サッカーその他10/11

2011/05/26

最終節のファンボメル

もうこの後がないと思うとなんだか名残惜しい気持ちもあったのですが、やれやれ、ようやく見終わりましたよ。

5月22日 セリエA 第38節 ウディネーゼ・カルチョ 0-0 ACミラン

110522_udinesemilanfj 
交代:エマヌエルソン(46ファンボメル)、ロビーニョ(76パト)、ローマ(87アメリア)
サブ:ボネーラ、パパスタソプーロス、ストラッサー、インザーギ

カード: ベナティアフラミニボアテンクセードルフ

110522_dsc07723

前半だけで交代退場してしまいましたので、これと言った見せ場はありませんでした。
いや、まぁ、コリアンダー的には、バレないように痛めないようにこっそりと後ろから相手選手のスネを蹴飛ばしてて(^m^)イヒッとか、視野の広いサイドチェンジのクロスうまー!(゚∀゚)とか、ミスしちゃダメやーん(>_<)とか、チアゴ・シウバとタッチしてるー☆(^ー^)とか、今シーズン最後の試合、最後のプレー、細かく堪能しましたけどね…。

続きを読む "最終節のファンボメル"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/22

ピルロ退団に思うこと

注※かたよった内容です。ピルロ回顧話でもサッカー分析でもありません。

(別logの前置きのつもりで書いたのに、やたら長くなってしまったので分けます)

ファンボメルの契約延長にホッとする一方で、最近気になった、ふたつの退団話がありました。

ひとつはブレーメンのフリンクス
伝えられるところによると彼の給料を払えるだけのお金がクラブにない、ということで、泣く泣く放出するにいたったらしいです。
条件面で折り合いが付かずキャプテンが退団、しかもお互い子供の頃からの知り合い、ということで、ついファンボメルを思い出してしまいました…。
ただ、決定的に違うのは、金があるのに出し渋ったバイエルンと本当に金がないブレーメン、そして、何よりも、クラブは依然フリンクスを必要としていたらしい(多分)、ということです。
そんなフリンクスのインタビューがBildに掲載されてましたが、クラブに対する恨み節などはなく前向きな内容で、少し安心しましたよ。

そしてもう一人は、ご存知、ミランのピルロです。
20日のトレーニングの際、涙を見せるピルロとチームメイト

長年のミラニスタ様、ピルロファンにとっては胸が締め付けられるであろう映像です。
次々とピルロを抱くチームメイトの中で、ファンボメルは、自分の出る幕じゃないのをわかっているのか、なんなのか、遠慮気味に軽く手を差し伸べるだけです。

10年間ミランに在籍し主力として貢献してきた、チームの魂のひとりとも言うべきピルロが何故放出されなければならなかったのか、沢山の方が分析していることでしょうが、とりあえずこちら

中盤の左サイドを探すミラン ピルロ退団は「技術的な理由」(livedoorスポーツ・Gazzetta)

ざっくばらんに言うと、アッレグリ監督が考える来季のチーム戦術にピルロのようなタイプは使いでがない、ということのようです。

金銭面の問題ではない、としていますが、残留すればファンボメルやアンブロジーニの控えとなるであろう選手に対して、今までと同じような給料を払うのは、金のなさそうなミランには見合わない、という側面も存在したのではないでしょうか?(ワタシの勝手な想像ですが)

第一、金銭面を差し置いても、そのような使われ方は、ピルロ本人のプライドが許さないでしょう。
絶対的主力としてプレーしてきて、そしてこれからもそうする確信があったにも関わらず、思いもよらない戦力外通告を受け、愛着あるクラブからの退団という形を取らざるを得なかった、という点では、ピルロの方がファンボメルと重なる部分が多いです。
決定的に違うのは監督の質…ゲホゴホっ

この↑動画を見て、ふと、「別れはつらかった。チームメイトに挨拶した時いっぱい泣いた」という、ファンボメルの退団の時もこんな感じだったのかな、と思ったのでした。本人も思い出しちゃったかも知れませんね。つい最近のことですし。
そしてファンボメルのことを、このアンブロジーニのように、心を込めてゆっくり抱き締めてくれたチームメイトはいただろうか、いたら嬉しいな、と。(あまりイメージできないけど(^_^;)やっぱりロッベン?)

