バイエルン・ミュンヘン10/11

2011/06/26

キンキラリンに生きるだけさ~

(大幅加筆しました)

本日からいよいよ、女子W杯ドイツ大会が始まりますね~。フジさんでは日本代表戦の放送があるはずですが、NHK-BSではドイツ戦なども沢山放送するはずです(全試合?)。なでしこもドイツもがむばれ!でもやっぱりドイツに優勝して欲しいかな(ゴメン)。

U-17(男子)W杯もメキシコで絶賛開催中ですが、こちらも日本とドイツが晴れて決勝Tに進出したみたいですよ(^∀^)(結果しかcheckしてませんけど…)そのドイツに圧勝して(?)EUROを制したオランダが、2敗1分けという惨憺たる戦績で魔さかのGL敗退てどんだけ…

バイエルンはここのところ静かですが(周辺はニギヤカですが)、ミランの方はざくざくと移籍話がまとまっておるようです。
ドイツに関係ある話としては、メルケルがジェノアとの共同所有というカタチで、あっちに行くことが決まってしまいましたトホホ(T-T)
本人はいずれミランに戻ってくるぜ、と意気込みを語っているようですが、彼が帰ってくる頃にはファンボメルもミランにいないだろうし、ワタシとミランの関係もどうなっていることやら。。。

と、そんな世間の流れに関係なく、ファンボメルネタを準備中でしたが…。
これが遅々として進まず、先が見えなくてめんどくさくなってきましたので、息抜きに拾った今さらネタをどぞ。

ファンボメルが退団して以来、どうせアイツはいないから、と、バイエルンのファンショップカタログにがぜん興味がなくなっていたのでケロリと忘れていたのですが、そういえば、と、ずいぶん前に(おそらく1ヵ月半以上前(^_^;))アプされていた、春カタログのオンライン版を見てみたのです。
皆さまとっくにcheck済とは思いますが…。 いやいやどもスイマセン、すっかりこの頃、何事も後手後手に回ってまして(^^ゞ

1105_katalog
♪キンキラリンにさりげなく~☆っとな。

1105
おぉ!なんとファンブイテンがこんな好ポジションにいたとわ!(゚∀゚)
リベリの恨めしげな目線がたまりません。

1105_katalog_3
ノイアーの加入を待つまでもなく、GKユニのデザインは決まってたらしい。「Nr.1 BUTT」が泣かせるじゃないかい。
ちなみにブットと共にクラフトがモデルをやってるところも更に泣かせます。
他にも、この時点ではまだ退団の決まってなかったクローゼ、オットル、などが登場しているのがこのカタログの見どころであり悲しくもあり…。

1105_2
マギーちゃんか!と脳内つっこみが入った、堂に入ったポージングのアリエンたんモエー
(マギーちゃんて?という方のために。オフィシャルblogはこちらですが、それよりも月曜日の「すぽると!」を見た方が手っ取り早いかと…)

1105_kataloggustavo_2
「やっべー一限始まっちゃってるジャンsweat01

ネタ要員はやっぱりこの人
1105_kataloggomez
↑後ろアタマはこうなってます。

1105_kataloggomez2
「麦わら帽子一丁~!あらよっと」

おなじみ金髪ボランチもイケメンモード全開です!
1105_katalogtymo
うわっ!これはヤバい!さすがのワタシも(?)ちょっとドキドキしちゃいましたよshine
ウェブカタログ上ではもっと大きく高解像度で見れます!ゼヒゼヒその目でご覧下さい!

[付け足しネタ]
書くはずだったのに忘れてました。
ありそうでなかった。オリバー・カーンが自身の基金を設立した(する?)そうです。
具体的に何をどうするのかよくわかりませんが、若者の社会的自立とか、モチベーションアップかなんかを支援するとか、なんとか…。いまいちモンニャリした抽象的な表現ですのではっきりしません。
手続きはこれから行われるみたいですので、ちゃんと決まったらもう少し情報が出るかも知れません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/06/24

釣り吉ダニエル

どうもどうも、お久しぶりです、コリアンダーです。
来シーズンのブンデスリーガの試合日程が発表になりましたねー。そこらへんはバイエルン公式とかkickerさんとかブンデスリーガ公式とかで確認してね、ということでひとつ(サボり)。
とりあえず開幕戦はボルシアMGとですよー。「クラッシカー」ですよー。ボルシアMGといえば、未だに、ダンテに興味がないとも言えないとは限らないかも知れない、的な、どうでもいい感じの記事が出てましたけど。

本文とまるで関係ありませんが、ミュラーが何やら、事故や事件で両親を亡くした孤児をサポートする財団の大使に任命されたとかで、その活動イベントレポが、バイエルン公式とか毎度おなじみtzとかに出てました。

110620_mueller

その中で「W杯以降、(この手の)依頼やオファーは沢山来たけれど、慌てて決めるようなことはしたくなかったんだ」とかなんとか語っている一文を見て、なるほどなあ、急に人気者になったから、そのへんのバランスを保つのは大変ね、でもちゃんと吟味して、地に足着いた活動をしているようでエラいじゃないの、と感心した次第であります。

