ドイツサッカー09/10

2010/07/31

kicker・夏のランキング09/10

大ニューース!

木曜日、オランダ代表・HSVのマタイセンに2人目のコドモが産まれました!男の子だそうで、名前はJulianくん!おめでとう~\(^∀^)/

じゃなくて(^皿^)
いや、もちろんマタイセン家にとっては大ニュースで、めでたい話ではありますけど。

かねてより噂のありました通り。
シュツットガルトのケディラ、レアル・マドリーへの移籍が決定です!

Khedira_3
「ゼニくれや~」←そんなキャラではない

いやいやいや、決まりましたね~。決まりそうでしたけど、やっぱり決まりましたねぇ。
近年レアルやスペインに移籍したブンデスの選手が成功している事例を見ていないので大変大変心配であります。メッツェルダーやファンデルファールトやヒルデブラントの二の舞になるんじゃないよー!(汗)(汗)しっかりやるんだよ!
まあ、そこはモウリーニョだから、レアルと言っても今までとは違って、適材適所を考えて、自分の考える戦術に合わせて選手をきちんと生かしてくれるものと信じたいですけど。
なんでも、移籍金は1400万ユーロ(Bild推定)で、年俸300万ユーロ(Bild推定)、契約は2015年まで、だそうです。
金額はあくまで推定で、メディアによって違いますし、高いのか安いのか、相場とかあまりわからないのですが、契約期間5年はなかなか長いっすねぇ(゚∀゚)
ん~むむむ。幸運を祈る!

焦るなよ、シュバ!!

----------

さてさて、半年に一度の、恒例(?)kickerのランキングですよー。
GKからFWまで出そろいましたので、一気にまとめてドンします。バイエルンの選手と、個人的に気になる選手だけね(^^ゞ
リンク貼りましたので、全員の分が気になる方は各自チェケラッチョで(←ものぐさ)

その前に
10_07_30_kicker
この夏は、近年稀にみる、「Weltklasse(ワールドクラス!)」が豊作の年でした、ということのようです(^ー^)ホクホク

(※余談等大幅追記しました)

続きを読む "kicker・夏のランキング09/10"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/05/19

ポカール:ブレーメン対バイエルン

100515_bayern3
 
遅くなりました。まあ、バラック・ショックもありましたし、もう皆様の気持ちもCLに向いていることでしょうから、てきとうに、ざっくばらんに。
我がバイエルンが2年ぶり、15回目のポカール優勝を果たし、さらに、ブンデスリーガと合わせて今シーズンの2冠を達成した感動の(?)試合です。

5月15日 DFBポカール 決勝
ヴェルダー・ブレーメン 0-4 バイエルン・ミュンヘン

とってもステキなkickerの採点もどぞ
100515bremenfcbfj
交代:ティモシュク(77ミュラー)、クローゼ(80オリッチ)、アルティントップ(86ロッベン)
サブ:レンジング、コンテント、プラニッチ、ゲルリッツ

得点:ロッベン(35PK)、オリッチ(51ファンブイテン)、リベリー(63ファンボメル)、シュヴァインシュタイガー(83ラーム)
カード: フリンクス(76)  フリッツボロウスキファンボメルオリッチ

100515pokal 100515berlin

続きを読む "ポカール:ブレーメン対バイエルン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/14

長い長い雑記・ドイツ代表とかシュナイダーとか

どもども、ファンボメルが最後のビールをどうしようがシュバのカノジョが脱いだの脱がないの、どうでもいいクズみたいなlogをぶち込んだまま姿をくらまして、失礼いたしました(^^ゞ

バイエルンのリーガマイスターおめでとうフォトやおめでとう記事も集めきってないまま(←まだやっとったんかい)、イケメンウッチーシャルケに移籍!(びっくり)とか、新しいニュースが続々発表になり、日にちばかりがズルズルと過ぎて行って今日に至ります。

書きたいことがたまっちゃってとりとめないので、ダラダラと。

----------

5月13日 親善試合 ドイツ 3-0 マルタ

(・・・。せっかくフォーメーション図を描いたのに、ファイルが行方不明になってしまい、めんどくさいのでもう省略します←こら)