そんなファンボメルが今度はピルロを(言い方が悪いですが)押し出してしまうような形になったのは、少し心痛みますし、運命の皮肉を感じたりもします。
だけど、これまたワタシの勝手想像100%ですが、ファンボメル自身も、「稀代の天才レジスタ」ピルロのことは尊敬していたはずですし、いっしょにプレーしたかった、共存できる(なんだったら「俺様がうまく生かしてやるぜ」とか)自信があったと思うのよ。今回のことは残念に思ってるはずです。たぶんね。ご近所さんらしいし。

と。なんとなくウェットなノリになってしまいましたが…
今はまだ、退団する選手やクラブのファンからは、悲しい寂しいばかりだと思います。
すっっっごく、そりゃもう、痛いほど、気持ちはわかります。4ヶ月前の自分がそうでしたから、いや、もっとヤバかったかも(^_^;ゞ
でも、いや、そんなワタシが言うのはなんとも片腹痛いこととは自覚しておりますが(苦笑)、プロ選手が出場機会を求めて新天地に向かうのは当然のこと。まだまだ主軸としてプレーする意欲のある彼らの、新しい冒険への出発なのです。
いつか笑顔で、いい決断をした、と、ピルロもフリンクスも語れる日が来ることを信じておりますよ。がむばれ!

でもなんでユヴェントスなんだろな?彼ほどの人なら、海外のビッグクラブからも引く手あまただったと思うけど…。てゆうか、単に、対戦したくないの~(汗)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/05/21

オールバックのファンボメル

110520_1
何故か監督まで試合用のユニフォームを着てトレーニングに参加したらしい。

というわけで、ミランネタですよ。

予定通り、昨日(19日)は、ミラノのドルチェ&ガッバーナのブティックにて、ACミラン優勝おめでとうぱーちーが開かれたもよう。

110519_dnadg

110519_pato

それはそれは沢山のファンがレッドカーペットに集まり、華やかなぱーちーが開かれましたよ、と、ドルガバ及びミラン公式twitterから、リアルタイムで実況つぶやきや写真、動画等がアプされていたようなのですが…(さすがに深夜なので寝ていた)。

110519_dnadg2
アノ本。

ファンボメルの写真(情報)がねぇー!?!∑(゚◇゚;)ガーン

ドルガバのtwitterやFacebookにはもちろん、ミラン公式がアプしている写真にすら姿を見かけないので、ぱーちーに参加したかどうかすら怪しい…(まさか)
いやまあ別に、ね、そんなにガーンとなるほどでもなく、想定の範囲内ではありますが。でもやっぱり寂しいじゃないの。

しょうがないので(?)、イベント開催直前に公開された、特設サイトより、写真集に掲載されていると思われる、ファンボメルのイケメンフォトをcheck・・・

続きを読む "オールバックのファンボメル"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/05/19

ゴーゴープリンス

アホネタです。アホアホスイッチが入ってしまったらしい。

ちょっとはっきり情報を追えてないのですが、NIKEミランがコラボ商品を発売したのか、どうか、その発表会みたいなのが行われたようです。
パト、ボアテンク、ザンブロッタが参加したもよう。根拠はこちらの動画

ボアテンクが、パトと出席しているプレスたちにあおられて、恥ずかしそうにちょこっとムーンウォークを披露する、というそれだけの内容で、なんちゅうことないのですが、それはともかく、後ろに掲げられている広告が

Nike_ximen

ミュータント戦士となったミラン選手。恐いよ~(汗)
ファンボメルはアディダスと契約してると思われるので(多分)、ここにおりません。ホッとしたような残念なような。

で、ででで!
ポチしていただいたら画像が大きくなるのですが、ボアテンクが持っている武器がぁ~!

070810fantasyj
(ラムたんモエ~)

コリアンダー三大傑作のうちのひとつと名高い(誰も言ってません)約4年前のらくがき。
ファンボメルの持ってるトゲトゲ鉄球がイメージにピッタリ、と好評だったのでした。
調子に乗ってもう一度2年前にもこのようならくがきを

090425_fcbschalkej

うひゃひゃ。
あれから年月は流れ、同じ武器を所持することになるとは、やはりファンボメルとボアテンクの間には義兄弟の盃が交わされ、じゃないわ、なんてゆうの、縁を感じますねぇ~。

という、ただそれだけのネタでしたε=┌(;^∀^)┘失敬!