さて

欧州サッカー界は選手はもちろんのこと、クラブ幹部も夏休みに入ってるところが多いとお見受けします。
(ブンデスリーガでは早くもトレーニングが始まったところもいくつかあるようですが…。)
そんな中で出てくる移籍ネタというのは、どこまで信憑性があるのか怪しいものではありますが、ワタシ個人としては、ファンボメルに続いてファンブイテンまで出て行ってしまったら、何を楽しみにバイエルンを見ていいのやら、せっかく持ち直したバイエルン愛が今度こそ激しく揺らぐであろうと恐々としております。
まあ、少なくとも今夏の移籍はないと思いますがね…。ファンブイテンは、たとえベンチに座るかも知れないと思ってても、ポジション競争をいとわずに、バイエルンに残る方を選ぶと思いますよ。

そんなダニエルの魅力満載、というか、個人の趣味で作ったんじゃないかと思うような、ものすごいCMがあることをしし丸様から教えていただきました…

もうこのサムネイル画像からして推して知るべし、であります。自慢の肉体美をさらし、ハァハァ言うダニエル…heart04朝っぱらからご覧になって鼻血吹いても責任はとりませんのでご注意くださいsmile
ちなみにこの「Big Mat」というのは、なんだかよくわかりませんが、どうやら建築資材の卸業者かなんか、ムチャクチャ地味~~な企業のようでございます。

そして

ブンデスリーガのシーズンが終わった後、EURO予選が始まる前、Bildにて連載されていた、バイエルン選手の知られざる一面をフィーチャーした企画記事の中のひとつに、ファンブイテンが登場しておりました。ちなみにその企画では他に、ブット、グスタヴォ、オリッチが登場していたようでございます。

11_05_25_bild
なんじゃこりゃ。

もう1ヵ月前の記事ですが。趣味の釣りについて語っております。(こちら
サッカー以外の話をしているところはなかなか貴重なのです。
今頃どうしているのやら。「3位になったらバカンスは返上してトレーニングをする」と言っていたファンブイテンですが、本当なのかどうか、あるいは、こんな風にどこかで釣りを楽しんでいるのか…。全然情報が出ないのでわかりませんが。

ちなみにこの記事は、クローゼのラツィオ移籍決定前のものであります…(涙)結局いっしょに釣りに行くことは叶わないのでしょうか…?(ToT)

とりあえず、行ってみよー

----------
ダニエル・ファン・ボイテン(33)は、シーズン中の間は、彼のもっとも好きな趣味を追求する時間がない。

「僕たちはどの日もトレーニングをしますし、3~4日もプレーしたら、釣りをするための余裕がほとんど残らないのです」と、FCバイエルンの巨大なベルギー人DFは語った。「僕は釣りに行くために、朝4時とか5時とかに起きるのが好きなんです。自然の中にいるのは楽しいです。日の出、あるいは日没時が最も、魚が獲れますよ」

バカンスで-彼のは、実際にはEURO予選の後に始まるのだが-ファン・ボイテンは再びすごい獲物をゲットするのだ・・・

Bild:もっとも大きい獲物は?

ファンブイテン:「ループ・デ・メール(Loup de mer)*、シーバスです(編集部注:2メートル以上)。マルセイユ時代に海釣りで。時々、巨大マグロを探して、ボートで沖に出ることだってあります。ソナー探査機を使って発見しました。ですが僕はむしろ、大がかりな技術を使わない釣りの方が好みです。川や池の、良い静かなポイントを探して、それから自分の運を試すのが好きなのです。」

Bild:どのようにして釣りを始めたのですか?

ファンブイテン:「僕の父、フランツからです。彼が僕に教えてくれました。かつて彼と兄弟アラン(Alain)と僕で、しょちゅう釣りに行っていたのです。誰が一番大きい魚を捕まえたか、いつも競争でした。それはいつでも、とても素敵な時でした。良い思い出です。僕は自分の一番最初の、竹と釣り糸で出来たかんたんな釣りざおをまだ持ってますよ。」

Bild:今でもそれで釣りをするのですか?

ファンブイテン:「もちろん、今は高性能の道具を持っています。だけど竹の釣りざおも、僕にとってはとても重要なものです。父が僕にくれたものは、どれだけ金を積んでも買い戻せるものではありません。」

Bild:自分で魚を料理することができますか?

ファンブイテン(笑):「僕はよく食べるよ、一番好きなのはループ・デ・メールだね!僕たちは自分たちが捕まえた魚はほとんど食べていました。僕ら男子は掃除をして(?)、母が調理をしていました。僕のカノジョ*もとても上手ですよ。」

Bild:ここでの慌ただしいブンデスリーガ・ビジネスでのチームスポーツと、孤独で静かな釣りというあなたの趣味は、極度に矛盾したものだと思いませんか?

ファンブイテン:「僕にとっては、スイッチをオフにして、アタマを解放するのにこれ以上のものはありません。それに、サッカーと共通する点はあると僕は思っています…」

Bild:どこらへんが?

ファンブイテン:「大きな魚を急いで捕まえようとすると、逃してしまうこともあり得ます。試合でも、強引に行こうとして、いらいらした行動をとると、間違った方向に進んでしまうかも知れません。突然、敗者になるのです。」

Bild:まるでほとんど哲学に聞こえますよ。Angler-Latein*とか…。

ファンブイテン:「いや、マジメに!釣りからは、忍耐を学びます。決定的瞬間に集中します。反射の訓練にもなります:長くかかるものではありませんが(←??)一度フロートが沈んだら、魚が餌に食いついたら、迅速に対応しなければいけないのです。試合での、予期せぬボールのように。」

Bild:他に釣りをする選手は?

ファンブイテン:「ミロ・クローゼです。僕はよく彼と、今度一緒に釣りに行こう、と話しています。残念なことにこれまでその時間はないのですが。」

Bild:あなたとFCバイエルンは、来シーズンはタイトルを釣り上げるのでしょうか?