100513_cacau

ノイアーベックフリードリッヒ[C]、タスキアオゴケディラトゥロコフスキークロースカカウポドルスキキースリンク

交代:フンメルス(46タスキ)、トレッシュ(57ベック)、グロスクロイツ(57クロース)、ヴェスターマン(72フリードリッヒ)、ライナルツ(72ケディラ)、ボアテンク(79アオゴ)
サブ:ジッペル

得点:カカウ(16アオゴ)、カカウ(58ポドルスキ)、Sciclna(61オウンゴール)
カード: Bajada

殆ど見てませんが、カカウの2点目とオウンゴールのシーンは見てました。両方ともポドルスキのアシストで、二人ともイイ仕事してましたね。
練習強化試合ではあるでしょうが、チャリティーマッチでもあったらしいですね。
まあまあ、W杯に向けての代表チームの足慣らしとしてはまずまず、だったのではないでしょうか?もっと点が入っても良かったんじゃないのかな~ということと、キースリンクにゴールがないのが気にはなりますが。

100513_neuer
緑ノイアー・・・・・・・・。これはちょっと…どう…(汗)

100513
アルネがキャプテン。下がった後は

100513_poldi
おぉ!ポドルスキじゃねぇーか!ひょっとしてこれが代表キャプテンデビューだったり?

続きを読む "長い長い雑記・ドイツ代表とかシュナイダーとか"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/05/11

We are the champions.(続き)

実はブンデス最終節の試合があった土曜日、カーンがTV番組に出演していたのです
100508_zdf
バイエルンの優勝について何か話したんだと思いますが見れてません~~ゴメンナサイ、先日あんなにカーンにヒーハーheart01言ったばかりなのに恐縮極まりないです~(汗)
この動画は国外規制がかかってないのでニホンからでも見れます!(^∀^)こちらからどぞ。

さて、すっかり遅くなってしまいましたが

5月8日 ブンデスリーガ 第34節 ヘルタ・ベルリン 1-3 バイエルン・ミュンヘン

久しぶりに採点抜きのフォーメーション図を描いたら超すっきり…
100508herthafcbfj

交代:プラニッチ(46ファンボメル)、アルティントップ(61リベリー)、クローゼ(78オリッチ)
サブ:レンジング、ゲルリッツ、ティモシュク、ゴメス

カード:なし
得点:オリッチ(20ロッベン)、ラモス(59シセロ)、ロッベン(74ミュラー)、ロッベン(87コンテント)

100508_robben

まっ、試合の話はイイですか?(←こら~っ)
前半は王者にふさわしく、ノリノリキレキレのリベリを筆頭に、みんなで華麗に華やかに楽しく魅せ、オリッチのゴールで先制したのですが、後半はやっぱり緩んでしまったのか、ちょっとパワーセーブモード入り失点、同点に追いつかれてしまいました。おいおいなんだよ、かっちょ悪ぅ~sweat01と思ったらロッベンが取り返してくれて、きちんと勝って面目を保ち、気持ちよくマイスターを祝うことができました。

公式によると、ファンボメルが前半のみで交代退場したのは「筋肉のハリ」を訴えたので念のため、とありましたが、ワタシはひそかに、視察に来ていたモウリーニョから、我らの大事なピッチ上でのブレーンを隠すためだったんではないかと思ってますよ~( ̄ー ̄)ニヤリ(注※ただのエコヒイキです)。

ということで

100508_bayern2

改めまして、我らのFCバイエルン、

ブンデスリーガ優勝おめでとう!!!\(^▽^)/

苦しいシーズンでした…。

100508_kicker

さて、どうしましょうね。

リーガが終了したし、祝賀会も行われたし、どうしてもシーズン振り返りモードになって、ついついメランコリックにあれこれと「みんなありがとう…(;∀;)」と言ってしまいそうになりますが。

100509_2
昨日のセレモニーで、ファンボメルの挨拶がえらくあっさりしてたなぁと思いましたが、公式によれば「俺たちは2週間後にまたここに来る」と言ったらしいです。
なるほど…。
感傷的になるのは、その時でもいいのかも知れませんね。
たとえこの後のポカールとCLがどんな結果になろうとも、チームへの気持ちは変わらないので、もう話をまとめてしまってもいいのですが、でも、やっぱり、ここで何かを締めるようなことを言うとなんだかゲンがよくない気もするので、メランコリックはちょっと控えめにしておきます。