ちなみにボアテンクは、見た目と違って(今は)破壊的なプレーはしておりませんで、ポジション的にもファンボメルとは重なっておりません。
ただ、勝利に対する熱いアグレッシブマインドはファンボメルと通じるものはありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/16

優勝セレモニーのファンボメル

どもども。
話せば長いことながら、まだバイエルンの試合放送を見れていないので(試合そのものはネットで見たのですが、珍しくものすごい深酒をしてしまったので、内容をほとんど覚えていない(^_^;))、まずはこちらを・・・

昨日発売のこちらの雑誌に、ファンボメルのインタビューが掲載されたようです。
110513_calcio2000_2

V・ボメル:「ミランにノーとは言えない」(Goal.com)
…。かつてバイエルンに対しても「ノーとは言えない」と言ってましたけど、そこはホラ、ねぇ(何よ)。
新しい号が出たら内容が変わる可能性がありますのでcheckはお早めに!こちらにて、記事のかんたんダイジェスト。他にも、最も印象に残っている(←ロールモデルとして?)選手はニリスだ、とか、パトはワールドクラスになるための伸びしろがじゅうぶんな選手だね、とか、語ったようです。

110514_7_2

5月14日 セリエA 第37節 ACミラン 4-1 カリアリ・カルチョ

アッビアーティ - アバーテ、チアゴ・シウバ、ジェペス、ザンブロッタ - エマヌエルソン、ガットゥーゾ、アンブロジーニ[C]、- セードルフ - パト、ロビーニョ

交代:ピルロ(46アンブロジーニ)、フラミニ(61ガットゥーゾ)、インザーギ(82パト)
サブ:アメリア、ボネーラ、ファンボメル、カッサーノ

得点:ロビーニョ(22)、ガットゥーゾ(24)、コッス(38)、ロビーニョ(35)、セードルフ(77)
カード:なし

ファンボメルは出番なし。
110514_dsc07708

消化試合・兼・優勝報告凱旋試合ということで、守備を多少犠牲にしてでも楽しく勝つために本日は攻撃的布陣、とか、記念なのでここはミランの古株たち優先、とか、納得してのベンチ入りとは思います…。

というわけで、花試合の雰囲気の中、楽しいゴール祭りでもって、快勝で~す。
長期離脱から復帰した、みんなのインザーギもちょっとだけプレーしたし、ミランにとってはいいこといっぱいの試合でした。
それにしても、ピッポは相変わらずカッコいいなぁ。存在に華がありますよ。

試合の話おわり。以下、楽しい楽しいイベントフォトです。

110514_5

試合の前に凱旋パレードが行われました。オープントップバスに乗って試合会場に向かいます。すごい人~!

110514_3
中央で、Tシャツを腰からぶら下げて(ふんどしみたい)袖まくりをしているのがファンボメルです。

110514_8
楽しそうでよかった(^^)

まだまだあるよ。

続きを読む "優勝セレモニーのファンボメル"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/05/14

ドルガバで行こう!

110507_gattuso4
ハメの外しすぎには注意しましょう。別にそんなに目くじら立てて怒るほどのこともないジャンねぇ、とか思ったけど…

ミランネタです。

ついったーの方にメモっておこうかと思ったのですが、140文字以内には収まりそうもないので・・・。

ミランの公式スポンサー様であるDolce&Gabbanaからインフォメーション…。(Facebook

110519_dg

ミラノにあるブティックにて、5月19日(木) 19:00~21:00、ACミラン優勝お祝いパーチーをします!
是非お集まりいただいて、到着する選手たちをお迎えください!
当日は写真集「MILAN FASHION -SOCCER PLAYERS PORTRAITS-」をプレゼントします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

行きたいよ~!…行けるもんなら(ToT)

セクスィブラックスーツをビシッと着こなしたモジャモジャダッチイケメンがセレブモード全開でレッドカーペットの上をヒーハー!(想像中)

それでもってなんですかその写真集って!きっと上の写真が表紙で、選手たちのカッコいいイケメン姿が満載に違いないよ…。
欲しい欲しい欲しい~!
タダじゃなくてもいい~~なんだったら金払うー!ミラン公式ショップとかで売ってくれないかな~ジタバタ(地団駄)

…はっ?(゚∀゚)
でももしかしたら、冬の移籍組は撮影してるヒマがなかったとかで、登場してなかったり?じゃいいけど…(←こらっっ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/11

コッパ準決勝(2nd)のファンボメル

どうもどうも。前日までの浮かれ気分はどこへやら、すっかりトホホモードにシフトチェンジ、いろいろと、現実逃避したくなってしまったコリアンダーです、こんばんわ。

5月10日 コッパ・イタリア 準決勝 2nd leg チッタ・ディ・パレルモ 2-1 ACミラン
(2試合合計ゴール数4-3パレルモが決勝進出

110510palermomilanfj
交代:ボネーラ(45+1アントニーニ)、イブラヒモヴィッチ(65セードルフ)、カッサーノ(80ネスタ)
サブ:アメリア、ジェペス、アンブロジーニ、ボアテンク

得点:ミリアッチョ(63)、ボヴォ(72PK)、イブラヒモヴィッチ(90+4)
カード: ファンボメル(72)、ボヴォ(75)  カッサーニバルザレッティバチノヴィッチイブラヒモヴィッチ

110510_4

バカ―――――――――(号泣)(T△T)

何やってんのー

いや、ミランが負けたことはまあ、残念ですが、それよりも何よりも、ファンボメルのせいで負けたということがぁ~~~~~~~○| ̄|_

一発レッドでPK献上て!そしてそれが決勝点て!