ファンブイテン:「本当にそう願うよ!タイトルは魚みたいなものです。自分自身が本当にやり遂げた時が、もっとも味わい深いのです」

----------
*…「Loup de mer」というのが「ループ・デ・メール」と表記するのは正しいのかどうかわかりません。ゴーグルで検索したら1件しかヒットしませんでした(^∀^;)

*…僕のカノジョ:言わずと知れたCelineさんですが、ワタシ的にはまだ籍を入れてないという認識だったのですが、バイエルン公式日本語版とかでは、「妻」と表記されております。結婚しちゃったんですかね~?(←知らんのか)

*…Angler-Latein:全然わかりませんでしたけど、「釣り名言」的な意味かと想像します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/12

「君はオリバー・カーンにはなれない、オリバーも君にはなれない」

ノイアーの入団コメントをFCB.tvで見た時ついでに、何カ月も前の、何やら、アディダスの広告を撮影したらしい時のメイキング動画を発見したのですが…

110325_fcbtv
リアリティなさすぎ(泣)

というわけでごちゃごちゃトピックスです。

誕生日(6月9日)の入団会見だったそうです。110609_miro2_2

思ってたほど違和感は感じないのですが、この場所がイタリアだと思うとやっぱり妙な気分に。背番号は何番になるのかな?

110610_fcb

そのいっぽうでバイエルンでは、アラバとの契約を2015年まで延長したそうです!やったね☆
やっぱり最近の代表戦の印象が良かったのかも知れませんね。
しかし即レンタルバックとなるかどうかはまだはっきりしない様子…。今のバイエルンでレギュラーでプレーするのは難しそうですし、まだレンタル修行ですかねぇ?どうなるでしょうか。いずれにしても、成長を楽しみにしたいと思います(^ー^)

ところで

ドイツサッカー界での今夏の移籍市場の最大トピックと言えばもちろん、ノイアーのバイエルンへの移籍、で決まりでしょう。

110609_fcbshop
新しいGKユニも発売開始。今ならクラフトの名前も入れられます…(涙)

これを受けて早速、各サッカー関係者やらなんやらが、こぞって「もちろんバイエルンでもやっていけると思う!」とか、同じくらいの年齢でバイエルンに移籍したカーンと比較して「すでにW杯を経験しているノイアーの方がカーンより上!」とか、まあ、ノイアーホメホメコメントが沢山出ているわけですが。

その中で、シャルケのGKコーチであるドレーアーと、その前のコーチだったらしいレックが、ノイアーについてコラムを寄せている記事がありました。(11FREUNDE
もちろん二人ともノイアーをホメホメなのですが、バイエルン時代に選手&GKコーチだったドレーアーが、レンジングについてこんなことを語っていて、ふむむ、と思ったのでその部分だけご紹介。例によって大幅意訳作文です(^^ゞ

「私はバイエルンでミヒャエル・レンジングをトレーニングする時、トレーニング及び試合で、オリバー・カーンをお手本にしようと試みました。彼はオリバー・カーンと全く同じようにプレーしたがっていたのです。しかしそれは上手く行きそうもありませんでした。それで私はミヒャエルに言いました「オリバーのスタイルに合わせてちゃダメだ。君は自分のやり方をしなければ!君はけしてオリバー・カーンにはなれないし、オリバー・カーンもけしてミヒャエル・レンジングにはなれないんだ」。しかし残念なことに、彼は私の言うことを聞かず、その報いを受けたのでした。そうする間に彼は、自分のゴールキーピングを見つけ、成功したのです。」
要は、誰かをコピーしようとするのではなく、自分自身に合ったプレースタイルを知ることが大事です、という話の流れのようです。

Rensing

そんな、トンネルを抜けたレンジングですが、なんとこのたび!
kickerのブンデスリーガ10/11下半期ポジション別ランキングに!

ばばんー!

110609_kicker
ぬわ~~んと!!!
Internationale Klassse(インタナショナル・クラス!)」で、ノイアー、ヴァイデンフェラーに次いで堂々3位
レンジングがこんな高評価を受ける日が来るとは!
これは感激!これは嬉しい!おめでとう!\(T∀T)/

で、レンジングのケルンとの契約延長はどうなってるのかな?と思ってケルンのサイトに行ってみたら…

Fc_vs_arsenal_contentbild

なっ、なんと!?!
いつの間にこんな試合が組まれていたんだ?!(°∀°)

[追記]
ついこの前決勝が終わったばかりだというのに、早くも来シーズンのDFBポカール・1回戦の組み合わせ抽選会が行われました。

その結果バイエルンは、来シーズン3部から2部に昇格するアイントラハト・ブラウンシュヴァイクというチームの対戦することになりました。むむ。ここのところ、相手がどんなに格下であっても、初戦はどうも苦戦しやすいので、がっつり頑張らんとね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/06/10

アゼルバイジャン対ドイツ、と、バイエルンネタ

110605_zidne
「俺は自然にまかせます」(うそ?)