<注※以下、どこから手をつけたらいいのかわからないままダラダラ書いたら、すっかりとりとめなくなってしまって、実に読みにくいです>

続きを読む "We are the champions.(続き)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/05/09

ブンデスリーガ最終順位

ただいま優勝パレードの最中です。とりあえずファンブイテンとリベリが同じ車に乗ってることに満足してみたりして(^ー^)

100509_fcbtv2

ファンボメルは先頭ではなく、シャーレも持ってませんで、ロッベンといっしょに、何台目かの車に乗ってます。

バイエルンの話はひとまずおいといて。ここで昨日で終了したブンデスリーガの最終順位を確認することにします。

こうなりました

100508_kicker2

結局2位シャルケとのゲーム差は5になりました。そのシャルケは、クラーニィがディナモ・モスクワに移籍する、とかなんとか…(汗)

そしてブレーメンが3位!CL出場権獲得です!おめでとう!!\(^∀^)/
なんだかんだ言って、ここまで登ってきましたね。後期に入ってさすがの強さを発揮しました。

100508_frings 猫の手がかわいい

【セレモニー中継が終わったので追記】
そのブレーメンのキャプテン、フリンクスが、ファンボメルのことを、「マルクはスーパープレイヤーだ」と言ってます。うれし~!(^∀^)
同い年の二人ですが、俺たちは若い頃から知ってたんだぜ、プロ最初の所属クラブがあるシタルト(ファンボメル)とアーヘン(フリンクス)は地理的にとても近いので、お互いのプレーはよく見ていたんだ、と言っているようです。ダイナモ系ボランチ同士として共感するものがあるのか、一定の評価をしてくれてるようなコメントをしているようでとても嬉しいのですが。。。
・・・・・・・。もっともこの記事のツボはそこではないと思います…。「6月11日(W杯開幕日)はどうするの?」「何が?」とゆうやりとりがトホホです…ドイツメディアはイジワルね(;_;)

100508_hannover
なんとか生き残ってほしいと思っていたハノーファーはぎりぎり降格圏脱出に成功。ほっ…

100508_bochum
しかしその一方でボーフムの降格が決定(汗)

100508_lehmann
おつかれさま。
一時はどうなることかと思われたシュツットガルトですが、終わってみれば堂々6位!バイエルンとブレーメンがポカールのファイナリストになった関係で、EL出場権獲得です!

ドルトムントが大躍進の5位に終わったのと対照的に、7位のHSVはELにも出られないことに・・・(汗)でもファンニステルローイはHSVを気に入ったみたいですね?

ニュルンベルクは、バイエルンからレンタル中のオットルの試合終了直前のゴールで勝利したものの16位で、2部リーガの3位、アウグスブルクとの入れ替え戦に回ることになりました。がむばれ!

おっと、パレードの車がいよいよマリエンプラッツに入ってきました。ひとまずこのへんで・・・
 
おまけ
100508_dante
最終的にここまでふくらみました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/03

33節:バイエルン対ボーフム

         100501_29
       

本日発売のkickerの表紙
100503_kicker
ひとりひとりを誇りに思います(^^)。
オットル、ブレーノの写真もあるのはうれしいけれど、どこにも行ってないゲルリッツがいない(汗)ソサやバウムヨハンは仕方ない面もありますがトーニは……いちおう何試合かは出場してるのですが…まあ、ねぇ(ため息)

さて、バイエルンが優勝をほぼ確実にした33節の試合です

5月1日 ブンデスリーガ 第33節 バイエルン・ミュンヘン 3-1 ボーフム

kickerの採点も合わせてどぞ
100501fcbbochumfj
交代:クローゼ(71ミュラー)、ゴメス(79オリッチ)、ティモシュク(84シュヴァインシュタイガー)
サブ:レンジング、ファンブイテン、プラニッチ、アルティントップ