超かんたんハイライトを動画を見ただけですが、なんだか中央をすっぽ抜かれてイリチッチの独走を許してしまい、あわてて後ろから追いかけるのだが追いつけないので、手を伸ばしてユニを引っ張って転がしてしまいました。
シュートチャンスをファウルで止めた、というのでレッドカード&PK。

アントニーニが「ファンボメルは触っただけなのに」とかばう発言をしてくれたようですが、まあ確かに、後ろからちょこんと触ってるだけに見えました。
少なくともユニを思い切りびろーんとか、後ろから腕をからめた、とか、そんな感じではまったくなく。

110510_bommel

110510_bommel2 ねぇえ。

とはいえ、別の角度から見たらびろーんしてるのかも知れませんし、そもそも、腕を伸ばして触った時点で、そういう判断を与えてしまう動作をした時点で、もうダメプレーでしょう。

バカボメー!お役に立つどころか、敗因になっちゃダメじゃないかい、えぐえぐ(T-T)
ゴメンなさいミランの皆さんミラニスタの皆さん。せっかくリーグ戦で活躍して高評価をいただいたのに、台無しだお~~~(泣)

…ハァ。

試合についてあれこれ書きかけたのですが、もういいや・・・。
前半しか見ていないのですが、ミランもファンボメルも、そう悪くないと思いました。ただ、やっぱりパレルモは苦手なのね、ということと、先制されるとヤワになるという悪い癖は変わらず、ということで…。
もうなかったことにして忘れよう。。。しょぼぼん。

110510_9

味方同士で激突してしまい、負傷退場したアントニーニが心配です。膝を痛めたらしく、検査の結果待ちだとかで…わあ~(゚□゚;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/09

36節のファンボメル

110507_31
ど真ん中!ナイスポジション取り☆

というわけで、ミランが優勝を決めた試合です。

5月7日 セリエA 第36節 ASローマ 0-0 ACミラン

110507_romamilanfj
交代:アンブロジーニ(46ガットゥーゾ)、パト(73ロビーニョ)
サブ:アメリア、ジェペス、ボネーラ、ピルロ、カッサーノ

カード: タッデイボアテンクファンボメルパト

コラー!スコアレスドローってどうゆうことですか(^□^;)
優勝決めたからいいようなものの、ここはカッコよく勝とうぜ~。

110507_gattuso2
ガットゥーゾ、怪我させちゃダメじゃないかい(汗)骨折しちゃったらしいですよ…

非常にタイトな試合でしたね。
ローマがガッチガチに守備を固めたおかげで、ここのところ決定力がムニャムニャなミラン、ちょっとどむなりませんでした。
もっともミラン側も、引き分けでもOKだし、中二日ですぐ次の試合があるしで、ここは無理をしたくなかったのかも知れません。全体的に消極的な印象でした。

ファンボメルも、すかぱ解説のノノムラさんが言うには、ローマは彼をキープレイヤーとみなして警戒網を敷き、あまり自由なプレーをさせてもらえてなかったようです。
そんな中でも出来る限りのことを頑張ってましたけど…。
でも復帰早々でイエローはちょっとよくないねぇ(--;)カードが出たプレー自体はユルいファウルだったと思うけど、それまでの合わせ技かも知れません。

そんなファンボメルのこの試合最大の見どころはこちら

110507_20

110507_3_2
トッティをこすいファウルでポリポリ削ったりゴチャゴチャちょっかい出したりして、キレさせてあわよくばカードを出させようというイヤらしい高度な心理戦

と思ったら
110507_dsc07680
なんですかいきなり、そのラブラブheartアピールは?

110507_dsc07682
「~♪」
見よこの楽しそうな顔!トッティも半分呆れつつ「アイツにゃかなわん」と思ったに違いないよ(^m^)

そんなこんなで、試合の話は以上(え~)。

おまけ
110507_boa
ボアテンクの両手deWセクハラ攻撃(うそ)

優勝したファンボメルへの想いをツラツラ述べると長くなりそうなのでまたの機会にして、以後は楽しい楽しい祝勝フォトをどぞ

続きを読む "36節のファンボメル"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/05/08

ミラン優勝!