(↑本文と関係ないイントロ御容赦。)
諸事情によりLIVE観戦が可能だったので、がむばって起きて見ていたのですが…。
酔っ払うわ寝ボケてるわでさしてアタマに入らず、そしてその後、自分的に気になるトピックやニュースがいろいろあり、たった2日前なのにこの試合がすごく昔のことのように感じます。
おかげで、試合レポを書きましょう、と思った時に、すっかり記憶がオボロになってしまってロクに頭に残ってないという体たらく。別にいつものことか…(^_^;)

6月7日 EURO2012予選 グループA アゼルバイジャン 1-3 ドイツ

kickerの採点も合わせてどぞ
110607_azegerfkickerj
交代:シュールレ(76ポドルスキ)、ゲッツェ(81エズィル)、ホルトビー(88ミュラー)
サブ:アドラー、フリードリッヒ、シュメルツァー、ルディ

得点:エズィル(30ヘーヴェデス)、ゴメス(41エズィル)、Huseynov(89R.A.Sadygov)、シュールレ(90+3ゴメス)
カード: Nadyrovヘーヴェデス

110607_dfbtv3
この日はどうやらフィジカルトレーナーさんの誕生日だったらしいですよ。(DFB.tvより)

110607_dfbtv4
野太いモッサりしたハッピバ~スデ~♪が機内でうなります。こういうところが見れるのは楽しいです。

というわけで

110607_poldi

疲労困憊インタナショナルマッチ3連戦の最後が、グループ最下位・格下アゼルバイジャンで良かったね、という…。

GK除く守備陣に大幅ローテーションを敢行したドイツ代表であります。
またまた、今度はケディラロルフェスが怪我離脱。もともと足りなかったDHでしたが、とうとうクロースだけになってしまいました。そのクロースとて、ワタシ個人はDHとは思ってないし…。
急遽U-21からホルトビールディを追加招集しましたが、少なくともホルトビーは攻撃的な選手でDHではないような…?

というわけで、なんとラームが超久しぶりにボランチに入りました。驚!
たしか4~5年ぐらい前にプレーしたことがあって、その時はなかなか評価が高かったと記憶しております。
最終ラインの4人は、見た目的には申し分ないのですが(^ー^)、しかしなんとも経験値の低い、心もとないラインナップ…(汗)ヘーヴェデスは確かCBが本職のはずですし。これを機会に若手を試したかったのでしょうね。

試合の流れとしてワタシが受けた印象をざっくばらんばらんに・・・

→いきなりダメダメ、思いのほか積極的なアゼルバイジャンに対して、気持ちと組織が整わないドイツ

→持ち直した

エズィルのゴール!ヘーヴェデスの折り返しのボールにゴメス他がうまく合わせられず、こぼれたところを逆サイドのエズィルが拾い、ドリブルで相手選手をかわし、キレイに流して決めました。お見事!

ゴメスもゴール!バトシュトゥバーのシビれるキラーパスにエズィル!うまく抜け出しボールを運んで、並走して来たゴメスにこれまたシビれるラストパス!ゴメスがっつりと、走って来た勢いに乗せて流し込む!バトシュトゥバーとエズィル、二人のパスが素晴らしかったです。そしてそれをゴメスがせっかくのスーパープレーを、ムダにせずちゃんとカタチにできて良かったです(←信用しろ(^_^;))。

話題沸騰?何故かびみょうにイヤがってる風のエズィル(笑)
110607_dfbtv2

→たったの2点こっきりで安心モード。

→ぐだぐだ

→だらだら

→というわけで失点は必然。いつそうなってもおかしくない流れでした。
カッコ悪い。アゼルバイジャンに「あのドイツからゴールをゲットしちゃった~shine」という、素敵な思い出を提供してどうするんじゃっ!

→まぁ、時間もアレだし、まさか負けはしないだろう

→面目を保ったシュールレのゴール!ゲッツェが左からゴール前まで運んで、折り返しをゴメスへ。シュートはGKに阻まれるがこぼれたところをシュールレ

110607_schuerrle_2
ゲッツェとシュールレ、新戦力が中心になって決めたのはとても良いと思います。
この3連戦、(勝ち点以外で)ドイツ的に得る物があったのかどうか怪しい感じですが、しかし、このシュールレが活躍したのは最大のポイントだったと思います。
ポドルスキがひどくパフォーマンスを落としていましたので、いざという時には…と、今後に向けての力強いオプションが増えたかも知れません。

個別雑感。
ボランチ・ラームはまずまずでした。
バトシュトゥバーがやけに評価高いのですが、なんでだ?攻撃面での貢献度が良かったのかな?2点目のきっかけとなったスーパーキラーパスは素晴らしかったですが、それ以外、あまり印象が…(汗)フシ穴なもので…。

と、反省点はいっぱいですが、考えようによっては、相手を見てパワーセーブしつつも、ちゃっかり勝つところは、強いチームの証なのかも知れません。
もっとも、個人的にはあまり気に入りませんが…。何もアゼルバイジャン相手にフルスロットルで行け、と言ってるわけじゃないのよ。ただ、ダラダラするのは、4点ぐらいとってからでも。

まあ、いいでしょう(またか)。
なんだかんだ言ってドイツはみごとな7戦全勝!引き分け込みの負けなし、じゃなく、全勝ですよ!
これでEURO予選のグループリーグ、2位以上が確定、だそうです。
そして、早ければ9月の試合で、トルコの結果いかんでは勝ち抜け決定!と…。よしよし!(^▽^)

110607_mannschaft
モエーモエー。
なんとこの試合で出場した選手の中で、27歳ラームが最年長だったそうです!
若い若いと思っていたのに、いつの間にか…(^_^;)いやはや。世代交代は順調ですな。…順調すぎて寂しいかも…(←余計なこと言うでない)

というわけで、これにて10/11シーズンの試合はすべて終了!みんな、お疲れさま!

----------
帰国した選手たちはそれぞれ、バカンス等に出かけたかも知れませんが、そんな中、ノイアーがバイエルンへの入団手続きのために、ミュンヘンにやって来ましたよー!

