
しかも蹴っ飛ばしたのがルシオというのが、なんともやるせない…。

その2)
シャルケ対バイエルン
間もなく始まります。
トピックとして、おととい、リベリに3人目のコドモが産まれたそうです。初めての男の子!おめでとう!\(^∀^)/
今日はガツンとゴールを決めて、みんなにゆりかごパフォしてもらうといいよ。

そして、ノイアーにとっては、正真正銘、バイエルン移籍後初めて、シャルケの敵としてゲルゼンキルヒェンに乗り込むことになります。
ドイツメディアではいろいろな特集を組んだり本人や関係者がコメントしたりしていますが、厳しいブーイングは覚悟しなくてはならないでしょう。
しかしバイエルンへの移籍を決めた時からわかっていたこと。耐えて乗り越えて、何年か経てば、批判の意見も少しずつ小さくなって認めてくれる人も増えるはず。

勝てると確信していますので、がんばろー。ただ楽勝は難しいかも知れません。

その3)
ナポリ対ミラン
怪我人続出!今シーズンナニゲにまだ勝利なし!
ぶっちゃけ、バイエルンより心配ですが…
ファンボメルがむばれ!アンタが鍵だ!ノチェリーノとしっかり息を合わせるのだぞ!まあ、そこはバルサ戦のパフォーマンスならだいじょぶそうだけど。
ちょっと時間が無くなっちゃった。書いてる量が少ないからと言って気持ちが少ないわけではありません(^_^;)

110916_3
しょっぱいスコアでもいい!勝ってね!

では!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/07

スーペルコッパ:ミラン対インテル

ざっくり。

8月6日 イタリア・スーペルコッパ ACミラン 2-1 インテルナツィオナーレ

110806_milaninterfj
交代:パト(62ロビーニョ)、アンブロジーニ(75ガットゥーゾ)、エマヌエルソン(82ボアテンク)
サブ:アメリア、ボネーラ、ジェペス、カッサーノ

ゴール:スナイデル(22)、イブラヒモヴィッチ(58)、ボアテンク(69)
カード: ガットゥーゾアンブロジーニザンブロッタチアゴ・モッタ

110806_22

110806_20
またまたナイスポジショニング。

勝った勝ったー\(^∀^)/
ファンボメルもワタシも初めてのイタリア・スーパーカップ。
なんでこんな中途半端な時期にやるかなあ、と、応援態度がむずかしい試合ではありますが、やはりダービーともなると、知らず知らずのうちに力が入っちゃいましたよ。

前半はミランもファンボメルも、目も覆わんばかりに超ヒドいパフォーマンスでしたが、後半は別チームに生まれ変わって、スーパーな試合運びをしていましたね。
この変貌ぶりはどうしたことか、一体ロッカールームで何があったのか知りたいものです。
イブラヒモヴィッチのパフォーマンス次第でこうも変わるもんなのか。本気出したイブラはホントに凄くて惚れますlovelyが、これでは今シーズンも「イブラ依存」になるんでないかという一抹の不安も。それならそれで、どうかシーズン通してムラのないパフォーマンスをお願いします。m(__)m

110806_boa
ボアテンクのキレのあるカンフー(?)パフォ!
面白過ぎるぞカッコいいぞアンタ。好きになっちゃうかも。いやゴールも泥臭くてよかったよ~。

味方のファウルを指さし確認するのは何故だろう
110806_dsc07806
ボアテンク

110806_dsc07808
アバーテ

110806_dsc07804
イイ感じ

ファンボメルの出来は平々凡々やや悪し、という印象でした。チームの調子とシンクロして後半は良くなりましたが。
試合開始早々の1分30秒あたりでハードなタックルをしたり(当事者と無理やり握手をしようとして嫌がられてた(^m^))、スナイデルをまた削ってまたイラッとさせたり、自分でつっかけておきながらえげつない演技で向こうにファウルを出させたりとか、見せ場はそれなりにありましたが、ワタシ的ツボはこちら

110806_dsc07817
T・シウバの急所がT・モッタに急襲された!

普段モメごとにはあまり関わらないファンボメルも思わず大興奮!
110806_26

110806_dsc07809
「おい!今のはヒデーだろ!」

110806_dsc07810
この二人に噛みつかれては…。「(ヤバいヤバいマジこわいsweat02)」←審判心の声(うそ?)

110806_dsc07811_2
「待てコラ!逃げるなよ!」

110806_dsc07812
「見ろ!こんなに腫れ上がってるじゃねーか!ウチの弟分のナニが使い物にならなくなったらどーオトシマエをつけてくれるんだ!」(うそ)

その後くだんのシーンのリプレー映像が流れていたのですが…。

110806_dsc07815
リプレー終わってもまだやってた(T∀T)

そんな中どさくさにまぎれるセードルフ
110806_dsc07816

110806_dsc07818
想像するに、MVPかなんか受賞したみたい。

110806_dsc07819
あんりまー。
というわけで、突然映像が途切れてしまって、肝心の授賞式の様子は見れなかったのですハハ( ̄▽ ̄)中途半端~

110806_birdnest
「倍耐力」と書いて「ピレリ」と読むのだと言われてもピンと来ませんわねぇ。
満員の鳥の巣スタジアムはものすごく大きくて迫力あり、素晴らしい雰囲気でした。

サッカー的つっこみどころは満載ですが、とりいそぎこれまで。
インテルの新しいシステムがどうとかいう話は全然わかんないも~ん(汗)
勝ったミランにも課題が残った気がします。お互い、いまいちだったかなぁ、という内容だったのではないでしょうか。

チームは深夜までどんちゃん騒ぎ、か、アダルティーなディナーかよくわかりませんが、とにかく祝勝会をして、一夜明け先ほどミラノに向けて長い長いフライトに旅立ちました。
中国メディアを通してそこそこ情報も入って来たし(イタリアだけならこうはいかなかったのではないかと)、ワタシ的にはなかなか楽しかった今回の中国遠征でありました。
まあ、選手の疲労は心配ですが。ともあれ、シーズン初のタイトル。おめでとう、お疲れさまでした~(^^)/

おまけ
110806_41

| | コメント (2) | トラックバック (0)