得点:ミュラー(18ラーム)、ミュラー(20リベリ)、ミュラー(69ファンボメル)、フクス(85FK)
カード: デミチェリスファンボメル

MoMにミュラー
今節のベストイレブンにミュラーラームファンボメルぅ~!(≧∀≦)heart04
さらに、今節のMVPもミュラー

100501_mueller2

続きを読む "33節:バイエルン対ボーフム"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/25

32節:ボルシアMG対バイエルン

電器屋に行ってPCを物色してきました。早くしないとシーズン終了に間に合わんじゃないかということに今さら愕然としてしまったのですが、安くない買物だし、慌てて買うのはどうかと思うしなぁ…
そんなこんなで、HDDがガリガリボリボリブイブイと、耳をつんざく騒音を立てている向こう側からこんにちわ。まるっきり集中できなくて入力ミスばっかりしてます。うるさくて頭痛がする・・・

ロクな試合じゃなかったのでどうせ書くことないのですが、そんなわけで長時間の作業がキツいので、ごくごく簡単に失礼します。

って、そんなんヤダー!
もっと書きたいのにぃ~!とアタシが地団駄踏むようなゲームにして欲しかったんだぜべらぼーめ。

4月24日 ブンデスリーガ 第32節
ボルシア・メンヒェングラッドバッハ 1-1 バイエルン・ミュンヘン

こんなもんか、と納得のBildの採点も合わせてどぞ
100424mgfcbfj
交代:コンテント(4)(46デミチェリス)、ティモシュク(4)(63ファンブイテン)、クローゼ(3)(66ミュラー)
サブ:クラフト、ゲルリッツ、アラバ、ゴメス

得点:ロイス(60)、クローゼ(73)
カード: ボバディージャレヴェルスファンブイテンバトシュトゥバークローゼ

100424_contento

あ~も~、どうするのさあー。
マガトに2シーズン連続でマイスター持ってかれるなんてすっげーイヤなんだぜ!

100424_daniel

確かに、CB二人がそろって怪我退場してしまったのは「ドラマ(byファンハール監督)」ってか大誤算だったとは思います。
しかし、二人が怪我をする前からバイエルンはダメダメでした。
特に前半は見るからに気を抜いたプレーでグダグダしており、失点して少し慌て始め、クローゼが炎の同点ゴールを決めてからようやく気合を入れ直すのですが時すでに遅し、という印象でした。
ダメダメでもよく負けなかった、それが横綱バイエルン、なんて誰が言うと思うんじゃアホ。

とにかくみんながてんてんバラバラで、ミスばっかりするし、全くチームとしてかみ合っておらず、ひとりひとりが好き勝手に判断して動いている印象でした。
戦術が浸透してなかった、ということなのかな。ようわからんけど。
そんな中でも比較的チームのために動いていたと思えるのはラームクローゼだったような気がしますが…。そこもあんまりよくわからないです。

100424_klose

そんな二人の、ラームの美しいクロスからクローゼがお手本のようなキレイなヘディングでゴールを決めたのは胸がふるえました。
久しぶりの出場で、求められている結果をきちんと出し、バイエルンをみじめな敗戦から救い、流れを取り戻す大事なゴールを決めたクローゼ。そして「さあこれから行くぞ!」と、チームを鼓舞する姿は、申し訳ないやらありがたいやらで泣けます。
チームとしても報いたかったのはやまやまだったでしょうが、やることなすことまるでかみ合わない今回のパフォーマンスでは、気持ちだけではどうにもなりませんでした。

100424_robben 「あ~~~れ~~~」

たらればですが、ファンボメルがいたら、と思って見てしまいました。
ファンボメルがいてもダメな時はダメなので、ヤツがいたら勝てた、とまでは言いません。
だけど、もうほんのちょっとだけ、統率のとれた動きが出来たんではないかと。
効果的なボールさばきで試合を展開し、ロッベンリベリを上手く使い、二人が今回のように無茶な個人技で無理くり突破ばかり繰り返すような事態にはならなかったのではないか、と思います。

そう思うと、「俺たちがグラッドバッハに勝てば、99%マイスターだ」と、慎重派のヤツにしては少々うかつな発言と合わせて、改めてファンボメルの不在が恨めしかったです。
まあ、仕方ない話なのですが。