110608_fcbtv1
むっひょー!(^∀^)
文字と「BAYERN MÜNCHEN」に違和感アリアリですが、テンション上がるぅ!

しかしこのやけにゴージャスな内装はなんだろね、と思ったら何やら、バイエルン関係のレストランなのですか?
110608_fcbtv4
厨房を通過

110608_fcbtv3
祝・初FCB.tv!初シュテッフェさん!

ヴィルコメ~ん!かわいがってあげるからね~ん♪♪

----------
そしてその一方で

110609_miro ローマのミロ

クローゼの移籍先はラツィオに決まりました。

自信満々だったBildのヴァレンシア説はなんだったんでしょーか。大外れ。
11_06_06_bild
こんなコラージュまで作ってたのに…(苦笑)

ラツィオだと来シーズンはELの出場になります。こんなことなら、最終節でミランがウディネーゼをビシッとやっつけておけばよかったんだわ~、ってワタシが言うことじゃないか(^_^;)

今はまだ、ドイツにいないクローゼ、というのが全然実感できませんで、奇妙な気分ですが…。活躍を祈っています。がむばれよ、ミロ!応援してるぞ!

ってハッ!∑(゚∀゚;)
そ、そうか、ということは、ミラン戦でファンボメルと対戦するのかぁー!それはちょっとイヤかも…(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/06/07

クローゼ、退団

ついに公式発表が出ました。

110606_fcb

クローゼが今月末で切れるバイエルンとの契約を延長しないことになり、退団が決定しました。

Bild他、各種メディアに出ている話をまとめますと。
かねてから2年の契約延長と昇給を要求していたクローゼでしたが、バイエルン側が提示したのはあくまで1年延長(もしかしたら減俸も)。
先日土曜日(4日)に最後の交渉が行われましたが決裂、今回の決定となったそうです。
クローゼはフリーで移籍先を探すこととなります。噂だけは沢山出てますが、ヴァレンシア、ラツィオ、トッテナム、エヴァートン、ミラン、トラブゾンスポル、ドルトムント、と、主にドイツ国外のチームが殆どです。Bildによる最有力候補はヴァレンシアということですが…。

いずれ日本語版でも出るでしょうから、今回の決定について、バイエルンとクローゼ両者のコメントは省略します。

080916_2

バイエルンでのクローゼと言えばやはり、移籍1年目、07/08シーズンにトーニとの2トップでゴールを量産したのが輝かしい思い出として残ってますが。
ワタシ個人としてはむしろ、ファンボメルの友人としていろいろ良くしてくれたこと、特にクリンスマン時代、ファンボメルが辛かった時期に、彼を支えてくれたこと(多分)を感謝と共に思い出します。(いや、実際どんな風だったのか知ってるわけではないので、妄想の世界ですが…(^^ゞ)

トーニとは今も連絡を取り合う仲のようですが、ファンボメルとの関係はどうなんでしょうね。
ロッベンがバイエルンに加入してからは、ファンボメルはロッベンとラブラブになってしまって、クローゼと仲良くしているところを見かけることがなくなってしまいましたけど…。

それはそれとして。
これはワタシ個人の勝手な憶測ですが、ファンボメルが、自身のバイエルンとの契約延長に見込みがないことを冬のうちに知り早々にミランに移籍したのを見て、クローゼも、何か思うところがあったのではないでしょうか。

クローゼがバイエルンに対して、ファンボメルと同様に、2年の契約延長と昇給を要求し始めたのは具体的にいつ頃からなのかは知りません。
しかし、そのことが明らかになってから、ワタシはひっそりと、この、クローゼの契約延長交渉を心の中で応援していました。
厳しいことは百も承知でしたが、ファンボメルに出来なかったことを是非クローゼに勝ち取ってもらいたい。30歳を過ぎた選手は何がなんでも1年契約しかしないもんね、という、バイエルンのケチな掟を打ち破って欲しいと願っていました。

結局それは失敗に終わったわけですが、しかし、最後まで自分の信念を曲げることなく戦い抜いたクローゼに拍手を送りたいです。
交渉の中に、来シーズンの起用法についての話し合いもあったかも知れませんが、それは現時点では不明ですので、さて置きます。
ともあれ、EURO2012だけを考えたら、バイエルンにあと1年だけ残留、という手も残されていたとは思いますし、ワタシは、それで手を打つものだと思ってました。
他の国他のリーグに行って、慣れない環境に対応できずパフォーマンスを落とし、代表での地位を危うくするよりは、(いちおう)ドイツ一のクラブであるバイエルンに残っていた方が、何かと利点が多いのではないか、と…。

しかしクローゼは、リスクを負ってでも、さらなる挑戦を選んだのであろう、と思いたいです。
そしてそれを達成できる、という自信があるのではないでしょうか。プライドに賭けても。
もしかしたら彼は、EUROという直近の目標ではなく、ワタシたちが考えているよりもっと先のものを見ているのかも知れません…

カイザース時代は殆ど記憶にありませんで、ワタシが知っているクローゼは主にブレーメン時代からですが、彼はいつでも、栄光とブーイングと批判の間を行き来していた気がします。
FWの宿命か、成功すれば賞賛されますが、ちょっとでも当たりが悪いとすかさず「イラネ」だの「もう終わった」だの「若手に譲れ」だの批判を受け、あげく、チームメイトに奥さんを寝取られたとか、言われなき中傷まで(涙)。
その度に這い上がり、結果を出して、自分の価値を証明し、ヤジ馬たちを黙らせて来ました。

そんな彼ですから、今度もきっと、どこに行っても、また甦って、ワタシたちを喜ばせてくれるに違いありません。
我らのドイツ代表のエースであることには変わりないですし!まだまだ看板は下ろしてないんだぜ!