おはようございます。結局、ダニエルゴールと優勝への期待に興奮していたらしく、殆ど眠れませんでしたので、ひどい寝不足です(^_^;)
この後仮眠をしとうございますので、とりいそぎ

ACミラン、優勝おめでとう!!!

110507_10_2

110507_allegri2

…まあ、いざとなると、やはりちょっとヘンテコな気持ちにはなりました。
シーズン通してプレーしたわけじゃないし。去年の今頃とか思い出しちゃったりして。
…って

110507_11
「つべこべ言わずにこの胸に飛び込んで来ーい!」
えー、イイの~? ("▽") (いいわけないだろう)

110507_7
今シーズンはもう見れないかも知れないと思っていた、こんな笑顔がまた見れた。
だから、これで良かったのだ。少なくともアンタはそう思っている。

おめでとう!マルク!!

続く!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

きめてやる今夜(ミラン)

バイエルンが気持ちよく勝ったところでぇー!

ヴァイデンフェラーがイケメンである、という話をしましたが、そんなロマンさんに負けず劣らないミラノのダッチイケメン

110503_dsc07672

いーやっダメです!全世界のボメラーに訴えられても石を投げられても槍で突かれても、コリアンダーはここを動きませぬぞ!(←ガッシとTV画面にへばりついている)
このヒトはアタシのものよ~!heart04heart01
なんでインタビュアーの姉ちゃんはこんなまなざしで見つめられて正気でいられるんだ?
それでもってアナタ、この画面ではわかりませんが、ガッバー開いた胸元から魅惑のムナゲーがチラチラのぞいてて、びみょうセクシィオーラ大放射~!!heart02
これもデジタル高画質だからこそ!改めてTwellV様に三顧の礼を~~~!!!

はっ∑(|゚∀゚||) ←石を投げられ槍で突かれ鼻血噴出で血まみれ

大変失礼しました。つい我を。
上の写真はいつもより大きめにしてありますので、ボメラー様はよろしければお持ち帰りくだされ…。←よくわからないごますり

ダルマメタボ代理人が「ファンボメルがいなければミランの優勝はなかった」と豪語したようですが、クライアントをホメるのは当たり前だぁね。
契約延長に向けて視界良好、というニュースはしょっちゅう出ますが、ガッリアーニ副会長から、交渉はシーズン終了後に行う、と言われたそうです。ただ、ファンボメル本人も手応えは感じているようで、特に焦ったりはしてないみたい。
いやっアッレグリ監督も、「短い期間で、ファンボメルはチームにとって重要な存在となった」的なホメホメコメントをしてくれてるようですよ~(^∀^)

さてそんなミランですが、この後ローマとの試合があり、引き分け以上で優勝が決まります。
出停明けのファンボメルイブラヒモヴィッチも出場が見込まれていますo(^-^)o
怪我離脱中だったガットゥーゾの様子はどうだろうか…。
とはいえ、火曜日にはコッパ準決勝の2nd legもありますし、こちらの方が際どいことになってますから、どうなるのかちょっと読めないところではあります。

ただ、CL出場権がかかるローマですので、向こうもモチベーションは高いはず。
ミラン的には引き分けでもオッケー、ということですし、アウェーだし、もしかしたらちょっとユルい入り方をするかも知れませんが…。

アッレグリ監督は、怪我中のヤンクロフスキを除くミランの全ての選手をローマに帯同させたそうです。
この試合で優勝を決めて、みんなでお祝いしようという心づもりがわかりますね。
こんだけ準備万端で、うっかり負けておあずけになったりしたら、カッコ悪いったらありゃしない。
勝って決めよう!そして、勝利の美酒に酔いしれよう!
イタリアだからビールかけとかポロネーゼとかはしないのかな?アウェーだからちょっと遠慮するのかな?何にせよ楽しみです。
そしてその場に参加できないヤンクロフスキのユニフォームなんかを掲げてくれたら感激しちゃいますね。

ワタシにとっても、万感胸に迫ることでしょう…。とても一口は言い表せないほどの。
が、いかんせん。
眠い!

申し訳ない、栄冠を信じて、ファンボメルの心からの笑顔を信じて、寝ます~。ミラニスタの皆さまファンボメルファンの皆さま、応援ヨロシクです!
勝ってね!

余談
「きめてやる今夜」とは、フレーズだけなんとなく頭に残っていたので、先のバイエルンの記事「きめてくれ今夜」とセットにして勝手に使わせてもらいましたが、往年のジュリーの歌のタイトルだったようですね。歌の内容とか全然覚えてないのにタイトルだけ頭に残ってるとは、言葉の持つ力とはすごいねぇ、と思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