だけどCLリヨン戦は、同じくファンボメルが欠場していても上手くいったわけで、おそらくそこが、相手チームに対する捉え方の違い、自分たちを過信し相手を甘く見た驕りと、CLに想いが行くあまり目先の試合に集中し切れなかったことが、今回の痛恨ドローにつながったのだと、個人的に思うものでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/19

31節:バイエルン対ハノーファー

ということで本題

4月17日 ブンデスリーガ 第31節 バイエルン・ミュンヘン 7-0 ハノーファー96

kickerの採点も合わせてどぞ
100417kfcbhannoverfj
交代:プラニッチ(69リベリー)、ゴメス(69オリッチ)、ティモシュク(83シュヴァインシュタイガー)
サブ:レンジング、バトシュトゥバー、エキチ、アルティントップ

得点:オリッチ(22)、ロッベン(33)、ミュラー(44)、オリッチ(49)、ロッベン(50)、ミュラー(62)、ロッベン(90+1)
カード: ファンボメルシュルツジャクパ

なんと!実に本日のストライカー3名がそろって神採点!☆きたぁーー!!
MoMはもちろんロッベン
そして今節のベストイレブンには!ラーム(3回目)、デミケリス(2回目)、ロッベン(9回目!)、オリッチ(2回目)、ミュラー(3回目)と、実に5人も!(゚∀゚)
さらにさらに!今節のMVPもロッベン(2回目!)~~!!!

というわけで

100417_robben2_2
医療スタッフもうれしそう。

バイエルンサポの皆さ~ん、ロベロベしてますか~?(^∀^)

もちろん、試合中ずっとキレッキレでエンジンブルブル絶好調、驚くほどに強いんだ、みごとなハットトリックを決めたロッベン祭りではありますが、しかし、誰がMoMになってもおかしくない?ほど全員がイキイキとフレッシュに活躍した、楽しい楽しいゲームでした。

続きを読む "31節:バイエルン対ハノーファー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/12

30節:レヴァークーゼン対バイエルン

4月10日 ブンデスリーガ第30節
バイヤー・レヴァークーゼン 1-1 バイエルン・ミュンヘン

イヤがらせのようにファンボメルに甘いBildの採点もどぞ
100410bayerfcbfj
交代:ミュラー(4)(57オリッチ)、クローゼ(80ゴメス)、プラニッチ(83ファンボメル)
サブ:レンジング、コンテント、ゲルリッツ、ティモシュク

得点:ロッベン(51PK)、ヴィダル(59)
カード: ヴィダルバトシュトゥバーミュラーファンボメルシュヴァインシュタイガー

Dsc06789 (走査線入りまくり。見づらい)

やっちまったなー?(^_^;)

同日のすぐ前に行われた試合で、2位シャルケハノーファーに不覚を取ったので、バイエルンとしてはここで勝って差を広げておきたいところでしたが、残念なドローという結果になってしまいました。

まあ、試合内容を考えれば、妥当な、いや、負けずに済んだことはヨシとすべき結果だったと思います。

前半はまあまあイイ感じで、守備も締まってたし、疲労を漂わせつつも、なんとか緊張感ある好ゲームに持ち込んでいたのですが、後半、ロッベンのゴールが決まって一気にドッときてしまった印象です。

CL出場圏の3位以内死守に向けて、もうひとつも負けられないレヴァークーゼンの方が、気力もモチベーションも勝利への執念も、ウチより充実していました。
もう負けられないのはバイエルンも同様ですが、しかし気持ちでレヴァークーゼンを上回るには、そして、失点してしまった後に流れを取り戻すには、彼らはあまりに疲れすぎていました。

今思えば、やっぱりいったんミュンヘンに戻った方が良かったんじゃねぇーの、とか、オリッチを下げるのは早すぎたのかな、と思わないでもないですが、後から言うことですので、その時点では特に問題ない判断だったかと。

ネタは豊富
100410_bayerfcbj

実際、クロースとのからみでは楽しそうでしたが、ファンボメルのパフォーマンスは相当悪かったです。
何の役にも立ってない、どころか足引っぱりまくりでした(泣)出来が悪いなりにも、今、自分が出来ることを必死にこなそうとしてはいましたけど。体がついていけなくて後ろからファウルを連発するしかなく、しんどそうだったなぁ。
その分シュヴァインシュタイガーがまずまずでしたけど。疲労からの回復度合いが違うのかな…やっぱトシ?(こらっ)