バイエルンでキャリアを終える、のは、さすがに現実的ではなかったでしょうが、個人的にそれぐらいの愛着がありましたので、今は寂しくて悲しくて、心にポカッと大きな穴が開いている感じですが、クローゼ本人のためには、これで良かったのだと信じています。

契約交渉、お疲れさま。もっと早くにバッサリと、バイエルンを捨てることも出来たとは思いますが、最後まで、残留することを最優先に考えてくれてありがとう。嬉しかった。
バイエルンで4年間尽くしてくれて、沢山の素敵な思い出をありがとう。
そして、これからのさらなる活躍を、心から願っています。

Servus, Miro ! またね、ミロ。

080410_bommelklose

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011/06/02

速報!ノイアー、ラフィーニャ、入団決定!

眠い。もう寝るので、超ざっくり簡単に失礼します。

110601_fcb2
ラフィーニャ2014年まで。背番号は13番。
(ワタシの個人的予想は4番だったのだが…大外れでした(^_^;)。バラック、ゲルリッツ以来ですが、この番号にバイエルン的にはあまり思い入れはなさそうね…。←ナニゲに失礼?)
このラフィーニャの加入によって、ラームは左SBに戻されそうな流れです。

そしてぇー!

110601_fcb1
ノイアーも確定!こちらはどどんと2016年まで!

ヴィルコメン!!!

……。

……。

いや何ね、世界的欧州的にはこのニュースの方が大々的に取り上げられるし関心も深いのでしょうが…。
ワタシにとって大事なのは、既にほぼ決まってた移籍話よりも…。

続く!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/25

10年目の同窓会

モタモタと酔っ払ってる間に、もうおとといの話になってしもうたじゃないか~(汗)

バイエルンサポにとって忘れられない歓喜の日、それは。
2001年5月23日バイエルン・ミュンヘン、CL優勝!!!

010523_cl20

010523_cl28

カーーーッッン!!!

ディーバイヤン!!ディーバイヤン!!!

010523_cl3
ぬおおーーー

010523_cl2
うわあ~~

010523_cl25
ヒィーカッコいい~heart04

010523_cl4
アハハ(^∀^)

・・・・・・と、楽しくコワれておりますが、何をかくそう自分、この頃はサッカーにツユとも興味がなかったので、リアルタイムでは感動を共有してないのです○| ̄|_ 一生の不覚(←しょうがないだろ)。

とまあ、そんなわけで、今年はちょうど10周年の記念日ということで、各種メディアに企画記事が出てましたよ。ざっと見たところ

tzエウベルインタビュー
AZクフォーインタビュー
バイエルン公式エッフェンベルクインタビュー(日本語)
ちょっと変わったところで、SPOXの「あの人は今」

(余談ですが、バイエルン公式のエッフェンベルクの「この横社会という言葉が気に入らないんだ。」云々、というくだりに、ついニヤリとしてしまいました)
インタビュー記事はどれも当時の裏話やなんかを楽しく語っているようで興味津津なのですが、何しろ不自由なドイツ語を読むのはかんたんなことではなく(^_^;)
ただ、当時のバイエルンが、強いだけでなく、メンバーも個性豊かなモサぞろいで時には衝突しながらも、雰囲気のいい、素敵なチームだったんだろうな~というのが伝わって来ます。彼らも、そして当時を知るファンたちは本当にハッピーだったのね、と羨ましくなるのです。

010523_cl7

そして!
その10年目の記念日の23日に、当時のメンバーが集まって同窓会を開いたそうです!

110523_9
うっうわわーーーーー☆見てるだけでもうなんかもう、ツボに入って涙腺ゆるみそう!

以下、写真べたべた内容ナッシング&FCB.tvからのキャプチャ劇場です。

続きを読む "10年目の同窓会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピンクな奴らとオットル

今日は外食したので酔っ払っちゃって筆が進まん…
今さらな話ばかりになってしまいましたが、トピックスあれこれです。

まずはともあれ

110522_raul2

シャルケDFBポカール優勝!おめでとう!\(^∀^)/

リーグ戦の不調はどこへやら、やはり相手が2部チーム(デュイスブルク)ということで、さすがの格の違いを見せつけ、やりたい放題の5得点で楽しく楽しく勝ちました。
デュイスブルクにももうちょっと頑張って欲しい気持ちもありましたが…。
フンテラールのドッペルとフラードのゴールは個人的にうれしいのですo(^-^)o(ナニゲにフラードお気に入り)。
ドラクスラーの先制ゴールはブンダバーでしたね☆
(と言いつつ実は、ボメイラストを描いていたので、試合あまりちゃんと見ていないのです…coldsweats01

いや良かった。これで来季のEL出場権も獲得です。CLでないのが残念だけど、シャルケにはやっぱりヨーロッパカップ戦に出てもらわないとね。


いやぁ~、何故だかあんまり、悔しい~ムキーッ!という気持ちがないんですわ。
にっくきマガトもいなくなったことだし、CLでシャルケの試合を見ていたらなんとなく愛着がわいてしまったかも(^^ゞ
悔しいという点なら、やはりマイスターを逃したことの方が…。あとCLでインテルに(略)

110522_neuer2
ノイアーのおへそサービスは、誰かが後ろからユニを引っ張ってるんですかね。

しかしなんと言っても、ドイツ中に笑撃を与えたのは

110518_pink

ピンク!!!!!

こ、これは…。来シーズンのセカンドとかサードユニなんですかね?
昨日の「す○○と」では「えんじ色」と紹介しておりましたが、いやいや。明らかにピンクです。
蛍光キンキラ☆とか、子供服みたいなモエ~ピンクじゃないだけまだマシなので、試合見てるうちにだんだん見慣れては来ましたが…。どうなんスかこれ(^_^;) もちろんフィールドプレーヤー用ですが、ノイアーこそ似合いそうな気がするよ。

そんなノイアーに、優勝記念パレードの際に残念なことが起こったとか、移籍をめぐって未だゴタゴタしているとかいうニュースが入って来てますが、考えるとなんだかつらいので、今後正式発表があるまでは、ノイアー移籍ネタはスルーすることにします。

さてさて

シャルケの話の後になんとも恐縮ですが、バイエルンネタですよ。
これまた今さら過ぎてアレですが、まだここではお伝えしていなかったので…

バイエルンを退団することが決まっていたオットルですが、無事にヘルタ・ベルリンとの契約がまとまったようです☆よかったー!(^▽^)

11_05_21
ヘルタ公式には、りりしくキャプテンマークを巻いている姿。
なんかこういうのを見ちゃうと、そーか、15年もバイエルンにいたのよね…と、急に寂しくなってきたりして。

しかし!そんなオットルの前向きなインタビューがBildにアプされてましたよ~。

11_05_24_bild
カノジョはこんな顔だったっけか?ヴェロニカ嬢。カーンの元奥さんにちょっと似てる?(←縁起悪?汗)

ベルリンでアパート探し中、とか、ヘルタでヨーロッパカップ戦に出たいんだ、とか、語っております。まあ、首都ですから、そんなに寂しいことはないかもねー。バイエルン仲間のレルクラフトも一緒なので心丈夫でしょうし。
ラストのやり取り
Bild「バイエルンではその他大勢のひとりだったけれど、ヘルタならスターだね?ビッグチャンスじゃない?」
オットル「スターだなんて考えには賛成できないな。僕はただ、ヘルタでいいプレーができる保証が欲しいだけだよ」

がむばれー(^^)なんだかんだ言って、バイエルン組はCLを経験してることだし、力を合わせてチームをELに導いてチョーダイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/20

ペテルセン来たる

110514_ribery

バイエルンネタですよ。

そんなわけでブンデスリーガは終了したわけですが、バイエルンはその後2日連続で、のんびりした親善試合に出場、どちらも気持ちよく勝ったようです。

tz経由で、こんな動画を発見。

あんな人やこんな人が登場して、どうやらみんなでゴメスの得点王を祝福してるようなのですが…。  

110519_bastibad
この二人の呼吸が楽し過ぎ~♪

110519_ottl
オットルですよ

そして18日は、もう少し本格的な親善試合、ご存知、はるばるロシアまで出向いてのゼニト戦がありました。

110518_ottl3

これがシーズン最後の試合なので、オットルにとっては、バイエルンのユニフォームを着ての最後の出場でもあります(ノ_-。)
想像するに、後半開始から出るつもりだったんじゃないかと思いますが、ファンブイテンが負傷退場したために、もう少し早い時間の、前半途中からの交代出場となりました。

110518_ottl2

故障しているハミトは仕方ないとしても、クラフトも最後の記念出場はないのけ?と思っていたら、親不知が痛いから留守番、ってなんですかそれは~(^_^;)

それにしても、試合映像は見てないので(音だけ聴いていた…)どんな風に痛めたのかわからないのですが、ファンブイテンは大丈夫なのでしょうか…。EURO予選があるのに!大事なトルコ戦が!

心配と言えば、先日つま先を痛めたというシュヴァインシュタイガーです…。
怪我の状態がはっきり伝えられていないのですが、こちらもEURO予選が控えているのに…。オーストリア戦がちょっと気になるところですが、大事をとって休むかも知れませんね。

先制された時は(しかもファンブイテンが振り切られて(泣))「うひゃっsweat01」と思いましたが、その後逆転して終わってみれば4-2で快勝。クローゼはドッペルです。なかなかいいゴール決めてましたよ~

110518_miro

クローゼもこれが最後のバイエルンユニ姿とは思いたくない…。
しかしここに来てまだ交渉が進展しないということは、残留は厳しいのかも知れませんね…。
ペテルセンも来たし。…。イヤじゃ~!なんとかしれー!

110518_tymo
主役はもちろん彼よ

ティモシュクの凱旋試合でもあったようです。今でもファンに愛されてるのが伝わって来て、ほっこりしました(^^)
さぞ長い間キャプテンとしてチームを引っ張って来たのかと思いきや、バイエルン公式によると、在籍期間は2年半と意外に短かったのですね。それなのにこんなに愛されているということは、それだけ活躍して、存在感があったということなのでしょう。

そんなこんなしているうちに

110519_petersen2_2

ペテルセンの加入が決定~!☆2014年まで! ようこそ!
…っていきなり9番ですか!なんという立派な番号を!(驚)
だ、だ、だいじょうぶなのか。。。
それだけ期待できる逸材ということなのかも知れませんが、エース級のストライカーをずらりそろえたバイエルン、今後一体彼をどう使うつもりなんでしょうか。
いや、もちろん楽しみですが、厳しいポジション争いの行方が今から心配になったり、あたふた(汗)

とほぼ同時に

110514_hamit2_2 イケメンモードON

ハミトレアル加入も決まりました!おめでとう!(^∀^) 2015年まで!さすがレアルは太っ腹!
…。前にも言いましたが、出場機会という点では、バイエルンより良いのかどうか、むずかしいところだとは思います。だけどせっかくの大チャンスなので、しっかり活躍してくれたまへ!