あと、ミュラーバトシュトゥバーが、疲労うんぬん関係なく、ずっと不調気味なのが心配です。特にバトシュトゥバーは、CL入れて3試合連続、じゃない?調べてないからはっきりしませんが、ともかく、この英国週間中にイエローを頻発していたのも気がかりです。ミーチョに注意されて言い返してるし。なんだかね。

ドイツ代表目線では、アドラーが不安定なままなのがもっと心配です。そのいっぽうでクロースがキレッキレで超ヤバいことになってますけど(^^)。レーヴ監督も視察に来ていたようですが、チームの勝利のために、私情抜きで、まっとうな判断をお願いしたいです。

余談あれこれ(見づらいTV画面フォトでスミマセン)

ファンボメルが交代退場して
Dsc06788 
あれ?シュバがキャプテン?ラームじゃなくて?

奇跡的!と思ったのに
Dsc06778
いっそこの時ゴールが決まってたらよかったかもと思ってしまう不届き者です。
(この直後、ファンボメルのファウルによるFKから失点(泣))

Dsc06779
うれしそうにキースリンクを見つめる係員らしき女のコ
「やっぱカッコいいわ~ウフフheart

疲労困憊のバイエルン御一行様は2日間の休みをもらったそうです。次のトレーニングは水曜日。
まれに見るハードな地獄の英国週間、ひとまずお疲れさまでした。みんなオウチのベッドで大イビキかいてそう(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/05

29節:シャルケ対バイエルン

欧州サッカーファンの皆さまは明日からのCLに向けて鋭意気持ち切り替え中でしょうが、今いちどお付き合いください。
そのCLですが、バイエルン戦で気持ちが高揚しすぎて、1st legのほかの試合は結局アーセナル対バルサ戦をながら見しただけという不謹慎なことに(汗)(セスク…(ノ_-。)でもズラタンのゴールは良かった)おフランス対決は前半だけ、しかも酔っ払っていたのでほとんどアタマに残っておらず、ただ、大変盛り上がっていたらしいことと、遠藤さんのフランス愛あふれる解説がほほ笑ましかったのをボンヤリ覚えています。ダメダメだぁ。

さて、気合の頂上決戦です。

4月3日 ブンデスリーガ 第29節 シャルケ04 1-2 バイエルン・ミュンヘン

kickerが間に合いませんので、Bildの採点を合わせてどぞ
100403schalkefcbfj
交代:デミケリス(3)(22ファンブイテン)、プラニッチ(3)(68リベリー)、ゴメス(3)(70オリッチ)
サブ:レンジング、ゲルリッツ、ティモシュク、クローゼ

得点:リベリー(25)、ミュラー(26)、クラーニィ(31)
カード: ラフィーニャクラーニィデミケリスブット  アルティントップ(41)、ボルドン(90+4)

100403_hamit

いやっほーい!勝った勝った勝ちました!!直接対決を制し、首位を取り返しましたよ!!(^▽^)

なんとかぎりぎり勝ったんじゃないよ!勝ったからいいけど?な試合でもないよ!
勝つために、ちゃんとしたゲームをして、気持ちのこもったプレーで、正当な勝利を得たのです!
「われわれは今、然るべきして首位にいる。」というファンボメルの強気コメントも(ちょっと苦笑いしつつも)素直に受け取れますよ。

格下(ゴメン)相手に気を抜いたへっぽこ試合で負けくさって心配かけさせておいて、マンUやシャルケといった強豪との大一番で本気を出すのは、近年のバイエルンの悪いくせなのかも知れませんが、ここ数週間はその悪いくせが極端すぎる気も(苦笑)。ま、過ぎたことは、いいでしょう。
終わり良ければすべてよし、で水に流してやるから、シーズンの最後を素晴らしい結果で締めくくれるように、、今後は最大限の努力をしてくれたまえ。

少しずつ時間をかけてダラダラと書き加えていたら、えらく長くなりました。まあ、ウダウダ語りたいぐらいいい勝利だったということで、ひとつヨロシク(^^ゞ

100403_schalkefcbj

続きを読む "29節:シャルケ対バイエルン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