…オットルもいい移籍先が見つかるようがんばれ!ヘルタにメディカルチェック受けにいったらしいですぜ、とtzにちょこっと出たっきりなのですが、どうなってる…(汗)

そういえば
11_05_18_tz

デミチェリスマラガと契約延長!だそうです。こちらは2013年まで。
先日のリーガの試合で黄赤退場してしまったと聞きましたのでちょっと心配になりましたが、影響なかったようですね。よかったです~。おめでとう、これからもがむばるのだぞ(^□^)

というわけで、バイエルン・ミュンヘンの選手たちはこれで夏休みに入るはずです。
各国代表選手たちはまだ試合がありますね。
それ以外はみんな、お疲れさま~!(^^)/~~

追記・シュヴァインシュタイガーは結局代表戦を辞退したようです。ざんねん・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/19

キンキラリンにさりげなく

今シーズン最終節の結果です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・。いつの話だ(苦笑)。
申し訳ありません、試合を見たりまとめたりするのをぐずぐずと遅らせていたのはファンボメルのせいだけではなく、もしかしたら、話をまとめてしまって、彼らとお別れをするのがなんとなくイヤだったのかも知れません。
早く終わって欲しいと呪っていたシーズンだったのに、ホントは終わって欲しくなかったのかしらん。はて

ということで改めまして

110518_dankej_2

結局エキチブレーメンへの完全移籍が決まったようです。ワタシ的には、ニュルンベルクでいーじゃ~ん、とか思ってたのですが、低迷したブレーメンを救うぐらいの活躍をしてくれたら、ちょっぴり鼻が高いのです。
ボロウスキとバイエルンでいっしょにやってたことがあったっけか?←覚えてないのか

それはともかく、こうして描き出してみると、沢山の人とさよならしなくちゃいけないシーズンだったなぁ、としんみりしちゃいますね。
ファンボメルは言うまでもないですが、やはりミーチョの退団はショックでした…。そしてオットル、ハミトも。長くクラブに貢献してくれた選手たちには愛着もひとしおだっただけに。

110514_hok2

みんなありがとう。またね、なのです。オクトーバーフェストにはビール飲みにおいで!(ハミトはビールもどき)

さて
そんなこんなで、今シーズン最終節です。
もう今さらにもほどがありますので、さっぱり行きますよ~

5月14日 ブンデスリーガ 第34節 バイエルン・ミュンヘン 2-1 シュツットガルト

kickerの採点も合わせてどぞ
110514fcbstuttgartfj
交代:オットル(65ティモシュク)、クロース(65クローゼ)、プラニッチ(87ゴメス)
サブ:クラフト、イェリッヒ

得点:岡崎(24ハルニク)、ゴメス(37ロッベン)、シュヴァインシュタイガー(71クロース)
カード: クローゼファンブイテンボカニーダーマイアー

MoMはロッベン
本日のベストイレブンにロッベンが選出

110514_mirogomezj_2

110514_okazaki
日本メディアの盛り上がりっぷりは、バイエルンサポとしては面白くありませんでしたが、しかし、どうせゴールを決められるなら岡崎で良かったのかなぁとか思います。
意外にも、日本人選手がバイエルン戦でゴールを決めたのは、あの高原以来、だそうです。あのカーンのあの無失点記録をストップさせたあのにっくきゴール以来ってことでしょうか?(←調べろ)

110514_jonker
ヨンカー暫定監督、お疲れさまでした。
5試合で4勝1分け、その引き分けは限りなく負けに等しいがっかりドローでしたので、微妙なところではありますが、しかし、4勝のうち3勝は楽しいバカ勝ちでしたし、やはりレヴァークーゼンシャルケに大勝したのは痛快でした。
最低義務だった3位はなんとかクリアしたし、うむ。よくやったと思います。
ファンハールと共にクビになることなく、それどころか、来シーズンの2部チームの監督も任されるほどの手腕を持っていたとは、嬉しい驚きでした。
これからもバイエルンと関わっていくわけです。ゼヒがむばって結果を出して、一人前の監督として成長してくだされ!

さて

110514_gomez4_2

この試合、バイエルンの選手たちは、ウワサの来シーズン用のユニフォームを着用して臨んだわけです。赤いユニフォーム金文字がキンキラ☆して、日本人の目には何か、慶事とか正月用品を連想させて、おめでたいったらありゃしない。
金髪ボランチことティモシュクが着た日にはもう、キンキラキンキラ☆おめでたさの二乗ですわ。

ということで、勝手に出てくる替え唄シリーズ。
試合のマジメな話とかハイライトは、皆様きっと公式とか各種サッカーメディア等でcheck済と思いますので、最後はワタシらしく、往年の歌謡曲に乗せて楽しくアホらしく締めようと思います(サボり…?)。

写真と歌詞があまり合ってませんので、無理やり注釈付けたりして、ちょっとうざったいことになってますが御容赦ください(^^ゞ

ネタ元をご存知ないヤングな方はよろしければこちらをご参照ください。(ようつべ・「ギンギラギンにさりげなく」)

続きを読む "キンキラリンにさりげなく"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